宮古島市民球場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

Miyakojima Municipal Baseball Stadium
Miyakojima kyūzyou.JPG
施設データ
所在地 沖縄県宮古島市平良字西仲宗根1574-1[1][2]
座標 北緯24度48分20.4秒 東経125度18分6秒 / 北緯24.805667度 東経125.30167度 / 24.805667; 125.30167座標: 北緯24度48分20.4秒 東経125度18分6秒 / 北緯24.805667度 東経125.30167度 / 24.805667; 125.30167
開場 1992年
所有者 宮古島市
管理・運用者 宮古島市
グラウンド 内野:クレー舗装
外野:天然芝[1][2]
スコアボード パネル式[2]
照明 あり[1][2]
使用チーム • 開催試合
オリックス・バファローズが春季キャンプ地として使用(1993年-2015年)
収容能力
約3,000人[1]
グラウンドデータ
球場規模 グラウンド面積:13,353m2
両翼:97.6 m
中堅:122 m[1][2]

宮古島市民球場(みやこじましみんきゅうじょう)は、沖縄県宮古島市平良字西仲宗根の宮古島市多目的運動公園内にある野球場。宮古島市が運営管理を行っている。

かつてプロ野球オリックス・バファローズが春季キャンプに使用していた。なお、同じく宮古島市が運営する宮古島市営球場は、本球場とは異なる球場である[3]

歴史[編集]

1992年、当時の平良市平良市民球場(ひららしみんきゅうじょう)として開場[4]こけら落しとして2月29日横浜大洋ホエールズ中日ドラゴンズ戦が行われた。[要出典]

1993年から2015年までオリックス・バファローズ(キャンプ開始当時は当時オリックス・ブルーウェーブ。2015年は2軍のみ。)の春季キャンプ地として使用されていた[5]。また、大学や社会人野球のキャンプにも使用されている[6][7]

2005年10月1日宮古列島の5市町村(平良市と宮古郡伊良部町上野村城辺町下地町)が新設合併し「宮古島市」となったのに伴い、現名称に改称した。

2019年度からは指定管理者制度が導入され、宮古島市スポーツ協会が管理を行う予定である[8][9]

宮古島市では、2021年4月の供用開始を目指して、宮古島伊良部大橋で繋がる伊良部島に新球場の整備が進められており、完成後は本球場に代わって宮古島市のメイン球場に位置づけられる予定である[10]

オリックス春季キャンプ[編集]

本球場は、開場の翌年の1993年からオリックス・ブルーウェーブ(当時)の春季キャンプ地として使用されていた。 [11]

しかし開場以来、財政難などから施設面の改善は進まなかった。屋内練習場は全面クレー舗装人工芝は敷設されておらず、野球専用のグラウンドも市民球場の1面しかない(ただし隣接地にサブグラウンド1面あり)など周辺施設が手狭であったため、オリックスのキャンプは市内城辺地区にある宮古島市城辺総合運動公園と分散して実施する形式(城辺では二軍キャンプを実施)となっていた。[要出典]2005年には、二軍の二次キャンプが高知市東部野球場に移された[11]

市はこのうち、屋内練習場の全面人工芝化を2006年中に実施する予定だったが、同年9月に台風16号の襲来で練習場の設備が一部破損するなど被害を受け、着工が12月にずれ込んだ。また11月30日にはオリックスの金田義倫管理部長、小林晋哉育成部長が施設を視察したが、第二球場の整備やブルペンの拡張などが進んでいないことについて「14年間で要望が形になっていないことが多い」として市側に施設の改善を求めた。金田らは「宮古島で続けられるのが一番いい」としながらも、改善がなされなかった場合は2008年シーズン以降の撤退も示唆していた。[要出典]

だが、その後も施設の改善は遅々として進まず、2010年の春季キャンプでは、市民球場の外野部分に雑草が生えたままとなっているなど状態は粗悪で、オリックス・村山良雄球団本部長が「プロが使うグラウンドではない」と発言するなど、施設面の不備が指摘された。球団側は2010年2月13日に市に対し改善を要請したが、充分でない場合は2011年シーズン以降の撤退を再び示唆した[12]。市側はこれを受け、2010年中に外野の改修工事等の対策を行った[13][14]

2014年8月25日、オリックス球団は2015年度の春季キャンプから、一軍の会場を宮崎市宮崎市清武総合運動公園野球場「SOKKENスタジアム」に移し、宮古島市民球場から撤退することを発表した[15][16]。また、二軍については2015年度は引き続き本球場を使用するが、次年度以降については宮崎への移転の検討を行うことも明かされた[17]

2015年8月24日、オリックス球団は2016年度の春季キャンプより二軍も宮崎に移転して一、二軍合同キャンプを行い、宮古島からは完全撤退することを発表した[18]。この際、オリックス・瀬戸山隆三球団本部長は「宮古島には大変お世話になったが施設の老朽化もあった。一、二軍合同でやれた方がチームのためになると思い、断腸の思いで宮崎に移ることになった」と説明している[19]。これにより、オリックス・ブルーウェーブ時代の1993年から始まった宮古島での春季キャンプは、23年で幕を閉じることになった。

本球場のメインスタンド正面向かい側には、オリックスが1996年の日本シリーズを制し日本一に輝いたことを称える記念碑と、2005年12月15日に死去したオリックス元監督仰木彬を称える顕彰碑が、それぞれ建立されている。仰木の顕彰碑には彼の座右の銘「信汗不乱」が刻まれている[20]。仰木が亡くなった直後には、球場の名称を仰木彬球場に変更することも検討されたが、実現しなかった[21]

主なエピソード[編集]

