キャンプ (日本プロ野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

日本プロ野球におけるキャンプ (Camp) とは、各球団が公式戦の期間外などに、ある地域に宿営して全体練習や個人練習、自主練習などを行うことである。

時期によって、ペナントレース開始前の2月頃から行われる春季キャンプ(しゅんきキャンプ)と、終了後の10月下旬頃から行われる秋季キャンプ(しゅうきキャンプ)に分けられ、これらは主に本拠地以外の地域に宿営して2週間ないし1箇月という長期間にわたって実施される。また春季非公式試合(オープン戦)や公式戦の期間中もしくは日本選手権シリーズの開催前などにチーム全体で、あるいは個人の選手がチームを離脱して調整を行う際などにはミニキャンプと称し、数日から1週間程度、本拠地もしくはそれ以外の地域で短期間のキャンプを実施することもある。

球団あるいは監督コーチが主導する形でチーム単位もしくは個人単位で行うものは「キャンプ」と呼ばれるが、選手だけで自主的に集合し、球団や監督・コーチが関わることなしに行われるものは「自主トレーニング」と呼ばれる。複数の選手が集まって行う「合同自主トレ」については、キャンプに類するものとしてこの項で述べる。

プロ野球のキャンプとは[編集]

日本のプロ野球のキャンプは、1934年に翌年の大リーグ選抜チームとの対戦に備えて編成された全日本チーム(読売ジャイアンツの前身)が10月15日より千葉県習志野市谷津球場で行った合同練習が最初とされる。

春期キャンプは、1946年に読売ジャイアンツが愛媛県松山市にあった旧制松山高校(現・愛媛大学教育学部附属中学校)で、ペナントレースに向けて練習を行ったのが最初といわれる。現在では、毎年2月1日に開始して2月下旬、ないしは3月初め頃まで行われる。以前は、日本国外でキャンプを張るチームについては特例的に1月下旬からキャンプを張ることも出来たが、現在は必ず2月1日からでないと監督・コーチの指導下での練習が出来ないことになっている。アメリカメジャーリーグでは spring training と呼ばれる練習にあたる。

春季キャンプでは、概ね4-5日を1クール(3勤1休、4勤1休など)としてスケジュールを組み、主に初旬は基礎体力作りとしてランニングやストレッチ体操、キャッチボールなどで体をほぐし、中旬から下旬にかけていよいよ長距離のランニング、守備、投球、打撃のそれぞれでの実践カリキュラムを行う。シートバッティングや紅白対抗戦などもこの時期に行われる。そして2月下旬からのオープン戦で最終的にその成果を披露して3月下旬の開幕戦出場枠を争う形になっている。メジャーリーグの場合は日本とは異なり、2月中旬までの自主トレーニングの段階で体作りを完全に仕上げた上で、2月下旬前後に早速実践的な練習を始める。ただキャンプ地への集合は日本のようにチーム一斉に行うのではなく、投手陣と野手陣に分けて行われる。

秋季キャンプでは、主に若手選手を中心に各球団が来シーズンへ備えた基礎トレーニングを行い、他球団を自由契約となった選手の入団テストを行うこともある。シーズンで活躍したベテラン選手は秋季キャンプの時期を休養に充てる事も多い。

キャンプに類するものとして、選手同士が集まって行う「合同自主トレ」がある。選手の出身地や、球団の拠点近くの施設を使用する場合が多い。大きく分けて、球団の主力選手が若手を誘って行うケースと、仲の良い選手や出身地が同じ選手が集まって行うケースとがある。特に後者では複数球団の選手が集まることがあり、球団を超えた選手同士の技術交流の場ともなっている。また新入団選手については、各球団の施設(本拠地球場、2軍用練習場他)で合同自主トレを行うことが恒例になっており、埼玉西武ライオンズの新人選手が西武園競輪場にて自転車トレーニングを行う他、日本競輪学校で新人研修を受けさせる球団もある。

