松田亘哲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
松田 亘哲
中日ドラゴンズ #207
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県岩倉市
生年月日 (1997-05-16) 1997年5月16日(25歳)
身長
体重
176 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2019年 育成選手ドラフト1位
年俸 300万円(2022年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

松田 亘哲(まつだ ひろあき、1997年5月16日 - )は、愛知県岩倉市出身のプロ野球選手投手育成選手)。左投左打。中日ドラゴンズ所属。

経歴[編集]

2歳上の兄が地元のスポーツ少年団に入る際に自身も小学1年生から野球を始めた。当時からポジションは投手。進学した岩倉中学校では当時野球部がなかったため、兄の後を追って軟式野球クラブチーム「小牧JHBC」に入ってプレーを続けた[2][3]。2年生のときには愛知県大会の決勝まで進んだが、3年生のときは初戦で敗退[4]。当時、松田の身長は150cm前後で、チームでほかに背が高い投手が他に2人いたため、投手としては3番手で、主に外野手として試合に出場していた[3]

前述の身長差で野球に対する意欲をなくし、更に硬式で力強い球を投げる自信もなかったため[3]愛知県立江南高等学校では野球を一度諦め、中学時代のチームメイトと連れ立ってバレーボール部に所属。当時の身長は160cm程度で、レシーブが好きだったため、ポジションはリベロであった[4]

しかしながら、高校在学中に身長が175cmまで伸び、大学入学後に再び野球を再開しようと志す。

2016年名古屋大学経済学部に現役合格し、野球を再開する。硬式野球のキャリアは大学から始まった。入学時は最速120km/hだった球速は、1年生秋には140km/hを計測するまでに成長[2]。2年生秋から先発を任されるようになった[4]。4年生のときは最速148km/hまで球速が増し[4]、秋のリーグ戦では4試合に投げ、30回2/3を43奪三振、防御率0.29の成績を残す[5]

2019年ドラフト会議中日ドラゴンズより育成ドラフト1位で指名された[6]。また、名古屋大学からドラフト指名された初の選手である[6]。2019年11月11日に支度金200万円、年俸300万円で仮契約を結んだ[7]。背番号は207[8]

中日時代[編集]

2020年は5月頃から左肩に違和感を覚え始め、そのままの状態で練習メニューやシート打撃での登板をこなしていったところ、次第に違和感が痛みに変化。7月に病院に行き、左肩関節唇及び関節包の軽度の損傷と診断され、リハビリ組で調整することとなった[9]。この左肩痛の影響もあって、実戦登板の機会は無かった[10]

リハビリに励み、2021年の春季キャンプ時点でブルペンでの投球練習を行えるようになるまで回復した[11]。2月24日、キャンプ中の北海道日本ハムファイターズとの二軍練習試合で、プロ入り後初めての実戦登板を経験した[12][13]。キャンプ期間中の対外試合、教育リーグでは自責点0の登板を続け[14]、開幕後の3月26日の対阪神タイガース戦でウエスタン・リーグ公式戦デビュー。中継ぎとして1イニングを投げ、無失点だった[15]。シーズン後半は球速をあげようとして調子を崩してしまったが[16]、最終的に二軍で16試合に登板して16イニングを投げ、0勝2敗、防御率3.38の成績を残した[17]。10月からはみやざきフェニックス・リーグに参加した[18]

2022年の春季キャンプでは初めて一軍キャンプに合流[19][20]。キャンプ中の練習試合で、一軍メンバーとして初めての対外試合も経験した[21]。開幕後は二軍で中継ぎとして起用されていたが、6月12日の対オリックス・バファローズ戦で初めて先発登板し、5回3失点の投球を見せた[22]

選手としての特徴[編集]

最速148km/hのストレートカットボールスライダーカーブチェンジアップツーシームといった多彩な変化球を投げる[5]

2021年の中日二軍監督だった仁村徹は、間合いや制球といった松田のマウンドさばきを評価する。プロ入り後は中継ぎでの起用が主だが、先発での起用も目されている[14]。二軍投手コーチの浅尾拓也は、理解と習得が早いと評する[23]

人物[編集]

大学時代のトレードマークはJINSの黒縁メガネで、これは童顔を隠すためのもの[2]。黒縁にこだわっていたが、中日からのドラフト指名を機に青縁メガネを新調し[7]、プロ2年目まではメガネをかけてプレーしていたが、2022年シーズンよりコンタクトレンズ着用に変えている[20]

目標とする選手は山本昌[7]

大学時代は塾講師のアルバイトをしていた[2]

詳細情報[編集]

背番号[編集]

  • 207(2020年 - )

