横須賀スタジアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
横須賀スタジアム
Yokosuka Stadium
Yokosuka-Stadium.jpg
横須賀スタジアムの位置(神奈川県内)
横須賀スタジアム
施設データ
所在地 神奈川県横須賀市夏島町2(追浜公園内)
座標 北緯35度19分6.2秒 東経139度38分6.7秒 / 北緯35.318389度 東経139.635194度 / 35.318389; 139.635194座標: 北緯35度19分6.2秒 東経139度38分6.7秒 / 北緯35.318389度 東経139.635194度 / 35.318389; 139.635194
開場 1949年1997年改築)
所有者 横須賀市
管理・運用者 一般財団法人シティサポートよこすか・横浜DeNAベイスターズ共同事業体(指定管理者[1]
グラウンド 内外野:ロングパイル人工芝
照明 照明塔:4基
使用チーム • 開催試合
収容能力
5,000人
グラウンドデータ
球場規模 両翼:98 m、中堅:122 m
フェンス m

横須賀スタジアム(よこすかスタジアム)は、神奈川県横須賀市追浜公園内にある横須賀市立の野球場プロ野球横浜DeNAベイスターズ二軍の本拠地として使用している。指定管理者制度に基づき、一般財団法人シティサポートよこすか・横浜DeNAベイスターズ共同事業体が指定管理者として運営管理を行っている。

歴史[編集]

1949年、「横須賀市営追浜球場(よこすかしえい おっぱまきゅうじょう)」として開場。この追浜球場を中心に整備された追浜公園内には、その後サブグラウンドが2面整備された。当時のフィールドは内野がクレー舗装、外野が天然芝で両翼91.4m、中堅118.9mで、主に神奈川県内の高校野球公式戦などアマチュア野球を中心に使用されていた。

しかし、老朽化した上に施設が狭隘化するなど不便になったことに加え、1998年に開催されるかながわ・ゆめ国体国民体育大会)の試合会場として使用する必要が出たこと、さらに市内に練習施設を置く横浜ベイスターズの二軍公式戦開催を誘致することなどを考慮して全面改築されることになった。

改築は1997年3月に竣工し、4月1日に供用を再開。同時に現名称に改称した。この改修によりフィールドは砂入り人工芝となった他、同年からベイスターズの二軍本拠地となった。

2004年7月4日には第33回日米大学野球選手権大会が開催された。また、2008年オフには人工芝をロングパイル人工芝に張替えている。

2015年オフ、老朽化していたスコアボードの改修工事を行い全面フルカラーLED式となった。(二軍本拠地でスコアボードが全面フリーボードとなったのは、ファイターズスタジアム以来2箇所目。)[2]

2016年シーズンの二軍教育リーグ・公式戦はホームのDeNAが3塁側を使用する。二軍ホームチームが3塁側を使用するのは、日本ハム西武ロッテ中日阪神広島に続き、7例目である。ただし、横浜スタジアムや神奈川県内の地方球場でのホームゲームは1軍同様に1塁側を使用する。

その他[編集]

  • ベイスターズの二軍公式戦のうち、夏季の平日の試合は主にナイターで開催されている。
  • ナイターは照明角度の問題からか、外野フェンス際が薄暗くやや見にくい。実際、ある過去のイースタン・リーグ公式戦では打球を見失って落球しサヨナラといった事態が起こっている。

施設概要[編集]

  • 両翼:98m、中堅:122m
  • 内外野:ロングパイル人工芝(日本フィールドシステム社製)
  • 収容人員:5,000人
  • スコアボード:全面フルカラーLED
  • 照明設備:4基

交通[編集]

応援形式[編集]

  • 普段は外野芝生席が開放されておらず、夏季ナイター時や桜の季節等に開放されることがある程度である。したがって私設応援団は、主に内野席で応援活動を行う。
  • 近隣に教習所跡地に後から建設された高層マンションがあるため、ベイスターズの二軍公式戦ではトランペットを使用しての応援は禁止されている(ただし、高校野球では禁止されていない)。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 指定管理者制度導入済施設一覧
  2. ^ 「横須賀スタジアム・スコアボード改修記念試合」開催

外部リンク[編集]