地獄の伊東キャンプ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

地獄の伊東キャンプ(じごくのいとうキャンプ)とは、1979年10月28日から11月22日まで静岡県伊東市で行われた、読売ジャイアンツ(巨人)の一軍若手選手によるキャンプ[1]

日本球界では事実上初の本格的な秋季キャンプであり、相当ハードな練習を課したことから、「地獄」のキャンプとして伝説となっている。

キャンプ実施のきっかけ[編集]

1979年のシーズン、成績の低迷によりBクラスの5位で終わったことと、主力選手の高齢化などで世代交代の必要性を感じていた当時読売ジャイアンツ監督であった長嶋茂雄の意向もあり、日本の球界史上初となる秋季キャンプを、長嶋が立教大学時代にキャンプを敢行していた静岡県伊東市で実施することとなった[2]

キャンプ地は伊東スタジアムをメインとして使用し、伊東スタジアムに程近い馬場の平地区に存在しているクロスカントリーのコースや急な上り階段を使うなど、伊東市内にある施設も利用した[3]

練習内容[編集]

若手にハードなトレーニングを課していたことで「地獄」と呼ばれるようになった。ただし最大で5勤であった[4]ため、休日はわずかではあったが設定されていた。

キャンプの開始前日、すなわちキャンプインの日の1979年10月27日に、長嶋は参加選手全員に対し「どんな艱難辛苦にも耐えて、生き抜く心身をつくるんだ。その意識革命のために、我々はここ、伊東に馳せ参じたんだ!」と訓示し、このキャンプがハードなトレーニングを中心とすることを伊東キャンプ参加選手の全員に覚悟させた[5]

特に篠塚利夫松本匡史には、ノックや守備の特訓を、体力の限界を一歩超えるところまで課した。照明のないグランドで、完全に日の落ちた夜になってもノックを続けたという逸話が残っている。

ハードトレーニングであったため、参加選手はキャンプ開始の数日後より、ほぼ全員が練習終了直後には自力で立てなかったり、宿舎の自室や風呂場内で横になっていたり、中には食事をすぐに嘔吐する事例もあった。また、わずかに設けられた休日ですら、参加選手は出歩く気力すらない状態であったため、外出することはほぼ皆無であった。しかし、ハードなトレーニングであったものの、参加を拒否したり怪我で故障をした参加選手は誰1人もいなかった[6]

参加した主な選手[編集]

合計で17人が参加したが、ほぼ全員が若手選手であった。参加選手の平均年齢は23.7歳であった。

主な参加選手は次の通り。

なお、定岡正二もこの伊東キャンプに帯同予定であったが、怪我で不参加となった。しかし定岡はその分自分自身に対して猛練習を課し、翌シーズンに向けて身体を鍛え上げて来た。

上記の選手らは2年後の1981年に、巨人が藤田元司監督の下で4年ぶりのリーグ優勝・8年ぶりの日本シリーズ優勝を達成した際の主力メンバーとなった。

帯同した主な指導者[編集]

巨人関連のハードトレーニング[編集]

茂林寺の猛練習[編集]

読売ジャイアンツのキャンプではこの伊東キャンプ以外にも「地獄のキャンプ」が過去に実施されたこともあった。それは東京巨人軍時代の球団創立翌年の1936年9月に行われた「分福キャンプ」であった。

当時はキャンプとは称さなかった時代であったが、現在の群馬県館林市に位置していた分福球場(別名は茂林寺球場)で実施していたことから、後年に「分福キャンプ」と称されることとなった。また「茂林寺の猛練習」と称されていた[7]

この地獄の伊東キャンプに匹敵するとされている猛練習を20人の選手に課し、第1期巨人軍黄金時代の基礎を作ったことや、「1000本ノック」をこの当時に取り入れたことも伝説となっている。

なお「1000本ノック」については現代では野球の練習にもアマチュアやプロを問わず取り入れている事例も見受けられる。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]