堂上直倫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
堂上 直倫
中日ドラゴンズ #63
CD-Naomichi-Donoue20130306.jpg
2013年3月6日、阪神甲子園球場にて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県春日井市
生年月日 (1988-09-23) 1988年9月23日(34歳)
身長
体重
184[1] cm
88[1] kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 2006年 高校生ドラフト1巡目
初出場 2008年8月3日
年俸 2900万円(2023年)[2]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

堂上 直倫(どのうえ なおみち、1988年9月23日 - )は、愛知県春日井市出身のプロ野球選手内野手)。右投右打。中日ドラゴンズ所属。

高校時代は「尾張のプリンス」とも呼ばれた[3]

父の堂上照は中日で投手として、兄の堂上剛裕は中日や読売ジャイアンツ(巨人)で外野手としてプレーした。

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

愛知県出身。幼稚園時代に兄・剛裕が所属していた「名古屋北リトル」で特別に許可を得て硬式野球を始めた[4]春日井市立山王小学校を経て、春日井市立知多中学校に進学し[5]、「名古屋北シニア」では中学1年からレギュラーを獲得し、遊撃手および投手として活躍[4]。中学3年だった2003年8月に横浜スタジアムで開かれた全日本選手権では、左中間席へ特大本塁打を打った[4]。剛裕がドラフト会議で中日から6位指名を受けた直後の同年11月29日ナゴヤドームで行われた中日ドラゴンズのファン感謝デーでは、「リトルシニア東海選抜」の4番・投手として先発出場し、相手投手を務めた福留孝介から左翼席へ本塁打を放った(チームも7対4で勝利)[4]

中学校卒業後は、愛知県名古屋市愛工大名電高等学校に入学。1年生からレギュラーを獲得し、2年次の2005年春の甲子園(センバツ大会)では、4番打者を務め2本塁打を記録し優勝に貢献した。また、同年夏の甲子園に向けた愛知県大会では、豊田大谷高校とのナゴヤドームでの決勝戦で本塁打を放った。同年9月には全日本高校選抜として、韓国で行われた第6回AAAアジア野球選手権大会に参加し、2本塁打で最多本塁打のタイトルを獲得。

3年次の2006年夏の甲子園に向けた愛知県大会では、10四球と勝負を避けられる場面が多かったが、14打数7安打と打率5割を記録し、県大会優勝の原動力として活躍。しかし、本大会では初戦敗退を喫した。高校時代の甲子園3大会(2005年春、2005年夏、2006年夏)の通算打率は.480。高校通算55本塁打を記録し[6]、超高校級スラッガーとして注目された[7]。ポジションは遊撃手、選抜優勝時には三塁手として出場した。

2006年ドラフト会議にて、中日、阪神タイガース読売ジャイアンツの3球団から1巡目指名を受け、中日が抽選で交渉権を獲得したため、父・兄と同じチームに入ることになった。親子3人がプロ野球選手かつ同一球団に所属することは史上初であった[8]。ちなみにこの時の阪神外れ1位は野原将志、巨人外れ1位は坂本勇人である。背番号は24

中日時代[編集]

2007年(1年目)は一軍出場はなかったが、ウエスタン・リーグでは出場試合数の8割近くを4番・三塁手で先発出場した。打率は低迷したが、本塁打はチーム3位、打点はチーム2位と、長打力と勝負強さはあった。また、シーズン終了後、福留孝介シカゴ・カブスへ移籍したことにより、背番号を24から1に変更した。

2008年

2008年も二軍で開幕を迎えるが、北京オリンピック荒木雅博森野将彦が抜けた中、8月3日に初の一軍昇格を果たす。しかし、3試合に出場し、1打数無安打で7日後に二軍に降格。以後一軍に昇格することはなかった。

2009年3月1日北海道日本ハムファイターズとのオープン戦で金森敬之からオープン戦初本塁打となる2点本塁打を放つ。また、この2打席前には兄・剛裕も本塁打を放っており、オープン戦で同一イニングのアベック弾は史上初であったが[9]、開幕一軍を果たすことはできなかった。

