この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

梅津晃大

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

梅津 晃大
中日ドラゴンズ #28
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福島県福島市
生年月日 (1996-10-24) 1996年10月24日(22歳)
身長
体重
187 cm
92 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2018年 ドラフト2位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

梅津 晃大(うめつ こうだい、1996年10月24日 - )は、福島県福島市出身の野球選手(投手)。右投右打。中日ドラゴンズ所属。好きな言葉は「お陰様で[1]

来歴

福島県福島市生まれ[2]。小学2年生から南小泉メッツに所属し、野球を始める。仙台育英秀光中時代は2,3年時に全国大会に出場した[3]

仙台育英高校に進学すると、2年時のセンバツでは出場こそなかったがベンチ入り。夏はベンチを外れるも秋からはエースナンバーを背負う[4]。3年の6月に左手首への死球により骨折、戦線離脱を余儀なくされる。最後の大会となる夏の県大会への出場は出来たがチームは4回戦で敗退。仙台育英高校が8強進出出来なかったのは12年ぶりとなった[5]

高校卒業後、監督も選手も凄い人が揃っている強い学校でやりたいと決意し当時東都大学2部リーグだった東洋大学へ進学[6]野球部では2015年東都大学野球野球2部春季リーグ戦で1年生からメンバー入りし、東京農業大学-東洋大学2回戦で、1年生ながらリーグ戦初先発を果たす[7]。その後数度の登板機会があるが勝敗はつかず。 2017年夏に行われた平成29年度大学野球サマーリーグ・東洋大-法政大戦(8月10日/長岡悠久山公園球場)で先発し、この試合で自身最速となる153km/hを記録[8]。 2017年秋の、東都大学野球野球秋季リーグ戦日大戦では公式戦でも初球から151km/hを記録、プロ野球球団スカウトからの注目を集めた[9]。しかし、同年秋季リーグ戦で試合中に右脚内転筋肉離れを発症し、充分な活躍はできなかった。 2018年10月18日、東都大学野球秋季1部リーグ戦、國學院大3回戦の4番手として登板、4回を投げ被安打0、奪三振3、自責点0で東都リーグ戦初勝利を記録[10]。1週間後の同年10月25日、ドラフト会議にて中日ドラゴンズから2位指名を受ける[11]。11月9日、中日ドラゴンズと契約金8000万円、年俸1200万円で仮契約[12]。背番号は28に決まった。大学での同期に、甲斐野央上茶谷大河中川圭太がいる。

選手としての特徴

速球の最速は153km/h[4]

目標とする選手は大谷翔平[13]

詳細情報

背番号

  • 28 (2019年 - )

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 中日 ドラフト2位指名梅津晃大投手の未来予想図 | ドラの巻【CBCドラゴンズ情報】 | CBCテレビ・CBCラジオ”. 中日 ドラフト2位指名梅津晃大投手の未来予想図 | ドラの巻【CBCドラゴンズ情報】 | CBCテレビ・CBCラジオ. 2018年11月10日閲覧。
  2. ^ “「ドラフト指名」福島県勢は3投手 東日本国際大から初のプロ”. 福島民友新聞社. http://www.minyu-net.com/news/news/FM20181026-319497.php 2018年11月10日閲覧。 
  3. ^ “仙台育英、圧勝!梅津、骨折から1カ月で復活138キロ!/宮城”. サンスポ. https://www.sanspo.com/baseball/news/20140710/hig14071005020004-n1.html 2018年11月10日閲覧。 
  4. ^ a b 梅津晃大 | 東洋大 | 選手 | 週刊ベースボールONLINE”. 週刊ベースボールONLINE. 2018年11月10日閲覧。
  5. ^ “仙台育英3連覇ならず…梅津、茫然自失「信じられません」/宮城(2014.07.16):サンケイスポーツ”. サンスポ. https://www.sanspo.com/smp/baseball/news/20140716/hig14071605010003-s.html 2018年12月25日閲覧。 
  6. ^ “公式戦0勝のドラフト1位候補。メジャースカウトも絶賛のポテンシャル(2018.10.04):WEBスポルティーバ/集英社”. sportiva.shueisha.co.jp. https://sportiva.shueisha.co.jp/smart/clm/baseball/hs_other/2018/10/04/___split_92/ 2018年12月25日閲覧。 
  7. ^ “平成27(2015)年東都大学野球春季2部リーグ戦 4月26日東京農業大学-東洋大学2回戦 試合結果: 東都大学野球連盟”. tohto-bbl.com. http://www.tohto-bbl.com/gameinfo/result.php?YEAR=2015&SEASONID=01&LEAGUEID=02&GAMEID=15011 2018年12月25日閲覧。 
  8. ^ “[硬式野球]熱意乗った 梅津、153キロ投球に笑み(2017.08.11):スポトウ/東洋大学スポーツ新聞編集部”. sports-toyo.com. http://sports-toyo.com/news/detail/id/6947 2018年12月25日閲覧。 
  9. ^ “東洋大・梅津、大学0勝も大谷ボディーでドラ1候補 - プロ野球 : 日刊スポーツ”. nikkansports.com. https://www.nikkansports.com/baseball/news/201810120000060.html 2018年11月10日閲覧。 
  10. ^ “平成30(2018)年東都大学野球秋季1部リーグ戦 10月18日東洋大学-國學院大学3回戦 試合結果: 東都大学野球連盟”. tohto-bbl.com. http://www.tohto-bbl.com/gameinfo/result.php?YEAR=2018&SEASONID=02&LEAGUEID=01&GAMEID=18355 2018年12月25日閲覧。 
  11. ^ 中日ドラゴンズ 公式サイト - ドラゴンズニュース ★2018年ドラフト指名選手”. dragons.jp. 2018年11月10日閲覧。
  12. ^ “中日2位梅津晃大「入院代に」契約金は病床の母へ - プロ野球 : 日刊スポーツ”. nikkansports.com. https://www.nikkansports.com/baseball/news/201811090000554.html 2018年11月10日閲覧。 
  13. ^ “中日2位の東洋大・梅津「大谷翔平選手が目標」/ドラフト”. SANSPO.COM(サンスポ). https://www.sanspo.com/baseball/news/20181025/dra18102519110005-n1.html 2018年11月10日閲覧。 

関連項目

外部リンク