コンテンツにスキップ

村上頌樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
村上 頌樹
阪神タイガース #41
2023年3月25日 京セラドーム大阪
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県三原郡南淡町(現:南あわじ市
生年月日 (1998-06-25) 1998年6月25日(25歳)
身長
体重
175 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 投手
プロ入り 2020年 ドラフト5位
初出場 2021年5月30日
年俸 6700万円(2024年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

村上 頌樹(むらかみ しょうき、1998年6月25日[2] - )は、兵庫県三原郡南淡町(現:南あわじ市)出身[3]プロ野球選手投手[2])。右投左打[2]阪神タイガース所属。

セントラル・リーグにおける、開幕からの連続イニング無失点記録保持者2023年、31イニング、中井悦雄と並ぶタイ記録)[4]、及び2リーグ制移行後のシーズンWHIP歴代最高記録保持者(2023年、0.741)[5][注 1]。 また、セントラル・リーグ史上唯一の新人王MVPの同時受賞者

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

南あわじ市立賀集小学校1年で「賀集少年野球クラブ」に入団して野球を始め[6]、3年時から投手を務める。南あわじ市立南淡中学校時代は「アイランドホークス」に所属[7][8]。1学年上に村西良太がいる[9]

智辯学園高校では1年夏からベンチ入りし、1年夏と3年春夏に甲子園に出場[8]。3年春の甲子園ではエースとして全5試合を1人で投げ抜き、47回で防御率0.38を記録[7][10]。決勝の高松商業高校戦では延長11回までを1失点に抑えた上、その裏に中堅越えのサヨナラ二塁打を打ち、同校初の甲子園優勝に導いた[7][10]。3年夏の甲子園は2回戦で河野竜生擁する鳴門高校に敗れた[11]。2学年上に岡本和真[12]、1学年上に廣岡大志、1学年下に福元悠真[13]松本竜也がいる。

卒業後は東洋大学総合情報学部総合情報学科に進学[14]。1年春からリーグ戦に登板し[8]専修大学戦ではリーグ戦初完封初勝利を収めた[15]。2年時は登板機会に恵まれなかったものの、エースとして迎えた3年春には6勝無敗、防御率0.77の成績を残した。投手3冠、ベストナインの獲得と共に春季リーグ4連覇に貢献[16][17]。同夏には日米大学野球選手権に出場する日本代表にも選出された[18]。4年秋に中央大学との開幕戦に先発するも、登板中に腕の張りを訴え4回1失点で降板した[19][20]。その後右前腕の肉離れが判明し戦線を離脱[21][22]、そのままリーグ戦を終えた。2学年上に上茶谷大河甲斐野央梅津晃大中川圭太藤井聖末包昇大、1学年上に佐藤都志也、1学年下に佐々木俊輔、3学年下に細野晴希石上泰輝がいる。

2020年のドラフト会議阪神タイガースから5位指名を受け[8]、契約金4000万円、年俸720万円で仮契約を結んだ[23]。背番号は41[24]

阪神時代[編集]

2021年、二軍戦6試合で2勝1敗、防御率2.25を記録[25]。5月30日に一軍登録され[26]、同日の対埼玉西武ライオンズ戦(メットライフドーム)でプロ初登板・初先発を果たしたが、2回1/3を3安打3四球5失点で降板(チームが逆転勝ちし、勝敗つかず)[27]。翌5月31日に出場登録を抹消された[28]。その後8月28日の対広島東洋カープ戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)で先発したが、3回5失点と成果を残せなかった[29]。二軍では最終的に10勝1敗、防御率2.23を記録し、最多勝、最優秀防御率、最高勝率の三冠に輝いた[30]

2022年ウエスタン・リーグで最優秀防御率(3.09)、最高勝率(.700)の投手2冠を獲得[31]。同リーグの表彰対象ではないが、奪三振(74奪三振)も最多だった[32]。しかし一軍での登板はなくシーズンを終える[31]

