石井浩郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
石井 浩郎
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 秋田県南秋田郡八郎潟町
生年月日 (1964-06-21) 1964年6月21日(52歳)
身長
体重
183 cm
94 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 一塁手三塁手
プロ入り 1989年 ドラフト3位
初出場 1990年5月8日
最終出場 2002年10月4日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
日本の旗 日本の政治家
石井 浩郎
いしい ひろお
生年月日 (1964-06-21) 1964年6月21日(52歳)
出生地 秋田県南秋田郡八郎潟町
出身校 早稲田大学第二文学部(中退)
前職 野球選手
会社社長
所属政党 自由民主党額賀派
公式サイト 石井ひろお 公式Webサイト

日本の旗 参議院議員
選挙区 秋田県選挙区
当選回数 2回
在任期間 2010年7月26日 - 現職
テンプレートを表示

石井 浩郎(いしい ひろお、1964年6月21日 - )は、秋田県南秋田郡八郎潟町出身の元プロ野球選手内野手1990年 - 2002年)、実業家政治家自由民主党所属の参議院議員(2期)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

八郎潟町立一日市小(6年生の時に統合して八郎潟町立八郎潟小学校となる)、八郎潟町立八郎潟中学校を卒業後、1980年に県内一の進学校であり、県内では野球強豪校でもある秋田高校に進学。野球部では、高校通算32本塁打を記録したが、甲子園への出場は逃した[1]

高校卒業後、一般入試で早稲田大学第二文学部に進学。早稲田大学野球部入部後、日米大学野球選手権大会にも出場した。東京六大学リーグ通算66試合出場、241打数58安打、打率.241、15本塁打、42打点。ベストナイン1回[1]

1987年にプリンスホテルに入社[2]。サンシャインシティプリンスホテルに勤務しながらプリンスホテル硬式野球部に3年間在籍し、通算32本塁打を記録。全日本では4番を務めた[1]

1989年ドラフト3位で近鉄バファローズに指名され入団。しかしこの直後肝炎で入院している[3]

プロ入り後[編集]

アマチュア時代は全日本の4番打者を務めるほどの長距離バッターであったが、1年目の3月、当時チームの主砲であったラルフ・ブライアント鈴木貴久らが藤井寺球場での打撃練習で外野スタンドにポンポンと打球を放り込むのを見て「自分は中距離打者に過ぎないのではないか」と衝撃を受けたと述べている。前年、ドラフトに指名される直前の10月12日の西武の優勝がかかった西武球場での対近鉄ダブルヘッダーを西武を応援する為に観戦していたが、試合はブライアントの4連発などもあり勝利するが、「こんなチームに入ったら苦労するぞ」と恐れていた、とも述べている[4]

1年目は肝炎と風疹のため出遅れたがジュニアオールスターでMVPを獲得、シーズン22本塁打を記録。また、入団から5年連続20本塁打以上を記録し、4番打者として362試合連続試合出場のプロ野球記録を樹立(しかし、足のケガで最後の6試合は全て1打席立って交代という起用法だったため物議を醸した)した。1992年オールスターゲーム第1戦では小松辰雄から本塁打を放つ[5]など活躍でMVPを獲得。ジュニアオールスターとの獲得は史上初[6]である。同年は最優秀新人にはならなかったものの、優秀新人賞としてパ・リーグ特別表彰を受けている。1994年には33本塁打、111打点で打点王のタイトルを獲得した[7]

しかし、この年以降は故障に泣かされ成績が急降下。1996年には左手首を骨折し、2試合の出場にとどまる。同年オフ、球団が日本プロフェッショナル野球協約の制限を超える60%ダウンの年俸提示に対して、年俸調停を申請[8]日本野球機構からの要請を受け、一旦近鉄と契約した後に石毛博史吉岡雄二との2対1の交換トレードで読売ジャイアンツへ移籍。当時、巨人の編成部長はプリンスホテル時代の監督だった石山建一が務めており、その縁故もあった[9]

1997年、6月終盤に一軍昇格。6月25日の対横浜戦で移籍後初スタメン出場すると、翌26日は移籍後初安打を記録。更に、9回1点リードされてる場面で横浜のリリーフエース佐々木主浩から同点となる移籍後初本塁打を放つ。6月28日の対中日戦では第65代目の4番としてスタメンで出場し[10]その後も4番打者として低迷してるチームを支えたが、8月頭に怪我で戦線離脱しそのままシーズンを終えてしまった[11]

