加森観光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
加森観光株式会社
KAMORI KANKO Co.,LTD.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
札幌市中央区北4条西4丁目1 加森ビル3
設立 1981年9月1日
事業内容 旅客運輸業務、観光施設・ホテルの経営、スポーツ施設の経営、飲食店・売店・娯楽施設の経営、不動産の開発・賃貸に関する業務
代表者 加森公人
資本金 8億1,866万円
関係する人物 加森勝雄(創業者)
外部リンク http://www.kamori.co.jp
テンプレートを表示

加森観光(かもりかんこう)は、札幌市中央区にある企業

概要[編集]

1981年(昭和56年)設立。前身は加森勝雄登別温泉において第三セクターによる「登別温泉ケーブル」を建設し、ロープウェイの山頂に「のぼりべつクマ牧場」を造成したことに始まる[1][2]。その後、冬場の収入減を確保するために「加森観光」を設立し、「大和ルスツスキー場」として営業していた施設を買収した[1][3]。入園料を支払えば遊園地内の乗り物や遊具が無料になる「入園料方式」を遊園地業界で初めて取り入れるなど[2]、スキー場と宿泊施設のみであったルスツを通年型のリゾートへと拡大していった[1]。1997年(平成9年)以降は経営破綻した施設を買収することにより事業拡大を図り、総合的なリゾート観光施設事業を行う企業になっている[4]ルスツリゾートにおけるヘルスツーリズムへの取組みが評価され、2009年(平成21年)に『第2回ヘルスツーリズム大賞』を受賞している[5][6]札幌国際大学と連携協定を結んでしているほか[7]千葉商科大学サービス創造学部の「公式サポーター企業」になっている[8]

沿革[編集]

