アルシデス・エスコバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アルシデス・エスコバー
Alcides Escobar
カンザスシティ・ロイヤルズ #2
Kansas City Royals shortstop Alcides Escobar.jpg
基本情報
国籍 ベネズエラの旗 ベネズエラ
出身地 バルガス州ラサバナ
生年月日 1986年12月16日(29歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
195 lb =約88.5 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手
プロ入り 2003年 アマチュア・フリーエージェントとしてミルウォーキー・ブルワーズと契約
初出場 2008年9月3日
年俸 $5,250,000(2016年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

アルシデス・エスコバーAlcides Escobar, 1986年12月16日 - )は、ベネズエラバルガス州ラサバナ出身のプロ野球選手遊撃手)。右投右打。現在は、MLBカンザスシティ・ロイヤルズに所属している。

元プロ野球選手のケルビム・エスコバーは従兄弟である。

経歴[編集]

プロ入りとブルワーズ時代[編集]

2003年7月9日ドラフト外(アマチュアフリーエージェント)でミルウォーキー・ブルワーズとの契約が成立。この時、16歳であった。

プロ4年目の2007年マイナーリーグ(A + 級とAA級合計)で125試合 ・ 打率.306 ・ 22盗塁の好成績を挙げ、6月16日はフロリダステート・リーグのオールスターに、7月8日にはフューチャーズ・ゲームに出場[2]。シーズン終了後、チーム内のベスト・ディフェンシブ・インフィルダーとベスト・インフィールド・アームに選出[3](ベスト・ディフェンシブ・インフィルダーは2005年から3年連続[4][5])。

2008年は、AA級で131試合 ・ 打率.328 ・ 出塁率.363 ・ 34盗塁。7月14日はサザン・リーグのミッドシーズン・オールスターに、8月28日には同リーグのポストシーズン・オールスターに出場[2]。この間、週間MVPを2度受賞している[2]9月1日にメジャーに初昇格し、同月3日のニューヨーク・メッツ戦で遊撃手の守備からの途中出場によりデビューを果たし、その後の初打席でスコット・ショーエンワイスから初安打を記録した。また、5日にはベースボール・アメリカ誌のマイナーリーグ・オールスター代表チームに選ばれている[6]

2010年は、前年までの正遊撃手J.J.ハーディの移籍、クレイグ・カウンセルの衰えなどの影響で、レギュラーに定着した。145試合に出場したが、打撃面では打率.235・出塁率.288・OPS.614、守備面では20失策(リーグ3位)・守備率.964と、攻守ともに課題が残った。

ロイヤルズ時代[編集]

2010年オフにザック・グレインキーユニエスキー・ベタンコートとの交換で、ロレンゾ・ケインら3選手と共にカンザスシティ・ロイヤルズに移籍した。

2011年はロイヤルズで正遊撃手を務めた。459補殺(リーグ1位)・271刺殺(同1位)・守備率.980(同4位)・守備防御点 + 5と守備では高い能力を発揮したが[7]、打撃では前年同様に物足りない結果に終わった。

2012年3月15日2015年まで4年1050万ドル2016年の525万ドル[8]2017年の650万ドル[9]の球団側選択オプション付)で契約を結んだ。[10]。この年も前年に引き続き正遊撃手として出場し、打率.293・5本塁打・52打点・35盗塁(リーグ5位)・出塁率.331・OPS.721などと、現在までのキャリアで自己最高の打撃成績を残した。守備では408補殺(リーグ5位)・242刺殺(同2位)・守備率.972を記録した。

2013年は前年から一転して、打率.234・出塁率.259などと、打撃成績では自己最低だった。22盗塁で、盗塁死は1つもなかった。守備では395補殺(リーグ4位)・222刺殺(同4位)・守備率.979(同5位)を記録した。

2014年は、レギュラーシーズン全162試合とポストシーズン全15試合に遊撃手でスタメン出場し、チームのワールドシリーズ進出に貢献した。9月13日以降は1番打者として起用され続けた。守備で440補殺(リーグ2位)・213刺殺(同2位)・守備率.976(同4位)を記録した。オフの11月7日に、日米野球2014のMLB選抜に選出された事が発表された[11][12]

2015年は、開幕から不動の1番打者として定着した。ファン投票で自身初のオールスターゲームに選出され「9番・遊撃手」でスタメンに名を連ねた[13]。レギュラーシーズンでは、ここ5シーズンでは最少の148試合出場だったが、6年連続で規定打席に達して打率.257・3本塁打・47打点という打撃成績を残し、出塁率はリーグ平均を下回る.293と1番打者としては物足りなかった。走塁面では17盗塁に終わり、連続20盗塁以上は4年で途切れた。守備では417補殺(リーグ5位)・217刺殺(同4位)・守備率.980(同3位)を記録し、DRSは - 1に終わったものの自身初のゴールドグラブ賞を受賞した。ポストシーズンでも活躍しワールドシリーズ制覇に大きく貢献した。、リーグチャンピオンシップシリーズでは打率.478(23打数11安打)・5打点・OPS1.134などを記録しMVPを受賞し、ワールドシリーズでは第1戦の初回先頭打者としてマット・ハービーの初球で、シリーズ史上86年ぶり10人目となるランニングホームランを記録した。オフに球団が契約オプションを行使し、残留が決まった。

