岩崎優

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
岩崎 優
阪神タイガース #67
2014T67.jpg
2014年5月18日 阪神甲子園球場にて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 静岡県清水市(現静岡市清水区
生年月日 (1991-06-19) 1991年6月19日(26歳)
身長
体重
185 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2013年 ドラフト6位
初出場 2014年4月2日
年俸 2,500万円(2017年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

岩崎 優(いわざき すぐる、1991年6月19日 - )は、静岡県清水市(現在の静岡市清水区)出身[2]プロ野球選手投手)。左投左打。阪神タイガース所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

大学時代(2013年10月21日 明治神宮第二球場にて)

静岡市立清水第四中学校軟式野球を始めると[2]、数多くのサッカー選手を輩出している進学校の静岡県立清水東高等学校[3]を経て、東都大学野球リーグ国士舘大学21世紀アジア学部[4]へ進んだ。国士舘大学では、東都1部リーグ所属だった1年時からベンチ入りを果たすと、東都2部リーグに所属した2年時以降は救援投手として活躍した[5][6]

2013年のプロ野球ドラフト会議で、阪神タイガースから6巡目で指名された[3]。阪神は当初、5選手の指名を予定。しかし、岩崎と同じ左投手の山本翔也を5巡目で指名した後も、他球団が岩崎を指名しなかった。このため、岩崎を大学3年秋から視察していた中尾孝義スカウト[7]が、佐野仙好統括スカウトと高野栄一球団本部長に岩崎の指名を進言[8]。進言を受けて佐野と高野が急遽決断した結果、岩崎の指名に至った[8]

なお、指名後は中尾が入団交渉を担当[7]。結局、契約金3,000万円、年俸660万円(金額は推定)という条件で、岩崎の入団に漕ぎ着けた。背番号は67

プロ入り後[編集]

2014年には、春季キャンプを二軍選手主体の安芸組で迎えた。しかし、実戦登板で無失点を続けたことから、オープン戦の序盤から一軍で登板を重ねた。公式戦の開幕こそ二軍で迎えたが、4月2日の対中日戦(京セラドーム大阪)に先発投手として一軍デビューを果たすと、5回無失点という内容で一軍初勝利を挙げた[9]。一軍公式戦での初登板で初勝利を挙げた阪神の新人投手は通算8人目で、2007年小嶋達也以来7年振りであった[10]5月7日のの中日戦(ナゴヤドーム)では、同期入団で同い年の梅野隆太郎バッテリーを組んで先発。阪神では2002年安藤優也 - 浅井良以来12年振りに、新人同士のバッテリーで一軍の公式戦に臨んだ[11]7月5日の対横浜DeNAベイスターズ戦(横浜スタジアム)では、梅野とのバッテリーで3勝目を記録。阪神の一軍公式戦では、1983年御子柴進 - 木戸克彦以来31年振りの新人バッテリーによる勝利でもあった[12]。7月後半から約1ヶ月間の二軍調整を経験したが[13]、一軍では先発一本で5勝4敗、防御率3.50を記録。阪神にドラフト6位以下の順位で入団した新人投手が、一軍で5勝を挙げたのは球団史上初めてであった[14]。チームがシーズン3位で臨んだポストシーズンでは登板の機会がなかったものの、シーズン終了後の11月11日に甲子園で開かれた「日本プロ野球80周年記念試合」では、阪神・巨人連合チームの3番手投手として登板(1回2失点で敗戦投手[15]同月21日には、推定年俸1500万円(840万円増)で契約を更改した[16]

2015年には、先発ローテーションの5番手以降の座を担うべく、4月2日の対東京ヤクルト戦(明治神宮野球場)でシーズン初の一軍公式戦マウンドを経験[17]。シーズン中盤までは、先発を任されながら勝利投手の権利を得る目前で制球難[18]や集中打[19]に見舞われるなど調子が安定せず、一軍と二軍の往復を繰り返した。その一方で、二軍調整中の7月12日には、ウエスタン・リーグの対オリックスバファローズ戦(阪神鳴尾浜球場)でプロ初完投(9回1失点での勝利)を経験[20]。前述の初登板から5連敗を喫していた一軍でも、シーズン8試合目の登板になった8月9日の対DeNA戦(横浜)でシーズン初勝利[21]を挙げると、同月中にプロ入り後初の3連勝を記録した[22]。しかし9月には、公式戦で初めて読売ジャイアンツ(巨人)戦に先発する(22日[注 1]一方で、好投しながらも打線の援護に恵まれずに敗北する試合が相次いだ[24][25]。結局、一軍のレギュラーシーズンでは、オール先発で15試合に登板。3勝10敗と大きく負け越しながら、防御率を前年並みの3.51にとどめるなどの投球内容が評価されて、11月18日には推定年俸2000万円(500万円増)で契約を更改した[26]。なお、チームがレギュラーシーズン3位で迎えたポストシーズンでは、巨人とのクライマックスシリーズ ファーストステージ第1戦10月10日東京ドーム)で一軍初の救援登板を果たした。