グループ施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 加森公人”. 観光カリスマ一覧. 観光庁. 2016年11月23日閲覧。
  2. ^ a b “【札幌支社長インタビュー】 (12) 加森観光・加森公人社長”. 十勝毎日新聞 (十勝毎日新聞社). (2011年3月10日). http://www.tokachi.co.jp/feature/201103/20110310-0008278.php 2016年11月23日閲覧。 
  3. ^ a b c d 河西邦人. “ルスツリゾートスキー場”. New Directions of All Around Management. 2016年11月23日閲覧。
  4. ^ 認定事業再構築計画の内容の公表 (PDF)”. 国土交通省. 2016年11月23日閲覧。
  5. ^ 第9回ヘルスツーリズム大賞(組織・団体部門)”. 日本ヘルスツーリズム振興機構. 2016年11月24日閲覧。
  6. ^ ヘルスツーリズム大賞、北海道のルスツリゾート健康村が受賞”. トラベルビジョン (2009年11月26日). 2016年11月24日閲覧。
  7. ^ 札幌国際大学広報紙「創風」 (PDF)” (2010年). 2016年11月25日閲覧。
  8. ^ 公式サポーター企業”. 千葉商科大学. 2016年11月25日閲覧。
  9. ^ ニセコひらふの歴史:昭和62年〜昭和63年”. ニセコひらふ修学旅行協会. 2016年11月24日閲覧。
  10. ^ 豪最大のコアラ公園買収 加森観光”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (1988年2月4日). 2016年11月25日閲覧。
  11. ^ 加森観光が全米第2のスキー場を買収、コロラド州で通年リゾート目指す”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (1989年6月29日). 2016年11月25日閲覧。
  12. ^ 道内企業、海外進出にようやく加速—製造業の拠点づくり、不動産投資が主目的。総数102件、91年以降極東へラッシュか”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (1990年11月22日). 2016年11月25日閲覧。
  13. ^ a b 河西邦人. “File NO.203 アルファリゾート・トマムスキー場”. New Directions of All Around Management. 2016年11月23日閲覧。
  14. ^ 北海道ゴルフ会員権ニュース 2000年”. ベストゴルフ. 2016年11月25日閲覧。
  15. ^ “登別市と加森観光が記者会見し、北海道マリンパークの再建策を示す”. 室蘭民報 (室蘭民報社). (2001年1月24日). http://www.muromin.co.jp/murominn-web/back/2001/200101/20010124.txt 2016年11月24日閲覧。 
  16. ^ “登別マリンパーク開園20周年、入園者750万人達成”. 室蘭民報 (室蘭民報社). (2010年5月16日). http://www.muromin.co.jp/murominn-web/back/2010/05/16/20100516m_05.html 2016年11月24日閲覧。 
  17. ^ 平成13年 第5回 新得町議会会議録 (PDF)”. 新得町. p. 6 (2001年11月30日). 2016年11月18日閲覧。
  18. ^ “オリックスが買収で合意/別府温泉の杉乃井ホテル”. 四国新聞 (四国新聞社). (2002年4月26日). http://www.shikoku-np.co.jp/national/economy/20020426000504 2016年11月24日閲覧。 
  19. ^ 横津岳国際スキー場とゴルフ場、加森観光によって営業再開の可能性 関係者「売買の詰め残っており未調印ながら、基本的合意」”. 函館電子新聞. 2016年11月24日閲覧。
  20. ^ 山口巌 (2004) (PDF). レジャー業界レポート (Report). 立地評価研究所. http://www.richi.co.jp/report/articles/2004/leisure.pdf 2016年11月24日閲覧。. 
  21. ^ 中山峠の観光施設*加森観光と契約*25日再開、来季ホテルも”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (2003年4月8日). 2016年11月25日閲覧。
  22. ^ 早くもパウダースノー 中山峠スキー場で初滑り. 北海道新聞社.. (2010年11月1日). 該当時間: 1:00. http://dd.hokkaido-np.co.jp/cont/video/?c=fuubutu&v=655235242001 2016年11月24日閲覧。 
  23. ^ “株式会社岩手ホテルアンドリゾートの株式譲渡に関するお知らせ” (プレスリリース), リクルート, (2003年1月31日), http://www.recruit.jp/news_data/release/2003/0131_1850.html 2016年11月25日閲覧。 
  24. ^ 流通・通 (PDF)”. 産業情報いわて. いわて産業振興センター (2003年). 2016年11月24日閲覧。
  25. ^ オークラ、5月中旬を目途に「ホテルオークラ札幌」を運営”. トラベルビジョン (2003年2月4日). 2016年12月8日閲覧。
  26. ^ 支笏湖歴史年表 (PDF)”. 支笏湖ビジターセンター. p. 20 (2015年). 2016年11月25日閲覧。
  27. ^ 『観光カリスマ百選』選定結果について(第5回委員会の結果)”. 国土交通省 (2004年2月2日). 2016年11月25日閲覧。
  28. ^ “天然豊浦温泉しおさい、来館者が100万人突破”. 室蘭民報 (室蘭民報社). (2004年9月29日). http://www.muromin.co.jp/murominn-web/back/2004/200409/040929.htm 2016年11月24日閲覧。 
  29. ^ “栗林商船が加森観光にニセコグランドホテルを売却”. 内航海運新聞 (内航海運新聞社). (2005年1月24日). http://www.naikou.co.jp/topics/2005-01-24.htm 2016年11月24日閲覧。 
