ジョン・グラボウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョン・グラボウ
John Grabow
John Grabow 2010.jpg
シカゴ・カブス時代
(2010年)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州アルカディア
生年月日 (1978-11-04) 1978年11月4日(39歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
205 lb =約93 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1997年 ドラフト3巡目でピッツバーグ・パイレーツから指名
初出場 2003年9月14日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
WBC 2009年

ジョン・ウィリアム・グラボウJohn William Grabow , 1978年11月4日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州出身のプロ野球選手投手)。左投左打。

苗字のGrabowは「グレイボー/GRAY-bo」と読むのが、より近い[1]

経歴[編集]

1997年MLBドラフトで、ピッツバーグ・パイレーツから3巡目で指名され入団。

2003年9月14日にメジャーデビュー。

2004年からメジャーに定着し、6年連続で60試合に登板している。

左ヒジ痛に悩まされ続けており[2]2007年はスプリングトレーニング最中の3月23日に左ヒジ痛で離脱[3]。開幕を故障者リスト入りで迎え、メジャー復帰は4月24日[3]。シーズン終了後、ヒジを休ませる期間を3週間から8週間に増やした[2]

2008年は、自己最高の74試合に登板し、防御率は2.84と自身初の2点台を記録。

2009年7月30日、トム・ゴーゼラニーとともにケビン・ハートホセ・アスカニオ、マイナーリーガー1人の計3選手とのトレードでシカゴ・カブスへ移籍[4]

2009年開催の第2回ワールド・ベースボール・クラシックでは、アメリカ合衆国代表の一員として出場。リリーフとして大会最多タイとなる6試合に登板し、防御率2.08を記録[5]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2003 PIT 5 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 22 5.0 6 0 0 0 0 9 0 0 3 2 3.60 1.20
2004 68 0 0 0 0 2 5 1 11 .286 286 61.2 81 8 28 7 0 64 5 0 39 35 5.11 1.77
2005 63 0 0 0 0 2 3 0 14 .400 222 52.0 46 6 25 2 2 42 1 0 31 28 4.85 1.37
2006 72 0 0 0 0 4 2 0 11 .667 303 69.2 68 7 30 3 3 66 0 0 34 32 4.13 1.41
2007 63 0 0 0 0 3 2 1 8 .600 228 51.2 56 6 19 2 1 42 3 0 27 26 4.53 1.45
2008 74 0 0 0 0 6 3 4 16 .667 322 76.0 60 9 37 2 1 62 4 2 25 24 2.84 1.28
2009 45 0 0 0 0 3 0 0 16 1.000 209 47.1 43 4 28 2 2 41 0 0 19 18 3.42 1.50
CHC 30 0 0 0 0 0 0 0 7 ---- 105 25.0 19 1 12 1 1 16 1 0 9 9 3.24 1.24
'09計 75 0 0 0 0 3 0 0 23 1.000 314 72.1 62 5 40 3 3 57 1 0 28 27 3.36 1.41
2010 28 0 0 0 0 1 3 0 7 .250 126 25.2 35 5 13 0 1 20 1 0 24 21 7.36 1.87
2011 58 0 0 0 0 3 1 0 5 .750 282 62.1 67 9 28 4 1 38 3 3 39 33 4.76 1.52
通算:9年 506 0 0 0 0 24 19 6 95 .558 2105 476.1 481 55 220 23 12 400 18 5 250 228 4.31 1.47
  • 2011年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 39 (2003年 - 2005年)
  • 34 (2006年 - 2009年)
  • 43 (2009年途中 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ John Grabow Statistics and History” (英語). Baseball Reference.com. 2016年9月14日閲覧。
  2. ^ a b 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2009』 廣済堂出版、2009年、392頁。ISBN 978-4-331-51370-5
  3. ^ a b Von Benko, George (2007年4月24日). “Notes: Grabow returns from DL” (英語). MLB.com. 2009年9月5日閲覧。
  4. ^ Muskat, Carrie (2009年7月30日). “Cubs acquire lefties Grabow, Gorzelanny” (英語). MLB.com. 2009年9月5日閲覧。
  5. ^ World Baseball Classic: Statistics” (英語). Worldbaseballclassic.com. 2009年9月5日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]