松中信彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
松中 信彦
Nobuhiko Matsunaka 2011.jpg
ソフトバンク時代(2011年7月20日 福岡Yahoo!JAPANドーム)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 熊本県八代市
生年月日 1973年12月26日(42歳)
身長
体重
183 cm
97 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 一塁手左翼手
プロ入り 1996年 ドラフト2位(逆指名)
初出場 1997年5月31日
年俸 3,500万円(2015年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム 日本の旗 日本
五輪 1996年2000年
WBC 2006年
オリンピック
男子 野球
1996 野球

松中 信彦(まつなか のぶひこ、1973年12月26日 - )は、熊本県八代市出身[1]プロ野球選手内野手外野手)。2015年の時点では、NPB現役選手で唯一の打撃三冠王達成者である。

1997年から2015年まで、福岡ダイエーホークス→福岡ソフトバンクホークスに在籍。在籍中には、一軍公式戦で通算352本の本塁打を放った。在籍中の2003年から2005年までに達成した3年連続シーズン公式戦120打点は、2015年の時点でNPB記録である。

妻はフリーアナウンサー林恵子。タレントの松中みなみは親戚に当たる。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

3つ上の兄と5つ下の弟がいる[1]。小学4年生時に代陽小学校野球クラブに入団し、投手と一塁手を務めた[1]八代一高を経て新日鐵君津に入社[1]

1996年にはアトランタオリンピック野球日本代表に選出され、全日本の4番を担う[1]。銀メダル獲得に貢献。敗れはしたものの、決勝の対キューバ戦では同点満塁本塁打を放つなど、一躍注目を浴びた[1]。オリンピック出場後のドラフト会議では、当時存在していた逆指名制度を通じて、福岡ダイエーホークスから2位で指名。外野手として入団に至った。

福岡ダイエー・ソフトバンク時代[編集]

1997年、一軍公式戦20試合に出場。シーズン後半からの出場で、本塁打0、打率.209という成績にとどまった。

1998年、一軍公式戦48試合で3本塁打を放つとともに、公式戦67試合に出場した。ウエスタン・リーグでは19本塁打で本塁打王を獲得した。

1999年ルイス・ロペスの退団に伴い、一塁手のレギュラーに定着。主に7番打者としての出場ながら、4番打者の小久保裕紀に次ぐ23本塁打を放つなど、ダイエー初のリーグ制覇・日本一に貢献した。

2000年、背番号を26から3に変更し、正式に内野手に転向。開幕は7番で迎えたが、打撃好調で小久保の後を打つ5番に定着。自身初の3割となる.312(リーグ6位)、33本塁打(リーグ3位)、106打点(リーグ2位)を記録しリーグV2に貢献。シーズンMVPに輝く。読売ジャイアンツとの日本シリーズでは、前年までチームメイトだった工藤公康から本塁打を放つものの、全6戦でこの1安打に終わり、連続日本一を逃した。この年のオフにタレント水島新太郎の仲立ちで交際を始めたフリーアナウンサーの林恵子と結婚した。

2001年、打率.334(リーグ3位)、36本塁打(リーグ7位)、122打点(リーグ5位)と打撃3部門全てで自己最高の数値を記録。同年は松中に加え小久保が44本(リーグ4位)、城島健司が31本(リーグ9位)、井口資仁が30本(リーグ12位)放ち、パ・リーグ史上初の30本カルテットを達成(日本人打者のみの30本カルテットはプロ野球史上初)し、チーム本塁打も203本とチーム記録を更新。

2002年新ストライクゾーンの影響もあり、打撃不振でレギュラー定着後最低の打率.260(リーグ23位)に終わった。本塁打も3年ぶりに30本を下回り(28本、リーグ8位)、打点も3年ぶりに100打点を下回る83打点(リーグ7位)を記録した。

2003年、小久保の長期離脱に伴い開幕戦では4番に座る。その後も4番としてほぼ定着し、ダイハード打線を牽引した。打率.324(リーグ9位)、30本塁打(リーグ9位)、そして打点は123打点で初の打撃タイトルとなる打点王を獲得した。

