カーティス・グランダーソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
カーティス・グランダーソン
Curtis Granderson
ミルウォーキー・ブルワーズ #28
Curtis Granderson 2018.jpg
トロント・ブルージェイズ時代
(2018年4月11日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 イリノイ州クック郡ブルーアイランド英語版
生年月日 (1981-03-16) 1981年3月16日(37歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
195 lb =約88.5 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 2002年 MLBドラフト3巡目
初出場 2004年9月13日 ミネソタ・ツインズ
年俸 $5,000,000 (2018年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
WBC 2009年

カーティス・グランダーソン・ジュニアCurtis Granderson, Jr. , 1981年3月16日 - )は、アメリカ合衆国イリノイ州クック郡ブルーアイランド英語版出身のプロ野球選手外野手)。右投左打。MLBミルウォーキー・ブルワーズ所属。愛称はグランディーマンGrandyman[2]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

1981年にイリノイ州シカゴの郊外で誕生。両親はともに教師であったためしつけに厳しく、学業である程度の成績を修めないとスポーツをさせてもらえなかった[3]イリノイ大学シカゴ校へ進学し野球部に入部、2002年打率.483を記録してスカウトの注目の的となる。

プロ入りとタイガース時代[編集]

2002年のMLBドラフトではデトロイト・タイガースから指名を受けた。ただ、「パワーに難あり」と見られていたため、指名順位は3巡目(全体80位)まで落ちることとなった[4]。 ドラフト指名から1か月ほどで入団契約を交わし、傘下のA-級オネオンタ・タイガース英語版でプロデビュー。52試合に出場し、打率.344を記録するなどの活躍でリーグMVPを受賞した[5][6]。続く2003年はA+級レイクランド・フライングタイガース英語版へ、2004年はAA級エリー・シーウルブズへと昇格。AA級では123試合で打率.303・21本塁打・93打点・14盗塁を記録し、タイガースのマイナー最優秀選手に選出された[5][6]

AA級エリーでの活躍後、9月にメジャーへ昇格し、13日のミネソタ・ツインズ戦でメジャーデビュー、9試合に出場してシーズンを終える[6][7]

2005年はシーズン開幕をAAA級トレド・マッドヘンズで迎え、7月中旬までマイナーリーグで過ごす。そこで15本塁打を放って7月22日にメジャーへ昇格し、6試合で打率.318を記録したが、チーム事情で再びマイナーへ降格となった。8月に再昇格してからは、9月15日にランニング本塁打、18日に5打数5安打、26日にはサヨナラ本塁打など、周囲に強い印象を残した[5]

タイガース時代

2006年は開幕から「1番・中堅手」でレギュラーに定着。159試合に出場し、19本塁打・31二塁打を放つ。この年からタイガースのコーチに就任したアンディ・バンスライクドン・スロート英語版の2人から指導を受けたことがよかったという[8]。しかし、アメリカンリーグ最多の174三振を喫し、打率も.260に留まったうえ盗塁も8個しか決めておらず、1番打者としての仕事をしたとは言い難い[9]。またこの年、チームは12年連続の負け越しを脱してリーグ優勝を果たし、ワールドシリーズへ進出。しかし、セントルイス・カージナルスとの対戦となった同シリーズでは、 打率.095とほぼ完璧に封じ込まれただけでなく、第4戦では足を滑らせて飛球を捕り損ね、失点のきっかけを作るなど、苦い経験をしてシーズンを終えた。

2007年も引き続き2人から指導を受けて走攻守で進歩した[9]。打撃では打率で自身初の.300を記録したほか、二塁打・三塁打・本塁打の全てで2桁に達する「トリプル・ダブル」をオールスターゲーム前に達成。9月9日には盗塁も20に達し、「20盗塁・20二塁打・20三塁打・20本塁打(20-20-20-20クラブ」を達成した。この記録を達成したのはフランク・シュルト1911年)とウィリー・メイズ1957年)に次いで、メジャー史上3人目である[10](同年9月30日にはジミー・ロリンズも達成している)。またこの年のシーズン三塁打数23本は、1949年デール・ミッチェル英語版が記録して以来、58年ぶりの記録となった[11]