2023年、4月1日の対横浜DeNAベイスターズ戦(京セラドーム大阪)で先発の秋山拓巳をリリーフする形で2シーズンぶりに一軍登板を果たし、1回1安打無失点でプロ初ホールドを記録した[33]。4月12日の対読売ジャイアンツ戦(東京ドーム)では2シーズンぶりに一軍公式戦で先発[34]。7回まで無安打無四死球の完全試合状態だったが[35]、1-0とリードした8回表の攻撃で原口文仁を代打として送られ、勝ち投手の権利を持ったまま降板した[36][注 2]。翌登板となる4月22日の対中日ドラゴンズ戦(バンテリンドーム ナゴヤ)でも4回裏まで完全試合(前試合から11イニング連続)を演じた[39][40]。その後5回と8回に福永裕基に2安打を許したものの[41]、結局許した走者はその2度のみで9回を投げ切り、10奪三振無失点。プロ入り初勝利を無四死球かつ2桁奪三振の完封で飾った。これはNPB史上初の出来事である[12]。続く4月29日の対東京ヤクルトスワローズ戦(明治神宮野球場)でも8回無失点の好投で2勝目を挙げるとともに、開幕からの連続無失点記録を25イニングにまで伸ばし、防御率0.00のまま4月を終えた[42]。この活躍により、3・4月度の月間MVPを受賞した[43]。5月9日の対東京ヤクルトスワローズ戦(阪神甲子園球場)でも6回まで無失点に抑え、1963年の中井悦雄(阪神)に並ぶ、開幕から31イニング連続無失点のセ・リーグ最多タイ記録を達成した[4]。しかし、セ・リーグ記録更新がかかった7回にドミンゴ・サンタナにソロ本塁打を打たれてシーズン初失点を喫し、新記録達成とはならなかった[44][45]。この試合は味方の援護点にも恵まれず、そのまま7回1失点で敗戦投手となった[46]。その後、交流戦や夏場を経ても、目立って調子を崩すこともなく安定した投球を続け、9月8日の対広島戦(甲子園)では7回1/3を6安打1失点で、自身初の2桁勝利となる10勝目を挙げた[47]。シーズン最終登板となった9月25日の対中日戦(バンテリン)では5回2失点で敗戦投手となったものの、自身初の規定投球回に到達した[48]。この年は実質一軍初帯同のシーズンでありながら、初先発からシーズンを通して先発ローテーションを守り抜くと、最終的に22試合に登板して144回1/3を投げ、10勝6敗1ホールド、防御率1.75という好成績を残した。最優秀防御率のタイトルも獲得し[49]、阪神タイガース18年ぶりリーグ優勝の立役者の1人となるとともに、一気に先発投手陣の柱として定着したことで、自身にとっても大きな飛躍を遂げたシーズンとなった。また、WHIPが2リーグ分立後の歴代最高となる0.741を記録しただけでなく[5]、規定投球回に達した12球団の全投手中で最高となるK/BB9.13、被打率.181、また21先発のうち18度のクオリティ・スタートを達成する[50]など、抜群の安定感で数々の驚異的な成績を残した。ポストシーズンでは、広島カープとのCSファイナルステージ初戦(甲子園)の先発に抜擢されると[51]、1-1の同点で迎えた5回裏一死一•三塁の場面で、相手先発九里亜蓮から、自ら勝ち越しとなる適時二塁打を放ち[52]、6回1失点で勝利投手となり首脳陣の期待に応えてみせた[53]オリックス・バファローズとの日本シリーズでも第1戦(京セラドーム大阪)の先発を託されたことで、シリーズ開幕戦は村上と山本由伸による両リーグの最優秀防御率投手同士の投げ合いとなった[54]。この結果、山本が5回途中7失点と打ち込まれたのに対し、村上は7回2安打無失点と好投し勝利投手となった[55]。前年まで公式戦通算0勝であった投手が日本シリーズ開幕投手を務めたのは2021年の奥川恭伸以来史上2人目であり、さらに勝利投手となったのは日本人史上初のこと[56]。その後、阪神の3勝2敗で迎えた第6戦で再び山本と投げ合ったが、今度は村上が5回4失点で降板したのに対し、山本が9回1失点の完投勝利を収めたことで初戦のリベンジを許した[57]。しかし、自らの投球でチームを日本一に導くことは叶わずも、最終第7戦でチームが勝利したことで、3年連続投手4冠の絶対的エース山本から1勝を挙げ、阪神タイガースの38年ぶり日本一達成に大きな一役を買った形となった。11月28日に新人王最優秀選手賞を獲得した。新人王とMVPの同時獲得は木田勇(1980年)、野茂英雄(1990年)以来となる3人目であり、セントラル・リーグ及び入団2年目以降の選手では初めての出来事であった[58]。また、ベストナインを逃しながらMVPを受賞したのはセ・リーグでは浅尾拓也以来12年ぶり7人目[注 3]で、阪神では若林忠志以来76年ぶり2人目。12月10日に行われた契約更改交渉では、推定年俸700万円[注 4]から6000万円増の6700万円でサインした。昇給率は857%で、これは球団史上最高のアップ率[注 5]、NPBでも史上3位のアップ率とされる[注 6][60]