2004年、レギュラーシーズンで三冠王(最多安打、最高出塁率を含め打撃五冠)を達成(本塁打は日本ハムフェルナンド・セギノールと同数)。ベストナインゴールデングラブ賞MVPに選出された。しかし、同年より導入されたプレーオフ制度により行われたプレーオフでは西武ライオンズと対戦。第1戦ではホームランを打つも全体では19打数2安打[2]で終わった。第5戦の9回にはチームが同点に追いつきなおも、2死2、3塁のチャンスでランナーが帰れば逆転サヨナラリーグ優勝となるとこだったが、セカンドゴロに倒れて同点止まり。最大のチャンスを逃してしまった。これが響き、延長10回に勝ち越され、チームもリーグ優勝を逃した。10月13日、急性肝炎のため入院[3]

2005年、膝などに不安を抱えることもあり、フリオ・ズレータとポジションが入れ替わり主に指名打者として打撃に専念。交流戦のビジターでは左翼手として起用された。リーグ最多の76四球を残す。2年連続の本塁打王、3年連続の打点王を獲得。3年連続120打点以上とそれを4度達成はプロ野球史上初だった[4]。46本塁打で福岡ドームを本拠地にして以降のホークス最多本塁打記録を更新。しかし、プレーオフでは1安打と不振で、またもチームはリーグ優勝を逃した。

2006年1月には球団と日本プロ野球史上最長の複数年契約となる7年契約を結んだ。この7年間契約は大ケガや極度の不振に陥って年俸に見合う活躍ができなくなった場合を考慮されており、10項目以上にも及ぶ出来高契約が存在し、5年目以降の契約解除権や野球協約に定められた40%を超える最大50%ダウン提示権なども契約には盛り込まれているが、全ての出来高契約をクリアする活躍を続けた場合は7年間で総額45億円となっている。

WBCでの松中

2006年のワールド・ベースボール・クラシック日本代表に選出。全8試合に出場し、打率.433を記録し[5]日本チームの優勝に貢献。シーズンでは前半戦怪我の影響から指名打者どころか代打に回ることも多かったが、この年の交流戦以降はチーム事情として田上秀則を指名打者で起用する事が増えたため主に左翼手として出場した。6月に右臀部の膿瘍で試合を欠場。その後筋肉組織の感染症の一種であるガス壊疽と判明し手術を受け、オールスターを欠場することを余儀なくされた。シーズンでは2年ぶりの首位打者を獲得した(交流戦でも首位打者を獲得)ものの、本塁打と打点は前年と比較して激減した。1999年の規定打席到達後では初めて20本塁打を下回った。一方、自己最多の102四球で出塁率.453をマークした。プレーオフでは自身は18打数7安打7打点と活躍したが、第2ステージで北海道日本ハムファイターズに敗退した。4年連続5度目のベストナインに外野手として選出。一塁手で3回、指名打者で1回同賞を受賞しており、異なる3ポジションでの受賞は真弓明信落合博満以来3人目。11月には再び右臀部手術のため日米野球を辞退するなど、故障を抱えながらのシーズンであった。

2007年、トレード移籍の多村仁、FAでチームに復帰した小久保とのクリーンナップ「TMK砲」が話題となったが、5月以降は3人共怪我や不振に喘いだ。自身も打率.266、15本塁打、68打点とレギュラー定着後では自己最悪の成績に終わった。この年は左翼手ではなく、再び一塁手として起用された。

2008年、シーズン序盤は不振に喘ぐも徐々に調子を上げ、自身3年ぶりとなる20本塁打越え、8月29日には通算300本塁打を達成したが、終盤は成績を落とした。シーズン最終戦となり、最下位転落がかかった10月7日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦では、延長12回表1死一塁、二塁の場面で打席が回るも併殺打に倒れ、王政権において最後の打者となった。プロ入り後初となる全試合出場を果たした。

2009年、指名打者よりレフトを守っている時の方が打率がいいと言う理由から外野手登録となった。開幕戦では3安打5打点の活躍を見せ通算1000打点(史上34人目)を達成。更に、4月21日の対日本ハム戦で須永英輝から通算100死球(史上11人目)、5月6日の対オリックス戦で通算1500安打(史上100人目)を達成と、前半戦は記録ラッシュとなった。5月20日の対阪神タイガース戦ではサヨナラ本塁打、7月10日の対楽天戦ではサヨナラ安打を打った。7月25日のオールスターゲーム第2戦では2本塁打を放ちMVPを受賞。中盤以降は肘・膝の状態が悪化し、クライマックスシリーズ出場を断念し、治療に専念することとなった。シーズンオフに痛めていた右膝の半月板手術を行った。

