落合信彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ザ・マサダから転送)
移動先: 案内検索
落合 信彦
おちあい のぶひこ
誕生 (1942-01-08) 1942年1月8日(75歳)
日本東京都葛飾区
職業 ジャーナリスト
小説家
翻訳家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 名誉博士(オルブライト大学
最終学歴 オルブライト大学
テンプル大学大学院中退
活動期間 1972年 - 現在
ジャンル 小説、ノンフィクション、翻訳
主題 国際政治
代表作 二〇三九年の真実
ケネディからの伝言
子供 落合陽一
親族 落合秀彦(実兄)
デレク・オチアイ(甥)
公式サイト 落合信彦 - 公式サイト
テンプレートを表示

落合 信彦(おちあい のぶひこ、1942年1月8日 - )は、日本出身のジャーナリスト小説家である。

国際情勢や諜報関係の事情をレポートした作品やそれらを題材とした小説、翻訳、また近年では若者向けの人生指南書を多数執筆している。

アサヒビールから発売されて大ヒットした、辛口生ビール「スーパードライ」のテレビCMの初代キャラクターに起用されたことでも知られる。

来歴[編集]

東京市浅草区(現台東区浅草出身[1]東京都立両国高等学校定時制)卒業。[要出典]高校時代には柔道で全国優勝している[2]1961年に奨学金を得て[要出典]米国ペンシルベニア州レディングオルブライト大学に留学[2]。在学中に実兄である落合秀彦とともにレディングの警察運動協議会英語版YMCAで柔道と空手の教室を開いた。大学時代には"Nobi"(ノビー)のニックネームで呼ばれた[2][3]1965年に大学を卒業[4]大学卒業後、テンプル大学大学院(国際政治学専攻)に進学(1965年)[要出典]。石油事業で成功を収めたが、1973年に日本に帰国した[4]

1972年に『文藝春秋』11月号(p276〜288)にて「ニクソン世代とマクガバン世代」を発表。1977年には、『週刊文春』4月14日号に「2人の首領 笹川良一と児玉誉士夫」誌上にて「二人の首領」を発表。同年9月22日号より「二〇三九年の真実」連載(単行本はダイヤモンド社から出版)。当時の編集長は田中健五であった。以後、活動の拠点を集英社に移し、月刊プレイボーイ(NO.36 集英社 1978年6月1日)にノンフィクションノベル『首狩り部隊』が掲載。以後同誌にノンフィクションノベル及びノンフィクションを発表するなど、主に国際情勢を題材にしたノンフィクションの記事、単行本、小説などを多数発表。1987年には「アサヒスーパードライ」のCMキャラクターとして起用され[5]、一般層にも「国際ジャーナリスト」として広く認識された。

1997年にはオルブライト大学から名誉博士号(honorary degree of Doctor of Humanities)を授与され[4][6]2002年には中華人民共和国山東省観光大使に就任している。2017年現在、インターネット上にて「勝ち組クラブ」主催、小学館SAPIO』で記事を連載。

エピソード[編集]

  • ブルース・リーに大学2年の夏休みにロスアンジェルスにて日本空手を教授した。リーとはスパーリングの最中に本気になってしまい、落合が思わず当身で一本を取ってしまった顛末が著書で描かれている。
  • ロバート・ケネディ(当時司法長官)と対面し、ジョン・F・ケネディ大統領とのアポイントメントを取り付ける。暗殺のわずか数ヶ月前であった(1963年)。落合の著書では実際にJFKとの面談はかなったとあり、会話もかわしている。なお、1968年のロバート・ケネディー暗殺の際には、ロバートの最後の言葉を聞いたのが護衛長官のアルバイトをしていた落合だったといわれている。
  • 友人の誘いにより大学院を中退(1966年)、その友人の興した油田探鉱の会社で副社長として勤務する。一方で当時の上院議員、ロバート・ケネディの大統領選挙スタッフとしても活動。後の暗殺を受けて落合は殺害犯サーハン・ベシャラ・サーハンは遠隔からのマインド・コントロールを受けていたという説を発表。獄中のサーハンを精神科医と共に訪問した落合はサーハンに加害意識がないことを確信したという。
  • 小規模会社でありながら、中東、南米、アフリカ等におけるジャイアンツ(巨大油田)の発見や石油メジャーと対等に渡り合ったビジネス交渉などで頭角を現し、「世界を股に駆けるオイルマン」として活躍。もっぱら後進国である現地で暴動がおこり会社のオペレーションが被害を受けることもたびたびあり、落合の信用するエンジニアが流れ弾に当たって死亡する事故がアフリカで起きた。「ホールド・ミー・ノビ、アイム・ダイイング」という言葉がいまだに落合の脳裏をかけめぐる。
  • ベトナム戦争で戦死した友人に代わり社長に就任(1968年)。会社名は集英社のパーティーでワイルドターキーを飲みすぎたときに忘れたままだという。
  • サンフランシスコの日本人街にあるバーで流れる日本の歌を聴いて望郷の念に駆られ、日本に一時帰国(1971年)。その歌とは村田英雄の『無法松の一生』であった。
  • 会社を売却する。オイルショックのわずか7ヶ月前であった(1973年)。
  • ブラックマンデーの直前にはドナルド・トランプに「クラッシュが来る。今の持ち株、全部売りだ。」との指示を出し、トランプの損害を大幅に救ったことが落合の回顧録にある(1987年)。
  • なお、上記の自著に記されている武勇伝はすべて奥菜秀次著の『落合信彦 最後の真実』(鹿砦社、1999)によって誇張や脚色・登用、あるいは完全な作り話であることが立証されている。ブルース・リーに空手を教授した裏付けも存在しなければ、ロバート・ケネディやジョン・F・ケネディと対面した記録もない。自著に記されている発見した油田も架空の名前である。
  • 落合の著作中、「(渡米後)ジョン・F・ケネディの大統領就任演説を聞いた」という記述があるが、ケネディの大統領就任は1961年1月であり、落合の渡米は1961年8月である。

