谷津遊園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

谷津遊園(やつゆうえん)とは、京成電鉄千葉県習志野市谷津で直営運営を行っていた遊園地

1982年昭和57年)12月21日に閉園。現在は施設内のバラ園が、習志野市営の谷津バラ園として残っている。

沿革[編集]

1954年に撮影された当時の谷津遊園の様子。この年の8月1日に入園者数2万3000人、収入126万円を上げた。

大正時代塩田地として使われていた海岸地帯が、台風の被害により国の塩業試験場などに転用された。この一帯を埋め立てて娯楽施設に再転用し、1925年大正14年)に京成遊園地として開設した。

その後に谷津遊園と改称されているが、戦時中は遊の字を取って一時的に谷津園と改称されている。

また、1931年(昭和6年)から1936年(昭和11年)にかけては、阪東妻三郎によって阪東関東撮影所が開設されていた。

昭和40年代に南側前面の東京湾が埋め立てられる前までは、近隣の船橋ヘルスセンターとともに、潮干狩り海水浴のできる海辺の遊園地として人気があった。プールもあったことから、夏季には多くの海水浴客を集めた。当時の海岸(干潟)の一部が谷津干潟として残されている。

しかし母体の京成電鉄自身の経営が悪化したことと、東京ディズニーランドへの経営参画計画により、黒字経営であったものの1982年(昭和57年)12月21日をもって閉園した。実質的には発展的解消と言え、閉園時の従業員のうち、多くは東京ディズニーランドに移籍している。

日本国内初のコークスクリューを含む2機のローラーコースターは、北海道ルスツリゾートに売却。シンボル的存在であった観覧車は数年間放置されたが解体され廃棄された。

跡地に日本住宅公団公団住宅団地(現・都市再生機構谷津パークタウン)が建設されたが、バラ園については閉鎖を惜しむ声が上がったことから、のちに習志野市が買収し「谷津バラ園」として運営している。

巨人軍発祥之地の碑が園内にある。1934年に来日したアメリカ選抜チームと対抗するため結成された、東京六大学出身者を中心とした全日本チームがここで練習しそのチームがのちの東京巨人軍(現・読売ジャイアンツ)になった経緯からである。なお京成電鉄は、東京巨人軍の運営会社であった大日本東京野球倶楽部の筆頭株主でもあった。

谷津遊園の閉園後、京成電鉄の遊園地事業は三井不動産と共同出資しているオリエンタルランドが引き続いでおり、バラ園の管理運営など園芸造園事業は、千葉県八千代市内の子会社、京成バラ園芸が引き継いでいる。

主な施設[編集]

戦前[編集]

戦後[編集]

最寄駅の変遷[編集]

  • 1927年京成本線上の最寄り駅であった谷津海岸駅(現・谷津駅)からは直通する道路がなく、花輪駅(現・船橋競馬場駅)から谷津遊園地駅までの谷津支線を開業させて行楽客輸送を行なった。
  • 1934年:直通道路が開設されたことなどにより、谷津支線および谷津遊園地駅を廃止。
  • 1936年:谷津海岸駅を「谷津遊園駅」に改称。
  • 1939年:戦時下のため、谷津海岸駅に再び改称。
  • 1948年:終戦により、谷津遊園地駅に駅名を戻す。
  • 1984年:谷津遊園閉園により、谷津駅に改称。
  • 1985年:この年のダイヤ改正で特急が通過となる。
  • 2002年:この年のダイヤ改正で急行が廃止、新たに設定された快速も通過となったため、普通列車のみ停車する駅となる。

なお、近接する船橋ヘルスセンターとの間に、九十九里鉄道の車両・施設を移設して遊覧鉄道を敷設する計画があったが、千葉県道8号船橋我孫子線を立体交差する必要や、船橋競馬場の敷地通過反対などの問題から、実現には至らなかった。

そのほか[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 『洋泉社MOOK シリーズ StartLine15 僕たちの大好きな遊園地』 洋泉社2009年ISBN 978-4862483270 - 谷津遊園が掲載されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]