2010年、膝の回復が遅れ開幕を2軍で迎える。昇格後も打撃は不調で、更に左手首の故障も重なり12年ぶりに出場試合数が100を割り込み、規定打席にも届かなかった。レギュラー定着後初めてシーズン打率が2割5分を切るなど不本意な成績に終わったが、9月の福岡ドームでの対埼玉西武ライオンズ3連戦では長打が復活。初戦の10号同点3ラン本塁打、第2戦の11号勝ち越しソロ本塁打で逆転優勝を後押しした。しかしクライマックスシリーズでは1割台に抑えこまれ、チームも敗退した。クライマックスシリーズ終了直後、来季に備え10月22日に左手首の手術を受けている。オフの契約更改では50%ダウンとなる2億円減の提示を受け入れた。

2011年、故障の影響、内川聖一アレックス・カブレラの加入による競争の激化もあり、出場は88試合にとどまる。開幕からしばらくは代打のみの出場が多かったが、内川聖一の故障離脱の際には3番に定着し、規定打席には届かなかったものの打率.308を記録するなど、出場した試合では結果を残した。4月14日には史上48人目となる3000塁打を達成。11月4日クライマックスシリーズ第2戦では8回に代打満塁ホームランを放った。翌日も勝利し、8年ぶりの日本シリーズ進出を決めた。結果的にその満塁ホームランがこれまでのプレーオフCSの不振を全て振り払う一発となった。そして8年ぶりの日本一に輝いた。

2012年、開幕戦を4番・左翼手で迎えたが、故障もあり65試合の出場に留まり、前年に続き規定打席到達はならなかった。打率.221、4本塁打とともに前年を下回る成績に終わった。契約更改では、自身3回目となる1億円以上の大幅減俸となる1億3000万円減の7000万円でサインした。

2013年、4月6日の対日本ハム戦(札幌ドーム)でシーズン初の一軍公式戦出場を果たしたが、ふくらはぎを痛めて[6]途中で交代。翌7日に出場選手登録を抹消された[7]6月3日に再び登録されると、6月13日の対東京ヤクルトスワローズ戦(福岡ヤフオク!ドーム)8回裏に、代打で適時打を放った。チームはこの試合に勝利したことでセ・パ交流戦優勝を決めたが、松中は試合後の優勝記念セレモニーを欠席。一軍監督・秋山幸二による起用法への不満によるものとされたため、球団では翌14日に松中の登録を再び抹消した[8][9]。この抹消以降は一軍復帰を果たせなかったため、一軍公式戦への出場はわずか9試合で、入団1年目以来の本塁打0に終わった。[10]。このため、シーズン終了後の契約交渉では、前年に続いて球団から減額制限を超える年俸を提示。結局、前年から50%減の推定年俸3500万円で契約を更改した[11][12]。その一方で、ケビン山崎の指導によるトレーニングで、体脂肪率を従来から6%減の16%にとどめている[13]

2014年、オープン戦では中盤まで深刻な打撃不振に見舞われたことから、秋山の指示で、打撃フォームをすり足から一本足に改造[14]。このフォーム改造が功を奏した[15]ため、代打要員として公式戦の開幕を一軍で迎えた。5月19日に出場選手登録を抹消された[16]が、8月10日の対日本ハム戦(福岡ヤフオク!ドーム)では、同点で迎えた5回裏に代打で大谷翔平から適時二塁打を記録。チームの8連勝に貢献するとともに、試合後に自身2年振りのヒーローインタビューを受けた[17]。レギュラーシーズン全体では、一軍公式戦33試合の出場で、打率.111、0本塁打、4打点と低迷。その一方で、阪神とのウエスタン・リーグ最終戦(9月30日)で5号本塁打を放ってシーズンを締めくくる[18]と、10月上旬にはフェニックスリーグに参加した。なお、一軍のリーグ優勝で迎えたポストシーズンには、再び一軍へ合流[19][20]。日本ハムとのクライマックスシリーズ ファイナルステージでは出場の機会がなく、阪神との日本シリーズでも第1戦(10月25日・甲子園)へ代打に出場しただけに終わったが、シリーズ後の契約交渉では現状維持という条件で残留を決めた[21]