  30. ^ 中島恵 (2012) (PDF). 新日鉄の非関連多角化におけるテーマパーク事業参入 —北九州ルネッサンス中核事業としての八幡地区活性化— (Report). 大阪観光大学紀要第12号. 大阪観光大学. http://library.tourism.ac.jp/no12NakajimaMegumi.pdf 2016年11月24日閲覧。. 
  31. ^ 地元で困惑の声…西武の七飯スキー場売却で”. 函館市・道南地域ポータルサイト e-HAKODATE (2006年6月16日). 2016年11月24日閲覧。
  32. ^ 国内初の「ベア・マウンテン」開園!”. 北海道ファンマガジン (2006年5月1日). 2016年11月22日閲覧。
  33. ^ “カルルススキー場運営・管理は加森観光に委託”. 室蘭民報 (室蘭民報社). (2006年8月23日). http://www.muromin.co.jp/murominn-web/back/2006/200608/060823.htm 2016年11月24日閲覧。 
  34. ^ (株)ヒム”. 東京商工リサーチ (2006年9月5日). 2016年11月24日閲覧。
  35. ^ オリカゴルフ倶楽部・オリカゴルフ&リゾート経営の(株)ヒムが民事再生法を申請”. 椿ゴルフ. 2016年11月24日閲覧。
  36. ^ 石炭博物館指定管理申請”. 炭鉱の記憶推進事業団. 2016年11月24日閲覧。
  37. ^ 石炭博物館のあり方検討委員会報告書 (PDF)”. 石炭博物館のあり方検討委員会 (2010年). 2016年11月24日閲覧。
  38. ^ 加森観光*伊豆の4施設取得*5月*動物園や遊覧船事業”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (2007年3月7日). 2016年11月25日閲覧。
  39. ^ 稲取ゴルフクラブ(伊豆急不動産系・静岡県)を加森観光(株)に売却”. 椿ゴルフ. 2016年11月24日閲覧。
  40. ^ 六花亭ベアーズの新たなスポンサーに加森観光”. 北海道観光研究所・北杜の窓 (2007年6月8日). 2016年11月24日閲覧。
  41. ^ 国際メディアセンター(IMC)”. 北海道洞爺湖サミット. 外務省. 2016年3月3日閲覧。
  42. ^ 久光英春 (PDF). 官庁施設における3Rの取り組みについて —北海道洞爺湖サミット国際メディアセンター 整備事業の事例報告— (Report). 平成21年度国土交通省国土技術研究会. 国土交通省. http://www.mlit.go.jp/chosahokoku/h21giken/program/kadai/pdf/innovation/inno1-03.pdf 2016年3月3日閲覧。. 
  43. ^ “杉乃井リゾートの全株式を取得 〜オリックス不動産による直営体制へ移行〜” (プレスリリース), オリックス不動産, (2008年8月11日), https://www.orix.co.jp/grp/pdf/news/080811_RealJ.pdf 2016年11月24日閲覧。 
  44. ^ 加森観光*夕張3施設の管理返上*老朽化で維持費重荷”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (2008年10月4日). 2016年11月25日閲覧。
  45. ^ 「よこつゴルフ」売却 加森観光が運営撤退”. 函館市・道南地域ポータルサイト e-HAKODATE (2009年1月28日). 2016年11月24日閲覧。
  46. ^ “豊浦町が天然豊浦温泉しおさいの指定管理者募集を開始”. 室蘭民報 (室蘭民報社). (2009年2月3日). http://www.muromin.co.jp/murominn-web/back/2009/02/03/20090203m_07.html 2016年11月24日閲覧。 
  47. ^ 蛯谷敏 (2010年9月16日). “北海道リゾート、大家は中国人”. 日経ビジネス. 日経BP. 2016年11月24日閲覧。
  48. ^ 札幌の屋外遊園地はなくなるのか…”. 北海道ファンマガジン (2010年9月11日). 2016年11月24日閲覧。
  49. ^ “加森観光、王滝村のスキー場運営から撤退へ 入場者減で”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2011年6月3日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFB02030_S1A600C1L31000/ 2016年11月24日閲覧。 
  50. ^ “(2) スマイルジャパンの守護神”. 苫小牧民報 (苫小牧民報社). (2013年6月6日). http://www.tomamin.co.jp/kikaku_/13/whockey/whockey130606.html 2016年11月24日閲覧。 
  51. ^ “加森観光、福島県のスキー場 全株売却 取得側は営業継続”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2012年11月21日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFC2000O_Q2A121C1L41000/ 2016年11月25日閲覧。 
  52. ^ 【売買】札幌の大型ホテルを取得、フォートレス”. 日経不動産マーケット情報. 日経BP (2015年2月12日). 2016年11月25日閲覧。
  53. ^ 石炭博物館 指定管理を返上*加森観光*改修中の営業困難*来年度は市直営を検討”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (2015年11月25日). 2016年11月25日閲覧。
  54. ^ “「APPI高原スキーリゾート」取得・運営のお知らせ” (PDF) (プレスリリース), アジアゲートホールディングス, (2016年6月23日), http://asiagateholdings.jp/wp-content/uploads//ir2016pdf/20160623162835785s_15.pdf 2016年11月25日閲覧。 
  55. ^ アジア系投資会社が加森観光傘下のホテル・スキー場運営会社を買収、岩手安比エリアや盛岡にインバウンド送客へ”. トラベルボイス (2016年6月23日). 2016年11月25日閲覧。
  56. ^ 冬季アジア札幌大会オフィシャルスポンサーに「加森観光」「札幌ばんけい」 2017年2月開催”. リアルエコノミー (2016年8月27日). 2016年11月29日閲覧。

外部リンク[編集]