郡司裕也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
郡司 裕也
中日ドラゴンズ #44
Youya GUNJI 44 Chunichi GRAGONS 20210626.jpg
2021年6月26日 マツダスタジアム
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県市原市
生年月日 (1997-12-27) 1997年12月27日(24歳)
身長
体重
180 cm
89 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手一塁手外野手
プロ入り 2019年 ドラフト4位
初出場 2020年6月23日
年俸 975万円(2023年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

郡司 裕也(ぐんじ ゆうや、1997年12月27日 - )は、千葉県市原市出身のプロ野球選手捕手内野手外野手)。右投右打。中日ドラゴンズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

小学校1年から野球を始め、3年の時に自ら志願し捕手となる[2]。6年の時には津留﨑大成網谷圭将らとともに千葉ロッテマリーンズジュニアに選ばれる[3]。中学3年の春には全国大会優勝を遂げた[3]。同期には網谷、1学年後輩に藤平尚真がいた。

仙台育英高校に進学し、2年秋には明治神宮大会で優勝した[4]。3年春は第87回選抜高等学校野球大会に出場し、初戦の神村学園戦では3安打の活躍を見せたが[5]、2回戦では平沼翔太擁する敦賀気比高校に敗れた[6]。3年夏は第97回全国高等学校野球選手権大会に出場して4番を務め、2回戦の滝川二高校戦では本塁打を放つなど活躍し[7]、決勝まで進出するものの、小笠原慎之介らを擁する東海大相模に6対10で敗れ準優勝に終わった[8][9]2015年8月には高校日本代表に選出された[10]。高校の1学年先輩に梅津晃大、同期には佐藤世那平沢大河、2学年後輩に西巻賢二がいる。

高校卒業後は慶應義塾大学環境情報学部に進学[3]。大学では1年の春季リーグ戦から出場し、秋季リーグ戦からは正捕手を獲得[11]。4年の秋季リーグ戦では杉山翔大以来の三冠王を獲得し、リーグ優勝に貢献した[12][13]。その後行われた明治神宮大会では関西大学を下して優勝した[14]。大学時代はベストナインを3度獲得[12]。大学時代の通算成績は91試合の出場で打率.297、94安打、11本塁打、56打点[15]。同期には津留﨑大成、柳町達植田将太中村健人がいる。

2019年10月17日に行われたプロ野球ドラフト会議では、中日ドラゴンズから4位指名を受け、11月22日に契約金5000万円、年俸800万円(金額は推定)で仮契約を結んだ[16]。背番号は44[17]

中日時代[編集]

2020年は、開幕一軍入りを果たすと[18]、6月23日の対横浜DeNAベイスターズ戦では、濵口遥大からプロ初安打を放った[19]

2021年は、6月下旬に一軍昇格。9試合に出場して打率.462、3打点と打撃で存在感を示したが、後半戦は二軍落ちし一軍定着はならなかった[20]

選手としての特徴・人物[編集]

強打の捕手で頭脳的なリードが特徴[21][22]。打撃の良さを自負するものの、一方で送球が課題[23][4]

中学、高校、大学でそれぞれ日本一を経験しており、自身の強みについて「勝てる捕手であること」と答えている[24]

大学の卒業論文はパワプロをテーマとした研究に取り組み、表彰されている[25]。指導教官は、同じSFCと慶應義塾大学野球部出身である准教授の加藤貴昭[26][27]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2020 中日 30 76 64 6 10 3 0 0 13 4 0 0 1 1 9 1 1 19 1 .156 .267 .203 .470
2021 9 15 13 0 6 1 0 0 7 3 0 0 0 0 2 0 0 3 0 .462 .553 .538 1.072
2022 33 48 42 0 8 1 0 0 9 0 0 0 0 0 5 0 1 12 4 .190 .292 .214 .506
通算:3年 72 139 119 6 24 5 0 0 29 7 0 0 1 1 16 1 2 34 5 .202 .304 .244 .548
  • 2022年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



捕手






















2020 中日 24 116 12 1 0 .992 3 11 7 4 .364
2021 5 13 4 0 0 1.000 0 3 2 1 .333
通算 29 129 16 1 0 .993 3 14 9 5 .357
  • 2021年度シーズン終了時

記録[編集]

初記録

背番号[編集]

  • 44(2020年 - )

登場曲[編集]

