半保護されたページ

石川昂弥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

石川 昂弥
中日ドラゴンズ #2
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県半田市
生年月日 (2001-06-22) 2001年6月22日(19歳)
身長
体重
185 cm
93 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手
プロ入り 2019年 ドラフト1位
初出場 2020年7月12日
年俸 1,500万円(2020年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

石川 昂弥(いしかわ たかや、2001年6月22日 - )は、愛知県半田市出身のプロ野球選手内野手)。右投右打。中日ドラゴンズ所属。

経歴

プロ入り前

半田市立有脇小学校半田市立亀崎中学校出身で[1]、小学2年生の時に「ツースリー大府」で野球を始め[2]、小学6年生の時には中日ドラゴンズJr.に選抜された[3]。また、亀崎中時代は「知多ボーイズ」に所属し、3年生の時には「NOMOジャパン」(総監督:野茂英雄)に選出されロサンゼルス遠征を経験した[4][5]

東邦高等学校入学後は1年生の春からベンチ入りを果たす[6]。2年生の春に行われた第90回記念選抜高等学校野球大会で、4番・三塁手としてスタメン出場したが、1回戦(花巻東高校戦)で敗退した[7]。2年の夏に行われた県の地区大会では6試合で打率.737を記録[8]。同年秋から主将を務め、エース兼3番打者として秋季東海大会優勝[6][9]

3年生の春に行われた第91回選抜高等学校野球大会では、全5試合に先発登板しいずれも勝利投手となり、打者としても3本塁打を記録するなどの活躍で優勝の立役者となる[10]。夏の県大会では2回戦敗退[11]。その後に行われた第29回U-18 W杯の代表メンバーに選出される[12]。U-18 W杯では、全8試合で4番に座り、主軸として24打数8安打1本塁打9打点、打率.333の成績を残す[13]

2019年10月17日に開催された2019年度新人選手選択会議では、オリックス・バファローズ中日ドラゴンズ福岡ソフトバンクホークスの3球団が1位指名し、抽選により中日が交渉権を獲得した[13]。2019年11月1日に契約金1億円+出来高5,000万円・年俸1,500万円で仮契約を結んだ[14]。背番号は2[15]

中日時代

2020年春季キャンプ二軍読谷キャンプ)スタートとなった[16]。2月1日のフリー打撃で15本の柵越え打を放ち鮮烈なアピールとなった[17]。しかし、17日には左肩の違和感を訴え、同日に宜野湾市立野球場で行われた二軍の練習試合(対横浜DeNAベイスターズ戦)を欠場し、沖縄県内の病院で左肩腱板炎と診断された[18]。5月の自主練習期間で打撃フォームをオープンスタンスに改造したことが報じられた[19]。7月12日に初の一軍昇格を果たす[20]と同日の広島東洋カープ戦(ナゴヤドーム)に、7番・三塁手としてスタメンで初出場し、2回裏に遠藤淳志からプロ初打席初安打となる二塁打を放った[21]

人物・選手としての特徴

打者としては高校通算55本塁打の長打力が武器で[2]、走塁速度は50メートル6秒3[22]。守備では遠投115メートル[23]で、大柄ながらも俊敏でスローイング精度も高い三塁守備が評価されている[6]。また、投手としても最高球速144 km/hを記録する強肩を持つ[6]

父の尋貴も同じく東邦高校硬式野球部出身で、第61回選抜高等学校野球大会で優勝した際も、部員(控え捕手)であったが[注 1][26]ベンチ入りは果していない[27]。 2019年11月1日に入団の仮契約をした際には、1年目の目標は新人王、将来の目標は三冠王と語った[28]

詳細情報

記録

初記録

背番号

  • 2 (2020年 - )

登場曲

代表歴

脚注

注釈

  1. ^ 父・尋貴の同期には山田喜久夫(元中日)がおり[24]、山田の息子(昂弥と同期)は第91回選抜高等学校野球大会で応援団長を務めた[25]

