ジョーダン・ノルベルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョーダン・ノルベルト
Jordan Norberto
Jordan Norberto on July 27, 2012.jpg
オークランド・アスレチックス時代
(2012年7月27日)
基本情報
国籍 ドミニカ共和国の旗 ドミニカ共和国
出身地 マリア・トリニダー・サンチェス州ナグア
生年月日 1986年12月8日(29歳)
身長
体重
6' 0" =約182.9 cm
195 lb =約88.5 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2004年 アマチュアFA
初出場 MLB / 2010年4月6日
NPB / 2016年3月26日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジョーダン・ノルベルトJordan Norberto, 1986年12月8日 - )は、ドミニカ共和国マリア・トリニダー・サンチェス州ナグア出身のプロ野球選手投手)。左投左打。中日ドラゴンズNPB)での登録名はジョーダン

経歴[編集]

ダイヤモンドバックス時代[編集]

2004年にアマチュアFAでアリゾナ・ダイヤモンドバックスと契約。

2010年は開幕ロースター入りを果たす。

アスレチックス時代[編集]

2011年7月31日ブラッド・ジーグラーとの2対1トレードでブランドン・アレンと共にオークランド・アスレチックスへ移籍。

2012年は、日本東京ドームで行われた開幕戦のメンバーとして来日している[1]。同年は、39試合に登板して防御率2.77を記録し、終盤に故障で離脱したがチームの地区優勝に貢献。

2013年は前年の故障のリハビリを続けていたが、チームの野手に故障者が相次いだ関係でダリック・バートンを40人枠に復帰させることになり、5月8日にその枠を空けるために解雇された。また、バイオジェネシス・スキャンダルによって禁止薬物購入が発覚し、8月5日に50試合の出場停止処分を受けた[2]

レイズ傘下時代[編集]

2013年12月24日にタンパベイ・レイズとマイナー契約を結んだ[3][4]。2014年はプレーしなかったが、2015年はレイズ傘下のAAAダーラム・ブルズに所属していた。

中日ドラゴンズ時代[編集]

2015年12月1日、日本プロ野球の中日ドラゴンズとの契約が発表された。主に先発として起用され6勝6敗、奪三振数108とまずまずの成績を残したものの、勝ち星は全て本拠地・ナゴヤドームで挙げており[5]、ビジターでは不安定な投球が目立った。

一時は残留確実と報道したスポーツ紙もあった[6]ものの、12月2日に自由契約公示された[7][8]

選手としての特徴[編集]

MLB及びマイナーリーグでは主にリリーバーとして、NPBではスターターとして起用されている。NPBでは、最速150㎞/h・平均140km/h台中盤の速球(フォーシームツーシーム)を中心に、130km/h前後のスライダー、130km/h前後のチェンジアップを使用する。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2010 ARI 33 0 0 0 0 0 2 0 3 .000 94 20.0 16 3 22 1 0 15 2 0 13 13 5.85 1.90
2011 OAK 6 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 35 6.2 8 0 7 0 1 4 1 0 6 6 8.10 2.25
2012 39 0 0 0 0 4 1 1 4 .800 212 52.0 37 5 22 2 1 46 1 1 17 16 2.77 1.13
2016 中日 22 21 0 0 0 6 6 0 0 .500 523 121 111 12 54 0 8 108 5 0 62 57 4.24 1.36
MLB:3年 78 0 0 0 0 4 3 1 7 .571 341 78.2 61 8 51 3 2 65 4 1 36 35 4.00 1.42
NPB:1年 22 21 0 0 0 6 6 0 0 .500 523 121 111 12 54 0 8 108 5 0 62 57 4.24 1.36
  • 2016年度シーズン終了時

記録[編集]

NPB投手記録
NPB打撃記録
  • 初打席:2016年4月7日、対横浜DeNAベイスターズ3回戦(ナゴヤドーム)、3回裏に砂田毅樹の前に三振
  • 初安打:2016年7月31日、対阪神タイガース18回戦(阪神甲子園球場)、5回表に岩崎優から中前安打

背番号[編集]

  • 39 (2010年)
  • 59 (2011年)
  • 77 (2012年)
  • 99 (2016年)

脚注[編集]

  1. ^ 来日選手リスト一覧 2015年3月19日閲覧
  2. ^ Alex Rodriguez and 12 other players suspended in Biogenesis PEDs scandal” (英語). Theguardian.com. 2013年9月10日閲覧。
  3. ^ Rays may sign injured reliever Jordan Norberto Tampa Bay Times
  4. ^ Twitter / Feliz agradecido de mi Dios el mejor regalo de navidad me dio este Ano ya Es oficial mi contrato con Tampa bays rays
  5. ^ [1] プロ野球ヌルデータ置き場 2016年版
  6. ^ 【中日】バルデス&ジョーダンの両左腕が残留! スポーツ報知(2016年9月27日 6時0分)2016年12月4日閲覧。
  7. ^ 自由契約選手|2016年度公示”. NPB.jp 日本野球機構 (2016年12月2日). 2016年12月3日閲覧。
  8. ^ 保留選手名簿を公示 ミコライオ、ジョーダンらが自由契約 スポーツニッポン(2016年12月2日 21時33分)2016年12月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]