川越誠司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
川越 誠司
埼玉西武ライオンズ #72
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 北海道札幌市豊平区
生年月日 (1993-06-30) 1993年6月30日(27歳)
身長
体重
174 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 外野手
プロ入り 2015年 ドラフト2位
初出場 2020年6月23日
年俸 640万円(2020年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

川越 誠司(かわごえ せいじ、1993年6月30日 - )は、北海道札幌市豊平区出身[2]プロ野球選手外野手)。左投左打。埼玉西武ライオンズ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

札幌市立豊平小学校2年生の時に野球を始め、札幌市立八条中学校では札幌豊平東シニアで投手としてプレーした[3]。当時のチームメイトには1歳下に水野滉也がいる。

北海高等学校では、3年生の第83回選抜高等学校野球大会で3試合に4番・右翼手として先発出場し、1回戦・対創志学園高等学校戦では同点の8回に決勝本塁打を放つなど、計12打数6安打、1本塁打、2打点、打率.500の成績だった[4]第93回全国高等学校野球選手権大会・1回戦の対明徳義塾高等学校戦では4番・右翼手として先発出場し、4打数1安打1打点、打率.250の成績でチームはサヨナラ負けした[5]。その後、父と同じ消防士を目指し採用試験を受験したが不合格になり、北海学園大学に進学した[3]

大学では1年生の春から4番打者としてプレーし[6]、2年生の秋季リーグでは札幌学生野球外野手のベストナインに選ばれた一方[7]、投手としてもプレーした[8]。3年生の春季リーグで公式戦初勝利を記録し[9]、秋季リーグでは3試合に登板、1失点完投勝利も記録し、打撃では打率4割、1本塁打、9打点の成績で[10]、リーグの特別賞を受賞し、2年連続で外野手のベストナインに選ばれるなど[11]、「二刀流」でプレーした。4年生の春季リーグでは開幕前に左肘に違和感を覚えたため登板が無く、5月には右太ももに肉離れを起こした[12]。4年間通算では8試合に登板[9]、また、3本塁打を記録している[13]

2015年10月12日に行われたプロ野球ドラフト会議埼玉西武ライオンズから2巡目指名を受け[14]、契約金7,000万円、年俸1,200万円(金額は推定)で仮契約を結んだ[15]。背番号は「26」に決まった[16]。北海学園大学からは初のプロ入り選手となった[3]

西武時代[編集]

入団後3年間は一軍登板がなく、2018年は二軍で9月28日からは右翼として出場。10月5日にはみやざきフェニックス・リーグの参加メンバーに外野手として振り分けられた[17]

2019年1月18日、投手から外野手へ登録変更されることが球団から発表された[18]。背番号も「72」に変更となった。打者転向1年目は二軍ではチーム2位の93試合に出場し、打率は.214にとどまったが、8本塁打を記録した。シーズン終了後、2019アジアウィンターベースボールリーグへ派遣[19]。打率.367、本塁打3本、打点21の大会トップの成績を残し野手部門の大会MVPを獲得する[20]

2020年は練習試合で存在感を見せ[21][22]、打者転向2年目にして開幕一軍を掴み取った[23]。6月28日の対福岡ソフトバンクホークス戦、6回裏2死一、二塁の一打勝ち越しの場面で代打として起用。プロ初出場一軍初打席を迎えたが空振り三振に倒れる[24]。7月23日の千葉ロッテマリーンズ戦ではスタメン起用。2回裏2死三塁でバックスクリーン右に叩き込むプロ入り初の2ランホームランを放った[25]

選手としての特徴[編集]

50メートルのタイムは5秒9で、遠投は120メートルの身体能力を持つ[3]

投手時代は、最速149km/hの直球[13]、変化球はナックルカーブを投げた[15]

詳細情報[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 26 (2016年 - 2018年)
  • 72 (2019年 - )

登場曲[編集]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 西武 - 契約更改 - プロ野球. 日刊スポーツ. 2019年12月25日閲覧。
  2. ^ 2016プロ野球12球団全選手カラー百科名鑑 廣済堂出版発行 78頁
  3. ^ a b c d 北海学園大・川越、西武2位指名“二刀流”も投手で 日刊スポーツ 2015年10月23日紙面から
  4. ^ 第83回選抜高校野球 3月23日第3試合結果3月28日第3試合結果3月31日第1試合結果 スポニチ Sponichi Annex
  5. ^ 第93回高校野球選手権 8月7日第2試合結果 スポニチ Sponichi Annex
  6. ^ 北海学園大・プロ注目の二刀流、川越出番なし 日刊スポーツ 2015年8月26日紙面から
  7. ^ 表彰選手 2013年度秋季1部 札幌学生野球連盟
  8. ^ 別冊宝島 プロ野球選手データ名鑑2016 宝島社発行 62頁
  9. ^ a b 西武2位川越を渡辺SD絶賛「野性味あって楽しみ」 日刊スポーツ 2015年11月6日紙面から
  10. ^ 北海学園大・川越にプロ6球団スカウト集結 日刊スポーツ 2015年5月1日紙面から
  11. ^ 表彰選手 2014年度秋季1部 札幌学生野球連盟
  12. ^ 北海学園大・川越 “最後の秋”は打撃に集中 日刊スポーツ 2015年9月28日紙面から
  13. ^ a b 北海学園大の二刀流川越、プロ志望届提出 日刊スポーツ 2015年10月7日紙面から
  14. ^ 2015年ドラフト会議 全指名選手 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2015年10月22日配信
  15. ^ a b 西武ドラ2川越が仮契約 背番号は「大明神」の26 日刊スポーツ 2015年11月17日紙面から
  16. ^ 本日12/11「2015ドラフト新入団選手発表会」を実施! 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2015年12月11日配信
  17. ^ 【西武】3年目左腕・川越が野手転向、フェニックス参加メンバー発表”. スポーツ報知 (2018年10月5日). 2018年10月5日閲覧。
  18. ^ 川越誠司選手の登録について”. 埼玉西武ライオンズ. 2019年1月18日閲覧。
  19. ^ 「2019アジアウインターベースボールリーグ」派遣選手変更のお知らせ”. 埼玉西武ライオンズ. 2020年6月29日閲覧。
  20. ^ “「ポスト秋山」は野手転向2年目迎える魅惑の長距離砲 西武・川越誠司という男”. full Count. (2020年1月5日). https://full-count.jp/2020/01/05/post651915/ 2020年6月29日閲覧。 
  21. ^ “山賊打線に加わりそうな“口髭の男” 一心に山川の背中追う西武・川越の存在感”. Full-Count. (2020年6月10日). https://full-count.jp/2020/06/10/post796590/ 2020年6月28日閲覧。 
  22. ^ “西武川越「青雲のうた」日本香堂社公式SNSも反応”. 日刊スポーツ. (2020年6月17日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202006170000484.html 2020年6月28日閲覧。 
  23. ^ “西武・川越、5年目で初の開幕1軍「ホームランを打ちたい」”. SANSPO.COM. (2020年6月17日). https://www.sanspo.com/baseball/news/20200617/lio20061717270002-n1.html 2020年6月28日閲覧。 
  24. ^ a b “西武・川越 令和バージョン「青雲の歌」で代打登場も…1軍初打席は空振り三振”. Sponichi Annnex. (2020年6月28日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/06/28/kiji/20200628s00001173278000c.html 2020年6月28日閲覧。 
  25. ^ “【西武】8試合ぶりスタメンの川越誠司がプロ入り初アーチ!”. スポーツ報知. (2020年7月23日). https://hochi.news/articles/20200723-OHT1T50296.html 2020年7月25日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]