2008年2月4日、5年総額3025万ドル(6年目の2013年は1500万ドルのオプション)でタイガースと契約を延長[12]。しかし、シーズン開幕前のオープン戦で死球を受けて右手中指を骨折し[13]故障者リスト入りしたため開幕から21試合の欠場を余儀なくされた。シーズン初出場は4月23日で、これ以降は全141試合に出場。8月に6三塁打を放つなど、シーズン通算で13三塁打は2年連続でリーグ1位となった。また打率は.280と前年を下回ったが、自己最多の71四球を記録し、出塁率も.365と前年を上回った。ただ、チームの打線は長距離打者が並んでいたものの、その打線が不発だったときに機動力を使う攻撃ができず、12盗塁は期待外れな成績となった[14]。この年のオフには、人柄と野球に対する情熱を見込まれて、バド・セリグコミッショナーからMLBの国際親善大使に任命され、中国イタリア南アフリカを訪問している[15]

2009年シーズン開幕前の3月に開催された第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)アメリカ合衆国代表に選出された。シーズンではオールスターゲームに初めて選出された。しかし、終始低打率に苦しみ、最終的にレギュラー定着後では最低の打率.249に終わった。一方で30本塁打を放ち、2年ぶりの20盗塁も達成した。

ヤンキース時代[編集]

2009年12月9日アリゾナ・ダイヤモンドバックスを交えた三角トレードによる、フィル・コークオースティン・ジャクソンとのトレードで、ニューヨーク・ヤンキースへ移籍した。

ヤンキース時代(2011年8月26日)

2010年は、4年連続となる20本塁打以上・盗塁成功率86%などを記録した一方、打率.247はに終わった。

2011年8月25日には、オークランド・アスレチックス戦で記録されたメジャーリーグ史上初の1球団による1試合3満塁本塁打の一員となった[16]。5回裏にロビンソン・カノ、6回裏にラッセル・マーティンが満塁本塁打を放ったのに続いて、8回裏に満塁本塁打を放ち、記録が樹立された。シーズンでは主に2番打者としての出場ながら119打点を挙げ、自身初の打点王に輝いた。ホームランもア・リーグ2位の41本を記録し、自身2度目となるオールスターゲーム出場を果たした。シーズン終了後にはシルバースラッガー賞を受賞した。40本塁打、10三塁打、25盗塁を同時に達成したのはメジャー史上初である[17]

2012年はア・リーグ2位、さらにはキャリアハイとなる43本塁打を記録し、2年連続3度目となるオールスターゲーム出場を果たす。ヤンキースの選手として2年連続で40本塁打以上を達成した5人目の選手となった(過去にはベーブ・ルースルー・ゲーリッグミッキー・マントルジェイソン・ジアンビ)。その一方で、キャリアワーストの打率.232、ア・リーグワースト2位の195三振を喫した。オフに1500万ドルの球団オプションが行使され、残留が決まった[18]。12月にはMLBの国際親善大使として、日本韓国を訪れた[19]。日本では相撲部屋荒汐部屋)を見学したり[20]東日本大震災被災地である宮城県石巻市や同名取市立閖上中学校で野球教室を開催した[21]

2013年は、故障の影響で試合にほとんど出場出来ず、2005年以来8年ぶりに規定打席到達を逃した。打率.229・7本塁打・15打点に終わり、打率は規定打席に到達していないシーズンを含めても自己最低の成績となった。本塁打及び打点も、それぞれを1以上記録したシーズンの数値としては最低であった。10月31日FAとなった[6]

メッツ時代[編集]

2013年12月6日ニューヨーク・メッツと4年総額6000万ドルで合意し[22][23]、9日に球団が正式発表した[24]

ニューヨーク・メッツ時代(2015年8月18日)