1998年、負ければチームの貯金がなくなる試合となる7月29日の対ヤクルト戦(神宮)において、両チーム無得点のまま迎えた10回表の満塁の場面で石井は代打して出され、プロ野球8人目、巨人では38年ぶりとなる延長での代打満塁本塁打を放ち、試合はそのまま4対0で巨人が勝利している[12]

2000年河本育之との交換トレードで千葉ロッテマリーンズへ移籍。ロッテでは移籍1年目に4番打者に定着し2年連続二桁本塁打を放って活躍するも、シーズン後半に左手首を骨折して途中離脱。2年目は代打要員に甘んじた。ロッテ時代の応援歌はイ・ジョンヒョンの『ワ』が原曲[13]

2001年オフに自由契約となり、横浜ベイスターズへ移籍。2002年には成績が振るわず[要出典]同年限りで現役引退。

プロ引退後[編集]

引退後は実業家として飲食店などの経営を手がける。現役時代の福岡遠征時に食べたもつ鍋の味に惚れ込み[14]、博多もつ鍋のチェーン店のオーナーとなる。2007年秋には地元にも秋田店を出店[14]

野球界では2003年に日本テレビの野球解説者を務める[15]

2004年には西武ライオンズ二軍監督を務めたが、1年で退任[16]2005年よりプロ野球マスターズリーグに参加[17]

政界進出[編集]

2010年2月14日、同年夏の参議院選挙一人区秋田県選挙区より自由民主党の公認を得て立候補する意向を示し、2月17日付で自民党に入党。7月11日の参議院選挙において民主党の現職・鈴木陽悦を破り、初当選した。自由民主党では教育・文化・スポーツ関係団体委員会委員長を務めている[18]

2016年1月、参議院文教科学委員長に就任[19]

2016年7月、参議院選挙にて再選される[20]

政治家としての政策[編集]

人物[編集]

私生活では巨人移籍後の1997年シンガーソングライター岡村孝子と結婚、一女をもうけるが、引退後の2003年に離婚(子供の親権者・扶養は岡村)。2006年8月に早大の後輩にあたる元モデルの女性と2度目の結婚するが離婚。更に2013年10月には都内在住のフリーアナウンサーと3度目の結婚、同年8月に男児が生まれていることが判明[24]

趣味の一つに将棋があり、NHK BS2で毎年正月に放送される「大逆転将棋」に複数回出演している。2009年に秋田市で初めて開催された名人戦七番勝負(第67期、羽生善治郷田真隆、第5局)では、島朗とともにトークショーに出演し[25]、羽生が名人位防衛を果たした後の就位式(7月24日)では乾杯の音頭を務めた[26]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1990 近鉄 86 319 263 48 79 12 1 22 159 46 1 0 2 3 46 0 5 57 3 .300 .410 .605 1.015
1991 96 371 331 52 96 17 2 21 180 55 0 3 1 2 36 3 1 56 9 .290 .359 .544 .903
1992 128 540 473 68 137 27 1 29 253 89 4 3 0 4 58 4 5 59 16 .290 .370 .535 .905
1993 130 552 475 74 147 26 5 22 249 80 0 2 0 7 65 2 5 46 5 .309 .393 .524 .917
1994 130 574 487 88 154 31 2 33 288 111 1 0 0 6 74 6 7 87 12 .316 .409 .591 1.001
1995 47 178 152 20 42 7 0 6 67 17 1 0 0 2 23 2 1 22 5 .276 .371 .441 .812
1996 2 7 7 1 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .286 .286 .286 .571
1997 巨人 25 100 87 8 29 5 0 1 37 14 0 0 0 2 10 0 1 14 2 .333 .400 .425 .825
1998 74 184 154 16 39 5 1 4 58 27 0 0 0 4 23 0 3 21 3 .253 .353 .377 .730
1999 91 222 186 29 48 6 0 11 87 32 0 0 0 3 31 4 2 34 3 .258 .365 .468 .833
2000 ロッテ 95 368 312 37 83 15 0 10 128 51 0 0 0 3 48 2 5 49 12 .266 .370 .410 .780
2001 36 100 87 7 22 7 0 3 38 12 0 0 0 0 13 0 0 18 3 .253 .350 .437 .787
2002 横浜 34 87 77 3 16 3 0 0 19 2 0 0 0 1 6 0 3 18 2 .208 .287 .247 .534
通算:13年 974 3602 3091 451 894 161 12 162 1565 536 7 8 3 37 433 23 38 483 75 .289 .379 .506 .886
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]


