石毛博史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
石毛 博史
06BULLS コーチ兼任選手 #48
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県銚子市
生年月日 (1970-07-13) 1970年7月13日(46歳)
身長
体重
188 cm
93 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1988年 ドラフト外
初出場 1991年4月18日
最終出場 2004年10月13日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 大阪ゴールドビリケーンズ (2009 - 2010)
  • 06BULLS (2012 - )

石毛 博史(いしげ ひろし、1970年7月13日 - )は、千葉県銚子市出身のプロ野球選手投手)、プロ野球指導者。

経歴[編集]

巨人時代[編集]

銚子市立銚子高等学校では2年生の時、1987年夏の甲子園県予選準決勝に進むが、東海大浦安に敗退。1988年社会人野球住友金属鹿島への入社が内定していたが、ドラフト外読売ジャイアンツに入団。

の故障があったため、専らリリーフ投手として活躍。東京ドームで行われた1990年ジュニア日本選手権中日ドラゴンズ清水雅治にサヨナラ本塁打を浴びている。1992年宮田征典投手コーチに「故障で長いイニングは持たないが、連投の効く体質を見出され(本人談)」、藤田元司監督に抑え投手としての適性を見出される[1]

1993年には最高速154km/hの荒れ球のストレート(故障で肘が曲がっていることによる)とフォークボールスライダーを武器に当時の球団記録となる30セーブを挙げ、最優秀救援投手のタイトルを獲得。1994年にもリーグ最多の19セーブを挙げる(高津臣吾と同数。最優秀救援投手は8勝19セーブを挙げた高津)。

1993年から1994年にかけて、当時の監督であった長嶋茂雄は、セットアッパー橋本清と共に、勝ちパターンのリリーフコンビとしてこの二人を「勝利の方程式」と呼び、この言葉をマスコミの間に広めた。しかし、石毛自身は、1994年頃から橋本との関係で出番が一定しなくなり、自分の中で張りがなくなってきたと述べている。そして、与四球の増加などから登場時に相手チームのファンから歓声が上がるようになっていた[2]

1994年10月8日に中日ドラゴンズとの最終戦で優勝を決定した試合では(10.8決戦)、先発要員の斎藤雅樹桑田真澄をリリーフ登板させ、この二人でリードを保って逃げ切るという継投がとられた(この当時は、先発投手のリリーフ登板は珍しくなかった)。石毛は登板に備えてブルペンで準備をしたものの、出番はなかった[3]

1995年には100セーブポイントを達成するが、救援失敗が目立つようになる。後半ストッパーの座も西山一宇に明け渡す形になった。

1996年、開幕からストッパーの座についていた西山の不調で、変わって石毛と木田優夫がストッパーになったが共に救援失敗が続き、シーズン途中からマリオ・ブリトーが新しいストッパーとして加入すると、リリーフとしての登板機会自体が減っていった。後半なんとか調子を取り戻し日本シリーズでは好投し、自身初となるシリーズ初セーブを記録した。

救援投手のため、打席に立つ機会そのものが稀にもかかわらず、1996年には本塁打を打っている。

1997年近鉄バファローズ石井浩郎年俸調停を申請。裁定により同選手の受け入れ先が巨人となったため、トレード吉岡雄二と共に近鉄に移籍。

近鉄・阪神時代[編集]

近鉄1年目から先発転向となる。しかし、先発投手としてはスタミナがなく更にコントロールに苦しむ点は変わらず、1997年6月10日には先発で先頭打者から5者連続四球で1アウトも取れずに交代となる。

この時期、上記の巨人からのトレードのことや先発転向をひきずり続け、石毛自身は「今の自分は自分じゃない」と思い続けていたという。[4]2001年は25試合に登板しリーグ優勝に貢献するも、2002年には2試合の登板に終わり、戦力外通告を受ける。

2003年阪神タイガースにテスト入団。中継ぎのキーマンとして活躍。同年チームが優勝したことで、所属全球団で優勝を経験する。球速こそ若干落ちてはいたものの、往年のスタイルを彷彿とさせる投球を見せ、日本シリーズでも登板を果たすなど復活劇を見せる。 日本シリーズに出場したことで石毛は平成の巨人と平成の阪神の両方で日本シリーズに参加した初めての選手となった。 このように所属球団全てが優勝を経験しているため、マスコミから「石毛は優勝請負人である」と報じられたが、石毛はその報道に対し「自分は『優勝請負人』では畏れ多い、『優勝見届け人』ぐらいですよ」と話している[要出典]

2005年、昔故障した肘などの状態が悪化、看板としていた球威、キレが急速に衰えてしまう。本人は既に引退を決意していたところ、シーズン終了後に戦力外通告を受け、そのまま現役を引退する。

