宜野湾市立野球場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
宜野湾市立野球場
Ginowan Municipal Baseball Stadium
宜野湾市立野球場
宜野湾市立野球場の位置(沖縄本島内)
宜野湾市立野球場
施設データ
所在地 沖縄県宜野湾市真志喜四丁目2番1号(宜野湾市立総合運動場内)
座標 北緯26度16分55.5秒 東経127度44分14.5秒 / 北緯26.282083度 東経127.737361度 / 26.282083; 127.737361座標: 北緯26度16分55.5秒 東経127度44分14.5秒 / 北緯26.282083度 東経127.737361度 / 26.282083; 127.737361
開場 1987年3月
所有者 宜野湾市
管理・運用者 宜野湾市
グラウンド 内野:クレー舗装
外野:天然芝
照明 照明塔:6基
照度:内野200Lx
   :外野100Lx
使用チーム • 開催試合
横浜DeNAベイスターズが春季・秋季キャンプ地として使用(主に一軍)
全国高等学校野球選手権沖縄大会など
収容能力
11,800人
グラウンドデータ
球場規模 グラウンド面積:12,620m2
両翼:100 m、中堅:122 m
フェンス m

地理院地図 Googleマップ 宜野湾市立野球場

春季キャンプ中の横浜DeNAベイスターズ

宜野湾市立野球場(ぎのわんしりつやきゅうじょう)は、沖縄県宜野湾市の宜野湾市立総合運動場内にある野球場。宜野湾市が運営管理を行っている。1987年3月13日に完成した。プロ野球横浜DeNAベイスターズが公園内各施設と合わせて春季・秋季のキャンプ地として使用しており、春季キャンプ期間終盤にはオープン戦が開催される。

2010年2月28日に行なわれる予定だった横浜ベイスターズ対東北楽天ゴールデンイーグルスオープン戦が、前日発生したチリ大地震による津波警報発令により中止となる出来事があった。本球場は東シナ海に面する形で設置されている。

施設命名権により、2018年2月1日から「アトムホームスタジアム宜野湾」の呼称を用いる(後述)。

施設概要[編集]

  • グラウンド面積:12,620m2
  • 両翼:100m、中堅:122m
    • 2008年10月末からの改修で拡張。当初は両翼95m、中堅120m
  • 内野:クレー舗装、外野:天然芝(高麗芝)
  • スコアボード:パネル式
  • 収容人員:11,800人(メインスタンド:3,000人 内野スタンド:2,800人 外野スタンド:6,000人)
  • 照明設備:6基(最大照度200Lx)

運動場内その他の施設[編集]

命名権[編集]

2017年12月6日、宜野湾市に本社を置くアトムホームが命名権を取得し、2018年2月1日から5年間の契約(年額600万円)で、「アトムホームスタジアム宜野湾」の呼称を使用する[1][2]

交通[編集]

  • 最寄り駅
  • バス停留所
    • 宜野湾市営球場前」バス停下車後、すぐ。
      上記最寄り「古島駅」より下記「外部リンク」のように、次の3系統の本球場方面行きバスが発着している。
      ちなみに上記最寄り駅以外からも、やはり「宜野湾市営球場前」バス停へ向かう次の2系統のバスがある。

出典[編集]

  1. ^ 宜野湾市立野球場ネーミングライツパートナーおよび愛称の決定について 宜野湾市役所 2017年12月7日
  2. ^ 祝!アトムホーム「宜野湾市立野球場ネーミングライツ」契約調印式の模様 アトムホーム 2017年12月6日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]