一塁 三塁 外野
試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率
1990 42 235 16 4 23 .984 28 15 58 2 8 .973 1 0 0 0 0 ----
1991 14 122 9 2 7 .985 5 2 12 1 1 .933 -
1992 94 768 71 5 71 .994 35 23 48 4 3 .947 2 0 0 0 0 ----
1993 130 1117 89 6 101 .995 - -
1994 124 1108 80 6 102 .995 13 4 11 2 1 .882 -
1995 41 377 29 1 39 .998 - -
1996 2 17 0 0 2 1.000 - -
1997 3 20 0 0 2 1.000 22 10 24 4 0 .895 -
1998 15 114 4 2 11 .983 24 12 23 1 1 .972 -
1999 45 396 27 5 30 .988 - -
2000 48 372 21 4 38 .990 - -
2001 17 117 7 1 14 .992 2 1 1 0 0 1.000 -
2002 23 173 13 1 15 .995 - -
通算 598 4936 366 37 455 .993 129 67 177 14 14 .946 3 0 0 0 0 ----

タイトル[編集]

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
節目の記録

背番号[編集]

  • 3 (1990年 - 1996年、2000年 - 2002年)
  • 6 (1997年 - 1999年)
  • 82 (2004年)

所属団体・議員連盟[編集]

関連情報[編集]

出演番組[編集]

  • Dramatic Game 1844 - 出演していた、日本テレビのプロ野球中継の現行タイトル。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 秋田魁新報 1991年1月1日 朝刊 85面「目指せ球界の4番気持ちはいつもチャレンジャー石井浩郎選手」
  2. ^ 後掲外部リンク「石井ひろお オフィシャルサイト」より(2010年4月20日閲覧)。
  3. ^ 日刊スポーツ 1989年12月1日 4面など
  4. ^ 日刊スポーツ出版社刊「サヨナラ近鉄バファローズ」P28
  5. ^ 石井に続いて田辺徳雄佐々木誠 (野球)も本塁打を放っており、三者連続本塁打は球宴史上初
  6. ^ 【7月18日】1992年(平4)史上初!夢の球宴で夢の3連続本塁打!MVPは石井浩郎スポーツニッポン 2009年7月16日
  7. ^ プロ野球データ事典(PHP研究所)p.393
  8. ^ 【1月13日】1997年(平9) ドタバタのトレード劇「代表はどうしたんですか?」
  9. ^ 日本プロ野球 トレード大鑑 2001年版(ベースボールマガジン社)p.32
  10. ^ ベースボール・レコード・ブック(ベースボールマガジン社)「1997年度セ・リーグ公式戦全記録 読売ジャイアンツVS横浜ベイスターズ」より
  11. ^ ベースボール・レコード・ブック(ベースボールマガジン社)「1997年度の主な記録と出来事(97年8月)」より
  12. ^ 【7月29日】1998年(平10)好投に男気で応えた!石井浩郎38年ぶりの劇弾!スポーツニッポン2011年7月29日
  13. ^ 移籍後は伊与田一範に転用され、2004年からは今江敏晃の応援歌として使われている。
  14. ^ a b 秋田出店の頃、秋田朝日放送サタナビっ!」で紹介。
  15. ^ 12球団全選手カラー百科名鑑2003(日本スポーツ出版社)p.229
  16. ^ 石井浩郎氏、勝負強さ健在!“男”になった”. スポーツニッポン (2010年7月12日). 2015年12月14日閲覧。
  17. ^ 大館市 広報大館 2005年12月号
  18. ^ 自由民主党役員表 自由民主党ウェブサイト
  19. ^ 文教科学委員長に石井浩郎氏が就任、参院「公平、中立に運営」”. 秋田魁新報 (2016年1月4日). 2016年1月24日閲覧。
  20. ^ 石井浩郎氏の再選支えた3人目の美人妻 ゴルフ場で知り合ったフリーアナ産経新聞
  21. ^ a b 毎日新聞2010年参院選アンケート
  22. ^ a b c d e f g h i j 秋田選挙区 石井浩郎2016参院選 毎日新聞候補者アンケート
  23. ^ 「官民で秋田カジノPR ギャンブルは「本質的魅力」!?」しんぶん赤旗 2014年3月23日
  24. ^ 元プロ野球の石井浩郎参院議員、3度目結婚 フリーアナと 産経ニュース 2013年11月5日
  25. ^ 将棋名人戦七番勝負第5局1日目ダイジェスト”. 朝日新聞社 (2009年6月2日). 2009年7月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年2月16日閲覧。
  26. ^ 第67期名人就位式(日本将棋連盟・2010年2月16日閲覧)

外部リンク[編集]

議会
先代:
水落敏栄
日本の旗 参議院文教科学委員長
2016年
次代:
赤池誠章