2014年は故障なくシーズンを過ごし、155試合に出場。しかし打撃不振に陥り打率.227・20本塁打・66打点・141三振という成績に終わった[7]

2015年は157試合に出場した。打撃では打率 .259・26本塁打・70打点・OPS .821を記録し[7]、前年の不振から脱却して強打者らしい内容であった。抜群の選球眼も健在で、91四球は自己ベストであり、出塁率 .364はキャリア2番目に並んだ。走塁では、3シーズンぶりの2ケタ盗塁となる11盗塁を決めたほか、リーグ6位の98得点を記録した。ワールドシリーズでは、5試合で3本塁打5打点を記録するなど奮闘したが敗退した。

2016年は開幕から前シーズン同様1番か2番打者を務めていたが、8月中旬以降は打順を転々とし、最終的には4番に落ち着いた。チームに故障者が相次ぐ中、自身は大きな離脱もなく150試合に出場し、打率は.237ながら4年振りに30本塁打をクリアした。しかし得点圏打率は.152と振るわなかった。オフには、母校のイリノイ大学で2014年に開場した球場などの施設建設のために500万ドルを寄付した他、自身が運営する基金を通じた子供への野球教室や教育活動が評価され、ロベルト・クレメンテ賞を受賞[25]

2017年6月15日シカゴ・カブス戦で通算300本塁打を記録した[26]

ドジャース時代[編集]

2017年8月18日後日発表選手[28]とのトレードで、ロサンゼルス・ドジャースへ移籍した[29]。オフの11月2日にFAとなった[30]

ブルージェイズ時代[編集]

2018年1月23日トロント・ブルージェイズと1年500万ドルで契約を結んだ[31]

ブルワーズ時代[編集]

2018年8月31日デミ・オリモロイとのトレードで、ミルウォーキー・ブルワーズへ移籍した[32]

選手としての特徴[編集]

左投手を苦手としており、2009年終了時点での通算成績は対右投手が打率.292、OPS.894なのに対し、対左投手は打率.210、OPS.614である[33]。特に2009年は対左で打率.183、OPS.484と全く打てなかった[34]

2007年には盗塁を27回試みて26回成功させているが、本人によると「打席から一塁ベースまでは3.9秒。メジャーの平均が確か4.1秒のはずだから、脚力は多少あるというぐらい」とのこと[35]

人物[編集]

人格面で高い評価を得ており、スポーツ・イラストレイテッド誌企画の「感じの良いメジャーリーガー」では5位にランクイン[36]したほか、2015年度のルー・ゲーリッグ賞にも選ばれている。また、ファンサービスに熱心な一面もあり、球場内外を問わずたびたびファンにサインする姿をみせる[37][38]

2006年からはMLBの国際親善大使として、イギリス、オランダ、日本、中国、イタリア等の国を訪問して野球教室を開くなど精力的に活動している。

2012年に来日。12月6日には大相撲荒汐部屋の稽古を見学した[39]。また、同日に早稲田大学にて、MLB Japan・在日米国大使館らが主催したスポーツマネジメントセミナー(テーマは「プロスポーツの社会的責任(CSR)について考える」)に出席し、講演を行った[40]

同9日には2011年に発生した東日本大震災の被災地である宮城県石巻市民球場のリニューアル・オープニングの式典に出席。式典の後には少年野球の指導を行った[41]