  • こけら落しとして行われた試合で先発した横浜大洋の投手・友利結(デニー友利)はこの島に縁の選手である。またその試合で中日・立浪和義が初ホームランを打ったことを記念して植樹がされた。[要出典]
  • 仰木彬はオリックスのキャンプ期間中、練習終了後にこの球場から市内上野にある宿舎まで約12kmの道程を徒歩で帰るのを日課にしており、当時からそのルートは「仰木ロード」と呼ばれ親しまれていた。ルートの距離は奇しくも仰木の命日の12月15日と同じ12.15kmであり、オリックスのキャンプの時期に合わせて、このルートを歩くイベントが開催されてきた[20][22]

市民球場周辺の主な施設[編集]

交通[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 宮古島市民球場”. スポーツコミッション沖縄. 2018年3月24日閲覧。
  2. ^ a b c d e 宮古島市民球場|グラウンド情報”. ベースボールドットコム. 2018年3月24日閲覧。
  3. ^ 宮古島市営球場”. スポーツコミッション沖縄. 2018年3月24日閲覧。
  4. ^ “市町村合併 まちからむらから特集号 さあ、新たな島づくりへ”. 宮古毎日新聞. (2005年9月30日). http://www.cosmos.ne.jp/~miyako-m/photo/matimura/0930-matimura/hirara-1.TXT 
  5. ^ 沖縄とプロ野球|プロ野球沖縄キャンプ攻略ガイド2014”. 沖縄観光情報WEBサイト おきなわ物語. 財団法人 沖縄観光コンベンションビューロー. 2019年3月24日閲覧。
  6. ^ “市民球場 老朽化激しく”. 宮古毎日新聞. (2018年9月9日). http://www.miyakomainichi.com/2018/09/112154/ 
  7. ^ 【調査レポート】宮古島における野球合宿の経済効果”. りゅうぎん総合研究所 (2013年6月). 2019年3月24日閲覧。
  8. ^ “候補者に市体協選定/宮古島市”. 宮古毎日新聞. (2018年11月1日). http://www.miyakomainichi.com/2018/11/113628/ 
  9. ^ “体育施設、民間管理へ/市教委とスポーツ協調印”. 宮古毎日新聞. (2019年3月19日). http://www.miyakomainichi.com/2019/03/117968/ 
  10. ^ “伊良部をメイン球場に/宮古島市”. 宮古毎日新聞. (2018年9月21日). http://www.miyakomainichi.com/2018/09/112424/ 
  11. ^ a b “イチロー"満塁弾"の宮古島、1、2軍隣接の宮崎など オリックスキャンプ地の歴史”. Full-count. (2019年1月22日). https://full-count.jp/2019/01/22/post285516/ 
  12. ^ “オリックス協力会、外野芝の早急整備要望へ”. 宮古新報. (2010年2月23日). http://miyakoshinpo.com/news.cgi?no=585&continue=on 
  13. ^ “段差改修工事始まる/市民球場 12月末に完了予定”. 宮古毎日新聞. (2010年8月28日). http://www.miyakomainichi.com/2010/08/4107/ 
  14. ^ “総工費3億5000万円/市陸上競技場メーンスタジオ キャンプシーズン向け準備万全”. 宮古毎日新聞. (2010年12月26日). http://www.miyakomainichi.com/2010/12/12020/ 
  15. ^ “オリックス、宮古島キャンプ撤退/来年から宮崎に移転 球場の老朽化など理由/2軍は継続”. 宮古毎日新聞. (2014年8月26日). http://www.miyakomainichi.com/2014/08/66282/ 2014年12月30日閲覧。 
  16. ^ “オリックスキャンプ、宮古島から撤退。宮崎に移転”. 宮古新報. (2014年8月26日). http://miyakoshinpo.com/news.cgi?no=10961&continue=on 
  17. ^ “オリックス 宮古島撤退 22年の歴史に幕…来春キャンプ宮崎に移転”. スポーツニッポン. (2014年8月26日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/08/26/kiji/K20140826008811160.html 
  18. ^ “オリックス、2軍も宮崎市移動で宮古島から完全撤退”. 宮古新報. (2015年8月25日). http://miyakoshinpo.com/news.cgi?no=13201&continue=on 
  19. ^ “オリックス 宮古島キャンプに幕 1、2軍とも宮崎で”. スポーツニッポン. (2015年8月24日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/08/24/kiji/K20150824010997700.html 
  20. ^ a b “【スポーツ異聞】懐かしき宮古島キャンプと島の時間 オリックスのキャンプ地移転”. 産経ニュース. (2014年9月6日). https://www.sankei.com/premium/news/140906/prm1409060008-n1.html 
  21. ^ “仰木彬さん:功績たたえ 宮古島の球場名に”. MSN毎日インタラクティブ. (2005年12月23日). オリジナルの2005年12月28日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20051228085131/https://www.mainichi-msn.co.jp/sports/feature/news/20051223spn00m050012000c.html 
  22. ^ “800人が「仰木ロード」歩く 元監督の功績たたえ オリックスの活躍も願う”. 宮古毎日新聞. (2007年2月13日). http://www.cosmos.ne.jp/~miyako-m/htm/news/070213.htm#2 
  23. ^ 宮古島市多目的前福運動場”. スポーツコミッション沖縄. 2018年3月24日閲覧。
  24. ^ 宮古島市平良多目的屋内運動場”. スポーツコミッション沖縄. 2018年3月24日閲覧。
  25. ^ 宮古島市総合体育館”. スポーツコミッション沖縄. 2018年3月24日閲覧。
  26. ^ 宮古島市陸上競技場”. スポーツコミッション沖縄. 2018年3月24日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]