この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

藤嶋健人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

藤嶋健人
中日ドラゴンズ #54
藤嶋健人選手.jpg
ナゴヤドームにて(2018年5月29日)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県豊橋市
生年月日 (1998-05-08) 1998年5月8日(20歳)
身長
体重
177 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手[1]
プロ入り 2016年 ドラフト5位[1]
初出場 2018年4月28日
年俸 1,200万円(2019年)[2]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

藤嶋 健人(ふじしま けんと、1998年5月8日[3] - )は、中日ドラゴンズに所属する愛知県豊橋市出身[3]プロ野球選手投手)。右投右打。

経歴

プロ入り前

ナゴヤドームにて(2018年5月29日)

小学2年時から軟式野球の栄ドリームズでプレー。中学生時代に東三河ボーイズで硬式野球に転じる[3]と、野茂ジュニア・オールジャパンに選出された[3][4]

東邦高等学校への進学後は、1年夏の第96回全国高等学校野球選手権本大会に出場。阪神甲子園球場で初登板初勝利を挙げたことを皮切りに、2回戦まで進出した[5]ことから、同様の経緯で在学中に全国に名を馳せた坂本佳一の愛称(バンビ)にちなんで「バンビ2世」と称された[6]。2年時の秋に東海大会で優勝したことから、3年時の春には、主将兼エース兼4番打者として第88回選抜高等学校野球大会へ出場。しかし、またも2回戦で敗退した。夏には、選手権愛知大会決勝で右肘を痛めた[7]ものの、チームの優勝によって第98回全国高等学校野球選手権本大会に出場[5]。4番打者として、大会通算で14打数8安打8打点を記録した。北陸高校との初戦では、サイクルヒットを上回る1本塁打1三塁打2二塁打を放ったことによって、19 - 9での圧勝に貢献[8]八戸学院光星高校戦との2回戦では、先発投手として登板したが、2回1/3を投げて4失点で降板。チームも最大で7点差を付けられたが、10‐9で逆転サヨナラ勝利を収めた[9]聖光学院高校との3回戦にも先発したが、3暴投を記録するなど本調子には程遠く、自身で二塁打を放ちながら2 - 5で敗れた[10]。それでも、大会終了後に開かれた第11回 BFA U-18アジア選手権大会に日本代表として出場するとインドネシア代表との試合に先発。5回参考ながら完全試合を記録した[11]ほか、香港代表との試合には外野手として出場した[12]

高校在学中に対外試合で49本塁打を放っていたことから、2016年のNPBドラフト会議で野手として指名される可能性もあったが、藤嶋自身は投手としてのNPB入りを希望[10]。結局、地元球団の中日ドラゴンズから投手として5巡目で指名される[1]と、契約金3,000万円、年俸540万円(金額は推定)で入団した。背番号は54

プロ入り後

2017年には、ウエスタン・リーグ公式戦5試合に登板。0勝1敗、防御率6.75という成績で、一軍公式戦への登板機会はなかった。

2018年には、4月28日の対横浜DeNAベイスターズ戦9回表に、救援投手として一軍公式戦にデビュー。6月7日の対千葉ロッテマリーンズ戦(いずれもナゴヤドーム)では、2番手投手として4イニングを無失点に抑えると、3回裏に迎えた打席で一軍初安打を放った。松坂大輔の先発が予告されていた6月17日の対埼玉西武ライオンズメットライフドーム)では、松坂が試合直前に背中の痙攣で登板を回避したため、西武球団の了解を得たうえで先発デビュー。試合開始15分前に先発を告げられたにもかかわらず、6回を2失点に抑えた末に、一軍公式戦での初勝利を挙げた[13]。NPBの公式戦において、予告先発の代役で登板した投手が白星を挙げた事例は11人目(12度目)であるが、一軍公式戦での初勝利にもなった投手はマイク・ハートリー小宮山悟の代役)、濱田達郎川上憲伸の代役)、新垣勇人ルイス・メンドーサの代役)に次いで史上4人目であった[14]。その一方で、7月12日弘前市はるか夢球場で催されたフレッシュオールスターゲームでは、ウエスタン・リーグ選抜の4番手投手として登板している[15]。一軍公式戦全体では、19試合の登板で3勝1敗、防御率3.66をマーク。前半戦では主に救援投手として経験を重ねたが、8月12日の対東京ヤクルトスワローズ戦(ナゴヤドーム)以降に登板した6試合では、先発のみで2連勝を記録した。

2019年には、自主トレーニング期間中の1月下旬に、右手の血行障害を疑われる症状に見舞われた。このため、一軍で迎える予定であった春季キャンプへの参加を見合わせたうえで、キャンプ期間中の2月8日に右手のカテーテル手術を受けた[16]

