嶋田宗彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
嶋田 宗彦
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 和歌山県有田市
生年月日 (1962-02-17) 1962年2月17日(59歳)
身長
体重
169 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1984年 ドラフト4位
初出場 1985年7月30日
最終出場 1991年5月18日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 阪神タイガース (1998 - 2000, 2002 - 2011)
オリンピック
男子 野球
1984 野球

嶋田 宗彦(しまだ むねひこ、1962年2月17日 - )は、和歌山県有田市出身の元プロ野球選手捕手)・コーチ

弟は元プロ野球選手の嶋田章弘

来歴・人物[編集]

箕島高では石井毅とバッテリーを組み、2年次の1978年から甲子園に4回出場。同年の春の選抜では準決勝まで進むが、福井商に敗退[1]夏の選手権は3回戦で栗岡英智のいた中京高に惜敗[2]。1年上のチームメートでは二塁手石井雅博がプロ入りしている。3年次の1979年春の選抜は順調に勝ち進み、準決勝で小早川毅彦らのいたPL学園に延長10回サヨナラ勝ち。決勝は牛島和彦香川伸行のバッテリーを擁する浪商を、打撃戦の末に8-7で降し2年ぶりの優勝を飾る[1]夏の選手権は準決勝で横浜商宮城弘明の好投に苦しめられるが辛勝し、決勝も池田高との接戦の末に4-3で逆転勝ち、甲子園春夏連覇を達成した[2]。高校通算20本塁打を放つ。石井以外の高校同期に遊撃手上野敬三がいる。夏の選手権大会3回戦では星稜高校延長18回の名勝負を繰り広げた。この試合で、延長12回表に1-2と勝ち越され12回裏二死無走者で嶋田に打席が回り、尾藤公監督に「ホームランを打ってきます」と言って打席に立ち言葉通り同点本塁打を放つ。阪神コーチ時代に受けたインタビューでこの時を振り返り「勝ち越されて雰囲気が暗かったのでベンチのみんなにも聞こえるように言った」と答えている[3][4]

卒業後の1980年、石井と共に住友金属へ入社。2年目の1981年都市対抗に石井とのバッテリーで出場し、1回戦で三菱自動車川崎と対戦するが、初回に垣野多鶴に満塁本塁打を許し大敗[5]。3年目の1982年都市対抗にも連続出場し、準々決勝ではヤマハ発動機にリ-ドを許すが、9回に逆転サヨナラ3点本塁打を放つなど活躍。決勝でも石井が完投、日本鋼管福山を5-4で降しチーム初優勝を飾った[5]。同年はアマチュア野球世界選手権日本代表となり、社会人ベストナイン(捕手)にも選出された。1984年にはロサンゼルスオリンピック野球日本代表として選出され金メダルを獲得し、前年にプロ入りした石井に代わり高橋修二とバッテリーを組み、同年の社会人野球日本選手権決勝で日本通運を降し優勝[6]、2度目の社会人ベストナイン(捕手)に選出されている。

同年のドラフト4位で阪神タイガースに入団。また、弟の章弘もこの年のドラフトで阪神と広島に1位指名され、抽選で阪神が交渉権を獲得し入団した。1年目の1985年から木戸克彦の2番手として一軍で起用され、8月から17試合に先発マスクを被る。21年ぶりのリーグ優勝に貢献すると、西武との日本シリーズ第3戦(甲子園)で8回表から出場し、9回裏2死走者無しの場面で箕島高校の先輩・東尾修から本塁打を放ち、日本シリーズ史上初となるルーキー初打席初本塁打(しかも初球)を記録した。その後は木戸と正捕手を争い、2年目の1986年には65試合に先発出場するが、打撃面での伸び悩みもあり正捕手の座を獲得することはできなかった。同年4月25日の対中日戦では弟の章弘が先発し、自身も捕手として先発出場したため兄弟バッテリーを実現した。1990年には開幕から先発マスクを被るが、7月以降は出場機会が減少した。

1992年限りで現役を引退してからも阪神に在籍。ブルペン捕手1993年 - 1997年)・一軍ブルペンコーチ(1998年 - 1999年, 2002年 - 2003年)・二軍バッテリーコーチ(2000年)・スコアラー(2001年)・一軍バッテリーコーチ(2004年 - 2007年)・二軍バッテリーコーチ(2008年 - 2011年)を歴任しながら、一軍のコーチとして2003年と2005年のリーグ優勝に貢献した。2012年からは現場を離れて、章弘とともにスコアラーとしてチームを支えている[7]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1985 阪神 30 67 60 10 15 4 0 1 22 6 0 0 0 0 6 0 1 8 0 .250 .328 .367 .695
1986 91 237 207 16 53 6 2 6 81 24 0 0 10 2 17 4 1 33 4 .256 .313 .391 .704
1987 69 155 146 9 29 3 1 4 46 10 0 0 3 2 3 2 1 31 2 .199 .217 .315 .532
1988 31 54 48 2 6 1 0 0 7 2 0 0 1 0 5 2 0 7 2 .125 .208 .146 .353
1989 30 33 29 1 5 1 0 0 6 1 0 0 2 0 2 1 0 6 0 .172 .226 .207 .433
1990 47 112 100 7 15 3 0 2 24 10 0 0 3 1 8 0 0 20 4 .150 .211 .240 .451
1991 2 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
通算:7年 300 659 591 45 123 18 3 13 186 53 0 0 19 5 41 9 3 105 12 .208 .261 .315 .576

年度別守備成績[編集]

年度 試合 企図数 許盗塁 盗塁刺 阻止率
1985 29 27 22 5 .185
1986 89 83 59 24 .289
1987 67 52 33 19 .365
1988 29 21 14 7 .333
1989 26 8 6 2 .250
1990 46 38 26 12 .316
1991 2 1 1 0 .000
通算 288 230 161 69 .300

記録[編集]

背番号[編集]

  • 27 (1985年 - 1992年)
  • 97 (1993年 - 1999年)
  • 81 (2000年)
  • 83 (2002年 - 2011年)

脚注[編集]

  1. ^ a b 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ a b 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  3. ^ NHK「尾藤スマイルが教えてくれた~元簑島高校野球部監督・尾藤公の人柄力~」2011年8月6日放送で嶋田本人談
  4. ^ ZAKZAK 2011年3月7日の記事より。
  5. ^ a b 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年
  6. ^ チームは前年も優勝しているが負傷欠場、この時の正捕手は小川良一
  7. ^ コーチのフロントへの転任について - 2011年11月2日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]