金子誠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
金子 誠
千葉ロッテマリーンズ 戦略コーチ #88
NF-Makoto-Kaneko20120310.jpg
日本ハム選手時代
(2012年3月10日、阪神甲子園球場にて)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県我孫子市
生年月日 (1975-11-08) 1975年11月8日(47歳)
身長
体重
185 cm
84 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手二塁手
プロ入り 1993年 ドラフト3位
初出場 1995年4月2日
最終出場 2014年10月1日(引退試合)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
国際大会
代表チーム 日本の旗 日本
五輪 2004年
オリンピック
男子 野球
日本の旗 日本
2004 野球

金子 誠(かねこ まこと、1975年11月8日 - )は、千葉県我孫子市出身の元プロ野球選手内野手)、コーチ。右投右打。現在は千葉ロッテマリーンズの戦略コーチを務める。

妻は元テレビ朝日スポーツ記者・ニュースキャスターの白木清か

アテネオリンピック野球の銅メダリスト。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

常総学院高校で甲子園には春夏合わせて3回出場。高校時代は遊撃手をしていた。3年夏(1993年第75回選手権大会)は、準決勝で土肥義弘を擁する春日部共栄高校に敗退。同大会では全試合で安打を記録した。同年秋のドラフト会議で日本ハムに3位指名されて入団した。

日本ハム時代[編集]

1994年、一軍出場はなかった。

1995年、プロ入り初出場を果たし、4試合に出場。2安打を放った。

1996年、プロ3年目にしてレギュラー二塁手となり、打率.261、パシフィック・リーグ最多の38犠打を記録し、その年のパ・リーグ新人王に選ばれた。同年のセントラル・リーグの新人王は、同じ常総学院のOBでもある仁志敏久だった。

1997年、1試合2発を含む自身初の2桁本塁打(12本)、打率.277を記録。この年はオリックス・大島公一に1票差でゴールデングラブ賞受賞を逃すも、翌1998年1999年と2年連続でゴールデングラブ賞を受賞した。

1998年、前年とそれほど変わらない成績だったが開幕から打撃不振が続き5月を終わった段階では打率は2割1分で打順も主に9番を打っていた。打点26と得点圏では課題を残した。ただし三振数は前年から大きく減らした。

1999年、成績そのものは前年同様変わらなかったが、プロ入り初の全試合出場を果たした。

2000年、これまでの成績を下回り打率.231と低迷した。

2001年、前年より打率を上げ、2年ぶりの全試合出場を果たした。

2002年、それまで正遊撃手だった田中幸雄三塁手コンバートされたのに伴い、遊撃手にコンバートされた。また、兄貴分として慕っていた片岡篤史阪神タイガースへ移籍したため、片岡が着用していた背番号8を受け継いだ。この年は打撃好調で打率.285の成績を残した。

2003年、不振に陥り打率.244で100安打にも満たなかった。

2004年、シーズン途中の8月に開催されたアテネオリンピックには、チームメイトの小笠原道大と共に日本代表に選出された。しかしシーズンではこの年も100安打に到達することなくシーズンを終えた。

2005年、監督のトレイ・ヒルマンに出塁率の低さを指摘され、新外国人のエリック・アルモンテに遊撃手のレギュラーの座を奪われて開幕二軍スタートとなるも、アルモンテの不振によって5月に一軍昇格し、レギュラーに復帰した。シーズンオフに、札幌グランドホテル開催された選手ディナーショーに出演しファン層拡大に努めた。

2006年、日本ハム選手会の会長に就任。主に9番打者として活躍し、リーグ優勝、日本一を達成。中日との日本シリーズ第2戦では1対2とリードされた7回表、山本昌から逆転打を放ち、その裏では1死一、二塁のピンチで代打・立浪和義の三遊間の難しいあたりを好捕し、二塁封殺を取る活躍を見せ、お立ち台に上がった。第5戦では0対1とリードされた5回裏、川上憲伸から巧妙なスクイズバントを決め、同点に追いつく活躍を見せた。この年のパ・リーグプレーオフからはリストバンド浅葱色のものに変更[注 1]