選手としての特徴・人物[編集]

2023年の投球データ[61]
球種 配分
%
平均球速
km/h
ストレート 49.9 145.5
カットボール 18.1 137.4
フォーク 15.5 132.7
ツーシーム 11.7 137.6
スローカーブ 4.6 106.1
スライダー 0.1 132.7

オーバースロー[62]から最速154km/h[63]、平均回転数2400rpm[64](NPB平均2200rpm台[65])・最高2600rpm超[66]を計測する伸びのあるストレートと制球力が最大の武器[66]。回転数の多いストレートは“浮き上がる魔球”と称され、スライダー気味に伸びるのが特徴(真っスラ)である[67]。変化球はツーシーム[8]、スライダー、カーブチェンジアップなど多彩に投げ分ける[22]

同姓である村上宗隆の愛称「村神様[68]」にちなんで、「虎の村神様」と呼ばれることもある[67]。中学時代はチームメイトにもう1人「しょうき」がいたことから「むらしょー」と呼ばれていた[67]

庄田隆弘は中学「アイランドホークス」、高校「智辯学園」、プロ野球「阪神」の先輩にあたり、中学時代はコーチ(庄田)と教え子(村上)の間柄だった[67]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2021 阪神 2 2 0 0 0 0 1 0 0 .000 30 5.1 9 3 5 0 0 0 1 0 10 10 16.88 2.63
2023 22 21 2 1 1 10 6 0 1 .625 532 144.1 92 9 15 0 1 137 0 0 30 28 1.75 0.74
通算:2年 24 23 2 1 1 10 7 0 1 .588 562 149.2 101 12 20 0 1 137 1 0 40 38 2.29 0.80
  • 2023年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別投手(先発)成績所属リーグ内順位[編集]





















2021 23 セ・リーグ - - - - - - -
2022 24 - - - - - - -
2023 25 7位 7位 5位 6位 - 4位 1位
  • - は10位未満。防御率・勝率における規定投球回数未満も - と表記。
  • 太字は規定投球回到達年度、背景色金色は最優秀選手賞(MVP)受賞年度

年度別守備成績[編集]



投手












2021 阪神 2 1 0 0 0 1.000
2023 22 6 14 1 4 .952
通算 24 7 14 1 4 .955
  • 2023年度シーズン終了時

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
投手記録
打撃記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 41(2021年 - )

登場曲[編集]

代表歴[編集]