家族[編集]

実兄は空手家(和真流宗家)の落合秀彦[7]。息子はメディアアーティスト/研究者の落合陽一[8][9]。甥はLady Gagaの主治医をつとめたことでも著名な外科医のデレク・オチアイ[10][11]

著作の特徴[編集]

  • 留学、起業、オイルマンとしての体験からフィクション、ノンフィクション問わず世界を舞台にしたスケールの大きい話が多い。
  • 著作中で各国の諜報機関CIAモサドなど)に多数知人がおり、彼らからの情報を元に世界情勢や国内問題を分析していると述べている。
  • 1980年代から1990年代には「国際ジャーナリスト」として学生ビジネスマンから絶大な人気を誇った。
  • 1990年代後半辺りからは著作の方向性が国際情勢を題材にしたものから若者向けの自己啓発本へとシフトしている。
  • イスラエルを好意的に取り上げる事が多く、PLOを含むパレスチナ人には否定的である。又、シモン・ペレス等、パレスチナ人に対して融和的なイスラエルのハト派に対しても批判的である。

その他[編集]

  • 噂の真相』は落合の著作『2039年の真実』(『週刊文春』誌上の記事、ダイヤモンド社刊の単行本共に1977年)とAlan J Weberman及びMichael Canfieldの『Coup d'Etat in America』(1975年)との類似点を指摘する記事を掲載した。落合及び小学館は事実無根として噂の真相側を提訴、裁判となった。結果として両陣営は和解し、『噂の真相』は謝罪広告を掲載した。
  • フリーライターの奥菜秀次が『落合信彦 最後の真実』など落合信彦関連の書籍を多数出版。

著書[編集]