2015年、オープン戦まで一軍に帯同していたが、左肩痛の影響で通算打率が.111にとどまったことから、公式戦を二軍でスタート[22]。ウエスタン・リーグの公式戦では、7月上旬に2試合連続本塁打を放つ[23]など、77試合の出場で打率.299、11本塁打という成績を残した。9月21日にシーズン初の出場選手登録を果たした[24]が、他球団への現役続行を視野に、同月29日に退団を発表[25]。発表後は、レギュラーシーズンでの本拠地最終戦(10月1日の対楽天戦)に「7番・指名打者」としてスタメンで出場したが、4打席連続三振を喫して19年間のホークス生活を終えた[26]。結局、一軍公式戦には、この試合を含めて9試合に出場。打率.067、1安打、1打点という成績で、3年続けて本塁打を放てなかった。

ソフトバンク退団後[編集]

NPB他球団での現役続行を視野に、退団直後から自主トレーニングに専念。しかし、2015年11月10日に草薙球場で開かれた12球団合同トライアウトには参加しなかった。同年12月2日付で、NPBから自由契約選手として公示[27]2016年1月には、ソフトバンク時代の後期に続いて、元チームメイトの松田宣浩などと共にグアムで自主トレーニングに取り組んでいる[28]

松中は退団当初、NPBの他球団だけを対象に、無期限で獲得のオファーを待つ方針を示していた[29]。しかし、2015年中にオファーが出なかったため、2016年に入ってからこの方針を変更。2016年2月の春季キャンプ期間中に、NPB他11球団の編成担当者に対して、入団テストの実施を直々に打診することを明らかにした。同月中にテストを実施する球団がなかった場合や、テストを実施した球団に支配下登録選手として移籍できなかった場合には、現役を引退するという[30]

プレースタイル[編集]

打撃[編集]

インパクト時に利き手を押し込むバッティングから放つ長打力を最大の武器としており[31]、小久保裕紀がアッパースイングで打球を高く上げるのとは対照的に、バットをボールの下に潜り込ませることで逆回転のスピンを与え、そこからさらに若干芯をずらすことにより、ファウルゾーンに切れることなく飛距離のある打球を放つ[32][33]。2001年には松坂大輔からバットを折りながら本塁打を放った[34]

また、内角を捌くのが非常に上手く[33]中居正広からインタビューを受けた際には体から30cmほどの距離に柱を立てた状態でそれに全く触れることなくフルスイングをして見せた[要出典]

さらに左投手も苦にしない上、ホームランバッターでありながら三振が少なく[35]、シーズン100三振以上したことがない。特に2006年は37個と自己最少だった。選球眼が良く、2006年には102個を含む2度のリーグ最多四球をマーク。通算のBB/K(四球÷三振)は1前後を推移している。

守備・走塁[編集]

走塁では2006年頃までは一塁到達まで4.2秒台と平均以上のものを備えていたが[35]、近年はヒザの状態の悪化もあり、一塁到達までほとんどが5秒台と衰えが顕著となっている[33]

守備では肩は強く、柔らかいグラブ捌きとスローイングを持ち味とし[33][35]、2004年にはゴールデングラブ賞を獲得している。

その他[編集]