  • 2019年 日米大学野球選手権大会日本代表

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 1リーグ制を含めた場合、1936年秋に景浦將が記録した0.72が最高記録。これまでセ・リーグ記録であったのは1959年村山実が記録した0.7483。村上も含め、全員がタイガース所属の投手(景浦、村山の記録達成時は「大阪タイガース」)。
  2. ^ その後、2番手として登板した石井大智岡本和真に同点本塁打を打たれ、村上の勝ち投手の権利も消滅した[37]。なお、延長10回表に近本光司の左前打で勝ち越し点を奪い、阪神が2-1で勝利した[38]
  3. ^ 先発投手としては野口茂樹工藤公康以来24年ぶり。
  4. ^ 2022年の契約更改後は推定750万円と報じられていたが、700万円だったことを明かした[59]
  5. ^ これまでの最高は2023年度・湯浅京己の840%(500万円→4700万円)。
  6. ^ 歴代1位は2010年度・福盛和男楽天)の1036%(440万円→5000万円)、2位は1995年度・イチローオリックス)の900%(800万円→8000万円)。

出典[編集]

  1. ^ 阪神 - 契約更改 - プロ野球」日刊スポーツ。2023年12月10日閲覧
  2. ^ a b c 『週刊ベースボール 2023年12月8日号増刊』ベースボールマガジン社、2023年11月9日、35頁。ASIN B0CLSTPHNY
  3. ^ 広報南あわじ「まちかどトピックス」(平成28年5月号)」『南あわじ市ホームページ』2018年4月1日。2023年11月28日閲覧
  4. ^ a b c 【阪神】村上頌樹60年ぶり快挙!6回無失点で開幕後31イニング連続無失点 セ界タイ記録」『日刊スポーツ』2022年5月9日。2023年5月9日閲覧
  5. ^ a b c 松井清員「【阪神】村上頌樹に超一流データ レジェンド“村山超え”WHIP0.741は過去最高記録」『日刊スポーツ』2023年9月26日。2023年11月28日閲覧
  6. ^ 広報南あわじ「まちかどトピックス」(令和3年2月号)」『南あわじ市ホームページ』2021年2月1日。2023年11月28日閲覧
  7. ^ a b c 2戦連続サヨナラ!智弁学園、延長11回の死闘制し初V/センバツ」SANSPO.COM、2016年4月1日。2021年9月5日閲覧
  8. ^ a b c d e 阪神、東洋大・村上頌樹投手を5位指名 完成度高い“大人の投球”魅力」Sponichi Annex、2020年10月26日。2021年9月5日閲覧
  9. ^ 近畿大の村西はサイドハンドで152キロ。快速球の秘密は左足にあり」『web Sportiva』2019年5月24日。2023年5月23日閲覧
  10. ^ a b 智弁学園サヨナラ初V エース村上が高松商打ち砕く」日刊スポーツ、2016年4月1日。2021年9月5日閲覧
  11. ^ 智弁学園、春夏連覇の夢散る 村上甲子園全7戦完投」日刊スポーツ、2014年8月14日。2021年9月5日閲覧
  12. ^ a b c 【阪神】村上頌樹は反骨心が原動力「今の成績なら誰も僕のこと知らない」故郷淡路島で知った現実」『日刊スポーツ』2023年4月22日。2023年11月28日閲覧
  13. ^ 智弁学園・村上が10安打完封「不思議です」 - 高校野球」『日刊スポーツ』2016年3月20日。2023年11月28日閲覧
  14. ^ ドラフト会議で硬式野球部の村上頌樹選手が阪神タイガースから5位指名」『東洋大学』。2023年7月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年7月30日閲覧
  15. ^ 東洋大・村上、センバツVのプライド捨て初完封1勝」日刊スポーツ、2017年5月3日。2021年9月5日閲覧