2007年主将に就任。シーズン序盤は打線全体の低調ぶりと相反して金子の打撃は好調だったためクリーンナップを打つこともあったが、主に九番を打った。打率.243(リーグ最下位)ながら得点圏打率は.285で、チーム3位の53打点を記録した。中日との日本シリーズでは第1戦、7回までセギノールのホームラン1安打で抑えていた川上からセンター前ヒットを放つ。

2008年、開幕から打撃不振でケガもあり絶不調に陥る。9月以後持ち直すも打率・本塁打数は前年をも下回った。同年オフに同じ遊撃手の二岡智宏がトレードで日本ハムに移籍したことについて、対抗心こそ見せないが「自分らしく」と、マイペースな意気込みを語った。

2009年、選手会長の座を後輩の田中賢介に、主将の座も稲葉篤紀にそれぞれ譲ることになった。4月には7日の対千葉ロッテマリーンズ戦から15日の対オリックス・バファローズ戦にかけて、日本プロ野球新記録となる7試合連続二塁打を放った事と、月間打率.423が評価されてパ・リーグ月間MVPに野手部門で選ばれた[注 2]。最終的に、1997年以来の2桁本塁打と、キャリア初の打率3割を記録した。自身3度目となるゴールデングラブ賞を受賞、過去の2度は二塁手部門で、遊撃手部門としての受賞は初。これらの好成績が評価され、12月10日には球団との交渉の結果、自身初めての1億円越えとなる1億3500万円(推定)の年俸で来季の契約を更改した。なお、金子の初めての1億円越えは17年目のことであり、球団史上最も遅い記録だった[1]

2010年、開幕を一軍で迎えたが痛めていた両足のアキレスけん痛や股関節痛で二軍降格。その後一軍復帰するも右内側腓腹筋の筋挫傷(2度=中等度)[2]で二軍落ちした。その後の出場は1度もないままシーズンを終えた。

2011年、故障への配慮から飯山裕志今浪隆博らと併用され、一度も二軍落ちせずシーズンを乗り切ったが、打撃成績・守備成績ともに下降した。

2012年、怪我の影響で戦線離脱はあったが、3年ぶりに100試合以上の出場を記録しリーグ優勝に貢献した。しかし、自己成績は打率は2割台前半に低迷し、1995年以来の本塁打0本に終わった。オフには膝の精密検査し左大腿骨軟骨損傷で全治3ヶ月と診断され骨穿孔術を受けた[3]

2013年、手術後のリハビリが思うように進まずその間に中島卓也の台頭や、当時オリックス・バファローズの正遊撃手であった大引啓次をトレードで獲得したこともあり、一軍定着後では最低の32試合出場に留まった。打撃面では56打席で18三振を喫し本塁打0本打率2割に低迷し、守備でも2002年以来となる二塁手を主に努めたが、二塁での守備率は.927と低い数字で、攻守に精彩を欠くシーズンとなった。

2014年も若手の台頭等により前年の出場試合を更に下回り17試合の出場に留まり、打率も.143に留まった。9月27日に現役引退を表明した[4]。10月1日の対楽天戦で引退試合が行われ、9番遊撃でスタメン出場。試合後には引退セレモニーが行われた[5]

現役引退後[編集]

2014年11月25日、2015年シーズンより日本ハムのチーム統轄本部特命コーチを務めることが発表された[6]。日本ハムと業務提携を結んでいるサンディエゴ・パドレスへコーチ研修を目的とした野球留学をしながら、日本に帰国した際には指導にもあたる[7]。位置づけとしてはフロントスタッフであり、コーチとしては非常勤ながらトレイ・ヒルマン梨田昌孝両元監督が着けていた背番号「88」を背負うこととなった[6][7]。また、GAORAや在札民放局のファイターズ中継に解説者として出演した。

