みやざきフェニックス・リーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本プロ野球 > 日本野球機構 > 日本プロフェッショナル野球組織 > みやざきフェニックス・リーグ
みやざきフェニックス・リーグ
競技 日本プロ野球
開始年 2004年
参加チーム 16
日本の旗 日本
前回優勝 阪神タイガース(2回目)
最多優勝 オリックス・バファローズ(4回)

みやざきフェニックス・リーグは、毎年10月に宮崎県で開催される日本プロ野球教育リーグのひとつ。

概要[編集]

年2回開催される教育リーグのうち10月のファーム日本選手権終了直後から2 - 3週間にわたって開催されるいわゆる「秋季リーグ」で、過ぎたシーズンを反省して、チーム及び個人の課題を明らかにし、翌シーズンに向けてその克服を目指すのと併せて、公式戦で出番が少なかった若手選手を積極的に起用し、試合を通じて若い選手を育てることを大きな目的としている(リーグパンフレットより)。そのため、各球団は概ね二軍監督コーチ陣が指揮を執り、帯同するのはおもに若手選手のみだが、パシフィック・リーグ2004年セントラル・リーグでは2007年からプレーオフクライマックスシリーズが導入されポストシーズンの試合が増えたことから、一軍がクライマックスシリーズに進出したチームは、リーグ前半は調整のため一軍の監督・コーチが指揮を執り、主力クラスの選手を出場させるチームも多い[1]。また、2012年に日本代表(侍ジャパン)が常設されて以降、シーズン終了後に開催される国際大会に出場する日本代表選手が調整のためフェニックスリーグに参加することも増えており、2017年には自身の監督初采配となる「2017 アジア プロ野球チャンピオンシップ」を控えた侍ジャパン監督の稲葉篤紀が監督としての経験を積むため、10月25日、26日に現役時代に所属していた日本ハムの試合で指揮を執った[2]

勝敗を度外視して試合に臨むことが多いが、毎年優勝チームを決定しており、2008年 - 2010年にはオリックス(08年は前身のサーパス)が三連覇している。フェニックス・リーグに出場した翌年に一軍に定着する選手は多く、いきなりタイトルを獲得する者も少なくない(中村剛也T-岡田山田哲人など)。

基本的にフェニックス・リーグ期間内はイースタン・リーグ同士、ウエスタン・リーグ同士のカードは組まれない。また、宮崎県内でキャンプを行っている球団は自身がキャンプを行う球場で多くの試合を行う。全試合入場無料。開催期間中は地元ファンとの交流イベントや野球教室に力を入れている。試合が予定されていない日も練習試合が組まれることがある。主催は一般社団法人日本野球機構、イースタン・リーグ、ウエスタン・リーグ、みやざきフェニックス・リーグ支援実行委員会。

沿革[編集]

1990年から「黒潮リーグ」「ハイサイ・沖縄リーグ」「コスモスリーグ」「よさこい・高知リーグ」と名を替え続いてきた教育リーグが、2004年から「フェニックス・リーグ」として当時のイースタン・リーグ6球団によりスタート[3]。名称は全国から募集し約300の応募の中から選考を行った結果、「フェニックス・リーグ」に決定した。「フェニックス」は宮崎県の県木で県内至る所に植えられている樹木であり、また「フェニックス」には「不死鳥」という意味もあり、このリーグで明日のプロ野球界を担う若手選手が厳しい練習に耐えて大きく羽ばたくという意味が込められている[4]

2005年からはウエスタン・リーグの球団も参加し、10年ぶりに12球団での秋季教育リーグ開催となった。2006年からは韓国プロ野球の球団、2007年から四国アイランドリーグの選抜チーム[3]、2009年はNPB混成チーム・フューチャーズが参加し、16球団まで拡大した[3]2009年にリーグを全国へ発信するため「みやざきフェニックス・リーグ」に名称を変更した[4]

