分福球場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

分福球場(ぶんぷくきゅうじょう)はかつて群馬県館林市にあった野球場

解説[編集]

この球場は、茂林寺球場という通称で呼ばれた[1]が、分福茶釜で知られる茂林寺からは東武伊勢崎線線路を挟んで反対側に位置している[2]

プロ野球創成期には、下記参照の東京巨人軍によるキャンプによって球史にその名を残した球場である。

また、この球場でも職業野球公式戦が開催された記録がある[2]

その後敷地は学校法人関東学園に売却されて[2]分福総合グラウンドとなっている[3]

茂林寺の特訓[編集]

職業野球の東京巨人軍1936年昭和11年)9月5日より分福球場で実施したキャンプ練習。

血反吐を吐くとまで形容された猛特訓であり、現在まで綿々と続く巨人軍の基礎を作ったとさえ言われる。「死のキャンプ」と謳われた1979年(昭和54年)オフシーズンの伊東キャンプと並ぶ、ジャイアンツ史上に残る猛特訓であったという。別名「茂林寺の猛練習」[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]