  • 『GOLDEN SCHOLARSHIP GUIDE』(1967年、日本記憶術研究会)
  • 『あめりか冒険留学 スーパージャップの空手・麻薬・乱交・学園』(1971年、勝利出版)
  • 『二〇三九年の真実』(1977年、ダイヤモンド社)のち集英社文庫、『20世紀最大の謀略ーケネディ暗殺の真実ー』(2013年、小学館文庫)
  • 『誰も書かなかった安宅処分』(1978年、サンケイ出版
  • 『北京より愛をこめて』(1978年、サンケイ出版)
  • 『男たちのバラード』(1979年、集英社)のち文庫 
  • 20世紀最後の真実 いまも戦いつづけるナチスの残党』(1980年、集英社)のち文庫 
  • 『石油戦争』集英社 1980 のち文庫 
  • 『アメリカが日本を捨てる日』ごま書房](ゴマブックス)1980
  • 『1983年の恐怖』ごま書房(ゴマブックス) 1980
  • 『アメリカの狂気と悲劇』集英社 1981 のち文庫 
  • 『21世紀への演出者たち CIAvsKGB』(1981年、集英社)のち文庫 
  • モサド、その真実 世界最強のイスラエル諜報機関』(1981年、集英社)のち文庫 
  • 『アメリカ最後の誤算 日本を“いけにえ"にするレーガンの危険な賭けとは』ごま書房 1982
  • 『砂漠の狂信者 英雄たちのバラード』集英社 1982 「英雄たちのバラード」文庫 
  • 『アメリカの裏切り 日本たたきつぶしを狙う恐怖の戦略』ごま書房 1982
  • 『傭兵部隊 その栄光と孤独』(1982年、集英社)のち文庫 
  • 『日本が叩き潰される日 米・ソが仕掛けた罠』(1983年、光文社カッパノベルス)のち集英社文庫 
  • 『ただ栄光のためでなく』(1983年、集英社)のち文庫 
  • シリコン・バレー逆おとり作戦』集英社 1983 「ザ・スパイ・ゲーム」文庫 
  • 『戦いいまだ終わらず』(1984年、集英社)のち文庫 
  • 『英雄たちのバラード』集英社、1984年 『盛衰の哀歌』(2011年、ハルキ文庫)
  • 『ザ・スクープ』集英社、1984 のち文庫  
  • 『諜報戦争』(1985年、光文社)
  • 『男たちの伝説』集英社、1985 のち文庫  
  • 『狼たちの世界』(1986年、集英社)のち文庫 
  • 『挑戦者たち』(1986年、集英社)のち文庫 
  • 戒厳令1988年ソウル 長編小説』光文社 1986 のち文庫 
  • 『謀略者たち 長編小説』光文社 1987 のち集英社文庫、光文社文庫  
  • 『勇者 還らず 長編小説』(1987年、集英社)のち文庫 
  • 『アメリカの制裁』集英社文庫、1987 
  • 『アメリカよ!あめりかよ!』(1987年、集英社)のち文庫 
  • 『二人の首領』(1988年、集英社)のち文庫 
  • 38度線崩壊 長編小説』光文社 1988 のち文庫 
  • 『戦士に涙はいらない』集英社 1988 のち文庫 
  • 『「日本の危機」を読め!』光文社 1988
  • 『狼たちへの伝言』全3巻、1988-91年 小学館)のち集英社文庫、小学館ライブラリー  
  • 『栄光遥かなり』集英社 1989 のち文庫 
  • ゴルバチョフ暗殺』全2巻 光文社 1989-90 「崩壊」集英社文庫 
  • 『「聖地」荒れて』小学館 1989
  • 『1990's世界はこう動く』集英社 1989
  • 『激変 ゴルバチョフ革命の真実』小学館 1990
  • 『終局への宴』集英社 1990 のち文庫 
  • 『そしてわが祖国』(1990年、小学館)のち集英社文庫 
  • 『国際情報 Just Now』(1990〜92年、集英社)
  • 『葛飾発アメリカ行き 映画はわが青春のチアー・リーダー』(1991年、集英社)「映画が僕を世界へ翔ばせてくれた」文庫 
  • 『21世紀への出撃 そしてわが祖国』小学館 1991
  • 『ゴルバチョフ失脚 長編小説』光文社 1991 「崩壊3」集英社文庫 
  • 『憎しみの大地 Let a shaft of light cut into darkness』小学館 1991 のち文庫 
  • 『世紀末への発進 激動の世界』集英社 1992
  • 『誇り高き者たちへ』光文社 1992 のち集英社文庫 
  • 『「新世界秩序」の危機を読め!』光文社 1992
  • 『赤い帝国の罠』小学館 1992 「ロシアの正体」文庫 
  • 『1994年世界は、Our world』小学館 1993
  • 『殺戮と絶望の大地』小学館 1993
  • ケネディからの伝言』(1993年、小学館)のち集英社文庫、小学館文庫  
  • 『これが、世界だ 落合信彦国際情報ファイル』小学館 1993
  • 『ザ・プリティ・ボーイ』光文社 1993 「魔軍」文庫
  • 『北朝鮮の正体 地球上最後の時限爆弾』ザ・マサダ 1994 のち小学館文庫 
  • とう小平の遺言 野望果てることなし』小学館 1994
  • 『日本の正体 The pride and the passion』(1994年、ザ・マサダ)のち小学館文庫 
  • 『新しい日本人へ』小学館 1994
  • 金正日暗殺指令 長編小説』光文社 1994 のち小学館文庫 
  • 『太陽の馬』(1995年、集英社)のち文庫            