2016年も前年に引き続き、開幕から不動の1番打者として出場している。

選手としての特徴[編集]

傑出したスピードとクイックネス(初動の速さ)を兼ね備えた走者で、マイナーではプロ入りから6年連続で20盗塁を記録し、メジャーでも2014年まで4年連続20盗塁以上を記録した。そのスピードは守備においても遺憾なく発揮され、広大なレンジ(範囲)を誇る。加えて強肩をもパッケージした理想的な遊撃手。ただし、MLBに定着するためには確実さを身に付け、失策数を抑えることが求められている。バッティング・スタイルは、典型的なコンタクト・ヒッター。長打を捨て、俊足を生かすことに徹している[14][15][16]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2008 MIL 9 4 4 2 2 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .500 .500 .500 1.000
2009 38 134 125 20 38 3 1 1 46 11 4 2 2 1 4 0 2 18 0 .304 .333 .368 .701
2010 145 552 506 57 119 14 10 4 165 41 10 4 4 3 36 7 3 70 8 .235 .288 .326 .614
2011 KC 158 598 548 69 139 21 8 4 188 46 26 9 18 3 25 1 4 73 10 .254 .290 .343 .633
2012 155 648 605 68 177 30 7 5 236 52 35 5 8 0 27 2 8 100 14 .293 .331 .390 .721
2013 158 642 607 57 142 20 4 4 182 52 22 0 9 4 19 1 3 84 12 .234 .259 .300 .559
2014 162 620 579 74 165 34 5 3 218 50 31 6 8 4 23 1 6 83 12 .285 .317 .377 .694
2015 148 662 612 76 157 20 5 3 196 47 17 5 11 5 26 1 8 75 10 .257 .293 .320 .614
MLB:7年 973 3860 3586 423 939 142 40 24 1233 299 145 31 60 20 160 13 34 504 66 .262 .298 .344 .642
  • 2015年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

獲得タイトル・表彰・記録[編集]

背番号[編集]

  • 21(2008年 - 2010年)
  • 2(2011年 - )

代表歴[編集]

参考資料[編集]

  1. ^ Alcides Escobar Stats, News, Pictures, Bio, Videos” (英語). ESPN.com. 2011年11月15日閲覧。
  2. ^ a b c Highlights:Awards/Honors:” (英語). MiLB.com. 2008年9月23日閲覧。
  3. ^ Tom Haudricourt (2007年11月26日). “Top 10 Prospects: Milwaukee Brewers , BEST TOOLS” (英語). BaseballAmerica.com. 2008年9月23日閲覧。
  4. ^ John Manuel (2005年11月21日). “Top 10 Prospects: Milwaukee Brewers , BEST TOOLS” (英語). BaseballAmerica.com. 2008年9月23日閲覧。
  5. ^ Tom Haudricourt (2007年2月2日). “Top 10 Prospects: Milwaukee Brewers , BEST TOOLS” (英語). BaseballAmerica.com. 2008年9月23日閲覧。
  6. ^ Matt Eddy (2008年9月5日). “Minor League All-Star Team , FIRST TEAM” (英語). BaseballAmerica.com. 2008年9月23日閲覧。
  7. ^ Alcides Escobar » Statistics » Batting | FanGraphs Baseball
  8. ^ 違約金は50万ドル
  9. ^ 違約金は50万ドル
  10. ^ Escobar agrees to 4-year extension with Royals for guaranteed $10.5M KansasCity.com
  11. ^ MLBオールスターチーム、追加選手発表!来日全29選手が決定 侍ジャパン公式サイト (2014年11月7日) 2015年3月26日閲覧
  12. ^ “シューメーカーら14人追加=日米野球”. 時事ドットコム. (2014年11月7日). http://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/f-bb-tp2-20141101-1390295.html 2014年11月8日閲覧。 
  13. ^ July 14, 2015 All-Star Game Play-By-Play and Box Score - Baseball-Reference.com (英語) . 2015年10月16日閲覧。
  14. ^ Alcides Escobar - Scouting Report , Transactions / Injuries / Suspensions” (英語). Sportsnet.ca. 2008年9月23日閲覧。
  15. ^ Top 50 Prospects - Player Profile - Rank 42” (英語). MiLB.com. 2008年9月23日閲覧。
  16. ^ Alcides Escobar - pecota” (英語). Baseball Prospectus.com. 2008年9月23日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]