大谷米太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大谷 米太郎(おおたに よねたろう、1881年7月24日 - 1968年5月19日)は、日本力士実業家稲川部屋所属の元大相撲力士四股名鷲尾獄太平洋戦争前は「鉄鋼王」と称された。戦後の一時期は菊池寛実南俊二とともに「日本の三大億万長者」と並び称された。

来歴・人物[編集]

富山県小矢部市(旧・西砺波郡正得村)水落集落出身の実業家

貧農の家庭に長男として生まれ、31歳になるまで一家を養うために農家の小作として使われる生活を送った。31歳の時、僅かな金(20銭)を親から借りて裸一貫で上京したが、保証人もいない単身田舎から出てきた男にまともな仕事は見つからず、日雇人夫となっていた。

やがて力自慢でならしていた米太郎に稲川部屋から声がかかり、大相撲力士となる。砺波山(後に改名して鷲尾獄)の四股名担ぎから幕下筆頭にまでなるものの、手の指に障害を負っていたことが原因で幕内に上る事を断念、酒屋に転身する。現金取引を優先したことで利益を上げ国技館一手扱いの酒屋となった。この頃米太郎は結婚し、更に儲かる仕事を求めて鉄鋼圧延用のロールを作る東京ロール製作所を起業。弟の竹次郎(松竹大谷竹次郎とは同姓同名の別人)を呼び寄せ、実弟と二人三脚の事業展開を行なう事になる。

1923年9月1日関東大震災では米太郎の工場も全焼の被害を受けるが、今度は震災復興に伴う鉄鋼需要に注目。大谷製鋼所を設立し、建築関係の鉄鋼製品の製造で利益を挙げた。更に材料の特殊鋼製造にも着手し、1939年に大谷製鐵を設立。翌年には大谷製鐵・東京ロール製作所・大谷製鋼所が合併し、大谷重工業となった。加えて満州にまで進出し、当時の「鉄鋼王」とまで呼ばれた。

太平洋戦争では満州地域での事業を失うなど損害を受けたものの、朝鮮特需で大谷重工業にも活気が戻る。余勢を駆って星製薬を傘下に収め、同社の本社工場跡地にTOCビルを計画(完成は米太郎死後の1970年)するなど、企業の買収や再建にまで手を広げた。1964年東京オリンピックの開催が決まり、東京の宿泊地不足に対して米太郎はホテルニューオータニを建設。ホテルは開業したものの、直後に大谷重工業の経営不振が露呈。開業の翌年には社長の座を追われ、大谷重工業も八幡製鐵が経営支援に乗り出して実権を失う。

1962年、富山県立大谷技術短期大学(現:富山県立大学)の設立のため私財を寄付した。

1968年に脳腫瘍で死去、享年86。死去から9年後の1977年6月、大谷重工業は大阪製鋼と合併し、合同製鐵として新たなスタートを切った。

エピソード[編集]

  • 米太郎は銀行嫌いで有名で、取引はすべて現金決済とし口座すら持たなかった。これが裏目に出ることもしばしばあり、大谷製鐵を設立した際には戦時統制の絡みから当局の認可が必要だったが、信用調査に手こずりようやく認可を得た経緯がある。
  • 蔵前国技館の建設にあたっては、米太郎が勧進元となり完成にこぎつけた。また浅草寺寶蔵門も、1964年に米太郎の寄進によって再建されたものである。
  • 浮世絵のコレクターでも知られ、彼のコレクションはニューオータニ美術館で見ることができる。
  • 当初、ホテル業に乗り出すことなど考えていなかった。しかし東京オリンピック開催が決まった後に当時のオリンピック担当大臣である川島正次郎からオリンピックのためぜひホテルを建てて欲しいと頼まれてホテル建設を決意したと本人は語っている[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 朝日新聞・昭和39年8月31日朝刊記事(本人へのインタビュー記事)