石川昂弥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼中日ドラゴンズ時代の画像提供をお願いします。2022年4月
石川 昂弥
中日ドラゴンズ #2
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県半田市
生年月日 (2001-06-22) 2001年6月22日(21歳)
身長
体重
186 cm
104 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手
プロ入り 2019年 ドラフト1位
初出場 2020年7月12日
年俸 1500万円(2023年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

石川 昂弥(いしかわ たかや、2001年6月22日 - )は、愛知県半田市出身のプロ野球選手内野手)。右投右打。中日ドラゴンズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

半田市立有脇小学校半田市立亀崎中学校出身で[2]、小学2年生の時に「ツースリー大府」で野球を始め[3]、小学6年生の時には中日ドラゴンズJr.に選抜された[4]。また、亀崎中時代は「知多ボーイズ」に所属し、3年生の時には「NOMOジャパン」(総監督:野茂英雄)に選出されロサンゼルスへ遠征した[5][6]

愛知県名古屋市私立東邦高校へ入学。1年生春からベンチ入りし[7]、2年生春の第90回記念選抜高等学校野球大会で、4番・三塁手としてスタメン出場したが、1回戦(花巻東高校戦)で敗退した[8]。2年生夏に行われた県の地区大会では6試合で打率.737を記録[9]。同年秋から主将を務め、エース兼3番打者として秋季東海大会優勝[7][10]

3年生春の第91回選抜高等学校野球大会で、エースとして全5試合に先発登板しいずれも勝利投手となり、打者としても3本塁打を記録し、同校の甲子園史上最多となる春5回目の優勝に貢献した[11]。夏の県大会では2回戦敗退[12]。その後に行われた第29回U-18 W杯の代表メンバーに選出される[13]。U-18 W杯では、全8試合で4番打者を務め、主軸として24打数8安打1本塁打9打点、打率.333の成績を残す[14]

2019年10月17日に開催された2019年度新人選手選択会議で、オリックス・バファローズ中日ドラゴンズ福岡ソフトバンクホークスの3球団が1位指名し、中日が交渉権を獲得した[14]。11月1日に契約金1億円、出来高5000万円・年俸1500万円で仮契約[15]。背番号は2[16]

中日時代[編集]

2020年春季キャンプ二軍読谷)スタートとなった[17]。2月17日には左肩の違和感を訴え、左肩腱板炎と病院で診断された[18]。5月の自主練習期間で打撃フォームをオープンスタンスに改造したことが報じられた[19]。前日の試合で負傷した[20]高橋周平に代わり、7月12日に初の一軍昇格[21]。同日の広島東洋カープ戦(ナゴヤドーム)に、7番・三塁手としてスタメンで初出場し、2回裏に遠藤淳志からプロ初打席初安打となる二塁打を打った[22]。7月22日の読売ジャイアンツ戦(ナゴヤドーム)では8回裏に澤村拓一から左越適時安打を放ち、プロ初打点を記録した[23]。しかし、7月28日の広島戦(MAZDA_Zoom-Zoom スタジアム広島)で高橋がスタメンに復帰[24]してからは代打での出場[25][26][27]となり、その後7月31日に登録抹消となった[28]。オフに推定年俸1275万円(225万円減)で契約更改[29]

2021年、6月25日のウエスタン・リーグ阪神タイガース戦(阪神鳴尾浜球場)で桑原謙太朗から死球を受けて途中交代となり、左尺骨骨折と診断された[30]。6月30日に左尺骨の骨接手術を受け、全治3か月以上かかる見込みとなった[31]。10月23日のフェニックス・リーグで実戦復帰したものの[32]、同年は一軍出場なし[33]。11月14日に、175万円減となる推定年俸1100万円で契約を更改した[33]

