西武第二球場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
西武第二球場
Seibu Lions Baseball Ground 2
Seibu Stadium No2 - 02.jpg
西武第二球場の位置(埼玉県内)
西武第二球場
施設データ
所在地 埼玉県所沢市上山口2193-1
座標 北緯35度46分2.3秒 東経139度25分4.2秒 / 北緯35.767306度 東経139.417833度 / 35.767306; 139.417833座標: 北緯35度46分2.3秒 東経139度25分4.2秒 / 北緯35.767306度 東経139.417833度 / 35.767306; 139.417833
開場 1979年
所有者 西武鉄道
グラウンド 内野:クレー舗装
外野:天然芝
照明 なし
使用チーム • 開催試合
埼玉西武ライオンズが練習場及び二軍本拠地として使用(開場 - 現在)
収容能力
3000人
グラウンドデータ
球場規模 グラウンド面積:不明
両翼:100 m
中堅:122 m

西武第二球場(せいぶだいにきゅうじょう)は、埼玉県所沢市にある野球場

メットライフドームなどと同じ敷地内にあり、プロ野球埼玉西武ライオンズが練習場及び二軍本拠地として使用し、イースタン・リーグ公式戦も開催される。球場の運営管理は西武鉄道が行っている。

歴史・特徴[編集]

1979年、西武球場(現:メットライフドーム)と共に完成。フィールドは両翼95m、中堅120mで西武球場と同じサイズだった。外野後方には室内練習場や合宿所「若獅子寮」などの球団施設がある。

西武球場は1997年のシーズン中からドーム化工事が始まり、1999年に完全ドーム化。フィールドを両翼100m、中堅122mに拡張したが、本球場も同年に外野を拡張した。

イースタン・リーグ公式戦、教育リーグ、春季秋季練習およびキャンプの他、一軍公式戦の試合前にも選手(主にバッテリー陣)が練習を行うことがあり、ファンもよく訪れる。スタンドが無く、ベンチがバックネット裏、3塁側ベンチの上、スコアボードの横、ブルペンの横などに数台設けられている。外周での立ち見、バックネット裏や3塁側の土手の上、外野芝生で座っての観戦が多くなる。3塁側の高台は2007年から立ち入り禁止となる。

2008年から西武が本球場で使用するベンチが3塁側に変更されている。二軍のチームが本拠地で3塁側ベンチを使用するのは日本ハムロッテ阪神広島に続き5例目である。なお、西武は2009年から一軍も西武ドームで使用するベンチが3塁側になっている。余談だが、2010年からは中日の二軍も本拠地(ナゴヤ球場)で使用するベンチが3塁側に変更されている。

また、メットライフドームや本球場などがある球団の敷地内には1980年に開設された西武第三球場があったが、2003年限りで閉鎖され、現在は観客用駐車場などに転用されている。

普段は100~200人程度の観衆であるが、2015年9月22日の楽天戦は西口文也の現役ラスト登板の可能性もあったこともあり2002人の大観衆を集めた[1]

施設概要[編集]

  • 両翼:100m、中堅:122m
  • 内野:クレー舗装、外野:天然芝
  • スコアボード:パネル式(イニングスコアのみ)
  • 照明設備:なし
  • 入場料:無料

交通[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]