高橋周平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
高橋 周平
中日ドラゴンズ #3
CD-Syuuhei-Takahashi20130306.jpg
2013年3月6日、阪神甲子園球場にて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県藤沢市
生年月日 (1994-01-18) 1994年1月18日(28歳)
身長
体重
180 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 三塁手二塁手
プロ入り 2011年 ドラフト1位
初出場 2012年3月31日
年俸 7500万円(2022年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

高橋 周平(たかはし しゅうへい、1994年1月18日 - )は、神奈川県藤沢市出身のプロ野球選手内野手)。右投左打。中日ドラゴンズ所属。2019年から2021年まで同チームのキャプテンを務めた。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

善行小学校1年時から野球を始め、投手としてプレー。善行中学校時代から湘南クラブボーイズで野手としてプレーし、中学2年時に日本一、ジャイアンツカップ準優勝を経験[2]。小学校、中学校とボーイズリーグの4学年後輩に小笠原慎之介がいる[3]。高校進学については横浜高校に憧れを抱いていたが、東海大甲府高校のコーチ和泉淳一からの誘いを受けて東海大甲府高校に進学[4]

高校では1年春から「4番・三塁手」としてレギュラー入りし、秋からは遊撃手で起用される。2年春には、市立柏高校との練習試合にて1イニングに満塁本塁打2本を記録した。3年春は打率.471の活躍で県大会優勝に貢献。決勝戦では山梨県記録となる57号本塁打を打った。3年夏は山梨県大会で敗退し、甲子園出場は果たせなかったが、8月に行われたAAAアジア野球選手権において日本代表に選ばれ、5試合で20打数10安打13打点を記録した。決勝の韓国戦では高校通算71号となる先制2点本塁打と適時打を打ち、MVPを獲得。日本の同大会優勝に大きく貢献し、木製バットへの対応力も見せた。同高の2学年後輩に渡邉諒がいる。

2011年10月27日に行われたドラフト会議にてオリックス・バファローズ東京ヤクルトスワローズ中日ドラゴンズの3球団から1位指名を受け、抽選の結果、中日が交渉権を獲得した[5]。甲子園出場経験のない高校生野手が、ドラフト1位で3球団が競合するのは、ドラフト史上初[5]。11月25日に横浜市内のホテルで入団交渉を行い、契約金1億円、年俸1200万円で仮契約を結んだ。中日の高卒新人としては球団史上最高の年俸額であった。背番号は森野将彦2009年までに着けていた31。同姓の高橋聡文がいるため、スコアボード名は「高橋周」となり、背ネームは「S.TAKAHASHI」となった。

中日時代[編集]

2013年8月3日 横浜スタジアムにて

2012年は、6月17日のオリックス4回戦(京セラドーム大阪)で寺原隼人から決勝打となるプロ初本塁打を放った[6]。18歳4か月での本塁打はドラフト制以降の高卒新人では最年少、中日の高卒新人では1997年の森野以来8人目、決勝打は1960年の高木守道以来2人目であった[6][7]。二軍では7本塁打を打ち、本塁打王のタイトルを獲得した。

2013年は、エクトル・ルナの負傷もあり、シーズン後半から主に三塁手として一軍に定着。8月1日の阪神タイガース戦(阪神甲子園球場)で「7番・三塁手」として初先発出場を果たすと、1点を追う6回に加藤康介から逆転満塁本塁打を放った[8]。10代の選手が満塁本塁打を放つのは史上14人目、16本目[9]。また、19歳6か月の選手が満塁本塁打を放つのは、2008年坂本勇人(19歳3か月)に次いでセ・リーグ史上2番目の年少記録(当時[注 1])、球団史上では最年少記録であった[8]。オフに野本圭と背番号を交換する形で9に変更した。合わせてユニホームのデザイン変更に伴い、背ネームがTAKAHASHIと苗字のみに変更された。

2014年は、前年オフに井端弘和が退団し、三塁手のレギュラー候補にはルナと森野がいたため、GMに就任した落合博満の勧めで遊撃手に再コンバートされるが、積極的に起用されたオープン戦で打撃不振に陥り、二軍落ちし、開幕も二軍で迎えることになった。その後、前年同様、ルナの負傷もあり、7月14日に一軍昇格し、主に三塁手として出場。7月21日の対横浜DeNAベイスターズ戦(横浜スタジアム)では故郷でシーズン1号本塁打、同25日の対読売ジャイアンツ戦(ナゴヤドーム)では自身初となる本拠地ナゴヤドームでの本塁打を放つと、8月12日のDeNA戦(長良川球場)では場外本塁打を放ち、自己最多となるシーズン6本塁打を記録した[10]。オフに背番号を立浪和義が現役時代に着けていた3に変更した。