高校時代に左肩を痛めたことが原因で一時期右投げに転向していたことがある(新日鐵君津在籍時に手術で完治させた後は左投げに戻った)[36]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1997 ダイエー
ソフトバンク
20 48 43 4 9 1 0 0 10 6 0 1 1 1 2 0 1 13 2 .209 .255 .233 .488
1998 34 83 71 8 19 6 0 3 34 10 2 0 0 1 10 1 1 12 0 .268 .361 .479 .840
1999 126 462 395 57 106 20 4 23 203 71 5 2 5 4 46 3 12 60 11 .268 .359 .514 .873
2000 130 540 471 76 147 26 1 33 274 106 0 1 0 7 56 4 6 49 12 .312 .387 .582 .969
2001 130 551 479 81 160 29 0 36 297 122 2 0 0 5 57 5 10 77 6 .334 .412 .620 1.032
2002 136 561 485 75 126 23 1 28 235 83 1 2 0 7 52 1 17 80 12 .260 .348 .485 .832
2003 135 590 494 99 160 31 1 30 283 123 2 0 0 3 81 3 12 69 12 .324 .429 .573 1.002
2004 130 577 478 118 171 37 1 44 342 120 2 0 0 2 84 6 12 67 7 .358 .464 .715 1.179
2005 132 575 483 109 152 26 2 46 320 121 2 1 0 7 76 3 9 85 6 .315 .412 .663 1.075
2006 131 559 447 79 145 32 1 19 236 76 2 0 0 4 102 10 6 37 5 .324 .453 .528 .981
2007 123 519 440 60 117 26 1 15 190 68 1 0 0 6 68 7 5 66 5 .266 .366 .432 .798
2008 144 632 538 79 156 28 2 25 263 92 3 1 0 8 77 8 8 91 11 .290 .382 .489 .871
2009 126 521 448 62 125 21 0 23 215 80 2 3 0 3 62 6 8 77 11 .279 .374 .480 .854
2010 79 267 238 28 56 5 1 11 96 35 3 0 0 2 24 1 3 44 4 .235 .311 .403 .714
2011 88 304 266 26 82 16 0 12 134 36 0 0 0 3 29 2 5 38 2 .308 .383 .504 .887
2012 65 164 136 10 30 2 0 4 44 13 1 0 0 0 26 2 2 26 1 .221 .354 .324 .677
2013 9 10 10 0 2 0 0 0 2 1 0 0 0 0 0 0 0 3 0 .200 .200 .200 .400
2014 33 33 27 0 3 1 0 0 4 4 0 0 0 1 4 0 1 6 0 .111 .242 .148 .391
2015 9 16 15 0 1 0 0 0 1 1 0 0 0 0 1 0 0 9 0 .067 .125 .067 .192
通算:19年 1780 7012 5964 972 1767 330 15 352 3183 1168 28 11 6 64 857 62 118 909 107 .296 .392 .534 .929
  • 2015年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • ダイエー(福岡ダイエーホークス)は、2005年にソフトバンク(福岡ソフトバンクホークス)に球団名を変更

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録
  • 100本塁打:2002年5月3日、対日本ハムファイターズ6回戦(東京ドーム)、5回表に正田樹から右中間ソロ ※史上219人目
  • 150本塁打:2003年9月27日、対オリックス・ブルーウェーブ27回戦(Yahoo!BBスタジアム)、5回表に窪田淳から右越ソロ ※史上128人目
  • 200本塁打:2005年4月17日、対千葉ロッテマリーンズ6回戦(福岡Yahoo!JAPANドーム)、9回裏に渡辺俊介から右越ソロ ※史上82人目
  • 1000本安打:2005年7月30日、対千葉ロッテマリーンズ12回戦(福岡Yahoo!JAPANドーム)、6回裏にダン・セラフィニから左中間適時二塁打 ※史上235人目
  • 1000試合出場:2006年4月28日、対北海道日本ハムファイターズ6回戦(札幌ドーム)、4番・指名打者で先発出場 ※史上410人目
  • 250本塁打:2006年5月6日、対西武ライオンズ7回戦(インボイスSEIBUドーム)、8回表に山岸穣から右越2ラン ※史上48人目
  • 300本塁打:2008年8月29日、対埼玉西武ライオンズ20回戦(福岡Yahoo!JAPANドーム)、3回裏に涌井秀章から右越2ラン ※史上34人目
  • 1000打点:2009年4月3日、対オリックス・バファローズ1回戦(福岡Yahoo!JAPANドーム)、3回裏に小松聖から中越2点適時二塁打 ※史上34人目
  • 100死球:2009年4月21日、対北海道日本ハムファイターズ4回戦(東京ドーム)、6回表に須永英輝から ※史上11人目
  • 1500本安打:2009年5月6日、対オリックス・バファローズ6回戦(京セラドーム大阪)、6回表に山本省吾から中前安打 ※史上100人目
  • 300二塁打:2009年8月6日、対千葉ロッテマリーンズ15回戦(福岡Yahoo!JAPANドーム)、1回裏に成瀬善久から右翼線二塁打 ※史上52人目
  • 1500試合出場:2010年3月28日、対オリックス・バファローズ3回戦(福岡Yahoo!JAPANドーム)、5番・指名打者で先発出場 ※史上168人目
  • 3000塁打:2011年4月14日、対オリックス・バファローズ3回戦(京セラドーム大阪)、2回表にアルフレッド・フィガロから中前安打で達成 ※史上48人目
  • 350本塁打:2012年5月10日、対オリックス・バファローズ9回戦(ほっともっとフィールド神戸)、9回裏に中西健太の代打で出場、岸田護から中越同点2ラン ※史上27人目
その他の記録
  • 三冠王:1回 (2004年)
  • 3年連続120打点(2003年 - 2005年) ※日本プロ野球記録
  • シーズン7部門(打率、本塁打、打点、安打、出塁率、得点、塁打)トップ(2004年) ※史上2人目
  • 2004年にマークした118得点、342塁打、82長打はホークスにおける年間最多記録。また、通算打率は球団歴代1位である。
  • オールスターゲーム出場:9回 (1999年 - 2001年、2003年 - 2005年、2007年 - 2009年) ※2006年にも監督推薦で選出されているが、負傷のため欠場。

