1986年のアメリカンリーグチャンピオンシップシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1986年の
アメリカンリーグチャンピオンシップシリーズ
チーム 勝数
ボストン・レッドソックス 4
カルフォルニア・エンゼルス 3
シリーズ情報
試合日程 10月7日 - 10月15日
MVP マーティ・バレット(BOS)
チーム情報
ボストン・レッドソックス(BOS)
監督 ジョン・マクナマラ
シーズン成績 95勝66敗(東地区優勝)
カルフォルニア・エンゼルス(CAL)
監督 ジーン・モーク
シーズン成績 92勝70敗(西地区優勝)

 < 1985
ALCS
1986

1987 > 

 < 1985
NLCS
1986

1987 > 
1986ワールドシリーズ

1986年のアメリカンリーグチャンピオンシップシリーズ1986 American League Championship Series, ALCS)は、1986年10月7日から10月15日まで行われたMLBアメリカンリーグリーグチャンピオンシップシリーズである。

概要[編集]

1986年の対戦は、東地区ボストン・レッドソックスと、西地区カルフォルニア・エンゼルスとの対戦となった。結果は、4勝3敗でボストン・レッドソックスが11年ぶり8回目のリーグ優勝。ワールドシリーズへ進出した。

MVPは打率.367、5打点の成績を残したマーティ・バレットが受賞した。

試合結果[編集]

表中のR得点H安打E失策を示す。日付は現地時間。

第1試合 10月7日[編集]

マサチューセッツ州ボストン - フェンウェイ・パーク

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
エンゼルス 0 4 1 0 0 0 0 3 0 8 11 0
レッドソックス 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 5 1
  1. : マイク・ウィット (1-0)  : ロジャー・クレメンス (0-1)  
  2. 観客動員数: 32,993人 試合時間: 2時間52分

第2試合 10月8日[編集]

マサチューセッツ州ボストン - フェンウェイ・パーク

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
エンゼルス 0 0 0 1 1 0 0 0 0 2 11 3
レッドソックス 1 1 0 0 1 0 3 3 X 9 13 2
  1. : ブルース・ハースト (1-0)  : カーク・マッカスキル (0-1)  
  2. :  CAL – ウォーリー・ジョイナー (1)  BOS – ジム・ライス (1)
  3. 観客動員数: 32,786人 試合時間: 2時間47分

第3試合 10月10日[編集]

カリフォルニア州アナハイム - エンゼル・スタジアム・オブ・アナハイム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
レッドソックス 0 1 0 0 0 0 0 2 0 3 9 1
エンゼルス 0 0 0 0 0 1 3 1 X 5 8 0
  1. : ジョン・キャンデラリア (1-0)  : デニス・レイ・ボイド (0-1)  S: ドニー・ムーア (1)  
  2. :  CAL – ゲイリー・ペティス (1) ディック・スコーフィールド (1)
  3. 観客動員数: 64,206人 試合時間: 2時間48分

第4試合 10月11日[編集]

カリフォルニア州アナハイム - エンゼル・スタジアム・オブ・アナハイム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 R H E
レッドソックス 0 0 0 0 0 1 0 2 0 0 0 3 6 1
エンゼルス 0 0 0 0 0 0 0 0 3 0 1 4 11 2
  1. : ダグ・コーベット (1-0)  : カルビン・シラルディ (0-1)  
  2. :  CAL – ダグ・デシンセイ (1)
  3. 観客動員数: 64,223人 試合時間: 3時間50分

第5試合 10月12日[編集]

カリフォルニア州アナハイム - エンゼル・スタジアム・オブ・アナハイム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 R H E
レッドソックス 0 2 0 0 0 0 0 0 4 0 1 7 12 0
エンゼルス 0 0 1 0 0 2 2 0 1 0 0 6 13 0
  1. : スティーブ・クロフォード (1-0)  : ドニー・ムーア (0-1)  S: カルビン・シラルディ (1)  
  2. :  BOS – ドン・ベイラー (1) リッチ・ゲドマン (1) デーブ・ヘンダーソン (1)  CAL – ボビー・グリッチ (1) ボブ・ブーン (1)
  3. 観客動員数: 64,223人 試合時間: 3時間54分

第6試合 10月14日[編集]

マサチューセッツ州ボストン - フェンウェイ・パーク

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
エンゼルス 2 0 0 0 0 0 1 1 0 4 11 1
レッドソックス 2 0 5 0 1 0 2 0 X 10 16 1
  1. : デニス・レイ・ボイド (1-1)  : カーク・マッカスキル (0-2)  
  2. :  CAL – ブライアン・ダウニング (1)
  3. 観客動員数: 32,998人 試合時間: 3時間23分

第7試合 10月15日[編集]

マサチューセッツ州ボストン - フェンウェイ・パーク

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
エンゼルス 0 0 0 0 0 0 0 1 0 1 6 2
レッドソックス 0 3 0 4 0 0 1 0 X 8 8 1
  1. : ロジャー・クレメンス (1-1)  : ジョン・キャンデラリア (1-1)  
  2. :  BOS – ジム・ライス (2) ドワイト・エバンス (1)
  3. 観客動員数: 33,001人 試合時間: 2時間39分

参考文献[編集]