ブリガムヤング大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Brigham Young University
ブリガム・ヤング大学
BYU Medallion Logo.svg
校訓 公式には存在せず[1]
非公式の標語としては
"he glory of God is intelligence"[2]
"Enter to learn, go forth to serve"
"The world is our campus"[3]
創立 1875年10月16日
学校種別 非営利による私立
信仰宗教 末日聖徒イエス・キリスト教会
モルモン教
運営資金 10億5000万ドル(2013)[4]
学長 ケヴィン・J・ウォーゼンen
教職員 1,264 full-time, 486 part-time
職員 1,200 full-time, 900 part-time
学生 3万4150名
学部生 フルタイム2万7978名
パートタイム2767名
大学院生 フルタイム2065名
パートタイム1320名[5]
所在地 アメリカ合衆国ユタ州プロボ
キャンパス 560エーカー (2.3 km2)
スクールカラー 青、白、薄茶色(タンカラー[6][7]               
愛称 BYUクーガーズ
マスコット コスモ・ザ・クーガー
ウェブサイト byu.edu
University logo
テンプレートを表示

ブリガム・ヤング大学(ブリガムヤングだいがく、Brigham Young University、略称:BYU または the Y)は、末日聖徒イエス・キリスト教会モルモン教)が運営するアメリカ合衆国の非営利私立大学。モルモン教の中心地であるユタ州プロボに設置されている。1875年10月16日末日聖徒イエス・キリスト教会のユタ州のモルモン教徒入植者に対する教育を目的に創立されたブリガム・ヤング・アカデミー(Brigham Young Academy)を前身に、1903年に大学としての認可を受けた。

モルモン教神学校(現在の大管長トーマス・S・モンソンも出身者である)として機能する傍ら、宗教教育以外でも様々な分野で優れた教育を施し、多くの人材を送り出してきた。その中にはアメリカ大統領候補となった政治家ミット・ロムニーデルCEOを務めた経営者ケビン・ロリンズ、芸能人ケン・ジェニングス、作家のステファニー・メイヤーオースン・スコット・カードスティーブン・R・コヴィーらが含まれる。

大学の特性上、志願者の多くがモルモン教徒から占められる(入学制限がある訳ではない)為、大学の進路先として一般的な選択肢とはされていないが、アメリカのハイレベルな大学のひとつと見なされている。

歴史[編集]

概要[編集]

198の学術的なプログラム、69の修士号、27の博士号課程があり、生物学農業、デヴィッドOマッケイ教育学校、アイラAフルトンカレッジ オブ エンジニアリングアンドテクノロジー、家庭、家族と社会科学、ファインアートとコミュニケーション、健康ヒューマンパフォーマンスと人文科学、J.ルーベン・クラーク法律学校、マリオットスクールオブマネージメント、看護物理学数学等のコースを学べる。

その他モルモン教会が世界中に宣教師を派遣している背景から、外国語習得プログラムが充実している。 アメリカ合衆国教育省から国際実務教育研究と全国中東言語資源センターの本部として、2003年に120万ドル以上の補助金を受けている。

同校はモルモン教の教えに基づいた学びの場を提供しているが、教会員でない人も入学可能。生徒、事務職員、及び教職員はオーナーコード(校則)と服装と身だしなみ等、細かい規則を守るよう義務付けられている。オーナーコードには、モルモン教の戒めと同様の知恵の言葉(コーヒー、お茶、タバコ、お酒、有害な薬物を摂取しない)、純潔の律法(婚姻関係を持っている者以外の人との性行為、自慰行為、同性愛の禁止、及び、ポルノグラフィーの禁止)などがある。

教育に関する議論[編集]

2007年、歴史学科は大学院生の受け入れ停止を決定した。主な理由として学部に集中したほうがよい教育環境を維持できると判断されたことや、モルモンの歴史研究をしたがる学生が大きな割合を占めすぎていたこと、またそれらは歴史学というよりは宗教的な正当性を歴史的に探すという目的であったため、歴史学として成立するには難しいと判断された、などが生徒や教授の間から言われている。BYUの歴史学科においては、モルモン教の歴史観や宗教観の正当性に疑問を問うことになる研究に対しては、批判や中傷などが相次いでいた[1]。また宗教上の教義から、進化論の教育について議論が起きた時期が存在する。

主な出身者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Walch, Tad (2007年8月4日). “BYU not alone in using motto 'enter to learn'”. Deseret News. 2008年6月14日閲覧。
  2. ^ Nussbaum, Martha. Cultivating Humanity. Cambridge: Harvard University Press, 1997. ISBN 0-674-17949-8 pp. 290.
  3. ^ Campus”. About BYU. Brigham Young University (2007年). 2007年8月19日閲覧。
  4. ^ Brigham Young University--Provo”. 2015年1月28日閲覧。
  5. ^ College Navigator - Brigham Young University”. National Center for Education Statistics. U.S. Department of Education. 2011年6月29日閲覧。
  6. ^ Identity Guidelines”. Print and Mail Production Center. Brigham Young University. 2011年6月29日閲覧。
  7. ^ Appendix B, “BYU's protected marks and verbiage”, licensing.byu.edu (BYU) 

外部リンク[編集]