ジミー・リース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジミー・リース
Jimmie Reese
Jimmie Reese.jpeg
カリフォルニア・エンゼルスでのコーチ時代
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニューヨーク州ニューヨーク
生年月日 (1901-10-01) 1901年10月1日
没年月日 (1994-07-13) 1994年7月13日(92歳没)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
165 lb =約74.8 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 二塁手三塁手
プロ入り 1920年
初出場 1930年4月19日
最終出場 1932年9月25日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

ジェームズ・ハーマン・リースJames Herman Reese, 1901年10月1日 - 1994年7月13日)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク出身の元プロ野球選手内野手)、野球指導者。右投左打。

経歴[編集]

1917年に15歳でパシフィック・コーストリーグ所属のロサンゼルス・エンゼルスのバットボーイとなり、1920年には同球団の二塁手となった。

その後、メジャーリーガーとなって1930年から2年間はニューヨーク・ヤンキースでプレーしたが、この時はベーブ・ルースとルームメイトだった。1932年にはセントルイス・カージナルスへ移籍し、この年が最後のメジャー出場となった。その後は西海岸へ戻り、マイナーでプレーを続けた。

引退後はボストン・ブレーブスのスカウトやマイナー各球団でコーチを歴任した。71歳だった1972年、ノックの腕前を買われて守備コーチとしてカリフォルニア・エンゼルスへ入団した。1989年エンゼルスタジアムで行われたオールスターでは始球式を務め、1992年サンディエゴジャック・マーフィー・スタジアムでのオールスターでもアメリカンリーグの名誉主将に任命された。コーチとして在籍中の1994年7月13日に死去したが、球団は23年間の功績に報いるように1995年8月に背番号「50」を永久欠番とした[1]

詳細情報[編集]

背番号[編集]

  • 25 (1930年)
  • 26 (1931年)
  • 9 (1932年)
  • 23 (1972年 - 1973年)
  • 50 (1974年 - 1994年)

脚注[編集]

  1. ^ 「球団別永久欠番物語 第16回 アナハイム・エンゼルス」『月刊メジャー・リーグ』 2003年1月号 ベースボール・マガジン社 59頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]