  • 『もっともっとアメリカ アメリカを10倍知り、100倍楽しむ本』ザ・マサダ 1995 のち小学館文庫
  • 『目覚めぬ羊たち』小学館、1995 
  • 『そしてわが祖国 完結編』(1995年、小学館)
  • 『落合信彦our world '95世界を決める60人』小学館 1995
  • 『日本の常識を捨てろ!』(1996年、光文社)のち文庫 
  • 『烈炎に舞う』(1996年、集英社)のち文庫 
  • 『明日は、世界を』小学館 1996
  • 『極言 勝者の合言葉』(1996年、ザ・マサダ)のち小学館文庫 
  • 『ベルリンからの激震』小学館 1996
  • 『運命の劇場』(1997年、集英社)のち文庫 
  • 『成り上がりの時代』ザ・マサダ 1997 のち小学館文庫 
  • 『女の誇り男の名誉』小学館 1997
  • 『命の使い方』(1997年、小学館)のち文庫 
  • 『誰も見なかった中国 The long yellow road』小学館 1997
  • 『恥と無駄の超大国・日本』(1998年、ザ・マサダ)のち小学館文庫 
  • 『日本村のメルトダウン 激震ついにアジアへ!』(1998年、小学館)
  • 『これからの「勝ち組」「負け組」逆風の時代に成功する条件』(1998年、ザ・マサダ)のち青春文庫、光文社知恵の森文庫
  • 『もうひとつのシルクロード 中国大分裂の「地雷原」』小学館 1998
  • 『王たちの行進』集英社、1998 のち文庫  
  • 『勝ち残りの「生き方」』ザ・マサダ 1999 のち小学館文庫 
  • 『「大差」の時代』(1999年、ザ・マサダ)のち小学館文庫 
  • 『されど、わが祖国 夢-挫折-希望-行動そして21世紀』(1999年、小学館)
  • 『「豚」の人生「人間」の人生』小学館 1999
  • 『そして帝国は消えた』(1999年、集英社)のち文庫 
  • 『翔べ黄金の翼に乗って』集英社文庫、1999 
  • 『ジョークでさらば20世紀』(2000年、青春出版社)「ジョークで時代をふっとばせ!」文庫 
  • 『魂 人生に合格するための新・学問のすすめ』(2000年、光文社)のち知恵の森文庫 
  • 『ザ・ラスト・ディケイド 巨人・奇人・変人 20世紀最後の10年』(2000年、小学館)のち文庫 
  • 『「ケンカ」のすすめ 戦いの数だけチャンスがある!』ザ・マサダ 2000 のち光文社知恵の森文庫
  • 『「1000年人」から「2000年人」へ 時代、世界、人-すべて変わる。「新地球人」の命の感じ方・夢の抱き方。』青春出版社 2000 「断ち切れ!日本村の感覚」文庫 
  • 『21世紀の狼たちへ』小学館文庫、2001 
  • 『10年後の自分が見えるヤツ 1年後の自分も見えないヤツ』(2001年、青春出版社)のち文庫 
  • 『ザ・ラスト・ウォー』光文社 2001 のち集英社文庫 
  • 『勇気の時代』ザ・マサダ 2001 のち光文社知恵の森文庫 
  • 『騙し人』(2001年、集英社)のち文庫 
  • 『どしゃぶりの時代魂の磨き方』集英社 2002 のち文庫 
  • 『1度の失敗であきらめるヤツ 10度の成功でも満足しないヤツ』(2002年、青春出版社)
  • 『変わろうとしない奴はもういらない』(2002年、光文社)
  • 『今がどん底這い上がるしかないじゃないか』青春出版社 2003
  • 『ザ・ファイナルオプション 騙し人II』(2003年、集英社)のち文庫 
  • 『国が死ぬ! 緊急警告 救国の鉄槌』小学館 2003
  • 『グローバル・インテリジェンス・ファイル』(2003年、集英社インターナショナル
  • 『崖っぷちで踊るヤツ すくむヤツ 逃げるヤツ 人生をもっと本気でプレイしたくなる本』(2004年、青春出版社)
  • 『名もなき勇者たちへ』(2004年、集英社)「名もなき勇者たちよ」文庫 
  • 『私が愛した金正日』光文社、2004 『金正日が愛した女―北朝鮮最後の真実』(2011年、ハルキ文庫)
  • 『成功本能を解き放て 失敗を恐れる"理性"との決別』(2005年、青春出版社)
  • 『虎を鎖でつなげ』(2005年、集英社)のち文庫 
  • 『ずぶとい国、ずるい国、そしてバカな国 「学級崩壊」する国際社会!』(2005年、小学館)
  • 『「まがいモン」たちの終焉 "本物"を見分ける「頼れる自分」の創り方』(2006年、青春出版社)
  • 『千秋の讃歌』(2007年、小学館)『愛と惜別の果てに』 (2012年、集英社文庫)
  • 『「迷い」の中にチャンスがある 落合信彦の人生相談』青春出版社 2007
  • 『「最強情報戦略国家」の誕生 「インテリジェンス・ウォー」の勝者が21世紀を制覇する』(2007年、小学館)
  • 『自分の限界を破る図太さの力』青春出版社 2008
  • 『小説サブプライム 世界を破滅させた人間たち』(2009年、集英社)のち文庫 
  • 『恥の殿堂 Shame on you !』(2009年、小学館101新書)
  • 『無知との遭遇』(2010年、小学館101新書)
  • 『狼たちの聖戦 サブプライムを超えて』角川晴樹事務所、2010年 のち文庫
  • 『世界を変えた巨人たち「IF」: もしケネディ・織田信長が暗殺されていなかったら』(2011年、小学館)
  • 『ケンカ国家論』(2013年、小学館)
  • 『そして、アメリカは消える』小学館 2016

