舞洲ベースボールスタジアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
舞洲ベースボールスタジアム
(大阪シティ信用金庫スタジアム)
Maishima Baseball Stadium
(Osaka City Shinkin Bank Stadium)
Maishima-Baseball-Stadium-2.jpg
舞洲ベースボールスタジアムの位置(大阪市内)
舞洲ベースボールスタジアム
施設データ
所在地 大阪府大阪市此花区北港緑地2-3-142(舞洲スポーツアイランド内)
座標 北緯34度39分46.9秒 東経135度23分48.5秒 / 北緯34.663028度 東経135.396806度 / 34.663028; 135.396806座標: 北緯34度39分46.9秒 東経135度23分48.5秒 / 北緯34.663028度 東経135.396806度 / 34.663028; 135.396806
開場 1996年
所有者 大阪シティドーム
グラウンド 内野:クレー舗装
外野:天然芝
照明 照明塔:6基
最大照度:投捕間-Lx
     内 野-Lx
     外 野-Lx
収容能力
10,000人 (内野:8000席、外野:2000人芝生席)
グラウンドデータ
球場規模 グラウンド面積:13,587m2
両翼:100 m
中堅:122 m

舞洲ベースボールスタジアム(まいしま-)は、大阪府大阪市此花区舞洲スポーツアイランド内にある野球場で、1996年4月に開場。大阪シティ信用金庫命名権を取得した2017年6月15日からは、大阪シティ信用金庫スタジアム(おおさか-しんようきんこ-)という呼称を用いている[1]

本ページでは、NPBオリックス・バファローズ二軍本拠地として2016年に当スタジアムの近隣へ建設された舞洲サブ球場(まいしま - きゅうじょう)についても述べる。そのため、以下の本文中には便宜上、舞洲ベースボールスタジアムを「舞洲スタジアム」と略記する。

歴史[編集]

大阪市の所有・指定管理者による運営管理(1996 - 2015年度)[編集]

舞洲スタジアムは、大阪市の建設によって1996年に完成。2008年オリンピック招致が実現した暁には、野球競技の会場として用いられる予定であったが、招致には至らなかった。

2016年3月31日までは、大阪市が保有したうえで、ミズノグループ(美津濃、南海ビルサービス、日本パナユーズ、ホビーライフによる共同企業体)が指定管理者として運営管理を担っていた。

オリックス二軍の本拠地移転に伴う動き[編集]

2007年から大阪市西区大阪ドーム(京セラドーム大阪)を一軍の本拠地として本格的に使用しているNPBオリックス・バファローズでは、ファームチーム(二軍)の本拠地を神戸市内に置きながら、ウエスタン・リーグ主催公式戦の一部を当スタジアムで実施。その一方で、神戸市内にある球団施設の老朽化などを受けて、2010年代の前半からドームに近い当スタジアムへの本拠地移転を検討してきた。

オリックス関連会社へ売却(2016年)[編集]

2015年12月7日、大阪市が実施した舞洲スタジアム敷地及び舞洲野球場北西用地[2]の活用に関する一般競争入札において大阪シティドーム[3]が落札、賃料月額599万円で2016年4月1日から50年間にわたって当該土地の定期借地権を取得することが決まった[4]。また、同時に舞洲スタジアムも、6,400万円で大阪シティドームへ売却された[5]。この舞洲スタジアム建物の取得、及び同敷地の定期借地権の取得を受けて、オリックス球団は本拠地の移転計画を正式に発表した[6]

「舞洲サブ球場」の建設(2016年)とオリックス二軍本拠地の移転(2017年)[編集]

オリックス球団では、2016年中に、当スタジアムの北西へ隣接した用地に第二球場(舞洲サブ球場)、室内練習場、選手寮の(第2代)「青濤館」を新設。2017年シーズンからは、「青濤館」を神戸市内から移転させるとともに、以上の施設の稼働を始めた。当初は、ウエスタン・リーグ主催公式戦の大半を当スタジアムで実施することを想定していた[4]。しかし、アマチュア野球での使用を優先するため、実際には主にサブ球場で公式戦を開催。前年まで本拠地・練習場として利用した神戸サブ球場をはじめ、近畿圏内の他球場でも、一部の公式戦を引き続き実施する。

