高知県立春野運動公園野球場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
高知県立春野運動公園野球場
Kochi Haruno Baseball Stadium
Haruno baseball park.JPG
施設データ
所在地 高知県高知市春野町芳原2485(高知県立春野運動公園内)
座標 北緯33度30分29.5秒 東経133度30分12.3秒 / 北緯33.508194度 東経133.503417度 / 33.508194; 133.503417座標: 北緯33度30分29.5秒 東経133度30分12.3秒 / 北緯33.508194度 東経133.503417度 / 33.508194; 133.503417
所有者 高知県
グラウンド 内野:クレー舗装
外野:天然芝
使用チーム • 開催試合
高知ファイティングドッグス四国アイランドリーグplus2005年 - 2009年
収容能力
16,000人
グラウンドデータ
球場規模 グラウンド面積 - 13,553m2
両翼 - 100 m 中堅 - 122 m
フェンス (外野) 3.70 m
春野球場 内野スタンド

高知県立春野運動公園野球場(こうちけんりつはるのうんどうこうえんやきゅうじょう)は、高知県高知市春野町の同運動公園内にある野球場。2006年4月1日よりくろしお通信・須工ときわグループが管理を行っている。

歴史[編集]

1979年から2003年まで西武ライオンズ(現-埼玉西武ライオンズ)が春季キャンプを行っていた。現在も西武のB班が2004年からキャンプを張っている。高知市郊外の春野町にある高知県の総合運動公園にあり、メイン球場は2002年国民体育大会の野球開催に併せて両翼を91mから100mに、中堅を120mから122mに拡張し、プロ野球公式戦開催規格に対応した。スコアボードは磁気反転式に改修された。

2010年以降はオリックス・バファローズ主催のオープン戦・阪神タイガース戦が行なわれている。2013年以降、毎年11月に韓国プロ野球・LGツインズの秋季キャンプが行われている。2005年からは高知ファイティングドッグス(独立リーグ・四国アイランドリーグplus)の試合が高知市野球場等と併用して行われていたが、2010年以降は開催されていない。

ナイター設備設置計画[編集]

現在の当球場にはナイター設備はないが、県下に硬式野球に適したナイター設備のある球場が一つもないという状況を改善すべく、2009年3月に尾崎正直知事が高知市などと本格的な検討に入ることを表明し、これを受けて同年4月に高知市は検討委員会を発足させた。検討委員会は同年11月20日に当球場を照明設置の第一候補と決定した。当時、予算が付き次第2010年度に着工の予定と報じられた[1]。その後、2010年8月の県と市の連携会議で、高知市野球場にナイター設備を2012年春に設置することで合意したため[2]、当球場への設置計画については見送られた。

施設概要[編集]

  • グラウンド面積:13,553m2
  • 両翼:100m 中堅:122m
  • 内野:黒土混合土 外野:天然芝
  • 収容人員:16000人(メインスタンド:3,500人、内野スタンド:2,946人、外野芝生スタンド:9,482人、障害者席:12人)
    内野スタンドに屋根あり
  • スコアボード:磁気反転式
  • ナイター設備 なし

周辺施設[編集]

交通[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]