2010年6月16日に一軍昇格。その日の対日本ハム戦から先発出場、6月18日の対巨人戦でプロ入り初安打を放った[10]。その後は故障離脱した井端弘和に代わり、レギュラーに定着[11]6月27日の対広島東洋カープ戦でプロ入り初本塁打を記録し[12]8月6日の阪神戦では兄弟でお立ち台に立った[13]。82試合出場で打率.263、5本塁打、30打点を記録し、リーグ優勝に貢献した[11]千葉ロッテマリーンズとの日本シリーズでは、不振の井端弘和に代わって第5戦に先発出場し、9回に安打を放った[14]

2011年、62試合出場、打率.209、2本塁打、10打点に終わる。

2012年、開幕を初めて一軍で迎え、自己最多となる116試合に出場した。

2013年、74試合に出場、2年ぶりに本塁打を記録。オフに選手会副会長に就任した。

2014年、オフに自身の背番号をこれまで兄の剛裕が着用していた63に変更(剛裕はこの年戦力外通告を受け、巨人に入団した)。これは球団から背番号の変更を宣告された際に自ら申し出たと述べている[15]

2015年、この年も打撃の調子が上がらず、守備固めでの起用が中心となり、42試合の出場にとどまった。オフの11月30日には選手納会にて、翌年以降も引き続き選手会副会長を務めることが発表された[16]

2016年アンダーソン・エルナンデス遠藤一星との遊撃手争いを制し[17]、自己最多の131試合に出場。初めて規定打席にも到達し、打率.254(リーグワースト4位)ながら、いずれも自己最多となる116安打、6本塁打、46打点を記録した。

2017年は新人の京田陽太がオープン戦から遊撃手として起用されるとそのまま開幕スタメンに起用されたため、開幕から京田との併用が続いた[11]。9月には左手有鈎骨を骨折し戦線離脱[18]。91試合の出場で打率.205、1本塁打8打点に留まった。

2018年代打や守備固めでの出場が中心となり、打率も.213、10安打6打点と思うような結果は残らなかった。この年のオフに打撃フォームを神主打法風に改造する[19]。 シーズンオフの動向が注目されたがFA権を行使せずに残留。このとき、2021年シーズンまでの3年契約を結んだことを、翌2019年のシーズン終了時(10月9日)に明かしている[20]

2019年はキャンプ中の練習試合から調子を上げていき[21]3月29日の開幕戦 (横浜DeNAベイスターズ戦)でプロ13年目で初めて[22]開幕スタメンを京田から勝ち取り、ヒットも放った[23]6月4日福岡ソフトバンクホークス戦で代打で出場し満塁本塁打を放ち史上初の兄弟で代打で満塁本塁打を記録した[24]8月12日対阪神戦では、オネルキ・ガルシアから10号2点本塁打を放ち、プロ入り後初となるシーズン2桁本塁打を記録し[25][26]、12本塁打のうち6本塁打は神宮球場で放った[27]。この年は一軍にフル帯同しシーズンオフの10月9日に、前述のように(前年にFA権を行使せずに残留した際に)2021年までの3年契約を結んだことを明かした[20]。同月21日、名古屋市内の病院で右肘関節形成術を受ける[28]

2020年、開幕戦となった6月19日の対東京ヤクルトスワローズ戦で決勝の中犠飛を放った[29]。28日の対広島戦で代打で出場した際に右肩に痛みを感じ、29日に右肩の腱板不全損傷と診断された[30]。翌30日にリハビリを開始し[31]7月28日に実戦復帰した[32]。8月28日の巨人戦では田口麗斗からシーズン初安打となる適時二塁打を放った[33]

2021年は開幕一軍を逃したが、二軍戦で好調だった[34]ため、5月28日に京田と入れ替わり一軍昇格[35][36]6月3日の対ロッテ戦で615日ぶりとなる[37]1号本塁打を放ち[38]6月11日の対埼玉西武ライオンズ戦では5年ぶりとなる4安打を記録[39]。6月下旬まで4割近くの得点圏打率を記録するなど勝負強さを見せた[40]9月14日の対広島戦では、途中出場で5打点を記録した[41]