人物

高校時代はメディアから「バンビ2世」と称されたが、学校内では「アンパンマン」や[17]や「ふじっしー」[18]と呼ばれていた。

高校1年時の夏に登板した選手権愛知大会や全国大会では、相手打者を打ち取るたびに雄叫びを上げる姿や、帽子を飛ばしながら闘争心を露わに力投する姿に注目が集まった。当時は球審から注意を受けることもあったが、1年半振りに甲子園球場のマウンドへ立った3年時の選抜大会では、そのような姿が影を潜めた。本人は「1年の夏には頑張って投げるしかなく、自分に余裕がなかった(のでマウンド上で吠えていた)」と語っている[19]

詳細情報

年度別投手成績





















































W
H
I
P
2018 中日 19 8 0 0 0 3 1 0 0 .750 307 71.1 71 8 27 0 0 40 1 0 29 29 3.66 1.37
NPB:1年 19 8 0 0 0 3 1 0 0 .750 307 71.1 71 8 27 0 0 40 1 0 29 29 3.66 1.37
  • 2018年度シーズン終了時


記録

投手記録
打撃記録

背番号

  • 54 (2017年 - )

代表歴

脚注

出典

  1. ^ a b c d 中日ドラゴンズ”. 日本プロ野球機構. 2016年10月26日閲覧。
  2. ^ 中日 - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2019年1月18日閲覧。
  3. ^ a b c d 【センバツ直前連載】東邦・藤嶋健人投手(3年)”. スポーツ報知 (2016年3月15日). 2016年10月26日閲覧。
  4. ^ JUNIOR ALL JAPAN 2013”. NOMOベースボールクラブ (2013年). 2016年10月26日閲覧。
  5. ^ a b c 侍ジャパンU-18代表選手紹介/藤嶋 健人(東邦3年・投手)”. 野球日本代表. 2016年10月26日閲覧。
  6. ^ 東邦Vバンビ2世1年藤嶋11K完投/愛知”. 日刊スポーツ (2014年8月1日). 2016年10月26日閲覧。
  7. ^ 東邦・藤嶋、右ひじ痛だった 先発も4失点降板に「自分に自信持てなかった」”. 週刊ベースボール (2016年8月17日). 2016年10月26日閲覧。
  8. ^ 【高校野球】東邦・藤嶋がサイクル逃すもサイクル「超え」 24安打19得点で初戦突破” (2016年8月8日). 2016年12月28日閲覧。
  9. ^ “八戸学院光星 対 東邦 - スコア速報 - 夏の甲子園2016 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/sensyuken/2016/score/2016081403.html 2018年7月31日閲覧。 
  10. ^ a b 【夏の1ページ】東邦・藤嶋 プロで投手として聖地“帰還”誓う”. スポーツニッポン (2016年8月18日). 2019年2月10日閲覧。
  11. ^ 藤嶋完全 日本35点大勝/U18アジア選手権詳細”. 日刊スポーツ (2016年10月17日). 2016年10月26日閲覧。
  12. ^ 第11回 BFA U-18アジア選手権 日本 vs 香港 投打成績”. 野球日本代表. 2016年10月26日閲覧。
  13. ^ 15分前にいきなり…中日 代役藤嶋 プロ初勝利「すぐに腹をくくった」”. スポーツニッポン (2016年8月18日). 2019年2月10日閲覧。
  14. ^ 中日・藤嶋、プロ初先発プロ1勝!松坂の代役が6回2失点熱投”. サンケイスポーツ (2018年6月18日). 2019年2月10日閲覧。
  15. ^ 2018年度フレッシュオールスター・ゲーム 試合結果NPB日本野球機構
  16. ^ 中日・藤嶋、右手血行障害でカテーテル手術 血流改善を確認、10日程度入院予定”. スポーツニッポン (2019年2月18日). 2019年2月10日閲覧。
  17. ^ 東邦に新ヒーロー バンビ改め?アンパンマン藤嶋「全国制覇を」”. スポニチ Sponichi Annex (2014年8月12日). 2016年12月28日閲覧。
  18. ^ 【中日】中日ドラ5藤嶋“ふじっしー”が“歯なっしー”に!?”. スポーツ報知 (2016年12月11日). 2016年12月28日閲覧。
  19. ^ 東邦・藤嶋が見せた成長の証し 監督公言の「春夏連覇」へまず1勝”. スポーツナビ (2016年3月22日). 2019年2月10日閲覧。

関連項目

外部リンク