2022年は開幕一軍入り。4月5日の東京ヤクルトスワローズ戦(明治神宮野球場)でプロ初本塁打を記録した[34][35]。4月終了時点で打率.222であった[36][37]が、阿部寿樹と並んでチームトップタイの16打点を記録した[38]。その後、5月9日に新型コロナウイルスに感染したことが判明し[39]登録抹消されたが、5月24日に一軍復帰[40]。ところが、5月27日のオリックス・バファローズ戦(京セラドーム大阪)で、4回の打席で三ゴロに倒れた際に一塁への走塁で左膝を負傷し[41][42]、5月29日に登録抹消された[42]。5月31日に左膝前十字靱帯不全損傷と診断されたことが発表された[43]。7月1日に岐阜県内の病院で再建手術を受けた[44]。同年は37試合の出場で打率.225、5本塁打、19打点の成績であった[45]。オフの11月10日に、400万円増となる推定年俸1500万円で契約を更改した[46]

選手としての特徴[編集]

打者としては高校通算55本塁打の長打力が武器で[3]、走塁速度は50メートル6秒3[47]

守備では遠投115メートル[48]で、大柄ながらも俊敏でスローイング精度も高い三塁守備が評価されている[7]。また、投手としても最高球速144km/hを記録する強肩を持つ[7]

人物[編集]

家族[編集]

父も同じく東邦高校硬式野球部出身で、第61回選抜高等学校野球大会で優勝した際も、部員(控え捕手)であったが[注 1][51]ベンチ入りできなかった[52]

弟も東邦高校硬式野球部で主将を務め、かつ4番を打っている[53][54]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2020 中日 14 41 36 3 8 2 0 0 10 1 0 0 1 0 3 0 1 12 1 .222 .300 .278 .578
2022 37 141 129 11 29 7 1 5 53 19 0 0 1 3 7 1 1 29 0 .225 .264 .411 .675
通算:2年 51 182 165 14 37 9 1 5 63 20 0 0 2 3 10 1 2 41 1 .224 .272 .385 .654
  • 2022年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



三塁












2020 中日 11 7 15 1 2 .957
2022 37 21 68 2 4 .978
通算 48 28 83 3 6 .974
  • 2022年度シーズン終了時

記録[編集]

初記録

背番号[編集]

  • 2(2020年 - )

登場曲[編集]

代表歴[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 父・尋貴の同期には山田喜久夫(元中日)がおり[49]、山田の息子(昂弥と同期)は第91回選抜高等学校野球大会で応援団長を務めた[50]

出典[編集]

