橋本清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
橋本 清
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府摂津市
生年月日 (1969-05-22) 1969年5月22日(49歳)
身長
体重
188 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1987年 ドラフト1位
初出場 1992年9月30日
最終出場 1997年6月9日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

橋本 清(はしもと きよし、1969年5月22日 - )は、元プロ野球選手投手)、元野球解説者大阪府摂津市出身。

来歴・人物[編集]

PL学園高校で右の背番号10のエースとして、左のエース野村弘樹と岩崎充宏の三枚看板で1987年に甲子園で同校初の連覇に貢献した。同学年のチームメートに立浪和義[1]片岡篤史・野村弘[2]桑田泉らがいた。入学当初PL学園の寮では通常1年生と3年生が同部屋になる決まりで、清原和博の同部屋で部屋子だった。

同年秋のドラフト会議読売ジャイアンツが1位指名で交渉権を獲得したが、本田技研への入社が内定していたため指名後は「今でも本田に行きたい気持ちは変わらない」とコメントした[3]。数回の入団交渉を経て契約金5500万円、年俸480万円の推定金額で入団して合意した[4][5]。担当スカウトは中村和久[6]伊藤菊雄[7]

プロ入り後はしばらくは芽が出なかったが、入団6年目となる1993年に一軍に定着し、150km/h超のストレートフォークボールを武器にセットアッパー役を務めた。抑え役の石毛博史につなぐ継投策は、当時の監督である長嶋茂雄によって勝利の方程式と名付けられた。

1994年は開幕こそ出遅れたが、宮田征典投手コーチとのマンツーマンのミニキャンプを2週間行った結果前年のキレが戻り、2年連続でセットアッパーとして活躍。優勝と日本一に貢献した。

1995年は開幕2戦目で9回表に危険球退場した桑田真澄の後を受けて登板するも、1死も取れずに降板したのを皮切りに、以降は不調や怪我に苦しみ、二度の右ひじ手術を経て2001年にはテスト入団で福岡ダイエーホークスへ移籍し[8]、その年限りで現役引退した。

引退後に、自腹で球場へ足を運んで熱心に選手の動向を確認していた様子を認めた清原和博らからの推薦もあり、スポーツライターとしての仕事を徐々に増やし、フジテレビONEの『プロ野球ニュース』やJ SPORTSで野球解説を務めた。タレント活動をする一方で野球教室を主宰した高岡ボーイズで2年間コーチしたことがあり、教え子には西野勇士がいた[9]

引退後にテレビ出演した際には、これまでに稼いだ金は使いきってしまい、夫人は、橋本が稼げないと悟って起業を決意したことが放送された[10]

橋本のその後は、2017年の週刊ポストでデーブ大久保が経営する居酒屋に勤めていると報じられ、大久保もその事は認めている[11][12][13]

妻は元女優の里見和香

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1992 巨人 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 6 1.2 2 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0.00 1.20
1993 52 0 0 0 0 6 4 3 -- .600 357 88.1 63 8 30 3 2 91 1 0 23 18 1.83 1.05
1994 52 0 0 0 0 2 4 3 -- .333 273 67.1 48 6 28 2 0 69 0 0 21 18 2.41 1.13
1995 19 0 0 0 0 1 3 2 -- .250 100 21.1 25 6 11 2 0 21 2 0 23 20 8.44 1.69
1996 8 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 33 6.0 13 4 2 0 0 3 3 0 8 8 12.00 2.50
1997 2 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 13 3.0 4 1 3 0 0 1 0 0 2 2 6.00 2.33
通算:6年 134 0 0 0 0 9 12 8 -- .429 782 187.2 155 25 74 7 2 186 6 0 77 66 3.17 1.22

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 30 (1988年 - 1998年)
  • 92 (1999年 - 2000年)
  • 60 (2001年)

関連情報[編集]

主な出演[編集]

テレビ番組[編集]

MV[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 幼稚園時代からの幼なじみで、ボーイズリーグでも一緒にプレーしていた。
  2. ^ エースとして背番号1を付けていた。橋本は背番号10。
  3. ^ 朝日新聞、1987年11月19日付朝刊 (21面)
  4. ^ 朝日新聞、1987年12月11日付朝刊 (23面)
  5. ^ 江川投手現役引退の影響で急遽投手が必要になった。背番号は江川と同じ30。
  6. ^ 阿部ら獲得の元巨人チーフスカウト 中村和久氏が残した功績
  7. ^ 【11月18日】1987年(昭62) 長嶋一茂、幻の巨人1位指名
  8. ^ 元近鉄の人気者・佐野慈紀が晩年の流転人生を振り返る「さすがに人間不信になりました」
  9. ^ 橋本清:ファームはロッテが日本一!”. ワイズ・スポーツ株式会社 (2010年10月7日). 2013年6月30日閲覧。[リンク切れ]
  10. ^ https://datazoo.jp/tv/%E7%A7%81%E3%81%AE%E4%BD%95%E3%81%8C%E3%82%A4%E3%82%B1%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%AE%EF%BC%9F/761098
  11. ^ 元巨人・橋本清氏、デーブ大久保氏の居酒屋でバイト中
  12. ^ 元プロ野球投手・橋本清氏、黒い交際で“球界追放”も涙の告白「後から分かったが聞いてもらえなかった」
  13. ^ 元プロ野球投手・橋本清氏、黒い交際で“球界追放”もデーブ大久保氏に感謝「死のうと言っていたのが恥ずかしい」
  14. ^ がんばれ!Victory、新曲MVで元プロ野球選手と乱闘”. 音楽ナタリー (2015年8月4日). 2015年8月4日閲覧。
  15. ^ 第二章『中込伸×郭李建夫 We will do it again.』を橋本が担当。
  16. ^ 橋本が桑田真澄宮本慎也立浪和義清原和博木戸克彦金石昭人吉村禎章片岡篤史野村弘樹中村順司前田健太を取材。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]