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 中日 - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2021年11月11日閲覧。
  2. ^ a b c d “中日育成1位松田はナメられないように黒縁メガネ”. 日刊スポーツ. (2019年10月17日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201910170001209.html 2020年3月18日閲覧。 
  3. ^ a b c “松田亘哲投手に聞く ドラフトで中日育成1位”. 中日新聞. (2019年11月3日). https://www.chunichi.co.jp/article/feature/koukousei/list/CK2019110302000006.html 2020年3月18日閲覧。 
  4. ^ a b c d 大学野球 - 左で最速148kmの名大・松田亘哲、高校はバレー部だった男がプロを目指す” (日本語). 4years (2019年7月11日). 2019年12月28日閲覧。
  5. ^ a b 【ドラフト】中日育成1位 松田亘哲(名古屋大) 異色の経歴を持つ最速148キロ左腕/プロ野球ドラフト会議”. 週刊ベースボールONLINE (2019年10月17日). 2020年1月2日閲覧。
  6. ^ a b 高校時代バレー部の男が…なぜ名古屋大初のプロ野球選手になれたのか 中日育成1位・松田亘哲の4年間 (中日スポーツ)”. LINE NEWS (2019年11月5日). 2019年12月28日閲覧。
  7. ^ a b c 中日育成1位・松田、黒縁メガネを“竜仕様”に「プロでもこだわりたい」”. スポニチアネックス (2019年11月12日). 2020年1月2日閲覧。
  8. ^ 復活目指す中日・浜田達郎は背番号「69」に ルーキーの新背番号と変更を発表”. 中日スポーツ (2019年12月16日). 2020年1月2日閲覧。
  9. ^ 若狭敬一 (2020年11月24日). “「学」から「進」へ。名古屋大学初のプロ野球選手・松田亘哲の1年”. キタン新聞. 一般社団法人キタン会. 2020年12月1日閲覧。
  10. ^ “名古屋大初のプロ野球選手 中日松田 1年目「何もできなかった…」現状維持の300万円でサイン”. 中日スポーツ. (2020年11月29日). https://www.chunichi.co.jp/amp/article/162276 2020年12月1日閲覧。 
  11. ^ “<若竜 沖縄便り> 初の実戦へ準備万端 育成2年目、松田亘哲投手”. 中日スポーツ. (2021年2月22日). https://www.chunichi.co.jp/article/206137 2021年3月21日閲覧。 
  12. ^ “名大初のプロ野球選手、中日松田がプロ初実戦0封”. 日刊スポーツ. (2021年2月24日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202102240000475.html 2021年3月21日閲覧。 
  13. ^ 長尾隆広 (2021年2月25日). “【中日】黒眼鏡の松田亘哲が“0封デビュー” 育成2年目左腕”. スポーツ報知. https://hochi.news/articles/20210224-OHT1T50360.html 2021年3月21日閲覧。 
  14. ^ a b “名大初のプロ野球選手、中日松田がプロ初実戦0封”. 中日スポーツ. (2021年4月13日). https://www.chunichi.co.jp/article/235774 2021年9月10日閲覧。 
  15. ^ 上山浩也 (2021年5月11日). “中日育成選手・松田が進化中 名大出身、高校バレー部員”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASP5B3TZ1P59OIPE00B.html 2021年9月10日閲覧。 
  16. ^ “【中日】育成の松田亘哲&松木平優太は現状維持の300万円で更改 ともに支配下契約めざし気合”. スポーツ報知. (2021年11月10日). https://hochi.news/articles/20211110-OHT1T51153.html?page=1 2021年11月11日閲覧。 
  17. ^ 2021年度 中日ドラゴンズ 個人投手成績(ウエスタン・リーグ)”. NPB.jp 日本野球機構. 2021年10月27日閲覧。
  18. ^ “【中日】「みやざきフェニックス・リーグ」に根尾、土田ら23人が参加 石川昂は途中から参加予定”. 中日スポーツ. (2021年10月9日). https://www.chunichi.co.jp/article/344917 2021年10月27日閲覧。 
  19. ^ “名古屋大学出身、育成3年目左腕・松田亘哲が1軍に抜てき、テスト『追試』クリアのマルクも【中日】”. 中日スポーツ. (2022年2月9日). https://www.chunichi.co.jp/article/415364 2022年6月15日閲覧。 
  20. ^ a b “【中日】名古屋大出身の育成・松田亘哲が1軍昇格 黒縁ガリ勉メガネからコンタクトで「自分を変えたい」”. 中日スポーツ. (2022年2月10日). https://hochi.news/articles/20220209-OHT1T51239.html?page=1 2022年6月15日閲覧。 
  21. ^ “【中日】育成・松田亘哲、1軍舞台で初登板! 1イニング無失点で落合ヘッドとグータッチ”. 中日スポーツ. (2022年2月19日). https://www.chunichi.co.jp/article/421411 2022年6月15日閲覧。 
  22. ^ “【中日2軍】育成・松田亘哲が今季初先発で5イニング3失点「ゾーンで勝負できたのが良かった」”. 中日スポーツ. (2022年6月12日). https://www.chunichi.co.jp/article/488317 2022年6月15日閲覧。 
  23. ^ 若狭敬一 (2021年6月9日). “高橋宏、森、田島…ドラゴンズの二軍投手24人の“今”を浅尾コーチに聞いてみた”. 文春オンライン. https://bunshun.jp/articles/-/45311 2021年9月10日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]