2016年には、春季キャンプ中から再三にわたって背中の張りを訴えた影響で、公式戦を二軍でスタート[27]5月21日の対広島戦(甲子園)から一軍に合流したものの、先発投手としては、8月末まで13試合の登板で3勝5敗という成績にとどまった。一軍の左腕救援陣に故障者が続出したことを背景に、9月中旬から中継ぎ要員に転向。転向後の救援登板で好投を続けた[28]ことから、シーズン終了後は、左のセットアッパー候補としての調整に専念している[29]

2017年には、中継ぎ要員として、入団後初めてフルシーズン一軍に帯同。9月中旬までに15ホールドを記録したほか、5月5日の対広島戦(甲子園)でシーズン初勝利を挙げたことを皮切りに、登板試合で4連勝を達成した。9月18日の同カードで、同点の8回表からシーズン60試合目の登板を果たしたが、先頭打者から2者連続四球を与えた末に1死を取っただけで交代。代わった桑原謙太朗が1死1・2塁からサビエル・バティスタに決勝の適時打を浴びてチームが敗れたため、自身にシーズン初黒星が付いたばかりか、チームの本拠地・甲子園球場で広島による2年連続セ・リーグ優勝を決められる羽目になった。それでも、レギュラーシーズンでは、一軍公式戦66試合に登板。救援転向1年目ながら、4勝1敗15ホールド、防御率2.39という好成績を残した。

選手としての特徴[編集]

球持ちが良くゆったりしたスリークォーターのフォームから、最速146km/h[30]ストレートを投げ込む。また、ストレートを投げる時と同じフォームで、スライダーフォークなどの変化球を投げられる[31][32]。独特の投球フォームは打者に球の出所を見えにくくさせ、加えて腕の振りが遅れてくるように見えると評価されている[8]。阪神入団後の新人合同自主トレーニング中にブルペンで投げ込みを始めた時には、そのフォームを見た二軍監督の平田勝男と一軍投手コーチの山口高志が「(岩崎と同じくドラフト6巡目での指名を経て千葉ロッテマリーンズに入団した)成瀬善久のようだ」という表現で岩崎を称賛した[33]

大学時代には、3年生の時に東都大学野球2部秋季リーグで防御率0.94(リーグ2位)を記録。また、4年生の時には、シンカーの投げ方を習得。2年生から救援投手としてリーグ戦で活躍するなど、先発も中継ぎもこなせる順応性も持ち味である[32]

マウンドでは、どのような場面でも、ポーカーフェイスを貫きながら淡々と投げている[34][8]

人物[編集]

母親は地元のソフトボールチームの現役選手であることから、岩崎は幼少期に、母親の所属チームで球拾いを経験。この経験をきっかけに、野球に興味を示すようになった。

父親は成長期における肩の酷使を戒める一方で、基礎体力の養成を優先する方針だったため、小学校時代は水泳部で活動。水泳部では、自由形平泳ぎ背泳ぎバタフライといった泳法や、肩・腕の柔軟な動きを身に付けながら足腰を鍛えた。ちなみに、岩崎自身は平泳ぎを得意にしている[10]

学生時代からプロ野球への志向が強く、清水東高校への在学中には、当時の監督に対して「プロ野球の世界に行きたい」と宣言[10]。国士舘大学3年生の時には、監督の永田昌弘の勧めで社会人野球へ進むことが内定していたにもかかわらず、監督との面談の席でプロ野球を目指すことを明言した[34]

大学時代には、名前の「いわざき」を、「いわさき」と読み間違えられることが多かったという[35]

2014年の一軍初登板・初先発・初勝利は、ドラフト会議での最下位指名で阪神へ入団した新人投手では史上初の快挙であった。阪神球団では、この快挙を受けて、初勝利記念のシリアルナンバー入りフォトパネルを急遽100枚製作。2014年4月8日から、公式オンラインショップ「T-SHOP」を通じて99枚限定・1枚16,200円で売り出した。阪神球団が新人選手の公式グッズを、1万円を超える単価でシーズン中に販売することは異例であった[36]。なお、背番号と同じシリアルナンバー「67」のパネルは、岩崎本人に贈られた。