2016年は一軍打撃コーチに配置転換され、正式なコーチングスタッフとなった[8]。その後、2018年は一軍内野守備コーチ[9]2019年は一軍打撃チーフ兼作戦コーチ、2020年から2021年は一軍野手総合コーチ、2022年は一軍野手総合コーチ兼打撃コーチを務め[10]、契約満了に伴い、同年限りで退団した[11]

日本ハムのコーチを務める一方で、2017年より日本代表のコーチも務めていた。2017年は「ENEOS アジアプロ野球チャンピオンシップ2017」のヘッドコーチ[12]。2018年は「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2018」と「2018日米野球」のヘッドコーチ。2019年は「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019」と「2019 WBSCプレミア12」のヘッド兼打撃コーチ。2021年は東京オリンピックのヘッド兼打撃コーチを務め、金メダルに貢献した。

2022年11月24日、2023年から千葉ロッテマリーンズの戦略コーチを務めると発表された[13]。背番号は88[14]

人物[編集]

愛称は「マック」、「マコ」、「ネコ」、「相談役」など。

2006年のドラフト会議で同姓の金子洋平が入団してきたため、「金子誠」と表記されるようになる。2009年限りで金子洋平は引退したが、以降も新聞などではフルネームで表記された。

選手としての特徴[編集]

1996年から01年まで二塁手、02年から2012年まで遊撃手としてファイターズ内野陣を支えた。特に田中賢との二遊間は山田久志から「12球団一と言われた中日の荒木雅博井端弘和と遜色ない」「金子なんて井端以上だよ。肩は強いし、送球がぶれない。守備位置も金子のほうが後ろだから、守備範囲も広くなるし、それだけ深い三遊間でゴロでとってもノーバウンドで投げてアウトに出来る」と絶賛された[15]

Full-countによると「二塁手時代、遊撃手時代を合わせた金子が減らした失点はRRFを用いた計算だと243.5に達する。」という。[16]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1995 日本ハム 4 6 6 0 2 1 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 .333 .333 .500 .833
1996 117 465 395 50 103 14 2 4 133 33 15 2 38 4 25 0 3 67 5 .261 .307 .337 .644
1997 134 604 513 80 142 18 2 12 200 53 13 9 36 5 46 0 4 91 10 .277 .338 .390 .728
1998 127 442 380 53 100 10 2 4 126 26 11 3 20 0 40 0 2 42 7 .263 .336 .332 .668
1999 135 473 416 56 114 17 3 3 146 29 4 6 18 0 38 0 1 65 11 .274 .336 .351 .687
2000 113 445 402 53 93 12 1 3 116 31 12 4 15 0 26 1 2 40 5 .231 .281 .289 .570
2001 140 559 501 57 127 22 2 8 177 56 9 9 10 4 38 3 6 65 4 .253 .311 .353 .665
2002 104 434 393 46 112 19 3 6 155 29 9 4 17 1 19 1 4 44 2 .285 .324 .394 .718
2003 117 409 373 42 91 19 2 3 123 33 8 6 6 5 22 2 3 61 10 .244 .288 .330 .618
2004 109 372 332 42 85 15 1 3 111 39 5 2 6 2 28 0 4 86 7 .256 .320 .334 .654
2005 79 230 208 19 50 9 1 4 73 24 2 2 8 1 13 1 0 33 3 .240 .284 .351 .635
2006 126 439 393 44 100 26 3 6 150 40 7 1 15 4 24 3 3 63 5 .254 .300 .382 .681
2007 132 470 419 34 102 15 4 4 137 53 9 5 20 0 27 0 4 78 9 .243 .296 .327 .623
2008 96 331 291 24 63 16 0 2 85 29 0 1 13 5 20 0 2 76 5 .216 .267 .292 .559
2009 136 510 454 58 138 31 2 14 215 66 6 4 22 4 27 0 3 88 8 .304 .344 .474 .818
2010 77 291 264 30 69 10 0 5 94 34 2 2 15 0 12 0 0 60 7 .261 .293 .356 .650
2011 98 279 256 18 60 7 1 3 78 20 0 1 12 0 11 0 0 49 5 .234 .266 .305 .571
2012 103 311 277 21 63 18 0 0 81 22 1 4 17 2 15 0 0 53 2 .227 .265 .292 .560
2013 32 56 50 3 10 0 0 0 10 1 0 0 4 0 1 0 1 18 1 .200 .231 .200 .431
2014 17 23 21 4 3 0 0 0 3 2 0 1 0 1 1 0 0 7 0 .143 .174 .143 .317
通算:20年 1996 7149 6344 734 1627 279 29 84 2216 620 113 66 292 38 433 11 42 1086 107 .256 .307 .349 .658
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]



