高知インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高知インターチェンジ
所属路線 E32 / E56 高知自動車道
IC番号 11
料金所番号 08-775
本線標識の表記 (上り線)国道32号標識 高知 桂浜
(下り線)国道32号標識 高知
【補助標識】桂浜
起点からの距離 [1]114.7 km(川之江JCT起点)
南国SA (5.0 km)
(10.3 km) 伊野IC
所属路線 E55 高知東部自動車道高知南国道路
起点からの距離 0.0 km(高知IC起点)
(2.8 km) 高知中央IC(事業中)►
接続する一般道 高知県道44号高知北環状線
供用開始日 1998年平成10年)3月20日
通行台数 10,010台/日(2010年度)
所在地 781-8130
高知県高知市一宮4192番地1
備考 高知東部自動車道(高知南国道路)は事業中
テンプレートを表示

高知インターチェンジ(こうちインターチェンジ)は、高知県高知市一宮(いっく)にある高知自動車道インターチェンジである。

概要[編集]

当インターチェンジから川之江JCT方面は片側2車線に、四万十町中央IC方面は暫定2車線となる。また、高速道路ナンバリングも当インターチェンジを境に「E32」から「E56」に変わる。

高知東部自動車道高知南国道路)と接続するジャンクション工事が進められており、2020年度(令和2年度)に供用予定である[2]

接続する道路[編集]

高知東部自動車道(高知南国道路)の事業凍結[編集]

2009年(平成21年)3月31日に、国土交通省により建設を凍結する国道18路線中の一つとして発表された[3]。総事業費は1,300億円と見込まれていた。

その後、同省による事業の再評価を経て中止などが最終判断され、尾﨑正直知事や市民団体などの必死の活動もあって同年6月18日に凍結解除された[4]

周辺[編集]

料金所[編集]

  • ブース数 : 5

入口[編集]

  • ブース数 : 2
    • ETC専用 : 1
    • 一般・ETC : 1

出口[編集]

  • ブース数 : 3
    • ETC専用 : 2
    • 一般 : 1

[編集]

E32 / E56 高知自動車道
(10) 南国IC - 南国SA - (11) 高知IC - (12) 伊野IC
E55 高知東部自動車道高知南国道路)(事業中)
(11) 高知IC - (1) 高知中央IC(事業中)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ キロポストは高松西ICからの連続した数値。
  2. ^ 高知東部自動車道 一般国道55号 高知南国道路・南国安芸道路 (PDF)”. 国土交通省 四国地方整備局 土佐国道事務所. p. 2. 2018年4月13日閲覧。
  3. ^ 国交省、直轄国道など18事業を凍結…09年度”. レスポンス. 株式会社イード (2009年4月1日). 2018年4月12日閲覧。
  4. ^ 建設凍結の18路線大半再開へ コスト削減で国交省見通し”. 47NEWS. 株式会社全国新聞ネット (2009年6月18日). 2009年6月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月12日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]