2022年土田龍空溝脇隼人らの台頭もあり16試合の出場に留まった。9月30日の対DeNA戦(横浜スタジアム)にて代打出場で右前安打を放ち、自らの通算1000試合出場に花を添えた[42]

選手としての特徴[編集]

内野ならどこでも守れるユーティリティープレイヤーであり[43]、特に遊撃の守備はチーム一と評されている[44]

2016年に当時の監督である谷繁元信から、「直倫がいるとゲーム全体が落ち着く」と評価されている[17]

2019年に井端には「スローイングが安定している」と評価されている[45]

一方で、打撃面は長打力があるものの[46]、確実性を課題としている[47]

ヤクルトの高梨裕稔との相性が良く、2019年には高梨から4本塁打を放っている[48]

人物[編集]

中日チーム内での愛称は「ナオ[49][50]

誰からも慕われる人望が厚い人物であり、後輩には必要に応じて助言を送っている。2020年の春季キャンプでは、当時入団1年目の石川昂弥に対して熱心に守備面の助言を送っていた[46]

中学時代には「将来の夢はプロ野球選手」「好きな球団は中日」と述べていた[4]。また、尊敬する人として兄・剛裕を、好きな選手として松井稼頭央と、(当時中日に所属していた)谷繁・井端を挙げていた。

2012年1月3日に結婚していたことが同年3月に発表された[51]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2008 中日 3 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
2009 2 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
2010 82 301 259 23 68 12 1 5 97 30 0 0 14 1 25 4 2 35 11 .263 .331 .375 .706
2011 62 123 115 6 24 4 0 2 34 10 0 0 3 0 4 2 1 18 5 .209 .242 .296 .538
2012 116 182 167 5 35 8 0 0 43 11 1 0 8 1 5 1 1 34 6 .210 .236 .257 .493
2013 74 170 152 5 26 2 1 1 33 12 1 0 8 3 6 0 1 15 3 .171 .204 .217 .421
2014 90 261 237 19 54 4 1 1 63 17 1 0 11 3 10 0 0 45 8 .228 .256 .266 .522
2015 43 43 38 3 6 0 0 1 9 1 0 0 1 0 4 0 0 8 0 .158 .238 .237 .475
2016 131 507 456 38 116 25 3 6 165 46 1 1 20 2 27 0 2 69 14 .254 .298 .362 .660
2017 91 167 151 11 31 7 0 1 41 8 0 1 7 0 9 0 0 39 4 .205 .250 .272 .522
2018 74 56 47 3 10 0 0 0 10 6 0 0 2 2 3 0 2 9 2 .213 .278 .213 .491
2019 98 217 193 25 41 9 0 12 86 39 1 0 11 0 13 0 0 56 4 .212 .262 .446 .708
2020 43 55 50 2 10 2 0 0 12 4 0 1 0 1 4 0 0 11 2 .200 .255 .240 .495
2021 75 234 219 15 48 10 0 5 73 25 1 0 4 2 9 0 0 42 12 .219 .248 .333 .581
2022 16 18 18 0 5 0 0 0 5 0 0 0 0 0 0 0 0 4 1 .278 .278 .278 .556
通算:15年 1000 2336 2104 155 474 83 6 34 671 209 6 3 89 15 119 7 9 386 72 .225 .268 .319 .587
  • 2022年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