家族は大のヤクルトファンであったが、岩崎のプロ入りを機に、一家ぐるみで阪神を応援。岩崎自身も、阪神主催試合のヒーローインタビューで阪神百貨店から「ヒーロー賞」としてトラッキー(球団のマスコットキャラクター)のぬいぐるみを進呈されるたびに、祖母へぬいぐるみを贈っている。岩崎によれば、このようなプレゼントが自身の励みになっているという[37]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2014 阪神 17 17 0 0 0 5 4 0 0 .556 379 90.0 85 6 26 3 4 76 1 0 37 35 3.50 1.23
2015 15 15 0 0 0 3 10 0 0 .231 326 77.0 74 7 19 1 5 57 0 0 39 30 3.51 1.21
2016 16 13 0 0 0 3 5 0 0 .375 319 74.1 73 10 27 0 2 59 3 0 33 30 3.63 1.35
2017 66 0 0 0 0 4 1 0 15 .800 311 71.2 63 2 27 1 5 88 0 0 28 19 2.39 1.26
NPB:4年 114 45 0 0 0 15 20 0 15 .429 1335 313.0 295 25 99 5 16 280 4 0 137 114 3.28 1.26
  • 2017年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手












2014 阪神 17 4 11 1 0 .938
2015 15 1 10 0 1 1.000
2016 16 3 14 0 2 1.000
2017 66 3 10 0 0 1.000
通算 114 11 45 1 3 .982
  • 2017年度シーズン終了時

記録[編集]

投手記録
打撃記録

背番号[編集]

  • 67 (2014年 - )

登場曲[編集]

代表歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ただし、入団1年目の2014年3月9日には、甲子園でのオープン戦で先発投手として巨人と対戦。この登板で、一軍および甲子園デビューを果たした。[23]

出典[編集]

