藤嶋健人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
藤嶋健人
中日ドラゴンズ #54
藤嶋健人選手.jpg
ナゴヤドームにて(2018年5月29日)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県豊橋市
生年月日 (1998-05-08) 1998年5月8日(20歳)
身長
体重
177 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手[1]
プロ入り 2016年 ドラフト5位[1]
初出場 2018年4月28日
年俸 540万円(2018年)[2]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

藤嶋 健人(ふじしま けんと、1998年5月8日[3] - )は、愛知県豊橋市出身[3]プロ野球選手投手)。右投右打。中日ドラゴンズ所属。

経歴[編集]

ナゴヤドームにて(2018年5月29日)

小学2年生から軟式野球の栄ドリームズに所属、中学生で東三河ボーイズに所属して硬式野球に転じた[3]。中学時代には野茂ジュニア・オールジャパンに選出された[3][4]

東邦高等学校に入学すると1年生の夏からベンチ入りし、坂本佳一にちなんで「バンビ2世」と呼ばれた[5]第96回全国選手権に出場し、2回戦まで進出した[6]。2年生の秋に東海大会で優勝、3年生では第88回選抜で2回戦、第98回全国選手権で3回戦まで進出した[6]。3年夏は愛知大会決勝で右肘を痛めていた[7]。3年夏の甲子園では14打数8安打8打点と打者としても活躍し、初戦の北陸高校戦では1本塁打1三塁打2二塁打といわゆる「サイクル超え」を達成し、チームも19-9で圧勝。[8]また、先発した2回戦の八戸学院光星高校戦では自身は2回1/3を投げ4失点で降板したものの、チームは最大7点差をひっくり返して10‐9で逆転サヨナラ勝ちを収めている。[9]

第11回 BFA U-18アジア選手権大会にも選出され、インドネシア戦で登板し5回参考ながら完全試合を記録した他[10]、外野手として香港戦に出場した[11]

いわて国体が高校時代最後の大会となり、2回戦まで進んだ[12]

投手としてプロを志望し、2016年10月20日の2016年度新人選手選択会議で、中日ドラゴンズから5位指名を受けた[1]

2018年4月28日に初めて1軍登録され、当日の横浜DeNA戦(ナゴヤドーム)で3番手でプロ初登板し、1回を無失点に抑えた。6月7日の交流戦・千葉ロッテ戦では2番手で4回無失点と好投し、打者としてもプロ初安打となる中前打を放った。

2018年6月17日、この日先発予定だった松坂大輔が試合直前に背中に痙攣を起こし登板を回避し、試合開始15分前に代役先発を告げられプロ初先発となったが、6回を2失点に抑え味方打線の大量援護もありプロ初勝利を挙げた。予告先発の代役での勝利投手は11人目(12度目)で、それがプロ初勝利だったのはマイク・ハートリー小宮山悟の代役)、濱田達郎川上憲伸の代役)、新垣勇人ルイス・メンドーサの代役)に次ぐ史上4人目だった[13]

選手としての特徴[編集]

投手として[編集]

速球の最速は146km/h。球種は縦に大きく曲がるナックルカーブを軸に、カットボールスライダーSFF

1年生の時は速球で押し込む力投型だったが、学年が上がるごとにクレバーな投球ができるようになった。

打者として[編集]

甲子園では外野手としても出場。高校では通算49本塁打を放ったスラッガー。

人物[編集]

高校時代の愛称は「バンビ2世」だが、学校内では「アンパンマン」[14]や「ふじっしー」[15]と呼ばれていた。

詳細情報[編集]

記録[編集]

投手記録
打撃記録

背番号[編集]

  • 54 (2017年 - )

代表歴[編集]

第11回 BFA U-18アジア選手権大会[6]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 中日ドラゴンズ”. 日本プロ野球機構. 2016年10月26日閲覧。
  2. ^ 中日 - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2018年6月13日閲覧。
  3. ^ a b c d 【センバツ直前連載】東邦・藤嶋健人投手(3年)”. スポーツ報知 (2016年3月15日). 2016年10月26日閲覧。
  4. ^ JUNIOR ALL JAPAN 2013”. NOMOベースボールクラブ (2013年). 2016年10月26日閲覧。
  5. ^ 東邦Vバンビ2世1年藤嶋11K完投/愛知”. 日刊スポーツ (2014年8月1日). 2016年10月26日閲覧。
  6. ^ a b c 侍ジャパンU-18代表選手紹介/藤嶋 健人(東邦3年・投手)”. 野球日本代表. 2016年10月26日閲覧。
  7. ^ 東邦・藤嶋、右ひじ痛だった 先発も4失点降板に「自分に自信持てなかった」”. 週刊ベースボール (2016年8月17日). 2016年10月26日閲覧。
  8. ^ 【高校野球】東邦・藤嶋がサイクル逃すもサイクル「超え」 24安打19得点で初戦突破” (2016年8月8日). 2016年12月28日閲覧。
  9. ^ “八戸学院光星 対 東邦 - スコア速報 - 夏の甲子園2016 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/sensyuken/2016/score/2016081403.html 2018年7月31日閲覧。 
  10. ^ 藤嶋完全 日本35点大勝/U18アジア選手権詳細”. 日刊スポーツ (2016年10月17日). 2016年10月26日閲覧。
  11. ^ 第11回 BFA U-18アジア選手権 日本 vs 香港 投打成績”. 野球日本代表. 2016年10月26日閲覧。
  12. ^ 東邦・藤嶋健人は敗退 プロ希望「投手1本で勝負」”. 日刊スポーツ (2016年10月4日). 2016年10月26日閲覧。
  13. ^ 中日・藤嶋、プロ初先発プロ1勝!松坂の代役が6回2失点熱投
  14. ^ 東邦に新ヒーロー バンビ改め?アンパンマン藤嶋「全国制覇を」”. スポニチ Sponichi Annex (2014年8月12日). 2016年12月28日閲覧。
  15. ^ 【中日】中日ドラ5藤嶋“ふじっしー”が“歯なっしー”に!?”. スポーツ報知 (2016年12月11日). 2016年12月28日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]