ライデル・マルティネス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はマルティネス第二姓(母方の)はペレスです。
ライデル・マルティネス
Raidel Martinez
中日ドラゴンズ #92
RaidelMartinez.jpg
育成選手時代(2018年4月13日 マツダスタジアム
基本情報
国籍  キューバ
出身地 ピナール・デル・リオ州ピナール・デル・リオ
生年月日 (1996-10-11) 1996年10月11日(25歳)
身長
体重
193 cm
93 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 投手
初出場 NPB / 2018年5月6日
年俸 2億円(2022年)[1]
※2022年から3年契約[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
派遣歴
国際大会
代表チーム キューバの旗 キューバ
WBC 2017年
プレミア12 2019年

ライデル・マルティネス・ペレスRaidel Martinez Perez1996年10月11日 - )は、キューバピナール・デル・リオ州ピナール・デル・リオ出身のプロ野球選手投手)。右投左打。セリエ・ナシオナル・デ・ベイスボルベゲーロス・デ・ピナール・デル・リオ所属。オフは中日ドラゴンズ所属。

中日での登録名はチームに同姓のアリエル・マルティネスがいることから「R.マルティネス」。

経歴[編集]

2015年/2016年シーズンから、キューバ国内リーグ(セリエ・ナシオナル・デ・ベイスボル)のベゲーロス・デ・ピナール・デル・リオに所属しプレー[2]

2017年2月8日に発表された第4回WBCキューバ代表のメンバーに名を連ねた[3]。2月26日、レオナルド・ウルヘエスとともに中日ドラゴンズへの派遣が発表され、育成選手として契約した[4]

2018年4月19日、支配下選手登録となり、背番号は211から97となった[5]。当初は先発起用が続いていたが、キューバ代表で抑えを務めていたこともあり、8月14日のDeNA戦に来日初のクローザーとして1点リードの9回のマウンドに上がる。二死は取るものの、1イニングを投げ切れず、被安打2四死球2で押し出しの四球を与えたところで降板。後続も抑えられず、結果敗戦投手となった[6]

2019年4月2日にMLBとキューバ野球連盟(FCB)の連名で初めて発表された、亡命せずにMLBの球団と直接的に契約可能な選手のリストに名を連ねた[7]。4月12日に一軍昇格し、中継ぎとして登板した。5月31日の対読売ジャイアンツ戦で不調の鈴木博志に代わり抑えを務め、6月11日、対オリックス・バファローズ戦で来日初セーブを挙げた[8]

2020年1月26日、新たに2年契約(総額1億2000万円)を結んだ[9]。8月13日の対広島東洋カープ戦でジョエリー・ロドリゲスと並ぶ球団最速タイ記録の159km/hを記録[10]。15日の対読売ジャイアンツ戦において球団最速記録を更新する160km/hを記録した[11]。8月21日の対DeNAベイスターズ戦ではナゴヤドームの160km/hを記録した。9月4日の対東京ヤクルトスワローズ戦では、NPB史上25人目(26度目)であり、球団では2013年7月9日に高橋聡文が記録して以来2人目となる1イニング4奪三振を記録[12]。同時に、史上初となる1回4奪三振でセーブを記録した。10月2日の対DeNAベイスターズ戦では、同年8月に記録した自己最速および球団最速記録をさらに塗り替える161km/hを記録した[13]。17日の対広島カープ戦で24イニング連続奪三振のセ・リーグ新記録を樹立した[14]

2021年は、クローザーとして49試合に登板し、1勝4敗23セーブ、防御率2.06を記録[15]。オフに推定年俸2億円の3年契約で残留し[15][1]、翌年より背番号を92に変更することが発表された[16]

選手としての特徴・人物[編集]

193cmの長身から投げ下ろす最速161km/h[13]、常時150km/h台後半をマークする重いストレートにナックルカーブ、ムービングファーストボール、チェンジアップ、スプリットを投げる[17]。変化球でも球速は140km/hを超える。

愛称は「ライマル[18][19]。また、2020年頃から祖父江大輔福敬登と自身のリリーフトリオで構成する勝利の方程式が、ファンや選手からそれぞれの名前の一部を合わせて「大福丸」と呼ばれている[20][21]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2015-2016 PRI 13 3 - 0 0 0 2 0 - .000 152 34.1 44 4 11 1 0 16 1 0 20 17 4.46 1.60
2016-2017 CAV/PRI 21 11 - 0 0 7 3 3 - .700 366 85.2 85 5 27 8 5 47 2 1 31 20 2.10 1.31
2017-2018 PRI 8 0 - 0 0 0 3 2 - .000 61 14.2 10 0 6 2 2 11 0 - 8 5 3.07 1.09
2018 中日 7 4 0 0 0 1 3 0 0 .250 99 21.2 28 4 8 0 1 14 0 0 16 16 6.65 1.66
2019 43 0 0 0 0 1 4 8 14 .200 171 40.2 34 2 14 1 2 48 1 0 13 12 2.66 1.18
2020 40 0 0 0 0 2 0 21 7 1.000 155 40.0 24 2 12 1 1 49 2 0 5 5 1.13 0.90
2021 49 0 0 0 0 1 4 23 0 .200 178 48.0 26 1 10 1 1 59 1 1 11 11 2.06 0.75
CNS:3年 42 14 - 0 0 7 8 5 - .467 579 134.9 139 9 44 11 7 74 3 *1 59 42 3.94 1.36
NPB:4年 139 4 0 0 0 5 11 52 21 .313 603 150.1 112 9 44 3 5 170 4 1 45 44 2.63 1.04
  • 「-」は記録なし
  • 通算成績の「*数字」は、不明年度があることを示す
  • 2021年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]