一塁 二塁 三塁 遊撃
















































2008 中日 - - 2 0 0 0 0 .--- -
2009 - - 1 0 0 0 0 .--- -
2010 - 81 179 240 2 47 .995 29 5 11 0 2 1.000 -
2011 - 35 101 86 0 19 1.000 32 1 13 2 1 .875 -
2012 - 17 36 50 0 11 1.000 84 28 60 2 7 .978 12 10 17 0 3 1.000
2013 3 4 0 0 0 1.000 7 8 10 0 2 1.000 12 3 13 0 1 1.000 50 38 117 2 22 .987
2014 - 22 32 33 3 8 .956 10 2 6 0 3 1.000 72 82 199 4 49 .986
2015 - 2 2 1 0 1 1.000 34 10 34 0 6 1.000 7 11 10 0 1 1.000
2016 - 3 7 4 0 1 1.000 - 129 199 405 10 76 .984
2017 7 20 1 0 0 1.000 18 27 26 0 9 1.000 51 16 36 4 5 .929 11 15 36 0 10 1.000
2018 3 5 0 0 0 1.000 7 4 12 0 0 1.000 43 5 12 1 1 .944 6 1 11 0 0 1.000
2019 11 22 1 0 1 1.000 28 40 58 2 12 .980 19 15 33 0 6 1.000 13 18 26 1 5 .978
2020 7 22 2 0 0 1.000 5 5 5 0 1 1.000 2 1 3 1 0 .800 3 1 2 1 2 .750
2021 5 5 0 0 0 1.000 40 74 80 2 16 .987 21 3 16 1 1 .950 16 22 44 0 7 1.000
2022 6 9 0 0 0 1.000 2 2 1 0 0 1.000 1 0 0 0 0 ---- 4 3 9 2 1 .857
通算 42 87 4 0 1 1.000 267 517 606 9 127 .992 341 89 237 11 33 .967 323 400 876 20 176 .985
  • 2022年度シーズン終了時

記録[編集]

初記録
節目の記録

背番号[編集]

  • 24(2007年)
  • 1(2008年 - 2014年)
  • 63[注釈 1](2015年 - )

登場曲[編集]

代表歴[編集]

関連情報[編集]

関連書籍[編集]

  • 『中日ドラゴンズ名選手の時代:テレビマンが描いたドラゴンズ痛快伝説』(浅野芳光著、名古屋丸善出版サービスセンター、2007年11月、ISBN 9784895973854

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 兄である直倫の中日時代の背番号と同じである。

出典[編集]