背番号[編集]

  • 26 (1997年 - 1999年)
  • 3 (2000年 - 2015年)

現在の登場曲[編集]

EXILENo Limit

過去の登場曲[編集]

MAI「絆」(2008年、第1打席のみ)
佐藤直紀「龍馬伝」(2010年 - 2011年7月19日)
Monster」(2011年オープン戦)
KAT-TUNPERFECT」(2011年7月20日 - 11月)
  • 日本テレビGoing!Sports&News」の企画で、亀梨和也(KAT-TUN)との一打席勝負を行ったこの日からシーズンいっぱいまで使用。なお、この時の対戦結果は2球目を打ちあげての中飛であった。
KAT-TUNEXPOSE」(2013年)
以下は全てEXILEの楽曲
Fly Away」(2005年 - )
YES!」(2006年)
Lovers Again」(2007年開幕 - 6月まで)
Everything」(2007年7月 - 9月まで)
時の描片〜トキノカケラ〜」(2007年10月5日)
Pure」(2008年)
「Dream Catcher」(2009年)
FIREWORKS」(2009年8月、2010年)
「NEVER LOSE」(2012年)


  • ホークスの選手にテーマソングが導入された2005年から使用している「Fly Away」に加え、2006年は「YES!」、2007年からは「Everything」、「時の描片〜トキノカケラ〜」、2008年は「Pure」、2009年は自身の公式サイトでのファン投票で選ばれた「Dream Catcher」を使用。第一打席時を除き基本的に奇数打席時は「Dream Catcher」、偶数打席時は「Fly Away」となるが、チャンスの際はイニングに関係なく「Fly Away」が流れるようになっている。この年の8月と2010年の前半の奇数打席時は「FIREWORKS」を使用。

関連情報[編集]

