この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

石橋康太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

本来の表記は「石𣘺康太」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
石橋 康太
中日ドラゴンズ #58
K.Ishibashi.jpg
2019年6月23日、ナゴヤ球場にて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県四街道市[1]
生年月日 (2000-12-07) 2000年12月7日(18歳)
身長
体重
180 cm
84 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 2018年 ドラフト4位
初出場 2019年7月7日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

石橋 康太(いしばし こうた、2000年12月7日 - )は、千葉県四街道市出身のプロ野球選手捕手)。右投右打。中日ドラゴンズ所属。

来歴

千葉県出身[2]関東第一高等学校に所属[2]

2018年のNPBドラフト会議において、中日ドラゴンズより4巡目で指名を受けた[2]

プロ入り後

2019年7月7日、対東京ヤクルトスワローズ戦(ナゴヤドーム)の8回裏に柳裕也の代打でプロ初出場を果たした。中日の高卒新人捕手が一軍出場するのは1952年河合保彦以来67年ぶりで[3]、ドラフト制度施行後では球団史上初である[4]。その2日後となる7月9日には広島東洋カープ戦(ナゴヤドーム)にて18歳・一軍出場2試合目で初先発出場を果たし、1歳年上の先発投手・清水達也(19歳)と「10代バッテリー」を組んだ[5]

選手としての特徴・人物

遠投115メートル[6]・二塁送球1.9秒台の強肩に加え[7]、高校通算57本塁打の長打力を備えており[6]、ドラフト会議前には「高校生捕手ナンバーワン」と高く評価されていた[7]

担当スカウト・八木智哉から指名挨拶を受けた際には「捕手として中日で日本一になることが目標。松坂大輔さんから投球を受けたり話を聞いてみたりしたい」と述べている[7]

詳細情報

記録

背番号

  • 58 (2019年 - )

脚注

  1. ^ “四街道市出身の石橋康太さんが、中日ドラゴンズ入団を市長へ報告” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 四街道市, (2018年12月27日), オリジナルの2019年7月9日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20190709095242/https://www.city.yotsukaido.chiba.jp/shisei/koho/houdou_kouhyou/H30houdouhappyou.files/301227houdou.pdf 2019年7月9日閲覧。 
  2. ^ a b c 2018年ドラフト指名選手 - 中日ドラゴンズ(ドラゴンズニュース、2018年10月25日)
  3. ^ 【中日】ドラフト4位・石橋が初の1軍昇格へ 開幕マスクの加藤が2軍降格」『スポーツ報知報知新聞社、2019年7月7日。2019年7月7日閲覧。, オリジナルの2019-07-07時点によるアーカイブ。
  4. ^ a b 中日“ドラ4”18歳石橋、初昇格即代打で珍デビュー!与田監督「プロ初打席の死球…あまり記憶にない」」『スポニチアネックス』スポーツニッポン新聞社、2019年7月7日。2019年7月7日閲覧。, オリジナルの2019-07-07時点によるアーカイブ。
  5. ^ 中日「10代バッテリー」で勝負 清水-石橋康太」『日刊スポーツ』日刊スポーツ新聞社、2019年7月7日。2019年7月7日閲覧。, オリジナルの2019-07-07時点によるアーカイブ。
  6. ^ a b 4位新人・石橋が1軍練習参加へ 正捕手候補を首脳陣徹底チェック」『中日スポーツ』中日新聞社、2019年6月25日。2019年7月7日閲覧。, オリジナルの2019-07-07時点によるアーカイブ。
  7. ^ a b c 中日ドラフト4位の関東第一・石橋に指名あいさつ 球を受けてみたい投手は「松坂さん」」『スポニチアネックス』スポーツニッポン新聞社、2018年10月30日。2019年7月7日閲覧。, オリジナルの2019-07-07時点によるアーカイブ。

関連項目

外部リンク