クインティン・ベリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
クインティン・ベリー
Quintin Berry
ニューヨーク・ヤンキース(マイナー)
20120713-0017j Quintin Berry.jpg
タイガース時代(2012年7月13日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州サンディエゴ
生年月日 (1984-11-21) 1984年11月21日(33歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
175 lb =約79.4 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 2006年 MLBドラフト5巡目(全体157位)でフィラデルフィア・フィリーズから指名
初出場 2012年5月23日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

クインティン・ロネル・ベリーQuintin Lonell Berry , 1984年11月21日 - )は、 アメリカ合衆国カリフォルニア州サンディエゴ出身のプロ野球選手外野手)。左投左打。MLBニューヨーク・ヤンキース傘下所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

プロ入り後もチームメイトとなるアダム・ジョーンズとは7歳の頃からの親友で、高校までチームメイトだった[1]

高校卒業後の2003年MLBドラフト25巡目(全体757位)でアトランタ・ブレーブスに指名されたが契約せずにグロスモント大学へ進学した。

プロ入りとマイナー時代[編集]

サンディエゴ州立大学在学時の2006年MLBドラフト5巡目(全体157位)でフィラデルフィア・フィリーズに指名され、6月8日に入団。傘下のA-級バタビア・マックドッグス英語版でプロデビュー。

2007年はA級レイクウッド・ブルークロウズでプレー。126試合に出場して打率.312・3本塁打・44打点・55盗塁の好成績を残す。

2008年はA+級クリアウォーター・スレッシャーズ英語版でプレー。

2009年はAA級レディング・フィリーズに昇格。

2010年は開幕からAA級レディングでプレーしたが、7月14日ウェイバー公示を経てサンディエゴ・パドレスへ移籍し、傘下のAA級サンアントニオ・ミッションズでプレーした。

2010年12月9日ルール・ファイブ・ドラフトニューヨーク・メッツへ移籍したが、2011年4月1日に自由契約となった。その後、4月21日シンシナティ・レッズと契約。傘下のAA級カロライナ・マドキャッツでプレー後、9月からAAA級ルイビル・バッツへ昇格。11月2日FAとなった。

タイガース時代[編集]

2011年11月9日デトロイト・タイガースへ移籍した。

2012年は傘下のAAA級トレド・マッドヘンズで開幕を迎え、5月23日クリーブランド・インディアンス戦でメジャーデビューを果たし、第三打席で珍しい「バント二塁打」でメジャー初安打を記録する[2]。シーズン終了までにチーム最多の21盗塁を記録し、成功率は100%だった。

2013年の開幕はAAA級トレドで迎えたが、6月2日DFAとなった。

ロイヤルズ傘下時代[編集]

2013年6月4日にウェイバー公示を経てカンザスシティ・ロイヤルズへ移籍した。AAA級オマハ・ストームチェイサーズでプレーした。

レッドソックス時代[編集]

2013年8月27日クレイトン・モーテンセンとのトレードで、ボストン・レッドソックスへ移籍した。9月1日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りし、主に代走としてチームのワールドシリーズ制覇に貢献。11月4日にFAとなった。

オリオールズ時代[編集]

2014年1月3日ボルチモア・オリオールズとマイナー契約を結んだ[3]。この年は開幕から傘下のAAA級ノーフォーク・タイズでプレーし、9月2日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入り。オフの12月23日に自由契約となった[4]

レッドソックス傘下時代[編集]

2015年1月18日にレッドソックスとマイナー契約を結んだ。この年は開幕から傘下のAAA級ポータケット・レッドソックスでプレーしていたが、8月21日に自由契約となった[5]

カブス時代[編集]

2015年8月24日シカゴ・カブスとマイナー契約を結んだ[5]。9月1日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入り[5]。前年までにデビューから25回連続で盗塁に成功していたが、9月20日セントルイス・カージナルス戦の26回目の試みでトレバー・ローゼンタールトニー・クルーズのバッテリーを相手にして失敗し記録が途切れる。オフの10月27日にFAとなった[5]

エンゼルス傘下時代[編集]

2015年12月2日ロサンゼルス・エンゼルスとマイナー契約を結び、2016年スプリングトレーニングに招待選手として参加することになった[5]

2016年は開幕から傘下のAAA級ソルトレイク・ビーズでプレーしていたが、8月18日に自由契約となった[5]

ブルージェイズ傘下時代[編集]

2016年8月31日トロント・ブルージェイズとマイナー契約を結んだ。傘下のAAA級バッファロー・バイソンズで5試合に出場した後、9月7日に自由契約となった[5]

ツインズ傘下時代[編集]

2017年2月8日ミネソタ・ツインズとマイナー契約を結んだ。開幕から傘下のAAA級ロチェスター・レッドウイングスでプレーしていたが、5月9日に自由契約となった[5]

独立リーグ時代[編集]

2017年7月2日独立リーグアトランティックリーグロングアイランド・ダックスと契約。

ブルワーズ時代[編集]

2017年8月19日ミルウォーキー・ブルワーズとマイナー契約を結び、傘下のAAA級コロラドスプリングス・スカイソックスへ配属された[5]9月5日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[6]。レギュラーシーズン終了後の11月1日に40人枠から外れAAA級コロラドスプリングスへ配属され、翌2日にFAとなった[5]

2018年2月12日にブルワーズとマイナー契約を結んだが、メジャー昇格はなく8月23日に自由契約となった[5]

ヤンキース傘下時代[編集]

2018年8月27日ニューヨーク・ヤンキースとマイナー契約を結び、傘下のAAA級スクラントン・ウィルクスバリ・レイルライダーズに配属された[5]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2012 DET 94 330 291 44 75 10 6 2 103 29 21 0 6 1 25 0 7 80 4 .258 .330 .354 .684
2013 BOS 13 9 8 5 5 0 0 1 8 4 3 0 0 0 1 0 0 2 0 .625 .667 1.000 1.667
2014 BAL 10 2 2 3 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
2015 CHC 8 1 1 1 0 0 0 0 0 0 2 1 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
2017 MIL 7 3 3 0 0 0 0 0 0 0 2 1 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
MLB:5年 132 345 305 53 80 10 6 3 111 33 29 2 6 1 26 0 9 86 4 .262 .333 .364 .697
  • 2017年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 52(2012年)
  • 50(2013年)
  • 34(2014年)
  • 5(2015年)
  • 2(2017年)

脚注[編集]

  1. ^ Best friends Berry and Jones will finally face each other in The Show
  2. ^ Berry completes six-year trek to big leagues
  3. ^ Brittany Ghiroli (2014年1月3日). “O's sign speedster Berry to Minor League deal”. MLB.com. 2014年2月2日閲覧。
  4. ^ “Orioles Claim CA Ryan Lavarnway off Waivers” (プレスリリース), MLB.com (Baltimore Orioles), (2014年12月23日), http://m.orioles.mlb.com/news/article/104808692/orioles-claim-ca-ryan-lavarnway-off-waivers 2014年12月24日閲覧。 
  5. ^ a b c d e f g h i j k l MLB公式プロフィール参照。2017年11月2日閲覧。
  6. ^ Adam McCalvy (2017年9月5日). “Brewers call up veteran speedster Berry” (英語). MLB.com. 2017年9月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]