  16. ^ 阪神ドラ5村上頌樹は“西勇輝タイプ” G岡本は智弁学園の2学年先輩「三振を取るイメージある」」中日スポーツ・東京中日スポーツ、2020年11月18日。2021年9月5日閲覧
  17. ^ 阪神D5位指名の東洋大・村上頌樹、同郷・近本のように感動与える選手に!」『サンスポ』2020年10月27日。2023年11月28日閲覧
  18. ^ 東洋大の149キロ右腕・村上がプロ志望届提出へ―スカウト「上位候補になれる力」」Sponichi Annex、2020年9月10日。2020年9月10日閲覧
  19. ^ 【東都】東洋大・村上頌樹が4回1失点で緊急降板 「握力が入らなくなった」」スポーツ報知、2020年9月22日。2021年9月5日閲覧
  20. ^ ドラフト上位候補の東洋大・村上 腕の張りで緊急降板」Sponichi Annex、2020年9月23日。2021年9月5日閲覧
  21. ^ 東都大学野球 東洋大のドラフト候補右腕・村上が右前腕肉離れで離脱」Sponichi Annex、2020年9月29日。2021年9月5日閲覧
  22. ^ a b 【東都】東洋大のドラフト候補右腕・村上が右前腕肉離れで離脱 ドラフトまでの実戦登板は絶望的」スポーツ報知、2020年9月29日。2021年9月5日閲覧
  23. ^ 阪神がドラ5指名の東洋大・村上と仮契約、先輩・岡本に闘志「三振を取りたい」」デイリースポーツ online、2020年11月18日。2021年9月5日閲覧
  24. ^ 阪神ドラ2伊藤将司は「27」/新人背番号一覧」日刊スポーツ、2020年12月7日。2021年9月5日閲覧
  25. ^ 【阪神】村上頌樹 ドラフト5位右腕が30日の西武戦で初登板初先発へ」スポーツ報知、2021年5月25日。2021年9月5日閲覧
  26. ^ 【30日のプロ野球公示】オリックスが平野佳寿と増井浩俊を登録 阪神はドラ5村上頌樹を登録」ベースボールチャンネル、2021年5月30日。2021年9月5日閲覧
  27. ^ 阪神5位村上頌樹ホロ苦プロデビュー「悔いの残る投球」3回途中5失点降板」日刊スポーツ、2021年5月30日。2021年9月5日閲覧
  28. ^ 阪神ドラ5・村上が登録抹消 30日西武戦で三回途中5失点」デイリースポーツ online、2021年5月31日。2021年9月5日閲覧
  29. ^ 阪神・村上、3回5失点…亀山氏「本来の力が発揮できていないのかな」 | ショウアップナイター」『BASEBALL KING』2021年8月28日。2023年11月28日閲覧
  30. ^ 【俺たち年男】阪神・村上 昨季2軍で投手3冠!1軍で食らいつく!」デイリースポーツ online、2022年1月15日。2022年1月15日閲覧
  31. ^ a b 織原祥平「阪神・村上頌樹は同姓のヤクルト・村上斬りに意欲 「村上」と呼ばれると「パッと体がピャッと動く」」『サンスポ』2022年11月28日。2023年11月28日閲覧
  32. ^ 2022年度 ウエスタン・リーグ 【奪三振】 リーダーズ(投手部門)」『一般社団法人日本野球機構』。2023年11月28日閲覧
  33. ^ 阪神・村上領樹は「苦しかったけど、無失点でよかった」とプロ初ホールド」『サンスポ』2023年4月2日。2023年11月28日閲覧
  34. ^ 2年ぶりに1軍戦先発の阪神・村上は初回を完璧な立ち上がり」『サンスポ』2023年4月12日。2023年11月28日閲覧
  35. ^ 【阪神】7回完全の村上頌樹「これから、どうせ自分が迷惑次かけると思うので、はい」一問一答」『日刊スポーツ』2023年4月12日。2023年11月28日閲覧
  36. ^ 阪神・村上頌樹が七回までパーフェクト投球も代打を送られて降板 「ええー」と虎党から声」『サンスポ』2023年4月12日。2023年11月28日閲覧