  1. ^ a b 堂上 直倫(中日ドラゴンズ)”. NPB.jp 日本野球機構 (2022年2月26日). 2022年2月27日閲覧。
  2. ^ 中日 - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2022年11月11日閲覧。
  3. ^ 広島・堂林翔太を“プリンス”と呼ばなくなる日が、いつか来るのだろうか”. 文春オンライン (2020年6月23日). 2021年9月26日閲覧。
  4. ^ a b c d e 鈴木忠平「なにわWEB・ドラゴンズ情報 > 堂上“親子兄弟竜”誕生?」『大阪日刊スポーツ日刊スポーツ新聞西日本、2003年11月30日。オリジナルの2004年4月20日時点におけるアーカイブ。
  5. ^ 選手名鑑 堂上 直倫(内野手)” (日本語). 中日ドラゴンズ 公式サイト. 中日ドラゴンズ. 2021年1月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月24日閲覧。
  6. ^ 10年目のレギュラー獲りへ、中日・堂上直倫は、ついに目覚めるか”. web Sportiva (2016年2月20日). 2021年9月26日閲覧。
  7. ^ 兄・剛裕は現役引退 将来を嘱望された堂上兄弟に見るプロの世界の厳しさ”. Full-Count (2017年11月20日). 2021年9月26日閲覧。
  8. ^ やはり大物、堂上直パワー封印”. 日刊スポーツ (2007年1月28日). 2010年1月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年12月2日閲覧。
  9. ^ 中日スポーツ 2009年3月2日付
  10. ^ 中日堂上直4年目プロ初安打「やっと…」”. 日刊スポーツ (2010年6月19日). 2021年9月26日閲覧。
  11. ^ a b c 中日・堂上直倫の奮起に期待! | ショウアップナイター” (日本語). BASEBALL KING (2017年5月3日). 2022年1月15日閲覧。
  12. ^ 中日ドラゴンズ 堂上直倫 「プロ4年目 成長続ける21歳」”. スポケン! (2010年9月18日). 2021年9月26日閲覧。
  13. ^ 堂上兄弟“競演”打点&お立ち台だ!” (日本語). スポニチ Sponichi Annex (2010年8月7日). 2021年12月24日閲覧。
  14. ^ シリーズ初先発も…堂上直、痛恨の失策 - スポニチ Sponichi Annex 野球” (日本語). スポニチ Sponichi Annex. 2022年7月15日閲覧。
  15. ^ 中日・堂上 戦力外兄の背番号で出直し「自分から言いました」”. スポーツニッポン (2014年12月27日). 2021年9月26日閲覧。
  16. ^ 中日大野が新選手会長「明るく、強いチームを作る」”. 日刊スポーツ (2015年11月30日). 2021年9月26日閲覧。
  17. ^ a b 中日 堂上直倫内野手・遊撃手問題に決着つける | 野球コラム” (日本語). 週刊ベースボールONLINE (2016年7月9日). 2022年1月15日閲覧。
  18. ^ 中日堂上300万円ダウン「結果出せず悔しかった」”. 日刊スポーツ (2017年11月12日). 2021年9月26日閲覧。
  19. ^ 堂上、神主打法 往年の強打者ほうふつ 落合さんやゲーリーのまねじゃないけど”. 中日スポーツ (2018年12月31日). 2021年9月26日閲覧。
  20. ^ a b 中日・堂上、昨年オフ複数年契約結んでいた 生涯ドラゴンズを誓う”. 中日スポーツ (2019年10月9日). 2019年10月9日閲覧。
  21. ^ 中日・堂上直倫 キャンプで響かせた快音/レギュラー争いダークホース”. 週刊ベースボールONLINE (2019年3月12日). 2021年9月26日閲覧。
  22. ^ 堂上は「メチャクチャ緊張」 13年目で初の開幕スタメン” (日本語). 中日スポーツ・東京中日スポーツ (2019年3月29日). 2022年1月15日閲覧。
  23. ^ Game横浜DeNAベイスターズ” (日本語). 横浜DeNAベイスターズ オフィシャルホームページ. 2022年1月15日閲覧。
  24. ^ 中日堂上直倫が初の兄弟で代打満弾 剛裕15年記録”. 日刊スポーツ (2019年6月4日). 2021年9月26日閲覧。
  25. ^ 中日堂上、プロ13年目で初の2ケタ弾「いい流れ」”. 日刊スポーツ (2019年8月12日). 2021年9月26日閲覧。
  26. ^ 遅咲きのスラッガー・堂上直倫が見せた「開き直り」”. plus.chunichi.co.jp (2019年12月14日). 2022年1月15日閲覧。
  27. ^ 中日の『神宮男』健在!堂上直倫がヤクルト中尾から左翼へソロ…昨季12発中神宮で6本” (日本語). 中日スポーツ・東京中日スポーツ (2020年6月2日). 2022年1月15日閲覧。