  1. ^ 中日 - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2022年11月11日閲覧。
  2. ^ 選手名鑑 石川 昂弥(内野手)” (日本語). 中日ドラゴンズ オフィシャルウェブサイト. 中日ドラゴンズ. 2020年4月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月9日閲覧。
  3. ^ a b 1位入札もある!高校通算55発の東邦高・石川昂弥「外れでもいい。1位でプロに行きたい」」『中日スポーツ』中日新聞社、2019年10月11日。2020年4月9日閲覧。オリジナルの2020年4月9日時点におけるアーカイブ。
  4. ^ レフトゴロ"に準完全試合…小6石川昂弥少年の衝撃プレー 1位指名は2年連続中日Jr.育ち」『中日スポーツ』中日新聞社、2019年10月17日。2020年4月9日閲覧。オリジナルの2020年4月9日時点におけるアーカイブ。
  5. ^ 東邦・石川 1位3球団競合で中日が交渉権獲得!根尾との「中軸コンビ」期待」『スポーツニッポン』スポーツニッポン新聞社、2019年10月17日。2020年4月9日閲覧。オリジナルの2020年4月9日時点におけるアーカイブ。
  6. ^ JUNIOR ALL JAPAN 2016” (日本語). NOMOベースボールクラブ. 2020年4月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月9日閲覧。
  7. ^ a b c d 週刊ベースボール. “石川昂弥(東邦高)” (日本語). 週刊ベースボールONLINE. ベースボール・マガジン社. 2020年4月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月9日閲覧。
  8. ^ バーチャル高校野球:花巻東―東邦(2回戦) - 試合結果 - 第90回選抜高校野球大会」『朝日新聞デジタル』朝日新聞社、2018年3月26日。2020年4月9日閲覧。オリジナルの2020年4月9日時点におけるアーカイブ。
  9. ^ 楊順行「ドラフト候補カタログ【12】石川昂弥(東邦高)」『Yahoo!ニュース』Yahoo、2019年10月8日。2020年4月9日閲覧。オリジナルの2020年4月9日時点におけるアーカイブ。
  10. ^ バーチャル高校野球:東邦―津田学園(決勝) - 試合結果 - 秋季東海大会(2018年)」『朝日新聞デジタル』朝日新聞社、2018年10月28日。2020年4月9日閲覧。オリジナルの2020年4月9日時点におけるアーカイブ。
  11. ^ 阪神井上が豪快弾「勉強になる」石川昂へ先制パンチ」『日刊スポーツ』日刊スポーツ新聞社、2020年3月20日。2020年4月9日閲覧。オリジナルの2020年4月9日時点におけるアーカイブ。
  12. ^ 週刊ベースボール (2019年7月17日). “夏敗退もセンバツV腕・石川昂弥の“高校野球”は終わらない” (日本語). ベースボール・マガジン社. 2020年4月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月9日閲覧。
  13. ^ 石川 昂弥|侍ジャパン選手プロフィール” (日本語). 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト. 野球日本代表. 2020年4月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月9日閲覧。
  14. ^ a b 東邦・石川は中日1位交渉権「地元球団でうれしく」」『日刊スポーツ』日刊スポーツ新聞社、2019年10月17日。2020年4月9日閲覧。オリジナルの2020年4月9日時点におけるアーカイブ。
  15. ^ 伊東大介「中日ドラ1石川昂弥が仮契約、根尾ら並ぶ最高条件」『日刊スポーツ』日刊スポーツ新聞社、2019年11月1日。2020年4月9日閲覧。オリジナルの2020年4月9日時点におけるアーカイブ。
  16. ^ 復活目指す中日・浜田達郎は背番号「69」に ルーキーの新背番号と変更を発表」『中日スポーツ』中日新聞社、2019年12月16日。2020年4月9日閲覧。オリジナルの2020年4月9日時点におけるアーカイブ。
  17. ^ 中日1位石川昂弥2軍スタート、2年目根尾は1軍…春季キャンプ振り分け発表」『中日スポーツ』中日新聞社、2020年1月19日。2020年4月9日閲覧。オリジナルの2020年4月9日時点におけるアーカイブ。
  18. ^ 中日石川昂弥 左肩腱板炎の診断 練習試合欠場”. 日刊スポーツ (2020年2月17日). 2021年6月30日閲覧。
  19. ^ 中日1位石川昂弥「懐深く」オープンスタンスに変更”. 日刊スポーツ (2020年5月14日). 2021年6月30日閲覧。
  20. ^ 左脚負傷の中日・高橋が登録抹消へ…左太もも裏を損傷、復帰まで3週間から1カ月程度の見込み”. 中日スポーツ・東京中日スポーツ (chunichi.co.jp). 中日新聞社 (2020年7月11日). 2022年11月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年11月12日閲覧。
  21. ^ 中日1位・石川昂が1軍合流、即登録へ 今季の高卒新人最速デビューなるか”. 中日スポーツ (2020年7月12日). 2021年6月30日閲覧。