同12日には沖縄県を訪問。複数の高校を訪れ、講演や野球指導を行った。

父は小中併設校の校長、母は高校の化学教員、姉の一人が英語学の大学教授という教員一家に育ち、自身もイリノイ大を卒業してからMLB入りするなど(通常は3年修了時に中退して入るケースが多い)教育に対する志向が強い。「教育に勝る資源はないと思う」という信念を持ち、2009年には「All You Can Be:Dream It, Draw It, Become It!」、2011年には「やれることをやり切れ!-スポーツを通して学び、成長しよう-」という子供向けの啓発本を出版している[42]。これらの功績が評価され2016年にロベルト・クレメンテ賞を受賞した[43]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2004 DET 9 28 25 2 6 1 1 0 9 0 0 0 0 0 3 0 0 8 1 .240 .321 .360 .681
2005 47 174 162 18 44 6 3 8 80 20 1 1 2 0 10 0 0 43 2 .272 .314 .494 .808
2006 159 679 596 90 155 31 9 19 261 68 8 5 7 6 66 0 4 174 4 .260 .335 .438 .773
2007 158 676 612 122 185 38 23 23 338 74 26 1 5 2 52 3 5 141 3 .302 .361 .552 .913
2008 141 629 553 112 155 26 13 22 273 66 12 4 1 1 71 1 3 111 7 .280 .365 .493 .859
2009 160 710 631 91 157 23 8 30 286 71 20 6 3 2 72 4 2 141 1 .249 .327 .453 .780
2010 NYY 136 528 466 76 115 17 7 24 218 67 12 2 4 3 53 3 2 116 3 .247 .324 .468 .792
2011 156 691 583 136 153 26 10 41 322 119 25 10 4 7 85 0 12 169 12 .262 .364 .552 .916
2012 160 684 596 102 138 18 4 43 293 106 10 3 1 7 75 4 5 195 5 .232 .319 .492 .811
2013 61 245 214 31 49 13 2 7 87 15 8 2 2 1 27 1 1 69 1 .229 .317 .407 .723
2014 NYM 155 654 564 73 128 27 2 20 219 66 8 2 0 5 79 1 6 141 1 .227 .326 .388 .714
2015 157 682 580 98 150 33 2 26 265 70 11 6 0 4 91 3 7 151 3 .259 .364 .457 .821
2016 150 633 545 88 129 24 5 30 253 59 4 2 0 5 74 7 9 130 10 .237 .335 .464 .799
2017 111 395 337 58 77 22 3 19 162 52 4 2 0 3 53 2 2 90 4 .228 .334 .481 .815
LAD 36 132 112 16 18 2 0 7 41 12 2 0 0 0 18 0 2 33 1 .161 .288 .366 .654
'17計 147 527 449 74 95 24 3 26 203 64 6 2 0 3 71 2 4 123 5 .212 .323 .452 .775
MLB:14年 1796 7540 6576 1113 1659 307 92 319 3107 865 151 46 29 46 829 29 60 1712 58 .252 .339 .472 .812
  • 2017年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]



中堅(CF) 左翼(LF) 右翼(RF)




































2004 DET 8 16 1 0 0 1.000 - -
2005 41 119 2 0 0 1.000 20 10 0 0 0 1.000 -
2006 157 385 3 1 0 .997 - -
2007 157 424 10 5 4 .989 2 4 0 0 0 1.000 -
2008 140 366 5 4 1 .989 - -
2009 160 400 4 3 2 .993 - -
2010 NYY 134 316 5 2 2 .944 - -
2011 155 354 11 3 1 .992 - -
2012 157 346 3 0 0 1.000 - -
2013 25 62 0 0 0 1.000 13 21 1 0 0 1.000 14 264 6 1 0 .996
2014 NYM 15 23 1 0 0 1.000 10 18 1 1 1 .950 142 264 6 1 0 .996
2015 2 8 0 0 0 1.000 - 149 279 9 5 1 .983
2016 36 54 1 0 1 1.000 7 13 0 0 0 1.000 110 206 7 0 0 1.000
2017 59 106 1 2 0 .982 7 10 0 0 0 1.000 30 50 2 0 0 1.000
LAD 6 6 0 0 0 1.000 26 27 0 0 0 1.000 8 10 0 0 0 1.000
'17計 65 112 1 2 0 .983 33 37 0 0 0 1.000 38 60 2 0 0 1.000
MLB 1252 2985 47 20 11 .993 85 103 2 1 1 .991 453 833 24 6 1 .993
  • 2017年度シーズン終了時