翻訳[編集]

  • ゲイル・リバース『ザ・スペシャリスト ある秘密工作員の告白』光文社 1985 のち文庫 
  • ウィリアム・V.ケネディ他『諜報戦争 21世紀-生存の条件』光文社 1985
  • マグナス・リンクレイター他『第四帝国』集英社 1985 のち文庫 
  • リチャード・S.フリードマン他『21世紀の戦争 テロと宇宙戦-究極の戦場』光文社 1986
  • ピーター・マース『諜報員狩り』集英社 1987
  • アレン・ダレス編『ザ・スーパースパイ 歴史を変えた男たち』光文社 1987 のち文庫 
  • スティーブン・エマーソン『秘密工作者たち』集英社 1988
  • ゲイル・リバース『ザ・プロフェッショナル 対テロ工作員の警告』光文社 1988 のち文庫 
  • ゲイル・リバース『戦士たちの名誉 ソールジャーズ・オナー』光文社 1989 のち文庫 
  • ジョゼフ・ピストーネ『マフィアをはめた男』集英社、1989 のち「フェイク」文庫 
  • ウォルター・N.ラング『特殊部隊 対テロ戦争-兵士・武器・戦術』光文社 1990
  • ゲイル・シーヒー『世界を変えた男ゴルバチョフ』飛鳥新社 1990
  • フェリス・I.ロドリゲス、ジョン・ワイズマン『秘密工作者 チェ・ゲバラを殺した男の告白』光文社 1990
  • エド・ルジェロ『第2次朝鮮動乱 38ノースヤンキー作戦』光文社 1991
  • サム&チャック・ジアンカーナ『アメリカを葬った男 ケネディ兄弟、モンロー死の真相 マフィア激白!』光文社 1992 のち文庫
  • フセイン・スマイダ、キャロル・ジェローム『偽りの報酬』扶桑社 1992
  • ハロルド・ロビンス『DAX』ザ・マサダ 1995 「冒険者たち」集英社文庫 
  • クレアー・スターリング『世界を葬る男たち 「21世紀の征服者」国際マフィア連合』光文社 1996 のち知恵の森文庫
  • クリストファー・クライトン(Christopher Creighton)『ナチスを売った男 ジェームズ・ボンド作戦 世紀の謀略』光文社 1997 のち知恵の森文庫 

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 台東区ゆかりの文学コーナー 台東区ホームページ
  2. ^ a b c Reading Eagle May 26, 1965
  3. ^ Reading Eagle - May 12, 1963
  4. ^ a b c Nobuhiko(Nobi) Ochiai '65 Albright College - alumni”. Albright College. 2002年12月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2006年6月21日閲覧。Albright Collegeサイト内)
  5. ^ “伝説の作家”落合信彦のトンデモ伝説 ヘリで1番ホールに着陸 デイリー新潮(週刊新潮 2016年8月23日号別冊「輝ける20世紀」探訪掲載)
  6. ^ 落合信彦氏への人文学名誉博士号授与にあたって”. オルブライト大学日本事務局. 2002年10月9日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年11月8日閲覧。
  7. ^ 著書に『五輪書』を英訳、解説した A Way to Victory The Annotated Book of Five Rings などがある。
  8. ^ MacPeople2012年8月号”. アスキーメディアワークス. 2013年7月11日閲覧。
  9. ^ マトグロッソTV 木曜新美術館#30”. Web文芸誌マトグロッソ. 2013年7月11日閲覧。
  10. ^ Celeb Crunch Doctor Explains Lady Gaga's Injury ‏”. 2013年7月11日閲覧。
  11. ^ Orthopedic surgeon and karate champion makes martial arts a part of his life”. 2013年7月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]