大阪シティ信用金庫の命名権取得(2017年)[編集]

大阪シティ信用金庫の前身に当たる大阪市信用金庫では、大阪市内に本社を置いていた縁で、舞洲スタジアムの建設費の一部を大阪市に寄付。また、スタジアムの開場1年目(1996年)から、大阪府春季少年軟式野球大会を開催してきた。大阪市信用金庫・大阪東信用金庫大福信用金庫との対等合併による大阪シティ信用金庫の設立(2013年11月)以降も、大阪市信用金庫が存続会社になった関係で、大会の特別協賛を続けている[1]

上記の活動を背景に、大阪シティ信用金庫では2017年6月15日付で、舞洲スタジアムのネーミングライツ契約を大阪シティドームとの間で締結した。契約期間は同日から3年間で、期間中には大阪シティ信用金庫スタジアムという名称と、シティ信金スタ(-しんきん-)という略称を使用する[7]

「舞洲ベースボールスタジアム」の使用実績[編集]

主なエピソード[編集]

  • 第97回全国高等学校野球選手権大阪大会2回戦・大阪桐蔭履正社戦(2015年7月19日
    • 大阪大会史上初の4連覇を目指す大阪桐蔭と、前年の第86回選抜高等学校野球大会準優勝校で、選手権全国大会3季振りの出場を狙う履正社が初戦で対戦。大阪大会では全国の地方大会で唯一シード制を導入していないため、「事実上の決勝戦」と呼ばれた。
    • この試合は当初、久宝寺球場で予定されていた。しかし、同球場で収容できないほど多数の観客が見込まれたため、会場を急遽舞洲スタジアムに変更。結局、13,000名ほどの観衆が集まった。舞洲スタジアムでは、外野席を立ち見客用に開放するなどの措置を取ったが、結局入場制限を実施。また、球場へ直結する公共交通機関がバスに限られていることから、周辺の道路では自家用車による大渋滞が生じた[8]
    • 試合は、大阪桐蔭が5-1で履正社に勝利した。しかし、大阪桐蔭は7月28日に舞洲スタジアムで開かれた準々決勝で大阪偕星に敗退[9]同月31日に当球場で開かれた決勝戦では、大阪偕星が大体大浪商を4-­3で下して、春夏を通じての全国大会初出場を決めた[10]
    • 2016年の選手権大阪大会で対戦しなかった両校は、2017年に阪神甲子園球場での第89回選抜高等学校野球大会決勝で大会史上初の大阪勢対決を実現させると、舞洲スタジアムで催された選手権大阪大会の準決勝第2試合で再戦。選抜高校野球で優勝した大阪桐蔭が、8-4で履正社に勝利するとともに、大阪大会3年振りの決勝進出を決めた[11]。さらに、翌日の決勝では、第1試合から勝ち上がった大阪府立大冠高校と対戦。大阪の府立高校としては19年振りに決勝へ進出した大冠に2点差まで追い上げられたが、10-8というスコアで辛うじて勝利したことによって、春夏連続の全国大会出場へ至った。
  • 2015 WBSC U-18ワールドカップ2015年8月28日 - 9月6日[12]
    • 大会史上初めて日本が開催国になったことを受けて、大阪市南港中央野球場・豊中ローズ球場・甲子園球場と併用。当初は、「グループリーグ」(予選リーグ)から「スーパーラウンド」(グループリーグ上位のチーム同士による対戦ラウンド)まで使用する予定だった。大会最終日の9月6日(日曜日)には、甲子園で決勝戦(日本対アメリカ戦)の前に組まれていた3位決定戦(韓国対オーストラリア戦)を、天候不良などを理由に急遽当球場で開催している。

施設概要[編集]

舞洲ベースボールスタジアム(大阪シティ信用金庫スタジアム)[編集]

  • グラウンド面積:13,587m2
  • 両翼:100m、中堅:122m
  • 内野:黒土、外野:天然芝
  • 収容人員:10,000人(内野:椅子席、外野:芝生席)
  • スコアボード:電光掲示板(日本宝くじ協会の助成を受けており、「宝くじからの贈りもの」というメッセージが右下にある)
  • 照明設備:6基

