ハーブ・ペノック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Herb Pennock 1934.JPG
ハーブ・ペノック
Herb Pennock
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ペンシルベニア州ケネットスクエア
生年月日 1894年2月10日
没年月日 1948年1月30日(満53歳没)
選手情報
投球・打席 左投両打
ポジション 投手
プロ入り 1912年
初出場 1912年5月14日
最終出場 1934年8月27日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1948年
得票率 77.69%
選出方法 BBWAA[1]選出

ハーブ・ペノックHerbert Jefferis "Herb" Pennock, 1894年2月10日 - 1948年1月30日)は、1910年代 - 1930年代に活躍したアメリカ合衆国の野球選手。ポジションは投手ペンシルベニア州ケネットスクエア生まれ。左投げ、スイッチヒッター。ニックネームは、"The Knight Of Kennett Square"(ケネットスクエアの騎士)。1920年 - 1930年のヤンキースの主軸投手。日本にフォークボールを伝えた選手としても知られている。

略歴[編集]

1912年、18歳でアスレチックスに入団、3年目の1914年には28試合に登板し11勝4敗の成績を挙げたが、アスレチックスでは先発投手として定着せず、1915年シーズン中にレッドソックスに移籍する。ペノックがチームの主軸投手となるのは、ボストンに移籍して5年たった1919年からのことである。この年初めて年間200イニング以上を投げる機会を与えられ、16勝8敗、防御率2.71の成績を収める。1921年まではレッドソックスの中軸投手としてほぼ安定した成績だったが、1922年に10勝17敗と大きく負け越し、その年ヤンキースにトレードされる。

ヤンキースでは、1924年と1926年にそれぞれ20勝に達したほか、1932年までの間に4度ワールドシリーズに出場した。ワールドシリーズでの通算成績は5勝負けなし、防御率1.95とポストシーズンに強いところを見せた。

1934年、40歳で現役を引退。引退後、ペノックはレッドソックスのコーチと、ファーム組織の責任者を務めた後、1944年 - 1948年はフィラデルフィア・フィリーズのゼネラルマネージャーを務めた。1948年に記者投票によりアメリカ野球殿堂入り選手に選出される。同年脳溢血で死去。彼が死去したのは殿堂入りが決まる1週間前だった。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1912 PHA 17 2 1 0 -- 1 2 2 -- .333 216 50.0 48 1 30 -- 3 38 2 0 31 25 4.50 1.56
1913 14 3 1 0 -- 2 1 0 -- .667 146 33.1 30 4 22 -- 0 17 1 0 24 19 5.13 1.56
1914 28 14 8 3 -- 11 4 3 -- .733 615 151.2 136 1 65 -- 2 90 8 1 56 47 2.79 1.33
1915 11 8 3 1 -- 3 6 1 -- .333 204 44.0 46 2 29 -- 2 24 2 0 34 26 5.32 1.71
BOS 5 1 0 0 -- 0 0 0 -- .000 69 14.0 23 0 10 -- 0 7 0 0 16 15 9.64 2.36
'11計 16 9 3 1 -- 3 6 1 -- .333 273 58.0 69 2 39 -- 2 31 2 0 50 41 6.36 1.86
1916 9 2 0 0 -- 0 2 1 -- .000 103 26.2 23 0 8 -- 1 12 1 0 11 9 3.04 1.16
1917 24 5 4 1 -- 5 5 1 -- .500 397 100.2 90 2 23 -- 3 35 0 0 49 37 3.31 1.12
1919 32 26 16 5 -- 16 8 0 -- .667 866 219.0 223 2 48 -- 3 70 7 0 78 66 2.71 1.24
1920 37 31 19 4 -- 16 13 2 -- .552 990 242.1 244 9 61 -- 4 68 2 1 108 99 3.68 1.26
1921 32 31 16 1 -- 13 14 1 -- .481 967 222.2 268 7 59 -- 2 91 0 0 121 100 4.04 1.47
1922 32 26 15 1 -- 10 17 1 -- .370 885 202.0 230 7 74 -- 1 59 7 0 108 97 4.32 1.51
1923 NYY 35 27 21 1 -- 19 6 3 -- .760 991 238.1 235 11 68 -- 2 93 1 0 86 83 3.13 1.27
1924 40 34 25 4 -- 21 9 3 -- .700 1201 286.1 302 13 64 -- 1 101 4 1 104 90 2.83 1.28
1925 47 31 21 2 -- 16 17 2 -- .485 1143 277.0 267 11 71 -- 2 88 3 0 117 91 2.96 1.22
1926 40 33 19 1 -- 23 11 3 -- .676 1124 266.1 294 11 43 -- 4 78 6 0 133 107 3.62 1.27
1927 34 26 18 1 -- 19 8 3 -- .704 880 209.2 225 5 48 -- 2 51 0 0 89 70 3.00 1.30
1928 28 24 19 5 -- 17 6 3 -- .739 861 211.0 215 2 40 -- 0 53 3 0 71 60 2.56 1.21
1929 27 23 8 1 -- 9 11 2 -- .450 701 157.1 205 11 28 -- 3 49 2 2 101 86 4.92 1.48
1930 25 19 11 1 -- 11 7 0 -- .611 676 156.1 194 8 20 -- 0 46 4 0 95 75 4.32 1.37
1931 25 25 12 1 -- 11 6 0 -- .647 826 189.1 247 7 30 -- 1 65 3 1 96 90 4.28 1.46
1932 22 21 9 1 -- 9 5 0 -- .643 664 146.2 191 8 38 -- 0 54 4 0 94 75 4.60 1.56
1933 23 5 2 1 -- 7 4 4 -- .636 306 65.0 96 4 21 -- 0 22 4 0 46 40 5.54 1.80
1934 BOS 30 2 1 0 -- 2 0 2 -- 1.000 265 62.0 68 2 16 -- 0 16 1 0 31 21 3.05 1.36
通算:22年 617 419 249 35 -- 241 162 37 -- .598 15096 3571.2 3900 128 916 -- 36 1227 65 6 1699 1428 3.60 1.35
  • 各年度の太字はリーグ最高

獲得タイトル・記録[編集]

打撃成績[編集]

  • 通算成績:620試合、1214打数232安打、本塁打4、打点103、打率.191

特筆・エピソード[編集]

  • 殿堂入り選手である二塁手のエディ・コリンズとは、義理の兄弟の関係にあたる。
  • 1922年、ペノックがメジャーリーグ選抜チームの一員として来日した際、同行していた明治大学の天知俊一フォークボールの握りを教えている。その後天知は、明治大学監督だった1948年に、杉下茂にフォークを投げることを勧め、ペノックから教わった投げ方を伝授した。[2]
  • 1928年、腕の痛みの治療のため、ペノックは左腕にミツバチの群れをたからせる、という療法を試みたことがある。効き目はあまりなかったようである。

出典・外部リンク[編集]