ウォーリー・ジョイナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウォーリー・ジョイナー
Wally Joyner
デトロイト・タイガース 打撃コーチ #20
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ジョージア州アトランタ
生年月日 1962年6月16日(54歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
185 lb =約83.9 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 一塁手
プロ入り 1983年 ドラフト3巡目(全体67位)でカリフォルニア・エンゼルスから指名
初出場 1986年4月8日
最終出場 2001年6月14日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

ウォラス・キース・ジョイナーWallace Keith "Wally" Joyner,1962年6月16日 - )はアメリカ合衆国ジョージア州アトランタ出身の元プロ野球選手一塁手)。左投左打。現在はMLBデトロイト・タイガースで打撃コーチを務める。

ニックネームは「Wonder Wally」または「Wally World」。

経歴[編集]

現役時代[編集]

ブリガムヤング大学を卒業し、1983年MLBドラフト3巡目(全体67位)でカリフォルニア・エンゼルスから指名され、プロ入り。

1985年から1986年にかけてプエルトリコウィンターリーグに参加すると、三冠王を獲得。1986年4月8日シアトル・マリナーズ戦でメジャーデビューすると、一塁手のレギュラーを獲得して強打を発揮。ルックスの良さも手伝って、たちまちファンの人気者になった。

前半戦で20本塁打をマークし、ルーキーながら監督推薦でオールスター出場を果たし、ホームランダービーではダリル・ストロベリーニューヨーク・メッツ)と同点優勝。その時点では新人王は当確かと思われたが、後半戦は不振でシーズン通算22本塁打に終わり、33本塁打・117打点を記録したホセ・カンセコに新人王を奪われた。しかし打率.290・22本塁打・100打点は立派な成績であり、またチームの地区優勝に貢献した。この年、日米野球でメジャーリーグオールスターの一員としてカンセコらと共に来日。

1987年には自己最多の34本塁打・117打点を記録。

以後はホームランバッターというよりは、好打者として活躍。4回の打率3割を記録し、通算打率は.289であった。

1992年カンザスシティ・ロイヤルズ1996年サンディエゴ・パドレスに移籍。1998年には自身初(唯一)のワールドシリーズ出場を果たすが、ニューヨーク・ヤンキースに敗れる。

2000年に生まれ故郷のアトランタ・ブレーブスに移籍するが、一年限りで解雇となり、2001年に古巣エンゼルスに復帰。しかし、打撃不振のため6月中旬に解雇され、そのまま現役を引退した。

守備も巧みであったが、同時期、特に全盛期の1980年代後半にはゴールドグラブ賞を9回受賞したドン・マッティングリーが居たこともあり、ゴールドグラブ賞は獲得できなかった。

引退後[編集]

2005年11月、現役時代の1998年に当時のチームメイトケン・カミニティと共にステロイド剤を入手し、短期間ではあるが使用したことを告白した[1]

2007年7月31日にパドレスの打撃コーチに就任し[2]2008年まで務める。

2013年フィラデルフィア・フィリーズの打撃コーチ補佐を務め、8月のチャーリー・マニエル監督解任及びライン・サンドバーグ監督就任後は一塁コーチに転任となった。

2014年からはデトロイト・タイガースの打撃コーチを務めている。

エピソード[編集]

  • 新人時代の1986年に、活躍をねたむニューヨーク・ヤンキースのファンによって、ヤンキー・スタジアムでの試合中に一塁の守備位置についたジョイナー目がけて刃渡りの長いナイフが投げ込まれた。幸い近くに落ちただけですみ、怪我人はなかったが、犯人は群衆に紛れこんで捕まらなかった。
  • その「報復」とばかりに、エンゼルスの本拠地エンゼル・スタジアムでのヤンキース戦では、ライトスタンドからヤンキースの右翼手デーブ・ウィンフィールドの守備位置付近にゴミが投げ込まれ、その中にゴム製のナイフのおもちゃも含まれていた。
  • 新人時代には女性ファンからも絶大な人気を得たが、学生結婚しており、デビュー時にはすでに二児の父であった。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

球団 試合 打数 得点 安打 二塁打 三塁打 本塁打 打点 塁打 四球 三振 盗塁 打率
1986年 CAL 154 593 82 172 27 3 22 100 271 57 58 5 .290
1987年 CAL 149 564 100 161 33 1 34 117 298 72 64 8 .285
1988年 CAL 158 597 81 176 31 2 13 85 250 55 51 8 .295
1989年 CAL 159 593 78 167 30 2 16 79 249 46 58 3 .282
1990年 CAL 83 310 35 83 15 0 8 41 122 41 34 2 .268
1991年 CAL 143 551 79 166 34 3 21 96 269 52 66 2 .301
1992年 KC 149 572 66 154 36 2 9 66 221 55 50 11 .269
1993年 KC 141 497 83 145 36 3 15 65 232 66 67 5 .292
1994年 KC 97 363 52 113 20 3 8 57 163 47 43 3 .311
1995年 KC 131 465 69 144 28 0 12 83 208 69 65 3 .310
1996年 SD 121 433 59 120 29 1 8 65 175 69 71 5 .277
1997年 SD 135 455 59 149 29 2 13 83 221 51 51 3 .327
1998年 SD 131 439 58 131 30 1 12 80 199 51 44 1 .298
1999年 SD 110 323 34 80 14 2 5 43 113 58 54 0 .248
2000年 ATL 119 224 24 63 12 0 5 32 90 31 31 0 .281
2001年 ANA 53 148 14 36 5 1 3 14 52 13 18 1 .243
通算 16年 2033 7127 973 2060 409 26 204 1106 3133 833 825 60 .289

獲得タイトル・表彰・記録[編集]

背番号[編集]

  • 21 (1986年 - 1991年、2013年)
  • 12 (1992年 - 1995年)
  • 22 (1996年 - 1999年)
  • 24 (2000年)
  • 5 (2001年)
  • 29 (2007年 - 2008年)
  • 8 (2014年 - 2015年)
  • 20 (2016年 - )

脚注[編集]

  1. ^ Olney, Buster (2009年1月23日). “McGwire's brother about as bad as it gets”. ESPN.com. 2016年5月6日閲覧。
  2. ^ Padres replace Rettenmund with Joyner”. SignOnSanDiego.com (2007年7月31日). 2016年5月6日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]