投手












2018 中日 7 2 0 0 0 1.000
2019 43 5 6 0 1 1.000
2020 40 0 4 1 0 .800
2021 49 3 10 0 1 1.000
通算 139 10 20 1 2 .968
  • 2021年度シーズン終了時

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

NPB[編集]

初記録
投手記録
打撃記録
  • 初打席:2018年5月6日、対阪神タイガース8回戦(阪神甲子園球場)、岩貞祐太から見逃し三振
  • 初安打:2018年6月5日、対千葉ロッテマリーンズ1回戦(ナゴヤドーム)、5回裏に石川歩から左前安打
その他の記録

背番号[編集]

  • 211(2017年 - 2018年4月18日)
  • 97(2018年4月19日 - 2021年)
  • 92(2022年 - )

登場曲[編集]

  • 「Me Kemaste」El Taiger(2019年)
  • 「A Correr Los Lakers」El Alfa(2020年)

代表歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 中日・ビシエドとライマル来季残留決定的 ともに3年契約で合意 立浪新監督「大砲補強もお願い」”. スポーツニッポン (2021年10月30日). 2022年1月22日閲覧。
  2. ^ SNB | Raidel Martínez Pérez” (スペイン語). SITIO WEB OFICIAL BEISBOL CUBANO. 2021年9月11日閲覧。
  3. ^ Cuba's Classic roster replete with young talent”. MLB.com (2019年2月8日). 2021年9月11日閲覧。
  4. ^ 2017年度新外国人選手獲得のお知らせ”. 中日ドラゴンズ 公式サイト (2017年2月26日). 2017年5月19日閲覧。
  5. ^ 中日 育成のマルティネスを支配下登録 来日2年目、背番号「97」”. Sponichi Annex (2018年4月19日). 2018年4月19日閲覧。
  6. ^ 抑え初起用のR・マルティネス、押し出し”. 中日スポーツ (2018年8月15日). 2021年5月1日閲覧。
  7. ^ MLB=直接契約可能なキューバ選手発表、元中日マルティネスも”. Reuters (2019年4月3日). 2021年9月11日閲覧。
  8. ^ 中日R・マルティネスが初セーブ「首脳陣に感謝」”. 日刊スポーツ (2019年6月11日). 2021年5月1日閲覧。
  9. ^ 中日 R・マルティネスらキューバ3選手と契約完了”. 日刊スポーツ (2020年1月26日). 2020年1月27日閲覧。
  10. ^ “中日球団最速タイ159キロ!R・マルティネスが締めた 阪神スアレスと並びセ・トップの7セーブ”. 中日スポーツ (中日スポーツ新聞社). (2020年8月13日). https://www.chunichi.co.jp/article/104115 2020年8月18日閲覧。 
  11. ^ “球団最速160キロ!中日R・マルティネス 現中日の与田監督は1990年に157キロを記録”. 中日スポーツ. (2020年8月15日). https://www.chunichi.co.jp/article/105326 2020年8月15日閲覧。 
  12. ^ “1イニング4奪三振はプロ25人目記録 中日守護神ライデル10セーブ「野球の中ではあることだと思うよ」”. 中日スポーツ. (2020年9月4日). https://www.chunichi.co.jp/article/115587 2020年9月5日閲覧。 
  13. ^ a b “中日のR.マルティネスが球団記録の161キロを計測 自身の記録を1キロ更新”. サンケイスポーツ (産経デジタル). (2020年10月2日). https://www.sanspo.com/article/20201002-JO3YWTGH4BMJ7C62WKZMWLM6JM/ 2020年10月2日閲覧。 
  14. ^ “中日の守護神R.マルティネスが江夏豊を抜く24イニング連続奪三振のセ・リーグ新記録 21Sもリーグ単独トップ”. 中日スポーツ. 中日新聞社. (2020年10月17日). https://www.chunichi.co.jp/article/138937 2020年10月17日閲覧。 
  15. ^ a b 中日がR.マルティネスとロドリゲスの残留を発表 キューバ人選手2名と育成契約も”. BASEBALL KING (2021年11月13日). 2022年1月22日閲覧。
  16. ^ 【中日】背番号変更 守護神R・マルティネスは「92」、ロドリゲスは「29」、垣越建伸は「61」”. スポーツ報知 (2021年12月17日). 2022年1月22日閲覧。
  17. ^ 2021年度 R.マルティネス【中日】カウント別・球種配分成績”. データで楽しむプロ野球. 2021年5月1日閲覧。
  18. ^ 中日の“代役守護神”は誰になる…? ライマルの代表招集で気になる起用法” (日本語). BASEBALL KING (2021年5月24日). 2021年9月27日閲覧。
  19. ^ 「こりゃ打てんな」「ボールがギュン!」響く破裂音…中日160キロ守護神の豪速球” (日本語). Full-Count (2021年3月31日). 2021年9月27日閲覧。
  20. ^ 中日・鉄壁リリーフトリオの愛称は「大福丸」 – 東京スポーツ新聞社” (日本語). 東スポWeb (2020年10月26日). 2021年9月27日閲覧。
  21. ^ 中日、遅すぎた方程式「大福マル」の確立…開幕時守護神・岡田の不振で背負った借金が最後まで響く【ドラゴンズ総括】” (日本語). 中日スポーツ・東京中日スポーツ (2020年12月18日). 2021年9月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]