  37. ^ 阪神が接戦制して今季初G倒 先発・村上が7回パーフェクトピッチ」『サンスポ』2023年4月12日。2023年11月29日閲覧
  38. ^ 騒然となった阪神・岡田采配 なぜ交代?評論家は「正解だと思う」その理由は2つ「奪三振がなくなっていた」村上7回完全投球」『デイリースポーツ online』2023年4月12日。2023年11月29日閲覧
  39. ^ 2023年4月22日 【公式戦】 試合結果 (中日vs阪神)」『一般社団法人日本野球機構』。2023年11月28日閲覧
  40. ^ 【阪神】7回完全で降板→プロ初完封初勝利「村上くん」「村上頌樹」相次ぎトレンド「エグすぎ」「淡路島の星」」『中日スポーツ・東京中日スポーツ』2023年4月22日。2023年11月28日閲覧
  41. ^ 阪神・村上が内容抜群の完封劇「ムダな走者を出さず」今季与四球ゼロ、17回連続無失点 散発2安打で10K」『デイリースポーツ online』2023年11月29日。2023年11月28日閲覧
  42. ^ 【阪神】村上頌樹また零封!25イニング連続無失点&2勝に…岡田監督も脱帽「すごいなぁ」」『東スポWEB』2023年4月29日。2023年11月24日閲覧
  43. ^ 村上頌樹選手『3・4月度大樹生命月間MVP賞』を受賞|球団ニュース」『阪神タイガース公式サイト』2023年5月11日。2023年11月25日閲覧
  44. ^ 【阪神】村上頌樹、開幕連続無失点31イニングでストップ 7回サンタナに被弾 タイ記録で初失点」『日刊スポーツ』2023年5月9日。2023年5月9日閲覧
  45. ^ 阪神・村上は7回1失点で無念の降板 セ新記録ならず ソロ被弾で開幕から31イニング連続無失点で止まる」『デイリースポーツ online』デイリースポーツ、2023年5月9日。2023年5月9日閲覧
  46. ^ 村上頌樹、60年ぶり快挙も7回1失点で今季初黒星…打線振るわず阪神0-1負け」『BASEBALL KING』2023年5月9日。2023年11月25日閲覧
  47. ^ 【阪神】9月負けなし6連勝でM10!最短14日アレ実現へ加速 村上頌樹が10勝目」『日刊スポーツ』2023年9月9日。2023年9月10日閲覧
  48. ^ 高垣誠「【阪神】中日に逆転負けも、村上頌樹が規定投球回到達で防御率1位確定的」『日刊スポーツ』2023年9月25日。2023年11月24日閲覧
  49. ^ 【セ投手タイトル】DeNA・東が最多勝など2冠 阪神・村上が最優秀防御率 全5投手が初タイトル」『スポニチ Sponichi Annex』2023年10月4日。2023年11月24日閲覧
  50. ^ 【CSファイナルS】阪神は最優秀防御率の村上頌樹、広島は九里亜蓮が中3日で先陣」『SPAIA』2023年10月18日。2023年11月24日閲覧
  51. ^ 須藤佳裕「阪神・村上頌樹、CSファイナル先陣抜擢に「こういう形で投げられるのは光栄」」『サンスポ』2023年10月17日。2023年11月24日閲覧
  52. ^ 【阪神】逆転で2勝!日本シリーズ進出率89%や!村上頌樹が史上3人目CS投手V打!森下翔太は同点弾」スポーツ報知、2023年10月18日。2024年4月26日閲覧
  53. ^ 【阪神】村上頌樹「心臓がバクバク」ながらCS3人目の勝利投手&勝利打点 岡田監督先勝にも「別に普通」」『スポーツ報知』2023年10月19日。2023年11月24日閲覧
  54. ^ オリ・山本、阪神・村上の“最優秀防御率対決” 日本S第1戦の予告先発発表」『Full-Count』2023年10月27日。2023年11月24日閲覧
  55. ^ 村上頌樹が山本由伸に投げ勝つ!笘篠氏も「他のピッチャーも刺激を受けたと思う」と絶賛」『BASEBALL KING』2023年10月29日。2023年11月28日閲覧
  56. ^ 高野勲「【阪神】村上頌樹がプロ野球史上初の快挙!前年まで通算0勝の投手が日本シリーズ開幕投手で白星」『日刊スポーツ』2023年10月28日。2023年11月24日閲覧