  22. ^ 中日ルーキー石川昂1軍初打席は左翼線へ二塁打!!”. 中日スポーツ (2020年7月12日). 2021年6月30日閲覧。
  23. ^ a b 中日石川昂弥プロ初打点「うれしかった」初四死球も”. 日刊スポーツ (nikkansports.com). 日刊スポーツ新聞社 (2020年7月22日). 2022年11月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年11月12日閲覧。
  24. ^ 【中日スタメン】中日上昇気流へ!キャプテン高橋周平が5番サードで17日ぶりスタメン復帰”. 中日スポーツ・東京中日スポーツ (chunichi.co.jp). 中日新聞社 (2020年7月28日). 2022年11月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年11月12日閲覧。
  25. ^ 2020年7月28日 【公式戦】 試合結果 (広島東洋vs中日)”. NPB.jp 日本野球機構. 2022年11月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年11月12日閲覧。
  26. ^ 2020年7月29日 【公式戦】 試合結果 (広島東洋vs中日)”. NPB.jp 日本野球機構. 2022年11月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年11月12日閲覧。
  27. ^ 2020年7月30日 【公式戦】 試合結果 (広島東洋vs中日)”. NPB.jp 日本野球機構. 2022年11月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年11月12日閲覧。
  28. ^ 2軍落ち…中日・石川昂弥が1軍で“猫背”になってしまった理由 「ボールを見よう見ようとすることで…」”. 中日スポーツ・東京中日スポーツ (chunichi.co.jp). 中日新聞社 (2020年7月31日). 2022年11月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年11月12日閲覧。
  29. ^ 中日・石川昂弥 1年目でもシビア更改…加藤代表「最低でもずっと1軍いないと」15%ダウン「しょうがない」”. 中日スポーツ・東京中日スポーツ (chunichi.co.jp). 中日新聞社 (2020年11月29日). 2022年11月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年11月12日閲覧。
  30. ^ 中日石川昂弥が左尺骨骨折 阪神桑原から死球受け交代”. 日刊スポーツ (2021年6月25日). 2021年11月14日閲覧。
  31. ^ 中日石川昂弥、骨折した左手手術無事終了 復帰には3カ月以上の見込み”. 日刊スポーツ. 2021年11月14日閲覧。
  32. ^ 【中日】復帰後初安打の石川昂弥、フル出場で全快アピール「ちょっと疲れました…でも楽しかった」”. 中日スポーツ・東京中日スポーツ (2021年10月24日). 2021年11月14日閲覧。
  33. ^ a b 【中日】将来の4番候補・石川昂弥は175万減の1100万で更改「悔しいの一言」今季は1軍出場なし”. スポーツ報知 (2021年11月14日). 2021年11月14日閲覧。
  34. ^ a b 【中日】石川昂弥、決勝プロ1号に「使い続けてくれた立浪監督に感謝したい」” (日本語). スポーツ報知 (2022年4月5日). 2022年4月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月7日閲覧。
  35. ^ 清原さん、打ちました!中日・石川昂 ヤクルト戦で待望のプロ初本塁打「打ててうれしいです」”. スポニチ (2022年4月5日). 2022年8月2日閲覧。
  36. ^ 『中日新聞』2022年5月1日朝刊スポーツ面19頁
  37. ^ 2022年度 セントラル・リーグ 個人打撃成績(規定打席以上)”. NPB.jp 日本野球機構. 2022年5月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年11月12日閲覧。
  38. ^ 『中日新聞』2022年5月1日朝刊スポーツ面19頁「初の3番 石川昂が犠飛」(中日新聞社)
  39. ^ 中日激震…石川昂弥が新型コロナ陽性 木下拓哉に続き…主力2人が同時離脱” (日本語). 中日新聞社 (2022年5月9日). 2022年5月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年5月31日閲覧。
  40. ^ 【中日】石川昂弥と鵜飼航丞が出場選手登録 対戦する西武は森友哉など3選手が登録” (日本語). 中日新聞社 (2022年5月24日). 2022年5月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年5月31日閲覧。
  41. ^ 中日・石川昂「左膝前十字靱帯不全損傷」今後は治療に専念” (日本語). スポニチ Sponichi Annex. 株式会社スポーツニッポン新聞社 (2022年5月31日). 2022年5月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年5月31日閲覧。
