安芸市営球場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

安芸市営球場(あきしえいきゅうじょう)は、高知県安芸市にある野球場。安芸市が管理している。

安芸市営球場

歴史[編集]

1965年度から阪神タイガースが春季と秋季のキャンプを開催する会場として利用されており、別名タイガースタウンと呼ばれている。なお2003年から、春季キャンプの一部が沖縄県宜野座村でも行われている(2012年より春季の1軍キャンプからは撤退。2軍は引き続き使用)。ウエスタン・リーグの公式戦も年間数試合行われている。四国アイランドリーグplusの試合(高知ファイティングドッグス主催)は発足した2005年から行われているが、2009年と2010年は開催がなく、2011年8月20日に3年ぶりに試合が開催された[1]

2009年11月、愛称「安芸タイガース球場」を制定。

施設概要[編集]

メイングラウンド[編集]

  • 両翼96m、センター118m(2002年国民体育大会の会場になるに当たって両翼を92mから拡大)
  • 収容人員:約5,000人収容のスタンド(内野・座席、外野はレフトのみ芝生席。ライト側はサブグラウンドの配置関係上スタンドがない)
  • 磁気反転式スコアボード(氏名表記可能。なお、改修前のパネル式のものだった時は得点表示とボールカウンターのみだった)

周辺施設[編集]

  • サブグラウンド(ナイター設備あり 主に阪神のキャンプでの練習や地元の少年野球・ソフトボールの試合等に使用される)
  • 安芸ドーム(屋内練習場)

交通[編集]

その他[編集]

  • 当球場の建設に際して産出された残土は、現在のごめん・なはり線の路盤を作るのに利用された。
  • 阪神タイガースのマスコットであるトラッキーとラッキーが踊る「Let's go! トラッキー」の振付け指導用映像のロケ地として使用された(当球場のほか、桂浜牧野植物園安芸駅などでも撮影が行われた)。
  • 高知県災害時医療救護計画により、南海地震発生時の「広域医療搬送拠点(SCU)に指定されている[2]

脚注[編集]

  1. ^ 2011-08-20 vs香川 - 四国アイランドリーグplus試合予定/結果
  2. ^ 高知県災害時医療救護計画 高知県

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯33度30分20.5秒 東経133度53分28.5秒