一塁 二塁 三塁 遊撃
















































1995 日本ハム - 3 1 1 0 1 1.000 - -
1996 - 116 269 327 15 56 .975 - -
1997 - 132 343 456 11 110 .986 - 3 8 13 0 3 1.000
1998 - 125 260 364 9 71 .986 - 10 1 11 0 1 1.000
1999 - 129 319 405 7 81 .990 10 9 16 2 1 .926 5 4 4 0 2 1.000
2000 - 112 250 368 7 81 .989 - 1 0 1 0 0 1.000
2001 - 140 352 439 10 103 .988 - 1 0 0 0 0 ----
2002 - 23 33 65 1 11 .990 - 83 103 227 8 41 .976
2003 - - - 116 185 346 13 83 .976
2004 - - - 109 173 316 13 71 .974
2005 - - - 79 106 191 4 52 .987
2006 - - - 126 198 391 10 90 .983
2007 - - - 132 172 408 12 80 .980
2008 - - - 96 142 287 2 54 .995
2009 - - - 136 203 446 8 76 .988
2010 - - - 77 113 261 10 59 .974
2011 - - - 97 114 246 11 40 .970
2012 - - - 103 143 295 6 43 .986
2013 2 2 0 0 1 1.000 11 17 21 3 7 .927 9 3 4 0 1 1.000 3 2 6 0 0 1.000
2014 1 9 0 0 0 1.000 1 0 0 0 0 ---- 7 1 7 1 1 .889 7 3 8 0 1 1.000
通算 3 11 0 0 1 1.000 792 1844 2446 63 521 .986 26 13 27 3 3 .930 1184 1670 3457 97 696 .981

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録
  • 1000試合出場:2004年4月6日、対千葉ロッテマリーンズ2回戦(千葉マリンスタジアム)、9番・遊撃手で先発出場 ※史上391人目
  • 1000安打:2005年8月23日、対西武ライオンズ15回戦(インボイスSEIBUドーム)、7回表に大沼幸二から中前安打 ※史上236人目
  • 200犠打:2007年8月14日、対福岡ソフトバンクホークス15回戦(福岡Yahoo! JAPANドーム)、8回表に和田毅から ※史上27人目
  • 1500試合出場:2008年8月18日、対福岡ソフトバンクホークス19回戦(福岡Yahoo! JAPANドーム)、9番・遊撃手で先発出場 ※史上162人目
  • 250犠打:2010年6月5日、対読売ジャイアンツ4回戦(東京ドーム)、6回表にウィルフィン・オビスポから投手前犠打・野手選択 ※史上12人目
  • 1500安打:2011年4月20日、対オリックス・バファローズ2回戦(ほっともっとフィールド神戸)、7回表に小林雅英から左翼線適時二塁打 ※史上107人目
その他の記録
  • 5年連続守備率1位:1997年 - 2001年 ※二塁手のパ・リーグタイ記録
  • 1試合5三振:1997年6月14日、対西武ライオンズ13回戦(西武ライオンズ球場) ※史上8人目(パ・リーグ4人目)
  • 1試合遊撃手最多11補殺:2004年7月6日、対大阪近鉄バファローズ14回戦(札幌ドーム)、8回表及び2012年4月12日、対福岡ソフトバンクホークス3回戦(福岡 Yahoo! JAPANドーム)に記録
  • 7試合連続二塁打:2009年4月7日の対千葉ロッテマリーンズ1回戦(東京ドーム) - 4月15日の対オリックス・バファローズ2回戦(札幌ドーム) ※7試合連続は史上最多
  • オールスターゲーム出場:3回(2002年、2004年、2009年)

