2012年のアメリカンリーグチャンピオンシップシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
2012年の
アメリカンリーグチャンピオンシップシリーズ
チーム 勝数
デトロイト・タイガース 4
ニューヨーク・ヤンキース 0
シリーズ情報
試合日程 10月13日 - 10月18日
MVP デルモン・ヤング (DET)
ALDS DET 3-2 OAK
NYY 3-2 BAL
チーム情報
デトロイト・タイガース(DET)
監督 ジム・リーランド
シーズン成績 88勝74敗(中地区優勝)
ニューヨーク・ヤンキース(NYY)
監督 ジョー・ジラルディ
シーズン成績 95勝67敗(東地区優勝)

 < 2011
ALCS
2012

2013 > 

 < 2011
NLCS
2012

2013 > 
2012ワールドシリーズ

2012年のアメリカンリーグチャンピオンシップシリーズ: 2012 American League Championship Series, ALCS)は、現地時間2012年10月13日から10月18日まで行われたMLBアメリカンリーグリーグチャンピオンシップシリーズである。

概要[編集]

2012年の対戦は、東地区優勝でレギュラーシーズンリーグ最高勝率を挙げたニューヨーク・ヤンキースと、中地区優勝のデトロイト・タイガースの対戦となった。結果は、4連勝でデトロイト・タイガースが6年ぶり11回目のリーグ優勝。ワールドシリーズへ進出した。

MVPデルモン・ヤングが受賞した。

試合結果[編集]

表中のR得点H安打E失策を示す。

第1試合 10月13日[1][編集]

ニューヨーク州ニューヨーク・ブロンクス - ヤンキー・スタジアム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
タイガース 0 0 0 0 0 2 0 2 0 0 0 2 6 15 1
ヤンキース 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0 4 11 0
  1. : ドリュー・スマイリー (1–0)  : デビッド・フェルプス (0–1)  
  2. :  DET – デルモン・ヤング (1)  NYY – イチロー (1), ラウル・イバニェス (1)
  3. 観客動員数: 47,122人 試合時間: 4時間54分

第2試合 10月14日[編集]

ニューヨーク州ニューヨーク・ブロンクス - ヤンキー・スタジアム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
タイガース 0 0 0 0 0 0 1 2 0 3 8 1
ヤンキース 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0
  1. : アニバル・サンチェス (1–0)  : 黒田博樹 (0–1)  
  2. 観客動員数: 47,082人 試合時間: 3時間18分

第3試合 10月16日[編集]

ミシガン州デトロイト - コメリカ・パーク

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ヤンキース 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 5 1
タイガース 0 0 0 1 1 0 0 0 X 2 7 0
  1. : ジャスティン・バーランダー (1–0)  : フィル・ヒューズ (0–1)  S: フィル・コーク (1)  
  2. :  NYY – エドゥアルド・ヌニェス (1)  DET – デルモン・ヤング (2)
  3. 観客動員数: 42,970人 試合時間: 3時間28分

第4試合 10月18日[2][編集]

ミシガン州デトロイト - コメリカ・パーク

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ヤンキース 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1 2 2
タイガース 1 0 1 4 0 0 1 1 X 8 16 1
  1. : マックス・シャーザー (1–0)  : CC・サバシア (0–1)  
  2. :  DET – ミゲル・カブレラ (1), ジョニー・ペラルタ 2 (2), オースティン・ジャクソン (1)
  3. 観客動員数: 42,477人 試合時間: 3時間27分

脚注[編集]

  1. ^ 試合終了の時点では現地時間10月14日未明。
  2. ^ 第4試合は10月17日開催予定だったが、当日試合前に雨天中止が決定されたため1日順延。4試合でリーグ優勝が決定したため行われなかった第5試合も1日繰り下げて、翌日の移動日を返上する形で実施される予定だった。

外部リンク[編集]