獲得タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

諸記録[編集]

背番号[編集]

  • 26(2004年)
  • 28(2005年 - 2009年、2018年9月1日 - )
  • 14(2010年 - 2013年)
  • 3(2014年 - 2017年8月17日)
  • 6(2017年8月19日 - 同年終了)
  • 18(2018年 - 同年8月30日)

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Curtis Granderson Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2018年1月24日閲覧。
  2. ^ Ken Gurnick (2017年8月25日). “Dodgers Players Weekend nicknames explained” (英語). MLB.com. 2018年1月24日閲覧。
  3. ^ 谷口輝世子 「カーティス・グランダーソン[タイガース]フルスピードでいこう」 『月刊スラッガー』2008年6月号、日本スポーツ企画出版社、2006年、雑誌15509-11、34-37頁。
  4. ^ John Sickelspublisher=ESPN (2004年8月31日). “Tigers prospect Curtis Granderson” (英語). 2018年1月24日閲覧。
  5. ^ a b c JockBio: Curtis Granderson Biography”. JockBio.com. Black Book Partners, LLC.. 2018年1月24日閲覧。
  6. ^ a b c d MLB公式プロフィール参照。2018年1月24日閲覧。
  7. ^ a b c Baseball-Refernce 参照。2018年1月24日閲覧。
  8. ^ 月刊メジャー・リーグ11月号増刊 イオン日米野球2006公式プログラム』、ベースボール・マガジン社、2006年、雑誌08626-11、51頁。
  9. ^ a b 上田龍タイガース至宝、超一流への挑戦 三塁打次第で歴史に残る大記録も」 『スポーツナビ』、2007年7月17日。2007年8月25日閲覧。[リンク切れ]
  10. ^ “Granderson's 20th steal puts Tigers center fielder in select company” (英語). Associated Press. ESPN. (2007年9月9日). http://sports.espn.go.com/mlb/news/story?id=3011789 2018年1月24日閲覧。 
  11. ^ “Single-Season Leaders & Records for Triples”. Baseball-Reference. http://www.baseball-reference.com/leaders/3B_season.shtml 
  12. ^ Jason Beck (2008年2月4日). “Tigers, Granderson set extension / Center fielder will stay in Detroit through 2012 season” (英語). MLB.com. 2018年1月24日閲覧。
  13. ^ Jason Beck (2008年3月23日). “Granderson shelved by broken finger / Outfielder headed to 15-day DL, will miss at least two weeks” (英語). MLB.com. 2018年1月24日閲覧。
  14. ^ 「デトロイト・タイガース[開幕前の世界一候補が、ふたを開けて見ればまさかの最下位]」 『メジャー・リーグ記録集計号 ザ・スタッツブック 2008』、ベースボール・マガジン社、2008年、雑誌20449-11/20、30頁。
  15. ^ Bryan Hoch (2010年2月9日). “MLB, Granderson join anti-obesity effort” (英語). MLB.com. 2018年1月24日閲覧。
  16. ^ ヤンキース 1試合3満塁弾のメジャー記録樹立 Sponichi Annex 野球 2011年8月26日閲覧。
  17. ^ Bryan Hoch (2011年11月21日). “Grandy, Cano place behind MVP Verlander: With big production, Yankees stars earn respect on AL ballot”. MLB.com. http://newyork.yankees.mlb.com/news/print.jsp?ymd=20111121&content_id=26017316&vkey=news_nyy&fext=.jsp&c_id=nyy 2018年1月24日閲覧。 
  18. ^ Yankees Will Exercise Granderson's Option For 2013
  19. ^ ヤ軍・グランダーソン、石巻で野球教室開催
  20. ^ カーティス・グランダーソン選手来訪 荒汐部屋 大相撲 2013年1月6日閲覧。
  21. ^ ヤ軍・グランダーソン、被災地の小学生と交流 - 野球 - SANSPO.COM(サンケイスポーツ) 2013年1月6日閲覧。