公認野球規則で定められた現代のプロ野球用野球場の基準を満たしているばかりか、努力義務もおおむね達成するほどの規模を備えた極めて近代的な球場で、アマチュア野球のトーナメントや少年野球の試合を中心に使われている。プレイグラウンドは中堅122m、両翼100mと広く、天然芝で整備。ナイター照明設備、電光掲示板、アナウンス設備があるほか、ベンチ裏にはシャワー、縦長の鏡、ブルペンなどを設けている。ただし、大阪湾に近いため、常に海風が吹く。また、スタンドには屋根が一切設けられていない。

大阪市から大阪シティドームへの払い下げ後は、一般に開放する時間帯を9:00 - 21:00として、毎日6枠(1枠当たり2時間)の利用枠を設定。大阪シティドームがFAX限定で予約を受け付けた後に、抽選で利用者を決定する。なお、FAXでの予約受付期間中に申し込みのなかった利用枠については、後日に先着順で電話による予約を受け付ける。

舞洲サブ球場[編集]

  • 両翼:100m、中堅:122m
  • 内野:黒土、外野:天然芝
  • 収容人員:500人(ベンチ席、ネット裏のみ)
  • スコアボード:LED式フルカラー電光掲示板(フリーボード型)
  • 照明設備:なし

三塁側の場外に駐車場、左翼場外に「青濤館」と室内練習場が隣接する球場で、プレイグラウンドの広さは舞洲スタジアムと共通。その一方で、開場と同時に、一塁側ベンチとブルペンの間に「ファンサービスゾーン」(縦約5m×横約20m)が設けられた。NPB球団の本拠地では一・二軍を通じて初めての施設で、オリックスの主催試合で使用する場合には、選手とファンによるハイタッチなどのイベントを毎試合実施している。ただし、公認野球規則などの規定との兼ね合いで、観客席には使用できない[13]。また、ネット裏にあるスタンドには、屋根が一切設けられていない。

交通[編集]

舞洲ベースボールスタジアムのグラウンド全景

両球場とも周辺に駐車スペースが多いが、最寄りの鉄道の駅から遠いうえに、バスの本数も少ない。さらに、球場周辺に商業施設や店舗がないため、公共交通機関を使っての移動は必ずしも容易ではない。

脚注[編集]

  1. ^ a b 「舞洲ベースボルタジアム」のネーミングライツを取得~ 愛称は「大阪シティ信用金庫スタジアム」~大阪シティ信用金庫2017年6月15日付プレスリリース)
  2. ^ 舞洲スタジアム近隣にある大阪市所有地であり、現在の舞洲サブ球場敷地。
  3. ^ 京セラドーム大阪などを運営するオリックスグループの会社。
  4. ^ a b オリックス大阪舞洲の移転発表、二軍公式戦も舞洲で(『日刊スポーツ2015年12月7日付記事)
  5. ^ 舞洲野球場敷地及び舞洲野球場北西用地の活用事業者が決まりました - 大阪市公式HP
  6. ^ オリックス 2017年に活動拠点移転、神戸から大阪・舞洲へ(『スポーツニッポン2015年12月7日付記事)
  7. ^ 「舞洲ベースボールスタジアム」のネーミングライツ契約の締結のお知らせ(大阪シティドーム[2017年]]6月15日付プレスリリース)
  8. ^ 大阪桐蔭が履正社撃破 1万3000人超満員 (『日刊スポーツ2015年7月20日付記事)
  9. ^ 大阪桐蔭 準々決勝敗退「必死でやってきた」(『日刊スポーツ』2015年7月28日付記事)
  10. ^ 大阪偕星学園、6回に転がり込んだ初甲子園(『日刊スポーツ』2015年7月31日付記事)
  11. ^ 大阪桐蔭が勝利、履正社倒し3年ぶり決勝/スコア詳細(『日刊スポーツ』2017年7月29日付記事)
  12. ^ 第27回WBSC U-18ベースボールワールドカップ 試合・大会詳細/結果
  13. ^ 【オリックス】日本球界初のファンサービス専用ゾーン!二軍新本拠に設置(『スポーツ報知2017年1月19日付記事)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]