出典

  1. ^ 選手名鑑 石川 昂弥(内野手)” (日本語). 中日ドラゴンズ オフィシャルウェブサイト. 中日ドラゴンズ. 2020年4月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月9日閲覧。
  2. ^ a b 1位入札もある!高校通算55発の東邦高・石川昂弥「外れでもいい。1位でプロに行きたい」」『中日スポーツ中日新聞社、2019年10月11日。2020年4月9日閲覧。オリジナルの2020年4月9日時点におけるアーカイブ。
  3. ^ レフトゴロ"に準完全試合…小6石川昂弥少年の衝撃プレー 1位指名は2年連続中日Jr.育ち」『中日スポーツ』中日新聞社、2019年10月17日。2020年4月9日閲覧。オリジナルの2020年4月9日時点におけるアーカイブ。
  4. ^ 東邦・石川 1位3球団競合で中日が交渉権獲得!根尾との「中軸コンビ」期待」『スポーツニッポン』スポーツニッポン新聞社、2019年10月17日。2020年4月9日閲覧。オリジナルの2020年4月9日時点におけるアーカイブ。
  5. ^ JUNIOR ALL JAPAN 2016” (日本語). NOMOベースボールクラブ. 2020年4月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月9日閲覧。
  6. ^ a b c d 週刊ベースボール. “石川昂弥(東邦高)” (日本語). 週刊ベースボールONLINE. ベースボール・マガジン社. 2020年4月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月9日閲覧。
  7. ^ バーチャル高校野球:花巻東―東邦(2回戦) - 試合結果 - 第90回選抜高校野球大会」『朝日新聞デジタル朝日新聞社、2018年3月26日。2020年4月9日閲覧。オリジナルの2020年4月9日時点におけるアーカイブ。
  8. ^ 楊順行「ドラフト候補カタログ【12】石川昂弥(東邦高)」『Yahoo!ニュースYahoo、2019年10月8日。2020年4月9日閲覧。オリジナルの2020年4月9日時点におけるアーカイブ。
  9. ^ バーチャル高校野球:東邦―津田学園(決勝) - 試合結果 - 秋季東海大会(2018年)」『朝日新聞デジタル朝日新聞社、2018年10月28日。2020年4月9日閲覧。オリジナルの2020年4月9日時点におけるアーカイブ。
  10. ^ 阪神井上が豪快弾「勉強になる」石川昂へ先制パンチ」『日刊スポーツ』日刊スポーツ新聞社、2020年3月20日。2020年4月9日閲覧。オリジナルの2020年4月9日時点におけるアーカイブ。
  11. ^ 週刊ベースボール (2019年7月17日). “夏敗退もセンバツV腕・石川昂弥の“高校野球”は終わらない” (日本語). ベースボール・マガジン社. 2020年4月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月9日閲覧。
  12. ^ 石川 昂弥|侍ジャパン選手プロフィール” (日本語). 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト. 野球日本代表. 2020年4月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月9日閲覧。
  13. ^ a b 東邦・石川は中日1位交渉権「地元球団でうれしく」」『日刊スポーツ』日刊スポーツ新聞社、2019年10月17日。2020年4月9日閲覧。オリジナルの2020年4月9日時点におけるアーカイブ。
  14. ^ 伊東大介「中日ドラ1石川昂弥が仮契約、根尾ら並ぶ最高条件」『日刊スポーツ』日刊スポーツ新聞社、2019年11月1日。2020年4月9日閲覧。オリジナルの2020年4月9日時点におけるアーカイブ。
  15. ^ 復活目指す中日・浜田達郎は背番号「69」に ルーキーの新背番号と変更を発表」『中日スポーツ』中日新聞社、2019年12月16日。2020年4月9日閲覧。オリジナルの2020年4月9日時点におけるアーカイブ。
  16. ^ 中日1位石川昂弥2軍スタート、2年目根尾は1軍…春季キャンプ振り分け発表」『中日スポーツ』中日新聞社、2020年1月19日。2020年4月9日閲覧。オリジナルの2020年4月9日時点におけるアーカイブ。
  17. ^ 中日1位石川昂弥いきなり15発7日実戦デビューへ 日刊スポーツ 2020年2月1日
  18. ^ 中日石川昂弥 左肩腱板炎の診断 練習試合欠場 日刊スポーツ 2020年2月17日
  19. ^ 中日1位石川昂弥「懐深く」オープンスタンスに変更 日刊スポーツ 2020年5月14日
  20. ^ 中日1位・石川昂が1軍合流、即登録へ 今季の高卒新人最速デビューなるか 中日スポーツ 2020年7月12日
  21. ^ 中日ルーキー石川昂1軍初打席は左翼線へ二塁打!! 中日スポーツ 2020年7月12日
  22. ^ 麻生和男「東邦・石川、聖地初弾で8強! 大会最強スラッガー飛距離の秘訣」『中日スポーツ』中日新聞社、2019年3月31日、紙面から。2020年4月9日閲覧。オリジナルの2020年4月9日時点におけるアーカイブ。 東京中日スポーツ 2019年3月31日
  23. ^ 桜井克也「東邦 石川 163球完投「ビックリ 9回投げたことがほとんどないので」」『スポーツニッポン』スポーツニッポン新聞社、2019年3月27日。2020年4月9日閲覧。オリジナルの2020年4月9日時点におけるアーカイブ。
  24. ^ 末松茂永「打撃で導くセンバツ最多V5 東邦のプロ注目二刀流、石川」『中日スポーツ』中日新聞社、2019年1月26日、紙面から。2020年4月9日閲覧。オリジナルの2020年4月9日時点におけるアーカイブ。
  25. ^ 佐々木洋輔、上山浩也「東邦、運命の父子2組 マウンドと応援席入れ替わり頂点」『朝日新聞デジタル』朝日新聞社、2019年4月3日。2020年4月9日閲覧。オリジナルの2020年4月9日時点におけるアーカイブ。
  26. ^ 桜井克也「東邦・石川、父・尋貴さんが前夜LINEで“予知”メッセージ 「優勝おめでとう」」『スポーツニッポン』スポーツニッポン新聞社、2019年4月4日。2020年4月9日閲覧。オリジナルの2020年4月9日時点におけるアーカイブ。
  27. ^ 高井瞳「主将の石川に前回優勝をスタンドから見た父の教え「控えのサポートあってこそ」」『毎日新聞毎日新聞社、2019年4月3日。2020年4月9日閲覧。オリジナルの2020年4月9日時点におけるアーカイブ。
  28. ^ ドラフト1位の石川昂弥と入団交渉」『中日新聞』中日新聞社、2019年11月2日、紙面から。2020-06-015閲覧。オリジナルの2019年11月2日時点におけるアーカイブ。

関連項目

外部リンク