ライアン・クレスコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ライアン・クレスコ
Ryan Klesko
Klesko.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州ウェストミンスター
生年月日 1971年6月12日(44歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
220 lb =約99.8 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 左翼手一塁手
プロ入り 1989年 ドラフト5巡目
初出場 1992年9月12日
最終出場 2007年9月29日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ライアン・アンソニー・クレスコRyan Anthony Klesko, 1971年6月12日 - )は、MLBの元選手。ポジションは左翼手一塁手アメリカ合衆国カリフォルニア州ウェストミンスター出身。

経歴[編集]

アトランタ・ブレーブス[編集]

1989年のMLBドラフトアトランタ・ブレーブスから5巡目に指名を受け入団。1992年9月12日ヒューストン・アストロズ戦でメジャーデビュー。1994年は開幕からメジャーに定着。ストライキでシーズンが打ち切られたが、打率.278・17本塁打・47打点・OPS.907を記録し、ルーキー・オブ・ザ・イヤーの投票では3位に入った[1]1995年は開幕から不振が続いたが、6月6日シカゴ・カブス戦で2本塁打6打点を記録[2]するなど一気に調子を上げ、前半戦で打率.352・長打率.641・OPS1.069[3]の好成績。後半戦で15本塁打を記録し、規定打席不足ながら打率.310・23本塁打・70打点・出塁率.396・長打率.608・OPS1.004の大活躍で、チームの地区優勝に貢献。

2003年は主砲のフィル・ネビンが開幕から肩の故障で長期離脱を余儀なくされた。そんな中、マーク・ロレッタピッツバーグ・パイレーツからトレード移籍してきたブライアン・ジャイルズらと共に、主軸打者としてチーム唯一の20発クリアとなる21本塁打・67打点をマークし存在感を示した(ジャイルズも20本塁打を放っているが、パドレス移籍後は4本塁打しか放っていない)。

2004年は投手有利な新本拠地ペトコ・パークが開場し、これまで三塁を守ってきたネビンが完全に一塁にコンバートされた影響で、不慣れな左翼を守ることとなった。そんな影響からか、11年ぶりに2桁本塁打に届かず、中軸としては物足りない成績であった。

2005年もほぼ左翼手としてプレーしたが、主砲ネビンの放出やロレッタの怪我による長期離脱・ジャイルズやショーン・バロウズの不振などもあった。そんな中、チームトップの18本塁打をマークし、投手有利な球場を本拠地とするパワーレスな打線の中軸打者として、地区優勝したチームを牽引。その一方、守備ではミスが目立ち、左腕の先発投手の際にはスタメンを外された。また、5月に7本塁打を放ち、6月に打率.302をマークしていたものの、首と背中を痛めて急失速するなど不満の残るシーズンでもあった。

2006年は肩の故障のため、シーズンの大半を棒に振った。復帰後はエイドリアン・ゴンザレスの台頭もあり、守備にはつかず、すべて代打としての出場であった。同年オフにFAとなり、サンフランシスコ・ジャイアンツに移籍。

2007年は、右打ちのリッチ・オーリリアと共に、主に対右投手用の一塁手としてプラトン起用された。

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1992 ATL 13 15 14 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 5 0 .000 .067 .000 .067
1993 22 20 17 3 6 1 0 2 13 5 0 0 0 0 3 1 0 4 0 .353 .450 .765 1.215
1994 92 276 245 42 68 13 3 17 138 47 1 0 0 4 26 3 1 48 8 .278 .344 .563 .907
1995 107 381 329 48 102 25 2 23 200 70 5 4 0 3 47 10 2 72 8 .310 .396 .608 1.004
1996 153 602 528 90 149 21 4 34 280 93 6 3 0 4 68 10 2 129 10 .282 .364 .530 .894
1997 143 522 467 67 122 23 6 24 229 84 4 4 1 2 48 5 4 130 12 .261 .334 .490 .824
1998 129 490 427 69 117 29 1 18 202 70 5 3 0 4 56 5 3 66 9 .274 .359 .473 .832
1999 133 466 404 55 120 28 2 21 215 80 5 2 0 7 53 8 2 69 6 .297 .376 .532 .908
2000 SD 145 590 494 88 140 33 2 26 255 92 23 7 0 4 91 9 1 81 10 .283 .393 .516 .909
2001 146 638 538 105 154 34 6 30 290 113 23 4 0 9 88 7 3 89 16 .286 .384 .539 .923
2002 146 625 540 90 162 39 1 29 290 95 6 2 1 4 76 11 4 86 7 .300 .388 .537 .925
2003 121 474 397 47 100 18 0 21 181 67 2 5 0 9 65 5 3 83 11 .252 .354 .456 .810
2004 127 480 402 58 117 32 2 9 180 66 3 2 1 3 73 6 1 67 8 .291 .399 .448 .847
2005 137 520 443 61 110 19 1 18 185 58 3 4 0 1 75 2 1 80 6 .248 .358 .418 .776
2006 6 6 4 0 3 1 0 0 4 2 0 0 0 0 2 0 0 0 0 .750 .833 1.000 1.833
2007 SF 116 411 362 51 94 27 3 6 145 44 5 1 1 1 46 2 1 68 14 .260 .344 .401 .745
通算:16年 1736 6516 5611 874 1564 343 33 278 2807 987 91 41 4 55 817 84 29 1077 125 .279 .370 .500 .870

脚注[編集]

  1. ^ NL Rookie of the Year Voting” (英語). 2015年1月14日閲覧。
  2. ^ 1995 Batting Gamelog” (英語). 2015年1月18日閲覧。
  3. ^ 1995 Batting Splits” (英語). 2015年1月18日閲覧。

外部リンク[編集]