  22. ^ メジャー 大型契約続出!グランダーソン メッツ移籍を決断”. スポーツニッポン (2013年12月8日). 2018年1月24日閲覧。
  23. ^ Bob Nightengale (2013年12月6日). “Crosstown traffic: Curtis Granderson joining Mets” (英語). USA TODAY. 2018年1月24日閲覧。
  24. ^ Granderson joins Mets, weighs in on 'true New Yorkers'” (英語). MLB.com (2013年12月10日). 2018年1月24日閲覧。
  25. ^ a b クレメンテ賞はメッツのグランダーソンを選出”. SANSPO.COM. 産経新聞社 (2016年10月29日). 2018年1月24日閲覧。
  26. ^ Carrie Muskat; Chris Bumbaca (2017年6月14日). “300! Shorthanded Mets rise up on Grandy HR” (英語). MLB.com. 2018年1月24日閲覧。
  27. ^ Chris Bumbaca (2017年8月20日). “Mets acquire prospect as player to be named” (英語). MLB.com. 2018年1月24日閲覧。
  28. ^ 8月20日ジェイコブ・レイムと発表[27]
  29. ^ Matt Kelly (2017年8月19日). “Dodgers acquire Granderson from Mets” (英語). MLB.com. 2018年1月24日閲覧。
  30. ^ David Adler (2017年11月5日). “Key free agents for all 30 MLB teams” (英語). MLB.com. 2017年12月28日閲覧。
  31. ^ Gregor Chisholm (2018年1月23日). “Blue Jays sign Granderson to 1-year deal” (英語). MLB.com. 2018年1月24日閲覧。
  32. ^ Gregor Chisholm (2018年9月1日). “Toronto trades Granderson to Brewers” (英語). MLB.com. 2018年9月1日閲覧。
  33. ^ Curtis Granderson Career Batting Splits” (英語). Baseball-Reference.com. 2012年10月18日閲覧。
  34. ^ Curtis Granderson 2009 Batting Splits” (英語). Baseball-Reference.com. 2012年10月18日閲覧。
  35. ^ 出村義和26歳の若虎が駆け上がる三塁打王への道のり。」 『Number Web』、2007年9月6日。2007年10月16日閲覧。
  36. ^ Curtis Granderson. Yankees - Players Poll: Nicest MLB Player - Photos -”. SI.com. 2011年5月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年1月24日閲覧。
  37. ^ curtis granderson signing autographs
  38. ^ Curtis granderson signing autographs
  39. ^ カーティス・グランダーソン選手来訪”. 2018年3月13日閲覧。
  40. ^ 在日米国大使館・MLB Japan・早稲田大学スポーツ科学学術院 主催スポーツマネジメントセミナー”. 2018年3月11日閲覧。
  41. ^ 人工芝に改装オープン 震災救援の拠点担った石巻市民球場 米大リーグ関係団体が全面支援”. 2018年3月11日閲覧。
  42. ^ 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2012』 廣済堂出版、2012年、41頁。ISBN 978-4-331-51612-6
  43. ^ “「クレメンテ賞」にグランダーソン…米大リーグ”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2016年10月29日). http://www.yomiuri.co.jp/sports/mlb/20161029-OYT1T50058.html 2016年11月4日閲覧。 
  44. ^ 上位4人はリッキー・ヘンダーソンの81、アルフォンソ・ソリアーノの54、クレイグ・ビジオの53、イアン・キンズラーの48
  45. ^ ヤンキース 1試合3満塁弾のメジャー記録樹立 Sponichi Annex 野球 2011年8月26日閲覧。
  46. ^ Curtis Granderson Makes MLB History With Grand Slam, Yasiel Puig's Home Run Lifts Dodgers Past Pirates In Extra Innings”. DodgerBlue.com (2017年8月21日). 2018年2月10日閲覧。
  47. ^ Slugger 2017年12月号増刊 2017MLB総決算:メジャーリーガー555人&全30球団通信簿 23頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]