2015年は、打率.208と苦しみ、7月に二軍落ちしてからは一軍復帰できなかった。オフには浜田智博桂依央利友永翔太岸本淳希とともに台湾ウインターリーグに派遣され[11]、打率.254、2本塁打を記録した[12]

2016年は、高橋聡文の退団に伴い、登録名が「高橋」に変更される。オープン戦では打率.196に留まったが[13]、「7番・三塁手」として自身初めて開幕スタメンを勝ち取り[14]、猛打賞を記録した[13]。さらに、3月31日の対広島東洋カープ戦では、中田廉から逆転満塁本塁打を放った[14]平田良介が離脱してからは3番に回り、4月終了までに打率.276、3本塁打、13打点と好スタートを切っていたが、30日の対広島戦(MAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島)にて右手を痛めて途中交代。検査の結果、有鈎骨骨折が判明[15]し、翌5月1日に登録抹消された。

2017年は、8月30日の対DeNA戦でエドウィン・エスコバーから左翼ライン際にランニング本塁打を記録。球団では、2006年福留孝介が記録して以来で[16]1997年ナゴヤドームが開場してから初の記録であった[17]

2018年は、福田永将の三塁手固定に伴い、開幕から主に二塁手として起用された。5月31日のオリックス戦から6月1日の北海道日本ハムファイターズ戦にかけて、NPBタイ記録となる4打席連続二塁打を達成した[18]。後半戦からは先発投手の左右に関わらずスタメンで起用され、自身初の規定打席に到達。128試合に出場して、打率.254、本塁打11、打点69という成績を残した。

2019年からは、中日のチームキャプテン(主将)を務めることとなった[19]。3・4月は不振だったが、5月に月間8度の猛打賞を記録し[20]、5月の月間MVPに初選出された[21]。6月4日には、自身初の4番に起用された[20]。同27日にはオールスターゲームに選手間投票で選出され[22]、第2戦(甲子園)では、猛打賞を記録して、敢闘選手賞を受賞する活躍を見せた[23]。しかし、7月16日の対阪神戦で1回裏に、一塁に帰塁した際に右手小指を負傷[24]。その後、検査で「右小指橈側側副靭帯断裂」と診断され、戦線離脱した[25]。8月4日からマシン打撃を再開し[26]、8月16日の対ヤクルト戦で、6回表に代打で実戦復帰した[27]。最終的に、2年連続で規定打席に到達し、117試合に出場、打率.293、7本塁打、59打点で[28]、自身初の三塁手部門でゴールデングラブ賞[29]ベストナインを受賞した[30]

2020年は、6月に月間打率.359を記録するなど開幕を好調で迎えるも[注 2]、7月11日の対広島戦で左太もも裏の肉離れを発症し戦線を離脱した[31]。25日に復帰した[32]後、10月15日の対阪神戦でロベルト・スアレスからプロ入り初のサヨナラ本塁打となる6号逆転サヨナラ3点本塁打を記録した[33]。最終的にリーグ6位となる打率.305を記録し、自身初の打率3割を達成した。また、オフには2年連続となるゴールデングラブ賞を受賞した。

2021年は、37試合目の5月11日の阪神戦で西勇輝から1号本塁打を放った。6月9日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦では3番に起用され、2本塁打を含む4安打4打点を記録した[34]。しかし、前半戦は打率.254と苦しんだ[35]。後半戦は、一時は調子が上がるも、不調のままシーズンが終了。自己最多の137試合に出場したものの、打率.259、5本塁打、39打点はいずれも前年を下回ったほか、リーグワーストの21併殺打を記録するなど不本意なシーズンになった。

2022年は、開幕直前に左足首を捻挫した[36]ため、開幕2軍スタートとなった。4月29日に1軍登録され[37]、同日の広島戦(バンテリンドーム ナゴヤ)でシーズン初出場[38]

選手としての特徴[編集]

打撃[編集]

柔らかいスイングから打球速度、飛距離共に高校生離れした打球を打ち[39]、木製バットで130メートル級の飛距離を打つ長打力を持ち味とする[40]。打撃では「ボールを呼び込んで、ポイントを近くにして打つこと」を心がけているという[39]。高校時代には130メートル以上飛ばないと越えないという特設ネットが設置されていた[41]