大阪ゴールドビリケーンズ[編集]

引退後は柴田佳主也と共に大阪市内のスポーツ用品店に勤務していたが、2009年関西独立リーグ大阪ゴールドビリケーンズ投手コーチに就任(大阪はシーズン終了後、三重スリーアローズとともにジャパン・フューチャーベースボールリーグを結成)。2010年6月に大阪所属の選手8人が野球賭博に関与していたとして解雇され、翌7月に石毛は現役に復帰した[5]。9月28日の香川オリーブガイナーズ戦(リーグが四国・九州アイランドリーグとの間で実施していた定期交流戦)で勝利投手となる[6]。大阪ゴールドビリケーンズが同年限りで解散したため、このときの現役復帰は約3ヶ月で終了した。

06BULLS[編集]

2011年7月22日、香川オリーブガイナーズ主催で中学3年生を対象とした「香川オリーブガイナーズベースボールアカデミー」の監督に就任することが発表された[7]2012年からは、06BULLSのコーチを務める。

2016年10月7日、06BULLSからコーチ兼任で投手として選手登録され、6年ぶりに現役復帰した[8]。10月11日の姫路GoToWORLD戦に登板し、打者13人と対戦して被安打4、奪三振2、与四球1の内容で失点2(自責点1)であった[9]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1991 巨人 23 0 0 0 0 0 1 1 -- .000 163 38.2 28 1 20 0 3 43 4 0 13 13 3.03 1.24
1992 52 0 0 0 0 5 3 16 -- .625 357 88.1 47 5 51 5 2 123 6 0 16 13 1.32 1.11
1993 48 0 0 0 0 6 5 30 -- .545 279 67.0 43 4 37 2 0 85 2 0 23 22 2.96 1.19
1994 45 0 0 0 0 5 4 19 -- .556 221 51.2 43 5 28 0 1 53 2 0 18 18 3.14 1.37
1995 38 0 0 0 0 4 3 11 -- .571 213 48.2 40 7 34 4 1 40 1 1 23 22 4.07 1.52
1996 23 0 0 0 0 4 1 3 -- .800 154 33.1 32 4 24 2 0 28 4 0 15 13 3.51 1.68
1997 近鉄 18 13 0 0 0 4 3 0 -- .571 303 68.1 61 6 49 0 0 41 3 0 36 32 4.21 1.61
1998 8 4 0 0 0 0 1 0 -- .000 97 18.2 24 1 19 0 0 9 2 0 16 15 7.23 2.30
1999 28 1 0 0 0 0 2 0 -- .000 232 50.2 48 4 32 2 0 50 5 0 27 23 4.09 1.58
2000 46 0 0 0 0 2 4 1 -- .333 274 62.1 48 6 36 3 3 74 3 0 28 25 3.61 1.35
2001 25 0 0 0 0 3 1 2 -- .750 129 30.1 27 8 13 0 1 28 0 0 17 17 5.04 1.32
2002 2 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 10 2.0 4 1 0 0 0 0 0 0 2 2 9.00 2.00
2003 阪神 17 0 0 0 0 1 1 0 -- .500 75 19.1 9 4 9 0 0 19 2 0 8 7 3.26 0.93
2004 2 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 7 1.0 4 0 0 0 0 1 0 0 4 0 0.00 4.00
通算:14年 375 18 0 0 0 34 29 83 -- .540 2514 580.1 458 56 352 18 11 594 34 1 246 222 3.44 1.40
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 93 (1989年 - 1990年)
  • 59 (1991年 - 1994年)
  • 24 (1995年 - 1996年)
  • 17 (1997年 - 2002年)
  • 48 (2003年 - 2005年、2009年 - 2010年、2012年 - )

脚注[編集]

  1. ^ 矢崎『元・巨人』144頁
  2. ^ 矢崎『元・巨人』149頁 - 152頁
  3. ^ 鷲田2013年p.p.196~197、202、225
  4. ^ 矢崎『元・巨人』166頁 - 168頁、258頁
  5. ^ 野球の花道第17回 - SPORTS COMMUNICATIONS(2010年8月24日。執筆は監督の村上隆行
  6. ^ 2010-09-28 香川OG vs 大阪GV - 四国アイランドリーグplus
  7. ^ ガイナーズアカデミー新監督に石毛氏”. 四国新聞 (2011年7月23日). 2011年11月25日閲覧。
  8. ^ 【公示】06BULLS 登録内容変更- BASEBALL FIRST LEAGUお知らせ(2016年10月7日)
  9. ^ 石毛博史 (PDF) - B.F.L2016年シーズン投手成績

参考資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]