  57. ^ 中野椋「【阪神】痛恨1敗…村上頌樹が感じた山本由伸との差「全部」「全然違う」」『日刊スポーツ』2023年11月4日。2023年11月24日閲覧
  58. ^ 古財稜明「【NPBアワード】阪神村上頌樹MVP!新人王とのW受賞 野茂英雄以来3人目、セ初の快挙!」『日刊スポーツ』2023年11月28日。2023年11月28日閲覧
  59. ^ 阪神・村上頌樹、球団最高857%アップ6700万円で更改「本当に充実した1年」」『サンスポ』2023年12月10日。2023年12月10日閲覧
  60. ^ 阪神・村上が球団最高&NPB3位の857%大幅増6700万円で更改「充実した一年でした」新人王&リーグMVP 大谷の話題で笑いも誘う」『デイリースポーツ online』2023年12月10日。2023年12月10日閲覧
  61. ^ 村上頌樹投手」『球速ドットコム』。2023年10月9日閲覧
  62. ^ 織原祥平「阪神・村上頌樹 進化の秘密は左足にあり 内田トレーナー明かす」『サンスポ』2023年5月10日。2023年5月23日閲覧
  63. ^ 【阪神】村上頌樹は5回4失点 最速更新154キロ計測も球団3人目の同一シリーズ2勝目ならず」『日刊スポーツ』2023年11月4日。2023年11月5日閲覧
  64. ^ 阪神・村上 初完封初勝利は努力の証 青柳の金言徹底!回転数アップで直球精度格段に向上 スローカーブも「めちゃくちゃ有効」」『デイリースポーツ online』2023年5月23日。2023年5月23日閲覧
  65. ^ 阪神・森木 驚異のストレート 回転数2672はメジャートップ級 斎藤佑樹氏「すごい。本当にすごい」」Sponichi Annex、2022年8月2日。2024年1月4日閲覧
  66. ^ a b 東洋大エース・村上頌樹はプロ向き。4年間の研磨でドラフト上位候補へ。」Number Web、2020年7月19日。2021年9月5日閲覧
  67. ^ a b c d 稲葉祐貴「“虎の村神様”阪神・村上頌樹「31回無失点」の魔球「真っスラ」を生んだ亡き「淡路島の恩師」【独自発掘】」『Smart FLASH/スマフラ』2023年5月9日。2023年5月10日閲覧
  68. ^ 【ヤクルト】“村神様”村上宗隆「3冠」目前も冷静「また明日同じように打って勝てるよう」」『日刊スポーツ』2022年6月29日。2023年5月23日閲覧
  69. ^ 阪神・村上頌樹が新人王とMVPをダブル受賞 セ・リーグ初の快挙に「名を刻めてとてもよかった」」『サンケイスポーツ』2023年11月28日。2023年11月28日閲覧
  70. ^ 侍ジャパンが大賞を獲得 大谷翔平 殊勲賞受賞 、WBCのMVPに始まりMLBで11冠、2023年ラストも表彰締め」『TBS NEWS DIG』2023年12月21日。2023年12月21日閲覧
  71. ^ 2023年4月22日 【公式戦】 試合結果 (中日vs阪神)」『一般社団法人日本野球機構』。2023年11月28日閲覧
  72. ^ 選手登場曲」『阪神タイガース公式サイト』阪神タイガース。2021年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年4月23日閲覧
  73. ^ 選手登場曲」『阪神タイガース公式サイト』阪神タイガース。2022年9月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年4月23日閲覧
  74. ^ 選手登場曲」『阪神タイガース公式サイト』阪神タイガース。2023年4月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年4月23日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]