加森勝雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

加森 勝雄(かもり かつお、1907年6月19日 - 1998年6月22日[1])は、日本実業家加森観光創業者。北海道帯広市出身[1]

来歴[編集]

日本大学専門部法科中退[1]1933年釧路で製薬会社の販売代理店を始めて成功をおさめる[1]1952年札幌で貸ビル業を開業し、翌1953年に加森産業を設立[1]1956年に登別温泉ケーブルを設立して観光業に事業を拡大し、1958年には登別クマ牧場を開設した[1]1981年ルスツリゾート経営のため、加森観光を設立して社長に就任[1]1992年に社長の座を長男の加森公人に譲って会長に退き、以後亡くなるまでその職にあった[1]

また、動物学者で元北海道大学教授の犬飼哲夫とともに、ヒグマの種の保存活動にも尽力した[2]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 北海道新聞』1998年6月25日
  2. ^ 越塚宗孝”. 札幌国際大学. 2014年9月24日閲覧。