岡林勇希

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岡林 勇希
中日ドラゴンズ #60
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 三重県松阪市
生年月日 (2002-02-22) 2002年2月22日(18歳)
身長
体重
177 cm
73 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 2019年 ドラフト5位
初出場 2020年7月19日
年俸 550万円(2020年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

岡林 勇希(おかばやし ゆうき、2002年2月22日 - )は、三重県松阪市出身のプロ野球選手外野手)。右投左打。中日ドラゴンズ所属。兄は元プロ野球選手の岡林飛翔

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

2019年ドラフト会議中日ドラゴンズより5位で指名された。2019年11月10日に契約金3000万円、年俸550万円で仮契約を結んだ[1]。背番号は60[2]。ドラフト時は投手での指名だったが、2020年の春季キャンプから外野手に転向することが決まった[3]。併せて、中日ドラゴンズ公式サイトの選手名鑑でも、ポジションが外野手に変更された[4]

中日時代[編集]

2020年3月25日練習試合対巨人戦9回に好送球で本塁を狙う北村拓己をアウトにした[5]

選手としての特徴[編集]

高校までは投手であり、最速153kmの本格派右腕で真っすぐと同じ軌道から落ちるスライダーが武器[6]であった。高校通算21本塁打、遠投120メートル、50メートル5秒8と身体能力も高い[6]

詳細情報[編集]

記録[編集]

初記録

背番号[編集]

  • 60 (2020年 - )

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連情報[編集]

外部リンク[編集]