  28. ^ “右肘手術の中日・堂上「春のキャンプは大丈夫」 伊藤準も「元気な状態でキャンプに」”. 中日スポーツ. (2019年10月23日). https://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201910/CK2019102302100030.html 2019年12月16日閲覧。 
  29. ^ 中日 開幕戦連敗3でストップ!延長10回、代打・堂上が決勝犠飛”. スポニチ (2020年6月19日). 2021年9月26日閲覧。
  30. ^ 堂上が右肩故障で抹消 28日に代打でスイングの際に痛み”. 中日スポーツ (2020年6月29日). 2021年9月26日閲覧。
  31. ^ 中日・堂上直倫リハビリ開始 欠かせないピースの痛い離脱…仁村2軍監督「焦るな、再発させないことが一番大事」”. 中日スポーツ (2020年6月30日). 2021年9月26日閲覧。
  32. ^ 中日・堂上直倫が1カ月ぶり実戦復帰!初打席で右前適時打「違和感なくプレーできました」” (日本語). 中日スポーツ・東京中日スポーツ (2020年7月28日). 2022年1月15日閲覧。
  33. ^ 【中日】堂上直倫が“有言実行”の今季初安打「絶対に打ってやろう」” (日本語). スポーツ報知 (2020年8月28日). 2022年1月15日閲覧。
  34. ^ 【中日】堂上直倫が今度は2軍戦で今季1号 前日4安打、ここ4試合で打率4割” (日本語). 中日スポーツ・東京中日スポーツ (2021年4月8日). 2022年1月15日閲覧。
  35. ^ 【中日】15年目・堂上直倫が京田と入れ代わりで今季初の1軍” (日本語). 中日スポーツ・東京中日スポーツ (2021年5月28日). 2022年1月15日閲覧。
  36. ^ SANKEI DIGITAL INC (2021年6月11日). “中日・堂上が4安打「自分の間合いで入っていけている」” (日本語). サンスポ. 2021年12月24日閲覧。
  37. ^ 【中日】今季初スタメン堂上直倫615日ぶり本塁打 貴重な先制ソロ「とても緊張していた」” (日本語). 中日スポーツ・東京中日スポーツ (2021年6月3日). 2022年1月15日閲覧。
  38. ^ 【中日】先制弾の堂上直倫、2軍で追い続けた先輩の藤井、大野奨に感謝「お手本になった」” (日本語). スポーツ報知 (2021年6月3日). 2021年12月24日閲覧。
  39. ^ 中日、交流戦勝ち越し 堂上は5年ぶり4安打―プロ野球:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム (2021年6月11日). 2021年12月24日閲覧。
  40. ^ 中日・堂上が8試合連続5番に座り、初回に先制タイムリー「積極的に打っていこうと」” (日本語). 東スポWeb (2021年6月26日). 2022年1月15日閲覧。
  41. ^ 【中日】堂上直倫、途中出場から満塁一掃打!満塁2点打!計5打点にキリッ「次もいい場面で打てるように」” (日本語). スポーツ報知 (2021年9月14日). 2022年1月15日閲覧。
  42. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2022年9月30日). “中日・堂上直倫が通算1000試合出場 「目標だったのですごくうれしい」” (日本語). サンスポ. 2022年10月22日閲覧。
  43. ^ 中日・堂上直倫内野手 攻守のユーティリティー/いぶし銀の輝き” (日本語). 週刊ベースボールONLINE (2018年7月17日). 2021年2月27日閲覧。
  44. ^ 中日・堂上直倫 キャンプで響かせた快音/レギュラー争いダークホース” (日本語). 週刊ベースボールONLINE (2019年3月12日). 2021年2月27日閲覧。
  45. ^ 井端氏は中日・堂上直倫の守備をどう見てる? | ショウアップナイター” (日本語). BASEBALL KING (2019年5月27日). 2022年1月15日閲覧。
  46. ^ a b 【12球団“縁の下の力持ち”:中日】打撃で、守備で、人柄で。堂上直倫の存在感は年々高まり続けている” (日本語). THE DIGEST (2020年6月9日). 2021年7月18日閲覧。
  47. ^ 中日の堂上は現状維持の3000万円更改 自己最多の12本塁打、次は確実性アップ” (日本語). 中日スポーツ・東京中日スポーツ (2019年11月18日). 2021年7月18日閲覧。
  48. ^ 中日堂上、自己新7号3ラン ヤクルト高梨は“お得意様”今季4安打で4本塁打” (日本語). Full-Count (2019年7月7日). 2022年1月15日閲覧。
  49. ^ 堂上直倫、過去への逆襲。新打法で挑む「ドラゴンズ二遊間戦争」” (日本語). ドラの巻【昇竜復活へ!CBC中日ドラゴンズ情報】. 2022年4月15日閲覧。
  50. ^ 敬一, 若狭. “「やりますよ。今年はやったりますよ!」優しく熱い男、中日・堂上直倫の“覚悟”と“準備””. 文春オンライン. 2022年4月15日閲覧。
  51. ^ 堂上直が2歳上女性と結婚”. 日刊スポーツ (2012年3月6日). 2021年9月26日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]