ブラッド・ジーグラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブラッド・ジーグラー
Brad Ziegler
Bradziegler01.jpg
アスレチックス時代
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カンザス州プラット郡プラット英語版
生年月日 1979年10月10日(37歳)
身長
体重
6' 4" =約193 cm
210 lb =約95.3 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2003年 ドラフト20巡目(全体595位)でフィラデルフィア・フィリーズから指名
初出場 2008年5月31日
年俸 $5,500,000(2016年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
WBC 2009年

ブラッド・グレゴリー・ジーグラーBrad Gregory Ziegler , 1979年10月10日 - )は、アメリカ合衆国カンザス州プラット郡プラット英語版出身のプロ野球選手投手)。右投右打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

2002年MLBドラフト31巡目(全体938位)でオークランド・アスレチックスから指名を受けたが、拒否してミズーリ州立大学に進学。

フィリーズ傘下・独立リーグ時代[編集]

2003年MLBドラフト20巡目(全体595位)でフィラデルフィア・フィリーズから指名され、プロ入り。しかし、球威不足を理由に[2]2004年3月28日にフィリーズを解雇され[3]独立リーグであるノーザンリーグシャンバーグ・フライヤーズ英語版に入団。

アスレチックス時代[編集]

2004年6月16日にアスレチックスと契約[3]

2006年シーズン終了後、ロン・ロマニック英語版投手コーチのアドバイスでオーバースローからアンダースローへ転向[2]

2007年からはリリーフ投手として登板し、2008年は開幕をAAA級サクラメント・リバーキャッツで迎え、5月31日にメジャーデビュー。デビュー戦以後、無失点を記録し続け、7月27日ジョージ・マッキラン英語版のメジャーデビューからの25イニング連続無失点記録を101年ぶりに更新[4]8月8日にメジャー初セーブを記録。以後、クローザーとして起用されることに[5]8月12日マイク・トーレス英語版の38イニング連続無失点の球団記録(1900年以降)を32年ぶりに更新[6]。このメジャーデビューからの連続無失点記録は8月14日に39.0イニングで途切れた[7]

2009年第2回WBCアメリカ合衆国代表に選出される。同年のレギュラーシーズンでは、開幕直後はクローザーを務めたが、途中から中継ぎにまわり、自己最多の69試合に登板。

2010年は64試合に登板し、防御率3.26、WHIP1.35と前年に続いて比較的安定した投球を見せる。与四球率は4.15と急増し、被本塁打も倍増したが、6月30日を最後に被本塁打はなく、それまでの39登板での防御率は2.66だった。

ダイヤモンドバックス時代[編集]

2011年7月31日ブランドン・アレンジョーダン・ノルベルトとのトレードで、アリゾナ・ダイヤモンドバックスへ移籍した。

2013年12月20日、ダイヤモンドバックスと2年契約を結び、契約を延長した[8]

2015年はクローザーを務め、66試合に登板し、防御率1.85・WHIP0.956・30セーブ・セーブ失敗はわずかに2回と安定した活躍を見せた。

2016年6月23日のコロラド・ロッキーズ戦、前年の5月29日から続いていた連続セーブ成功記録が43で途切れた[9]

レッドソックス時代[編集]

2016年7月9日ホセ・アルモンテルイス・アレハンドロ・バサベ英語版とのトレードで、ボストン・レッドソックスへ移籍した[10]。レッドソックス加入後は33試合に登板し、防御率1.52と素晴らしいピッチングを見せた。通年では、8年連続60試合以上に登板する馬車馬ぶりを発揮しつつ、防御率2.25・4勝7敗22セーブという好成績を残し、メジャー屈指のリリーバーとしての実力を証明した。オフの11月3日にFAとなった。

投球スタイル[編集]

アンダースローの投球フォームから投げられるトップスピンのかかった85mph前後のシンカーでゴロを量産する投球を主体としており、全体の投球のうち7割程度をこのシンカーが占めている。その他に77mph前後のチェンジアップ、73mph前後のカーブを投げる。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2008 OAK 47 0 0 0 0 3 0 11 9 1.000 229 59.2 47 2 22 3 1 30 0 0 8 7 1.06 1.16
2009 69 0 0 0 0 2 4 7 14 .333 313 73.1 82 2 28 4 1 54 0 0 27 25 3.07 1.50
2010 64 0 0 0 0 3 7 0 18 .300 257 60.2 54 4 28 9 3 41 0 1 24 22 3.26 1.35
2011 43 0 0 0 0 3 2 1 6 .600 160 37.2 38 0 13 3 1 29 1 0 14 10 2.39 1.35
ARI 23 0 0 0 0 0 0 0 4 ---- 79 20.2 15 0 6 0 0 15 0 0 7 4 1.74 1.02
'11計 66 0 0 0 0 3 2 0 10 .600 239 58.1 53 0 19 3 1 44 1 0 21 14 2.16 1.23
2012 77 0 0 0 0 6 1 0 17 .857 263 68.2 54 2 21 2 1 42 1 0 21 19 2.49 1.09
2013 78 0 0 0 0 8 1 13 11 .889 297 73.0 61 3 22 6 3 44 0 0 20 18 2.22 1.14
2014 68 0 0 0 0 5 3 1 29 .625 281 67.0 60 5 20 6 3 54 0 0 29 26 3.49 1.25
2015 66 0 0 0 0 0 3 30 4 .000 263 68.0 48 3 17 3 1 36 2 0 17 14 1.85 0.96
通算:8年 535 0 0 0 0 30 21 63 112 .588 2142 528.2 459 21 181 36 14 345 4 1 167 145 2.47 1.21
  • 2015年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

背番号[編集]

  • 47 (2008年 - 同年途中)
  • 31 (2008年途中 - 2011年)
  • 29 (2011年途中 - 2016年)

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Brad Ziegler Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2016年7月11日閲覧。
  2. ^ a b 友成那智、村上雅則 『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2009』 廣済堂出版2009年、220項。ISBN 978-4-331-51370-5
  3. ^ a b Brad Ziegler Transactions” (英語). The Baseball Cube. 2009年4月22日閲覧。
  4. ^ Lee, Jane (2008年7月27日). “Ziegler ready to build on record” (英語). MLB.com. 2009年4月22日閲覧。
  5. ^ Gribble, Andrew (2008年8月9日). “Geren remains coy on Ziegler's role” (英語). MLB.com. 2009年4月22日閲覧。
  6. ^ OAKLAND, Calif. (AP) (2008年8月12日). “Tampa Bay Rays vs. Oakland Athletics - Recap - August 12, 2008” (英語). ESPN.com. 2009年4月22日閲覧。
  7. ^ Timmermann, Bob (2008年8月14日). “Ziegler's scoreless streak ends at 39 innings ... or so” (英語). Baseball Toaster: The Griddle. 2009年4月22日閲覧。
  8. ^ D-backs avoid arbitration with Brad Ziegler with two-year contract with club option for 2016 MLB.com
  9. ^ End of streak doesn't faze Ziegler” (英語). MLB.com (2016年6月23日). 2016年8月14日閲覧。
  10. ^ Dierkes, Tim (2016年7月9日). “Red Sox Acquire Brad Ziegler”. mlbtraderumors.com. 2016年7月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]