高校時代の監督である村中秀人からは「森野将彦以上の素材」と評価された[42](村中は東海大相模高校時代の森野の監督でもある)。また、高校のコーチである和泉淳一は「森野は天才型だけど高橋は努力型。誰よりも早くグラウンドに現れて誰よりも遅くグラウンドにいる」と評している[43]

守備・走塁[編集]

一塁到達は4.6秒台と平均を下回るが、盗塁時には3.4秒台を記録する走力を備える[44]。遠投105メートル、50メートル走は6秒4[45]

守備ではグラブさばきに非凡さがある[46]

人物[編集]

2014年よりアディダスとアドバイザリー契約を結んでいる[47]

趣味は買い物で、好きな食べ物はラーメン[39]

小学生の頃は読売ジャイアンツの選手であった松井秀喜に憧れを抱いていた[45]。プロ入り時には憧れている選手として森野を挙げている[48]

長渕剛のファンである[49]

2017年1月3日に入籍し[50]、2018年11月に第一子となる長女が誕生した[51]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2012 中日 41 73 71 5 11 1 0 2 18 3 0 0 0 0 2 0 0 18 2 .155 .178 .254 .432
2013 66 212 197 19 49 13 1 5 79 27 0 0 2 1 11 2 1 34 2 .249 .290 .401 .691
2014 61 156 144 14 37 8 1 6 65 14 0 0 2 2 8 1 0 29 2 .257 .292 .451 .744
2015 51 172 154 10 32 6 1 4 52 18 2 1 1 0 16 0 1 42 5 .208 .287 .338 .624
2016 75 283 255 28 64 14 2 4 94 29 0 1 1 1 22 0 4 84 7 .251 .319 .369 .688
2017 41 148 129 12 30 6 0 2 42 10 0 2 1 3 15 0 0 31 3 .233 .306 .326 .632
2018 128 477 433 35 110 26 2 11 173 69 0 0 8 3 30 1 3 89 9 .254 .305 .400 .704
2019 117 471 430 50 126 28 5 7 185 59 3 4 5 1 32 7 3 70 10 .293 .345 .430 .776
2020 108 438 394 46 120 25 1 7 168 46 1 1 0 3 39 6 2 70 13 .305 .368 .426 .794
2021 137 520 475 40 123 27 0 5 165 39 1 0 0 4 40 4 1 79 21 .259 .315 .347 .663
通算:10年 825 2950 2682 259 702 154 13 53 1041 314 7 9 20 18 215 21 15 546 74 .262 .318 .388 .706
  • 2021年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]



三塁 遊撃 二塁 一塁
















































2012 中日 26 7 24 1 4 .969 - - -
2013 47 34 74 6 6 .947 8 6 16 0 3 1.000 - -
2014 37 16 54 3 4 .959 8 1 9 0 0 1.000 - -
2015 44 18 67 5 5 .944 - - -
2016 71 55 115 4 14 .977 - 1 0 2 0 0 1.000 -
2017 35 29 66 3 7 .969 - - 3 17 3 0 0 1.000
2018 44 16 62 0 3 1.000 - 99 205 296 7 54 .986 -
2019 116 68 200 8 13 .971 - - -
2020 106 65 201 5 18 .982 - - -
2021 134 71 202 8 22 .972 - - -
通算 660 379 1065 43 96 .971 16 7 25 0 3 1.000 100 205 298 7 54 .986 3 17 3 0 0 1.000

表彰[編集]

記録[編集]

初記録
その他の記録

背番号[編集]

  • 31(2012年 - 2013年)
  • 9(2014年)
  • 3(2015年 - )

登場曲[編集]

2013年 - 2014年[編集]

2015年[編集]

  • 『Midnight Memories』ワン・ダイレクション(シーズン開始時は奇数打席で7月20日現在は偶数打席)
  • 『Never Ever Stop』シェネル(偶数打席)
  • 『人生は素晴らしい物語』ハジ→(シーズン途中、奇数打席)

2016年[編集]

2017年[編集]

2018年[編集]

2019年[編集]

2020年[編集]

  • 『Start Over』Gaho(シーズン途中まで奇数打席途中から1, 4打席)
  • パプリカ』Foorin(シーズン途中まで偶数打席、途中から2, 5打席)
  • 『Daisy』PENTAGON(シーズン途中から3打席目に使用)

2021年[編集]