みやざき・フェニックスリーグの変遷
年度 期間 参加チーム数 優勝 試合数[5] 備考
2004 10月11日 - 24日 6 西武 48 イースタン・リーグのみの参加。
2005 10月10日 - 23日 12 楽天 72 ウエスタン・リーグも参加。
2006 10月9日 - 25日 14 インボイス(西武) 98 韓国から斗山ベアーズLGツインズ初参加。
2007 10月8日 - 24日 14 阪神 98 LGが参加しなかったが四国アイランドリーグ選抜が初参加。
2008 10月7日 - 24日 14 サーパス(オリックス) 98
2009 10月5日 - 22日 16 オリックス 112 フューチャーズ、ハンファ・イーグルスが初参加。現在の名称に変更。
2010 10月5日 - 26日 16 オリックス 145 LGが復帰。フューチャーズ参加せず。
2011 10月10日 - 31日 16 ソフトバンク 144
2012 10月8日 - 29日 16 オリックス 144
2013 10月7日 - 28日 16 楽天 144
2014 10月6日 - 27日 16 ロッテ 144
2015 10月5日 - 26日 16 DeNA 144 17日にリーグ史上初のナイトゲーム(ソフトバンク対巨人)をサンマリンスタジアムにて開催[6]。以後毎年1試合開催。
2016 10月3日 - 24日 16 日本ハム 144 阪神の球団公式動画配信サービス「虎テレ」で阪神戦全試合を固定カメラによるライブ配信[7]
2017 10月9日 - 30日 16 阪神 144 韓国のサムスン・ライオンズが初参加。LGが不参加。
スポナビライブにて一日2試合ずつ、計36試合[8]をインターネットライブ配信[9]。虎テレも引き続き配信。
2018 10月8日 - 29日 16 144

各年度本塁打王[編集]

2009年から、2012年と2015年を除き宮崎市観光協会のフェニックスリーグ公式ホームページより本塁打王も発表されている。(もちろんNPBの公式な表彰ではない。)

年度 氏名 本数
2009 中田翔日本ハム 6 
2010 中田翔(日本ハム)、崔鎮涬(ハンファ) 5 
2011 榎本葵(楽天)、柳田悠岐(ソフトバンク) 3 
2013 梶谷隆幸(DeNA) 5 
2014 清田育宏加藤翔平(ともにロッテ)、古本武尊中日 4
2016 山川穂高(西武)、アレハンドロ・メヒア広島)、内田靖人(楽天) 4
2017 崔元濟(サムスン) 4

試合会場[編集]

現在の試合会場[編集]

宮崎市
西都市
日南市
日向市

過去に使用されたことのある会場[編集]

宮崎市
  • 久峰総合公園野球場
綾町
  • 錦原運動公園野球場
日南市
串間市
都城市

特別ルール[編集]

  • 延長戦は原則行わない。対戦チーム同士合意のうえで、事前に審判等に報告してイニング数を調整できる。
  • スピードアップの観点から投球ルールは15秒、

投手のイニング当初、途中交代時の準備投球は原則5球まで。但し、審判員が必要と認めた場合は5球を越えてもよい)、

  • 捕手と投手のマウンドでの打ち合わせは1試合3回まで。
  • 打者はみだりにバッターボックスを離脱しない
  • 野手が2名以上マウンドに集まることは禁止。
  • 指名打者制度採用。
  • ベンチ入りメンバーが少なく、野手が怪我をしたチームについては特別ルールとして相手チームと審判員の許諾を得ることを条件に一度退いた野手の再出場(リエントリー)を認める。

その他の特例はメンバー表交換前に対戦チーム間、審判員との協議が必要である。また、この特例については場内アナウンスでも告知する。

2004年には以下の指名代走制度があった。

  • 1試合2名までの指名代走を指名できる。指名代走は予め打順表に併記する。
  • 指名代走は試合中いつでも代走として出場できる。
  • 指名代走の使用は1試合につき各チーム4回まで。

開催期間中の一日の流れ[編集]

  • 9時 チーム球場入り
  • 10時 ホームチーム練習
  • 10時30分ごろ ビジターチーム練習
  • 12時前 シートノック
  • 12時過ぎ グラウンド整備
  • 12時30分 試合開始(11時30分、12時、13時開始の試合もある。)
週末の試合では両チーム選手によるサインボール投げ入れなどのファンサービスや、始球式が行われる。
  • 試合終了後 練習
  • 18時 球場を出て宿舎へ

出場選手の資格[編集]

支配下選手育成選手)として登録されている選手。

監督・コーチの資格[編集]

所属球団から監督、コーチとしてリーグに登録承認済みの者。(フェニックスリーグから帯同する新監督・新コーチ等は、その都度リーグに届出なければならない)

審判員[編集]

NPB審判員、KBO審判員、四国アイランドリーグplus審判員

脚注[編集]

外部リンク[編集]