  1. ^ 阪神 - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2016年11月29日閲覧。
  2. ^ a b “父の教えで小学校では水泳部 阪神ドラ6岩崎は遅咲き強心臓左腕”. スポーツニッポン. (2014年1月11日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/01/11/kiji/K20140111007362470.html 2014年5月12日閲覧。 
  3. ^ a b “ドラ6岩崎、母校を“野球の清水東”に”. デイリースポーツ. (2013年11月2日). http://www.daily.co.jp/tigers/2013/11/02/0006466129.shtml 2013年11月2日閲覧。 
  4. ^ “阪神タイガース・岩崎投手が本学にピッチングマシンを寄贈”. 国士舘大学. (2014年4月28日). http://www.kokushikan.ac.jp/news/details_05846.html 2015年10月10日閲覧。 
  5. ^ 国士舘大学野球部 - 戦歴
  6. ^ “〔プロ野球ドラフト〕岩崎、阪神6位指名”. 静岡新聞. (2013年10月25日). オリジナル2013年11月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131103100336/http://www.at-s.com/sports/detail/828833053.html 2014年5月12日閲覧。 
  7. ^ a b “虎・中尾スカウト独占激白!「他選手見るつもりが岩崎に驚いた」(1/3ページ)”. サンケイスポーツ. (2014年7月6日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20140706/tig14070605000004-n1.html 2014年7月6日閲覧。 
  8. ^ a b c d “虎・中尾スカウト独占激白!「他選手見るつもりが岩崎に驚いた」(2/3ページ)”. サンケイスポーツ. (2014年7月6日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20140706/tig14070605000004-n2.html 2014年7月6日閲覧。 
  9. ^ a b “阪神、連敗ストッパーは初登板の岩崎”. デイリースポーツ. (2014年4月2日). http://www.daily.co.jp/newsflash/tigers/2014/04/02/0006831353.shtml 2014年4月2日閲覧。 
  10. ^ a b c “阪神ドラフト6位ルーキー岩崎5回無失点の好投”. 日刊スポーツ. (2014年4月2日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20140402-1279426.html 2014年4月2日閲覧。 
  11. ^ “阪神12年ぶり岩崎-梅野の新人バッテリー”. 日刊スポーツ. (2014年5月7日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20140507-1297448.html 2014年5月7日閲覧。 
  12. ^ “和田監督「俺入る前」新人バッテリー勝利”. 日刊スポーツ. (2014年7月5日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20140705-1329434.html 2014年7月6日閲覧。 
  13. ^ “阪神D6・岩崎、先発へ意気込み「低めを意識してがんばります」”. サンケイスポーツ. (2014年9月4日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20140904/tig14090405000004-n1.html 2014年10月8日閲覧。 
  14. ^ “岩崎、鬼門で踏ん張った!虎史上初のD6位男が5勝目!!”. サンケイスポーツ. (2014年9月16日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20140916/tig14091605020010-n1.html 2014年10月8日閲覧。 
  15. ^ 2014 SUZUKI 日米野球シリーズ 日本プロ野球80周年記念試合 打席結果・投打成績[リンク切れ]2015年10月10日閲覧
  16. ^ “岩崎“下克上”今季虎新人最高アップ率”. デイリースポーツ. (2014年11月21日). http://www.daily.co.jp/tigers/2014/11/22/0007523593.shtml 2014年11月22日閲覧。 
  17. ^ “阪神岩崎 援護直後に4失点「チームに申し訳ない」”. 日刊スポーツ. (2014年11月21日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1455873.html 2014年11月22日閲覧。 
  18. ^ “阪神岩崎3敗目、突然の制球難で4回降板”. 日刊スポーツ. (2015年5月17日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1478090.html 2015年10月10日閲覧。 
  19. ^ “阪神・岩崎“あと1人”でKO…第5の男出てこいや!”. スポーツニッポン. (2015年7月26日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/07/26/kiji/K20150726010807920.html 2015年10月10日閲覧。 
  20. ^ “阪神岩崎「スタミナをつけないと」2軍でプロ初完投”. 日刊スポーツ. (2015年7月12日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1506077.html 2015年10月10日閲覧。 
  21. ^ “阪神岩崎 8度目先発でや~っと勝った”. 日刊スポーツ. (2015年8月10日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1520864.html 2015年10月10日閲覧。 
  22. ^ “阪神・岩崎 初の3連勝!8月に入って安定感抜群”. スポーツニッポン. (2015年8月23日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/08/23/kiji/K20150823010987430.html 2015年10月10日閲覧。 
  23. ^ “阪神新人岩崎押し出しで無失点投球止まる”. 日刊スポーツ. (2014年3月9日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20140309-1268005.html 2014年3月13日閲覧。 
  24. ^ “阪神、好投岩崎を見殺し…初回の満塁機生かせず零敗”. スポーツニッポン. (2015年9月6日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/09/06/kiji/K20150906011080600.html 2015年10月10日閲覧。 
  25. ^ “【阪神】岩崎、初の伝統の一戦で9敗目 6回1失点も援護なし”. スポーツ報知. (2015年9月22日). http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20150922-OHT1T50108.html 2015年10月10日閲覧。 
  26. ^ “阪神・岩崎、500万円増で更改 3勝10敗も「内容を評価」”. スポーツニッポン. (2015年11月18日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/09/06/kiji/K20150906011080600.html 2015年11月18日閲覧。 
  27. ^ “阪神岩崎ブルペンも背中に張り、開幕ローテ争い脱落”. 日刊スポーツ. (2016年3月10日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1614851.html 2016年11月14日閲覧。 
  28. ^ “阪神岩崎、V方程式入りへ度胸満点投球「すごい球」”. 日刊スポーツ. (2016年9月28日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1716669.html 2016年11月14日閲覧。 
  29. ^ “阪神岩崎、来季中継ぎ起用決定的 金本監督進化求む”. 日刊スポーツ. (2016年10月27日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1729868.html 2016年11月14日閲覧。 
  30. ^ “岩崎 連投OK!セットアッパー任せろ! 自己最速タイ146キロ”. デイリースポーツ. (2016年10月12日). https://www.daily.co.jp/tigers/2016/10/12/0009573803.shtml 2017年5月20日閲覧。 
  31. ^ 2013年ドラフト 岩崎 優web archive、2016年3月3日) - アーカイブされたコピー”. 2013年11月4日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年11月1日閲覧。
  32. ^ a b ベースボール・マガジン社『週刊ベースボール』2013年11月11日号「2013ドラフト総決算号」JANコード:4910204421135
  33. ^ “岩崎を首脳陣が称賛!「成瀬みたい」”. デイリースポーツ. (2014年1月20日). http://www.daily.co.jp/tigers/2014/01/20/0006649067.shtml 2014年2月2日閲覧。 
  34. ^ a b “岩崎、初登板1勝ドラフト6位新人ダメ虎変えた”. サンケイスポーツ. (2014年4月3日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20140403/tig14040304390014-n3.html 2014年4月3日閲覧。 
  35. ^ “「いわさき」じゃないぞ!岩崎、新人一番乗りお立ち台宣言”. スポーツニッポン. (2013年12月24日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/12/24/kiji/K20131224007260690.html 2014年5月12日閲覧。 
  36. ^ “阪神岩崎異例の新人高額グッズ発売に恐縮”. 日刊スポーツ. (2014年4月8日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20140408-1282254.html 2014年4月8日閲覧。 
  37. ^ “安定感増す第5の男!阪神・岩崎、5連敗から大変身“3連笑””. サンケイスポーツ. (2015年8月23日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20150823/tig15082305030013-n3.html 2015年10月10日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]