  • 『Take a picture』NiziU(シーズン前半第1,4打席)
  • 『Romeo+Juliet -Love goes on-』平井大(シーズン前半第2,5打席に使用)
  • 『VVS(feat. JUSTHIS)』MIrani, Munchman, Khundi Panda&MUSHVENOM(シーズン前半第3打席に使用)
  • 『Permission to Dance』BTS (音楽グループ)(シーズン後半、主に奇数打席に使用)
  • 『Under the Sea』平井大(シーズン後半、主に偶数打席に使用)
  • 『ICY』ITZY(シーズン後半戦開始後1週間程、3打席目に使用)

2022年[編集]

・ベテルギウス/優里

・My universe/Coldplay(コールドプレイ)XBTS (音楽グループ)

代表歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 2019年に19歳5か月の村上宗隆が更新している[9]
  2. ^ この年は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、開幕が6月19日まで延期された。

出典[編集]

  1. ^ 中日 - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2021年11月23日閲覧。
  2. ^ 勝負の5年目を迎える日本人スラッガー 中日・高橋周の球歴とは?”. BASEBALL KING (2016年1月27日). 2022年1月5日閲覧。
  3. ^ 中日1位小笠原「高ぶりました」憧れの高橋周と再開 日刊スポーツ 2015年12月27日掲載
  4. ^ 【インタビュー】高橋周平(中日)「将来は中軸を任されるような打者になりたい」”. web Sportiva (2012年1月4日). 2022年1月5日閲覧。
  5. ^ a b 湘南クラブ出身高橋周平選手 中日が交渉権獲得 ドラフト1位で3球団が競合”. タウンニュース (2011年11月4日). 2022年1月5日閲覧。
  6. ^ a b 高木監督以来52年ぶり!18歳高橋周、プロ1号V弾 スポニチアネックス 2012年6月18日
  7. ^ 高橋周 18歳4カ月は最年少アーチ 中日では森野以来の高卒1年目本塁打 スポニチアネックス 2012年6月18日
  8. ^ a b 中日高橋周19歳6カ月満弾 セ年少2番目 日刊スポーツ 2013年8月2日
  9. ^ a b “ヤクルト村上 坂本勇人に次ぐセ史上2番目年少満弾”. 日刊スポーツ. (2019年7月3日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/201907030000944_m.html 2022年3月20日閲覧。 
  10. ^ NPB高橋周平1軍成績”. 日本野球機構オフィシャルサイト (2022年2月26日). 2022年2月27日閲覧。
  11. ^ 中日が高橋周平ら5人を台湾ウインターリーグ派遣日刊スポーツ 2015年11月23日配信
  12. ^ 中日高橋周「結果に左右されないように」振り続ける日刊スポーツ 2015年12月22日配信
  13. ^ a b 中日・高橋周平インタビュー「とにかくヒットを打つ」 | 野球コラム”. 週刊ベースボールONLINE (2016年5月1日). 2021年12月20日閲覧。
  14. ^ a b 周平大逆転満弾で大興奮「奇跡です!」0―5の7回一挙7点”. スポニチ Sponichi Annex (2016年4月1日). 2021年12月20日閲覧。
  15. ^ 中日高橋周平が右手有鉤骨骨折、先発も2打席で交代日刊スポーツ 2016年5月1日配信
  16. ^ 【中日】周平、ランニング2号!「球が速いので短く持ったので」竜では06年福留以来”. スポーツ報知 (2017年8月30日). 2017年8月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年8月31日閲覧。
  17. ^ 中日高橋周平ランニング本塁打 荒木ばりダイブ生還 日刊スポーツ 2017年8月30日
  18. ^ 中日・高橋が4打席連続二塁打 定位置争い激化も「出たところでやるだけ」”. サンケイスポーツ (2018年6月1日). 2018年7月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月12日閲覧。
  19. ^ キャプテン周平 殻を破れ 8年目24才 大抜てき 中日スポーツ 2019年1月16日
  20. ^ a b セ首位打者の中日・高橋、プロ初4番抜てき 5月は月間8度の猛打賞 スポニチ 2019年6月4日
  21. ^ プロ野球5月の月間MVP!セパのチームリーダーがバットでチームを鼓舞”. BASEBALL KING (2019年6月11日). 2021年10月2日閲覧。