テレビCM[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 月刊ホークス2008年4月号、P56-59
  2. ^ 『ベースボールマガジン 2004年プロ野球総決算号「激動」』ベースボールマガジン社出版 発行日2005年1月1日、39頁、雑誌07915-1。
  3. ^ 松中が急性肝炎で入院 日米野球などは欠場47NEWS 2014年12月9日閲覧。
  4. ^ 『応援ありがとう!2005福岡ソフトバンクホークス激闘の軌跡』 ソフトバンククリエイティブ、2005年、72 頁。ISBN 4-7973-3331-6
  5. ^ '06 WORLD BASEBALL CLASSIC 日本代表個人成績日本野球機構オフィシャルサイト 2014年12月9日閲覧。
  6. ^ 松中 右ふくらはぎ痛め途中交代 今季初先発、走塁中スポーツニッポン2013年4月6日配信
  7. ^ 【7日の公示】阪神・歳内が昇格 ソフトバンク・松中は抹消スポーツニッポン2013年4月7日配信
  8. ^ “【ソフトB】秋山監督激怒 松中2軍降格”. 日刊スポーツ. (2013年6月15日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20130615-1142486.html 
  9. ^ 朝日新聞 2013年6月15日スポーツ面
  10. ^ 松中 現役続行へ意欲「今季は今季 来年新たな気持ちで」スポーツニッポン2013年10月6日配信
  11. ^ http://www.daily.co.jp/baseball/2013/11/24/0006521212.shtml
  12. ^ http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2013/12/06/kiji/K20131206007146840.html
  13. ^ “松中、体脂肪減らしキレあるスイング”. 日刊スポーツ. (2014年2月7日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20140207-1254302.html 2015年12月4日閲覧。 
  14. ^ “松中に秋山監督助言「1本足打法」で逆襲”. 日刊スポーツ. (2014年3月11日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20140311-1268726.html 2015年12月4日閲覧。 
  15. ^ “ソフトバンク松中、開幕一軍生き残りへ場外弾”. 日刊スポーツ. (2014年3月16日) 
  16. ^ “ソフトB松中2軍降格「しょうがない」”. 日刊スポーツ. (2014年8月27日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20140827-1357255.html 2014年10月18日閲覧。 
  17. ^ “松中が大谷からV打「やばいです」男泣き”. 日刊スポーツ. (2014年8月11日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20140811-1349001.html 2015年12月4日閲覧。 
  18. ^ “ソフトバンク松中「久々」二軍戦で5号3ラン”. 日刊スポーツ. (2014年9月30日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20140930-1375435.html 2015年12月4日閲覧。 
  19. ^ “ソフトB松中1軍合流「盛り上げたい」”. 日刊スポーツ. (2014年10月18日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20141018-1383718.html 2014年10月18日閲覧。 
  20. ^ “松中1軍昇格を報告 ファンはCS突破の切り札期待「頼みます」”. スポーツニッポン. (2014年10月18日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/10/17/kiji/K20141017009123940.html 2014年10月18日閲覧。 
  21. ^ “ソフトバンク松中は現状維持 来季復活誓う”. 日刊スポーツ. (2014年12月16日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20141216-1409894.html 2015年12月4日閲覧。 
  22. ^ “ソフトバンク松中開幕二軍 工藤監督「肩良くなれば…」”. 日刊スポーツ. (2015年3月22日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1450396.html 2015年12月4日閲覧。 
  23. ^ “ソフトバンク松中2戦連発「あんな当たりは…」”. 日刊スポーツ. (2015年7月11日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1505225.html 2015年12月4日閲覧。 
  24. ^ “ソフトバンク松中 今季初一軍も出番なし”. 日刊スポーツ. (2015年9月21日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1505225.html 2015年12月4日閲覧。 
  25. ^ “松中ソフトバンク退団も現役模索「復活する姿を」”. 日刊スポーツ. (2015年9月29日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1546021.html 2015年12月4日閲覧。 
  26. ^ “ソフトバンク松中ホークス最後の試合は4三振”. 日刊スポーツ. (2015年10月1日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1505225.html 2015年12月4日閲覧。 
  27. ^ 2015年度 自由契約選手 - 2015年12月2日閲覧
  28. ^ “松中、オファーなしも続行目指しグアム自主トレ出発”. 日刊スポーツ. (2016年1月6日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1588522.html 2016年1月11日閲覧。 
  29. ^ “ソフトバンク退団の松中 NPB限定でオファー待つ”. 日刊スポーツ. (2015年10月1日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1574084.html 2015年12月4日閲覧。 
  30. ^ “松中 自ら売り込み!テスト受験へ「編成の方に電話する」”. スポーツニッポン. (2016年1月20日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/01/20/kiji/K20160120011892050.html 2016年1月20日閲覧。 
  31. ^ 小関順二、西尾典文、泉直樹 『プロ野球スカウティングレポート2008』 アスペクトムック、2008年、338-339頁。ISBN 978-4-7572-1439-2
  32. ^ なぜファウルゾーンへ切れない? 松中信彦の本塁打『週刊ベースボール』2009年38号、ベースボール・マガジン社、雑誌20441-9/7、22-23項。
  33. ^ a b c d 小関順二、西尾典文、泉直樹 『プロ野球スカウティングレポート2009』 アスペクトムック、2009年、224-225頁。ISBN 978-4-7572-1628-0
  34. ^ “ソフトB松坂に聞く「渚につけさせてもらうよと話をした」”. スポーツニッポン. (2014年12月5日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/12/06/kiji/K20141206009407450.html 2014年12月9日閲覧。 
  35. ^ a b c 小関順二、西尾典文、泉直樹 『プロ野球スカウティングレポート2007』 アスペクトムック、2007年、102-103頁。ISBN 978-4-7572-1338-8
  36. ^ 月刊ホークス2008年4月号、P58-59

関連項目[編集]

外部リンク[編集]