近年ではキャンプ地で昨年の日本一チームが挨拶と報告を兼ねて優勝パレードを行う球団もある。2012年現在では過去にロッテが石垣島で、名護市で日本ハムがパレードを行った。[1]

キャンプ地[編集]

日本のプロ野球のキャンプ地は、以前は日本国外や高知県でもキャンプが行われていたが、現在は殆どのチームが沖縄県もしくは宮崎県に集中する傾向となっている。キャンプ地選びでは冬の気象条件は特に重要であり、平均気温が15度以上で国内で一番温暖な沖縄県か、沖縄ほど温暖ではない一方で晴天日の多い宮崎県の2県に集中している。2004年度には福岡ダイエーホークス西武ライオンズがそれぞれ高知県で開催していたキャンプを宮崎県に移している。また阪神の1軍キャンプもこれまで行ってきた高知県安芸市での開催から沖縄県宜野座村で2012年から全期間実施することになるなど、近年は特に沖縄一極集中が目立ち、2011年は国内12球団のうち10球団が沖縄でキャンプを実施している。2010年まで宮崎のみでキャンプを実施していた読売ジャイアンツも2011年からは2次キャンプ地を新球場が出来た那覇に移した。

また、キャンプ期間中には練習だけでなく、キャンプ地の自治体に在住する市民との交流会や少年野球教室などを開催したり、休養日になると選手たちがリフレッシュのために市内観光など様々な行動を取るため、日ごろはなかなか出来ない貴重なふれあいの場ともされている。

人気球団のキャンプ地は、関係者、マスコミファンの宿泊や飲食、関連施設の修築などにより数十億円に上る経済効果をもたらすと計算されている。琉球銀行傘下研究所の試算による2007年度の沖縄県における経済効果が前年と比べて2.96億円上回る53.37億円となる[2]など、その経済効果は拡大傾向にあり、地方の自治体にとってキャンプの経済効果は魅力的なものと捉えられている。このため、キャンプを誘致する自治体は多く、各種施設の整備を約束して自治体間で誘致・引き抜き合戦が繰り広げられている。なお2011年の沖縄県におけるプロ野球キャンプによる経済効果は過去最高の101億円に達すると込まれている[3]

しかし、プロ野球キャンプ地に求められる施設の規模は地方都市の公共施設としてはオーバースペックとなる場合が多く、また他のキャンプ誘致地との競争に勝つため豪華な施設の建設を条件提示する(または球団側が自治体を天秤にかけ好条件を引き出す)場合が多く見受けられ「税金の無駄遣い」との批判もある。

参考資料[編集]

2月の高知、宮崎、那覇の平年値(1971年2000年の平均)[4]

高知 宮崎 那覇
平均気温(℃) 6.9 8.3 16.6
最高気温(℃) 12.4 13.5 19.2
最低気温(℃) 2.1 3.4 14.3
降水量(mm) 102.4 89.5 125.2
日照時間(h) 171.4 160.8 84.6

日本の12球団のキャンプ地一覧(2014年春季)[編集]

一軍[編集]

高知県
宮崎県
沖縄県

二軍[編集]

1軍と異なる球団のみ
高知県
沖縄県
宮崎県
鹿児島県

過去に行われた主なキャンプ使用会場[編集]

カッコ内の球団名は、実施当時のもの。春季キャンプだけでなく、秋季キャンプ等も含む。

国内[編集]

神奈川県[編集]
  • 小田原小峰球場(東京セネタース)
静岡県[編集]
千葉県[編集]
三重県[編集]
兵庫県[編集]
岡山県[編集]
広島県[編集]
愛媛県[編集]
  • 旧制松山高校(巨人)
高知県[編集]
福岡県[編集]
  • 大牟田(名古屋(中日)1940年)
長崎県[編集]
  • 島原市営球場(西鉄→太平洋クラブ→クラウンライター:1954年~1978年)
宮崎県[編集]
鹿児島県[編集]
沖縄県[編集]

海外[編集]

米国本土[編集]
太平洋諸島[編集]
豪州[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]