  22. ^ ファン投票では12球団唯一ゼロ…中日、高橋周平が選手間投票で選出 初の球宴「自分のプラスに」”. スポーツニッポン (2019年6月27日). 2021年10月2日閲覧。
  23. ^ 周平4の3!初球宴敢闘選手賞も 「ホームラン打ちたかった…」”. 中日スポーツ・東京中日スポーツ (2019年7月14日). 2022年1月5日閲覧。
  24. ^ 中日与田監督「指」高橋周平が一塁帰塁で負傷交代 日刊スポーツ 2019年7月16日
  25. ^ 周平、右手小指靱帯断裂で抹消 1軍復帰は最短で8月下旬”. 中日スポーツ・東京中日スポーツ (2019年7月18日). 2022年1月5日閲覧。
  26. ^ 高橋がマシン打撃再開 右手小指の負傷から回復順調”. 中日スポーツ・東京中日スポーツ (2019年8月4日). 2022年1月5日閲覧。
  27. ^ 中日高橋周平、代打復帰に大歓声「ありがたいです」 日刊スポーツ 2019年8月16日
  28. ^ 中日・高橋、2500万円アップ6000万円でサイン「来年はそこ(1億円)が目標」”. サンケイスポーツ (2019年11月24日). 2022年1月5日閲覧。
  29. ^ 中日の高橋がゴールデングラブ賞初受賞 「試合にずっと出ている以上、取りたいなと思っていました」”. 中日スポーツ・東京中日スポーツ (2019年10月31日). 2022年1月5日閲覧。
  30. ^ 中日高橋周平ベストナイン「毎年取れれば取りたい」 日刊スポーツ 2019年11月26日
  31. ^ 中日・高橋周平、肉離れ離脱後初シート打撃で「4の4」 走塁も問題なし…24日阪神戦で最短復帰目指す 中日スポーツ 2020年7月22日
  32. ^ 中日・高橋周平が一軍復帰 阪神は岩崎優を抹消 25日のプロ野球公示 BASEBALL KING 2020年7月25日
  33. ^ 中日高橋逆転サヨナラ弾!プロ初!虎狩り!2位死守 日刊スポーツ 2020年10月15日
  34. ^ 中日高橋周平チーム交流戦首位返り咲きに導く 4安打4打点の猛打ショー”. 日刊スポーツ (2021年6月9日). 2022年1月5日閲覧。
  35. ^ 【中日】主将のお目覚めは近い…⁉高橋周平がカーブとらえ2ラン「うまく体が止まって反応できた」”. 中日スポーツ・東京中日スポーツ (2021年8月4日). 2022年1月5日閲覧。
  36. ^ 【中日】高橋周平が1軍に合流「チームの勝利に貢献できるように頑張ります」”. 日刊スポーツ : nikkansports.com (2022年4月29日). 2022年5月1日閲覧。
  37. ^ 2022年4月29日の出場選手登録、登録抹消”. NPB(一般社団法人日本野球機構). 2022年5月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年5月1日閲覧。
  38. ^ 2022年4月29日 (金) 試合結果(中日対広島東洋)”. NPB(一般社団法人日本野球機構). 2022年5月1日閲覧。
  39. ^ a b c 『アマチュア野球 vol.31』日刊スポーツ出版社、2011年、20-21、90-91頁頁。ISBN 978-4-8172-5513-6 
  40. ^ ビッグ3より71発男 ヤクルト 中日熱視線「1軍でも中軸打てるスイング」スポニチアネックス、2011年10月21日。
  41. ^ 東海大甲府・高橋は「中日森野より上」日刊スポーツ、2011年7月9日
  42. ^ 『アマチュア野球 vol.30』日刊スポーツ出版社、2010年、49頁頁。ISBN 978-4-8172-5509-9 
  43. ^ 中日スポーツ 2011年10月28日
  44. ^ 春の覇者・東海大相模の対抗馬は? 東京、千葉、山梨の予選は逸材揃いNumber Web、2011年7月21日。
  45. ^ a b 東海大甲府・高橋周平に3球団競合か日刊スポーツ、2011年10月27日。
  46. ^ 『プロ野球カラー名鑑2012』ベースボール・マガジン社、2012年、169頁。ISBN 978-4-583-61828-9 
  47. ^ 高橋周平選手/西川遥輝選手/山田哲人選手 - TheNewsMarket
  48. ^ 高橋周平独占インタビュー高校野球ドットコム、2012年2月27日。
  49. ^ 中日高橋 入場曲に心酔する長渕ソングも日刊スポーツ 2012年1月10日掲載
  50. ^ 中日高橋周平が結婚「稼がないと…頑張ります」”. 日刊スポーツ (2017年1月4日). 2021年10月2日閲覧。
  51. ^ 中日高橋周平に第1子長女誕生「今まで以上に活躍」”. 日刊スポーツ (2018年11月27日). 2021年10月2日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]