代表歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 中日 - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2022年11月19日閲覧。
  2. ^ 中日・郡司裕也インタビュー 目指すは「勝てる捕手」 「何から何まで課題だらけ。今度はプロで日本一を目指します」”. 週刊ベースボールONLINE (2020年9月23日). 2022年4月27日閲覧。
  3. ^ a b c “六大学No・1捕手、慶大・郡司が明かしたドラフトへの「不安」”. スポーツニッポン. (2019年9月30日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/09/30/kiji/20190929s00001089523000c.html 2020年3月14日閲覧。 
  4. ^ a b “中日ドラ4位 慶大・郡司、柳先輩と裕也バッテリーでプロでも日本一!「そういう運は持っている」”. スポーツニッポン. (2019年11月23日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/11/23/kiji/20191123s00001173112000c.html 2020年3月14日閲覧。 
  5. ^ 仙台育英 対 神村学園
  6. ^ 仙台育英 対 敦賀気比
  7. ^ 仙台育英 対 滝川二
  8. ^ “育英打線爆発、4安打2打点の紀伊「お祭りのような盛り上がり」”. スポーツニッポン. (2015年3月23日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/03/23/kiji/K20150323010038400.html 2020年3月14日閲覧。 
  9. ^ “小笠原弾で決めた!東海大相模45年ぶりV 仙台育英4点差追いつく粘りも…”. スポーツニッポン. (2015年8月20日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/08/20/kiji/K20150820010972740.html 2020年3月14日閲覧。 
  10. ^ “高校日本代表に清宮、小笠原ら20選手 U―18W杯”. スポーツニッポン. (2015年8月20日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/08/20/kiji/K20150820010973620.html 2020年3月14日閲覧。 
  11. ^ “慶大 秋春連覇王手 9回2点差追いつき10回郡司サヨナラ打”. スポーツニッポン. (2018年5月20日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/05/20/kiji/20180519s00001089320000c.html 2020年3月14日閲覧。 
  12. ^ a b “慶大・郡司が3冠 12年の早大・杉山以来戦後14人目”. スポーツニッポン. (2019年11月4日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/11/04/kiji/20191104s00001089267000c.html 2020年3月14日閲覧。 
  13. ^ “慶大 3季ぶり37度目の優勝!中日ドラ4郡司の2発などで早大に圧勝 10戦全勝に王手”. スポーツニッポン. (2019年11月2日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/11/02/kiji/20191102s00001089228000c.html 2020年3月14日閲覧。 
  14. ^ “慶大 19年ぶりV 退任の大久保監督は涙「最高のギフト」”. スポーツニッポン. (2019年11月21日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/11/21/kiji/20191121s00001089025000c.html 2020年3月14日閲覧。 
  15. ^ “リーグ戦・選手個人通算成績”. 東京六大学野球. https://www.big6.gr.jp/system/prog/kojinseiseki_career_individual.php?m=pc&p=AK16GY0 2020年3月14日閲覧。 
  16. ^ “中日ドラ4郡司が仮契約 来季の正捕手争い名乗り”. 日刊スポーツ. (2019年11月22日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201911220000963.html 2020年1月19日閲覧。 
  17. ^ “復活目指す中日・浜田達郎は背番号「69」に ルーキーの新背番号と変更を発表”. 中日スポーツ. (2019年12月16日). https://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201912/CK2019121602100029.html 2020年1月19日閲覧。 
  18. ^ 中日の新人・郡司が開幕1軍入り「ルーキーらしく怖いもの知らずで行きたい」ドラフト指名指名あいさつ時に色紙に書いた第一目標クリア 東京中日スポーツ 2020年6月18日
  19. ^ 中日ドラフト4位・郡司裕也、プロ初打席初安打! ドラゴンズ野手では小山良男以来15年ぶり 東京中日スポーツ 2020年6月23日
  20. ^ 【中日】郡司裕也、130万円ダウンの950万円 「来年は強みを発揮して飛躍のシーズンに」”. 中日スポーツ (2021年11月14日). 2022年3月9日閲覧。
  21. ^ “ロッテ 慶大・郡司をドラフト上位指名候補に 千葉生まれマリーンズJr出身”. スポーツニッポン. (2019年10月13日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/10/13/kiji/20191012s00001173341000c.html 2020年3月14日閲覧。 
  22. ^ “中日ドラ4郡司、球団史上初の新人開幕マスク狙う 売りは「頭使ったリードや配球」”. スポーツニッポン. (2019年10月24日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/10/24/kiji/20191023s00001173533000c.html 2020年3月14日閲覧。 
  23. ^ “慶大 ドラフト候補の郡司が攻守で躍動 立大に先勝”. スポーツニッポン. (2019年9月28日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/09/28/kiji/20190928s00001089313000c.html 2020年3月14日閲覧。 
  24. ^ 2019年 中日ドラゴンズ新入団選手発表会見 郡司裕也”. YouTube. 2020年7月11日閲覧。
  25. ^ “中日ドラ4・郡司「パワプロ」卒論表彰された!仙台育英3年間オール5の頭脳派慶応ボーイ入寮”. スポーツニッポン. (2020年1月9日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/01/09/kiji/20200109s00001173008000c.html 2020年3月14日閲覧。 
  26. ^ 郡司 裕也、小原 和樹|慶應義塾大学 湘南藤沢キャンパス(SFC)” (日本語). www.sfc.keio.ac.jp. 2020年7月11日閲覧。
  27. ^ Human Performance Laboratory

関連項目[編集]

外部リンク[編集]