  42. ^ a b 【中日】石川昂弥を登録抹消 代わって福田永将が今季初昇格” (日本語). 中日新聞社 (2022年5月29日). 2022年5月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年5月31日閲覧。
  43. ^ 中日・石川昂弥は『左膝前十字靱帯不全損傷』長期離脱へ 「打てなくても使ってもらっていたのに…悔しい」” (日本語). 中日新聞社 (2022年5月31日). 2022年5月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年5月31日閲覧。
  44. ^ 【中日】石川昂、左膝手術決断 保存療法選ばず、復帰まで長い道のりかかっても万全の状態期す”. 中日スポーツ (2022年6月28日). 2022年10月15日閲覧。
  45. ^ 再起目指す中日・石川昂「3月下旬ぐらいに試合に」 ドラフトで内野手4人指名、来季は激しい定位置争い”. スポニチ Sponichi Annex 野球. 株式会社スポーツニッポン新聞社 (2022年11月11日). 2022年11月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年11月12日閲覧。
  46. ^ 【中日】石川昂弥は400万円増でサイン「ドラゴンズを引っ張っていける打者に」 3月復帰めざしリハビリ中” (日本語). スポーツ報知. 報知新聞社 (2022年11月10日). 2022年11月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年11月12日閲覧。
  47. ^ 麻生和男「東邦・石川、聖地初弾で8強! 大会最強スラッガー飛距離の秘訣」『中日スポーツ』中日新聞社、2019年3月31日、紙面から。2020年4月9日閲覧。オリジナルの2019年3月31日時点におけるアーカイブ。
  48. ^ 桜井克也「東邦 石川 163球完投「ビックリ 9回投げたことがほとんどないので」」『スポーツニッポン』スポーツニッポン新聞社、2019年3月27日。2020年4月9日閲覧。オリジナルの2019年3月26日時点におけるアーカイブ。
  49. ^ 末松茂永「打撃で導くセンバツ最多V5 東邦のプロ注目二刀流、石川」『中日スポーツ』中日新聞社、2019年1月26日、紙面から。2020年4月9日閲覧。オリジナルの2020年4月9日時点におけるアーカイブ。
  50. ^ 佐々木洋輔、上山浩也「東邦、運命の父子2組 マウンドと応援席入れ替わり頂点」『朝日新聞デジタル』朝日新聞社、2019年4月3日。2020年4月9日閲覧。オリジナルの2020年4月9日時点におけるアーカイブ。
  51. ^ 桜井克也「東邦・石川、父・尋貴さんが前夜LINEで“予知”メッセージ 「優勝おめでとう」」『スポーツニッポン』スポーツニッポン新聞社、2019年4月4日。2020年4月9日閲覧。オリジナルの2020年4月9日時点におけるアーカイブ。
  52. ^ 高井瞳「主将の石川に前回優勝をスタンドから見た父の教え「控えのサポートあってこそ」」『毎日新聞』毎日新聞社、2019年4月3日。2020年4月9日閲覧。オリジナルの2020年4月9日時点におけるアーカイブ。
  53. ^ 中日・石川昂弥の弟・瑛貴が東邦の新主将「キャプテンシーがある」山田監督も期待【秋季高校野球・愛知県大会】”. 中日スポーツ・東京中日スポーツ (chunichi.co.jp). 中日新聞社 (2022年9月6日). 2022年11月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年11月12日閲覧。
  54. ^ 東邦が4年ぶり優勝 中日・石川昂弥の弟・瑛貴が5打席とも出塁で強力打線をけん引【高校野球東海大会】”. 中日スポーツ・東京中日スポーツ (chunichi.co.jp). 中日新聞社 (2022年10月30日). 2022年11月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年11月12日閲覧。
  55. ^ 2020年7月22日 【公式戦】 試合結果 (中日vs読売)”. NPB.jp 日本野球機構. 2022年11月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年11月12日閲覧。
  56. ^ 2022年4月5日 【公式戦】 試合結果 (東京ヤクルトvs中日)”. NPB.jp 日本野球機構. 2022年11月12日閲覧。
  57. ^ 選手登場曲”. 中日ドラゴンズオフィシャルウェブサイト. 中日ドラゴンズ. 2020年11月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年11月12日閲覧。
  58. ^ 選手登場曲”. 中日ドラゴンズオフィシャルウェブサイト. 中日ドラゴンズ. 2021年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年11月12日閲覧。
  59. ^ 選手登場曲”. 中日ドラゴンズオフィシャルウェブサイト. 中日ドラゴンズ. 2022年11月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年11月12日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]