背番号[編集]

  • 30(1994年 - 2002年)
  • 8(2003年 - 2014年)
  • 88(2015年 - )※日本代表コーチでも着用

代表歴[編集]

指導歴[編集]

関連情報[編集]

出演[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 2006年オールスター休み時に行われたデパートのトークショーにてテーマカラーに決定。ファンから「一つの色にこだわってみないか」と提案され、のり気ではなかった金子は「皆さんで決めてください」と回答。その時着ていた上着の色が水色だったことから水色を提案される。浅葱色になったのは、坪井智哉のサックスブルーとかぶらないために変えた。
  2. ^ 初受賞がプロ16年目なのは、1992年の金石昭人(日本ハム)の14年目を更新し、月間MVP制定後、パ・リーグで最も遅咲きの初受賞となった。

出典[編集]

  1. ^ 日本ハム・金子誠、17年目の1億円到達!(サンケイスポーツ)‐2010年1月17日閲覧。[リンク切れ]
  2. ^ 北海道日本ハムファイターズ公式サイト ニュース 金子誠選手の診断結果
  3. ^ 金子誠選手手術について
  4. ^ 金子誠選手が引退を表明 北海道日本ハムファイターズ公式サイト 2014年11月24日閲覧。
  5. ^ 金子誠が「9番・遊撃」でスタメン出場 試合後に引退セレモニー | BASEBALL KING”. BASEBALL KING. 2021年4月7日閲覧。
  6. ^ a b 金子誠氏がチーム統轄本部特命コーチに就任 北海道日本ハムファイターズ公式サイト 2014年11月25日閲覧。
  7. ^ a b ハム金子誠氏 特命コーチに就任 - 日刊スポーツ、2014年11月25日。
  8. ^ コーチングスタッフ変更のお知らせ 北海道日本ハムファイターズ公式サイト 2015年10月23日配信
  9. ^ コーチングスタッフ変更のお知らせ|北海道日本ハムファイターズ”. 北海道日本ハムファイターズ (2017年10月31日). 2018年1月20日閲覧。
  10. ^ “新庄剛志ビッグボス 来季首脳陣発表!林ヘッド、武田投手コーチら”. 日刊スポーツ. (2021年11月18日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/202111180000399_m.html 2021年11月18日閲覧。 
  11. ^ “【日本ハム】金子誠野手総合兼打撃コーチら3コーチが契約満了に伴い退団”. 日刊スポーツ. (2022年10月23日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/202210230000805_m.html 2022年12月14日閲覧。 
  12. ^ 「ENEOS アジア プロ野球チャンピオンシップ2017」コーチングスタッフについて 野球日本代表 侍ジャパン オフィシャルサイト (2017年9月11日) 2017年10月8日閲覧
  13. ^ コーチ就任のお知らせ”. 千葉ロッテマリーンズ (2022年11月24日). 2022年11月25日閲覧。
  14. ^ ロッテ、来季のコーチングスタッフを発表”. ベースボールキング (2022年12月14日). 2022年12月14日閲覧。
  15. ^ Sports Graphic Number』 665号
  16. ^ 守備で減らした失点は21年間で243点 球史に刻まれるべき名手、金子誠Full-count 2014年11月26日配信 2020年4月29日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]