片山雄哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
片山 雄哉
阪神タイガース #95
Y.KATAYAMA.jpg
育成選手時代
(2019年5月25日、ナゴヤ球場)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県安城市
生年月日 (1994-06-18) 1994年6月18日(28歳)
身長
体重
177 cm
79 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 捕手
プロ入り NPB / 2018年 育成選手ドラフト1位
初出場 2022年5月25日
年俸 420万円(2022年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

片山 雄哉(かたやま ゆうや、1994年6月18日 - )は、愛知県安城市出身のプロ野球選手(捕手)。右投左打。阪神タイガース所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

安城市立桜町小学校3年時に「横山北ソフトボール」に入団しソフトボールを始める[2]安城市立安城南中学校では軟式野球部へ入部し野球に転向、捕手を務めた[2]

愛知県立刈谷工業高校時代は全国大会と縁がなく[2]、卒業後は至学館大学短期大学部へ進学。後に至学館大学へ編入する予定であったもののそのまま卒業、在籍2年で野球部を退部し[注 1]BCリーグ福井ミラクルエレファンツへ入団した[3]。背番号は22

BC福井時代[編集]

2015年には、捕手兼外野手としてリーグ戦39試合に出場したが、打率.164に終わった。

2016年には、阪神タイガースから派遣された藤井彰人がバッテリーコーチに就任したことを機に捕手へ専念。リーグ戦58試合の出場で打率.271を記録し、プロ初本塁打を皮切りに2本塁打を放つと、翌2017年にはリーグ戦49試合の出場で打率.285、5本塁打の成績を残した。しかし、NPBのドラフト会議で指名されるまでに至らなかった。

2018年には、リーグ戦64試合に出場。前年までの反省から意識改革とトレーニングに励んだ結果[4]、打率.330、14本塁打、62打点、18盗塁とほとんどの打撃部門で自己最高の成績を残した。

2018年のNPB育成ドラフト会議で、阪神タイガースから1巡目で指名。支度金200万円、年俸300万円(金額は推定)で育成選手として入団した。背番号は122[5]

阪神時代[編集]

2019年高知県安芸市での二軍春季キャンプに参加。キャンプ中の実戦では3試合連続で3安打を放つなどアピールし、二軍監督の平田勝男から同キャンプMVPに選ばれた[6]。キャンプ後の教育リーグでは主に指名打者として起用され、ウエスタン・リーグの公式戦では育成選手ながら4月上旬から一時4番打者に抜擢[7]。後に調子を落としたものの、7月11日のフレッシュオールスターゲーム楽天生命パーク)では、ウエスタン・リーグ選抜の捕手として途中出場を果たした[8]。7月30日、支配下選手契約を締結したことが球団から発表された。背番号は95[9]。最終的にウエスタン・リーグ75試合に出場し、打率.202、5本塁打、17打点、40安打、長打率.313、出塁率.251の成績だった。

2020年はキャンプは一軍スタートとなったが、レギュラーシーズンでの一軍昇格はなく、ウエスタン・リーグ55試合に出場し、打率.220、2本塁打、19打点の成績だった[10][11]

2021年、2月21日に行われた三菱自動車倉敷オーシャンズとの練習試合で打席でスイングした際に右手を痛め、検査の結果、右手有鈎骨の骨折と診断された[12]

2022年、5月21日付の公示でプロ入り後初めて一軍に昇格した[13]

選手としての特徴・人物[編集]

俊足強打の打撃型捕手[2]。50m走で6.1秒を記録し、また二塁送球1.8秒を記録する強肩を持ち合わせる[14]

打撃では、アッパー気味にも見える豪快なフルスイングが持ち味。実際はレベルスイングになっているものの、本人は「ボールのやや下を上に上げる感じ」と説明しており、「遠くに飛ばしたい、ホームラン打ちたい、強い打球を打ちたいってやったのが自然にああなった」とも語っている[4]

詳細情報[編集]

記録[編集]

初記録

独立リーグでの打撃成績[編集]







































2015 福井 39 55 11 9 0 1 0 2 16 8 1 4 0 7 2 0 .164
2016 58 144 20 39 5 4 2 26 37 22 2 8 3 8 5 2 .271
2017 49 151 30 43 12 3 5 35 37 28 3 5 2 2 6 3 .285
2018 64 227 55 75 18 4 14 62 50 58 2 1 1 18 5 4 .330
通算:4年 210 577 116 166 35 12 21 125 140 116 8 18 6 35 18 9 .288

背番号[編集]

  • 22(2015年 - 2018年)
  • 122(2019年 - 同年7月29日)
  • 95(2019年7月30日 - )

登場曲[編集]

  • 「Jump & Sweat(feat. Sanjin)」Garmiani(2019年)
  • 「Lovumba」Daddy Yankee(2020年)
  • 「交差点 feat. EXPRESS」BANTY FOOT(2021年 - )

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 至学館大学短期大学部(2年制)と至学館大(4年制)は別組織の系列校であるが、野球部は両学の合同で組織されている。

出典[編集]

  1. ^ 阪神 - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2021年11月21日閲覧。
  2. ^ a b c d 阪神育成1位片山、打つ守る走る「男前2世」捕手だ 日刊スポーツ 2018年10月31日
  3. ^ 崖っぷちからプロ野球選手という夢を掴んだ男、片山雄哉(阪神タイガース・育成1位) Yahoo!ニュース 2018年11月3日
  4. ^ a b 「絶対プロにいく!」―生まれ変わった片山雄哉捕手(BC・福井)の執念《2018 ドラフト候補》 Yahoo!ニュース 2018年7月20日
  5. ^ 阪神近本ら7選手入団会見「幸せな日を」矢野監督 日刊スポーツ 2018年12月3日
  6. ^ 阪神育成片山二軍キャンプMVP 平田監督が絶賛 日刊スポーツ 2019年2月27日
  7. ^ 阪神片山二軍戦1発含む3安打「実力での4番」監督 日刊スポーツ 2019年4月5日
  8. ^ 2019年7月11日(木) 楽天生命パーク【フレッシュオールスターゲーム】 イースタン・リーグvsウエスタン・リーグNPB日本野球機構 2019年7月11日
  9. ^ 片山雄哉選手との支配下選手契約締結について 阪神タイガース公式サイト 2019年7月30日
  10. ^ 阪神・片山は現状維持の年俸420万、川原は20万円減の460万円。”. サンスポ.com (2020年11月25日). 2021年3月17日閲覧。
  11. ^ 2020年 投打成績”. 阪神タイガース. 2021年3月17日閲覧。
  12. ^ 阪神片山が右手有鉤骨を骨折 21日練習試合で負傷”. 日刊スポーツ (2021年2月23日). 2021年3月17日閲覧。
  13. ^ 阪神・板山、ソフトバンク・千賀を抹消 DeNA佐野を登録【21日公示】/デイリースポーツ online” (日本語). デイリースポーツ online. 2022年5月23日閲覧。
  14. ^ 阪神育成1位・片山 1年で支配下に上がることが自分の使命 Baseball Gate 2018年12月3日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]